資格を取得しておくことは今後の将来のために必要になることです。

進みたいものがあるならその職業に特化した資格を取ると存分に活かすことができます。

時間と資金が必要になりますが最終的には自分に全て返ってきます。

これから活かすことができる知識やスキルといった何物にも変えられないものが出来て仕事に活かすことができるでしょう。

資格の種類は趣味のものから実用的なものまでさまざまです。

編集者にとって役立てる資格はあるのでしょうか。

おすすめの資格や資格を取得するためのメリットについてご紹介します。

編集者に役立つ資格を解説

チェックを示す女性

編集者として仕事をするにあたり資格を所持している方が自分の今後の人生において得することがあります。

どの業界にいってもその仕事にあった資格を所持している方が就職や転職に有利です。

仕事を通じて学んでいくこともありますが資格を所持している人とでは少し違います。

資格を所持しているとその分資格を取るために勉強を積み重ねています。

よって知識もスキルも豊富にあるのです。

編集者にとって役立つ資格はweb関連の資格や校正に関する資格です。

特に校正はライターが執筆した文章を正しいものかどうか確認する必要があります。

校正の資格をマスターしておけば編集者の業務に役立てること間違いなしです。

また大学卒業資格も必要になります。

これは出版社へ就職するときに大学を卒業していることが求められるからです。

専門的にその部分を勉強することができますしwebや編集の知識も身につくでしょう。

また紙媒体の編集を担当する機会があれば出版社に入社することが編集者になるためには一番の近道です。

経験を積むためにも大学を卒業しておくことは必須といえるでしょう。

 

ワンポイント
資格が増えている中でその仕事にあった資格は探せば見つかります。仕事に活かせるような資格を取ることでスキルを活かす活動ができます。

編集者の主な仕事内容

パソコンに真剣になる女性

編集者の仕事は多岐にわたり担当する編集によって異なります。

初めにメディアに掲載するために企画を立てます。

この企画を立てることは著者の売り上げにも関わってくるため重要です。

企画が立ち上がれば執筆するライターや取材を行うためのカメラマンなどそれぞれの分野で活躍している人に声をかけます。

その時に予算も発生してきますので予算オーバーにならないためにしっかりと計算するようにしましょう。

ライターが記事を執筆しますが終われば執筆した記事の確認を行います。

もしも原稿に間違いがあれば修正を依頼しますが自分で修正をする場合もあります。

漢字ミス、情報が間違っていないかしっかりと確認する必要がありますので校正作業はとても重要です。

何も問題がなければ印刷会社へお願いをして一通りの業務は終了です。

一つの本ができあがれば書店に自分やライターが作り上げた作品が並ぶことになるでしょう。

おすすめの資格「校正技能検定」

メモを取る女性

ライターが執筆してくれた文章に対し、編集者は校正作業を行います。

そのために資格を持っていると作業効率化を図ることができるでしょう。

校正技能検定を所持しているとライターもより安心して仕事を任せられるため信頼度が得られます。

どんな資格?

校正は書籍や雑誌の内容が正しいかどうかを見極めるものになります。

一つでも間違いがないようにコンテンツの誤字脱字から順番にチェックしていかなければなりません。

校正が完了すれば出版に移行されますのでミスがないように仕上げます。

読者の信頼にも関わるものになりますので最終段階となる校正では抜けがないようにしなければなりません。

この資格を所持していればスキルをアピールすることはもちろん、仕事においても十分活かされる資格となるでしょう。

試験内容や難易度は?

筆記試験と実技の試験があります。

実際に校正を行ったりweb上で作業を行ったりします。

全体の8割以上を取らなければ失格となりかなり難易度が高い試験です。

校正技能検定の難易度は初級、中級、上級の3段階になり6割の受講生が女性です。

難易度によって合格率は変わってきますが上級コースになると合格できる確率は20%から30%とかなり低くなっています。

挑戦することに意味があると思いますが十分に勉強を重ねた上で受講するようにしましょう。

 

ワンポイント
ライターが執筆したものに対して校正を行う必要があるため資格を所持しておくと作業効率化が図れます。

おすすめの資格「DTPエキスパート認定試験」

印刷する女性

編集者であれば印刷のことについて知っておく必要があります。

印刷会社へ原稿を手渡すだけでなく知っておくことでスキルが身につくでしょう。

そのためにDTPエキスパートという資格があります。

どんな資格?

印刷物を扱う上で必要となる試験です。

よい印刷物をつくる、をモットーに始められた試験となります。

編集者において印刷物を印刷会社へ請求することは業務工程の中に含まれておりますので知っておきましょう。

ただ印刷会社に原稿を手渡すだけでなく自分も知識として知る必要があります。

紙媒体だけに限らずweb上ですべて作業を行うこともあります。

出版業界ではすでに主流となっている資格です。

この資格は知名度も高いものになりますので取得しておくとかなり信頼度が得られます。

試験内容や難易度は?

印刷物を取り扱う試験ですが、試験は筆記試験と実技の両方からなります。

実技は実際にPDFで作業を行い筆記では5分野を構成した内容です。

印刷はいつも白黒とは限りません。

印刷にも色がありますので試験内容にも当然反映されます。

難易度は人により感じ方は変わります。

苦手意識のある人からすると試験を受けている最中でも難しいと感じるでしょう。

DTPエキスパートは全体の50%を取れば合格です。

その年の試験内容にもよりますがしっかりと勉強して試験に臨めばその分合格できる確率は高くなります。

ただ半分取れれば合格できるだろうと甘く見ていると合格を逃してしまうかもしれません。

 

ワンポイント
編集者と印刷の関係性はあまりないように思われますが知識を得ているのとそうでないのとでは大きな差が生まれます。

おすすめの資格「webライティング能力検定」

パソコンで作業する女性

webを通してさまざまな仕事ができるようになりました。

会社に常駐していない人でも在宅でwebライティングを活かしながら仕事ができるようになっています。

ライティングの基礎をつけたい人やもっとスキルを向上させたいという人のためにwebライティングの試験があります。

パソコンを使って資料を作成するときは文章力が必要です。

そんな時にこの資格を所持していれば周りの人に文章が素晴らしいと褒められることでしょう。

どんな資格?

民間資格の一つとして作られた資格になります。

作業効率化のためにweb上でライターが執筆することも増えてきました。

webで作業するライターのために必要な知識が得られる検定試験です。

この試験ではライティングスキルを身につけることができます。

これからもさらにwebで作業することが増えてくることでしょう。

そんな時にウェブライティングの資格を持っていると非常に有利になります。

このウェブライティングの資格は全てweb上で試験を受けることになります。

検定試験では指定の会場に赴き試験を他の方と合同で受けなければなりません。

この試験ではWebですべて完結しますのでその必要はありません。

自宅で受講が可能となりますので会場に足を運ぶ時間を短縮することができます。

試験内容や難易度は?

選択式と記述式の筆記試験に加え、実技試験もあります。

試験は通常100点満点で計算されますがこちらは250点が満点です

実技試験一問につき50点加算されますので間違えてしまうとかなり痛手です。

時間制限内に文章をまとめて作成しなければならないことに加え文章が正しいか誤字脱字はないかを注意します。

問題数はそれほど多くはありませんが文章を実際に作成する必要がありますので時間配分を考えて挑むようにしましょう。

検定試験の難易度はそれほど高くはありません。

初心者、中級者、上級者とそれぞれレベル分けがなされています。

一般的な文法知識がありしっかりと復習している人にとっては難なくクリアできる試験でしょう。

今後ライティング業務を活かした仕事がしたいという人であれば上級者コースを受講するとかなり知識もスキルも身につきます。

また知識やスキルが身につくだけでなく仕事に十分活用していくことができるでしょう。

 

ワンポイント
在宅でもパソコンを使って仕事ができる時代です。ライティングの基礎を知るためにもこの資格はなくてはならない資格でしょう。

おすすめの資格「ウェブデザイン技能検定」

パソコンを操作する女性

国家資格になるため難易度も高いものになりますが合格すると幅広い活躍が期待できます。

web媒体が進んでいる中、webデザインを勉強している人も増えてきました。

どんな資格なのか難易度についてもご紹介します。

どんな資格?

こちらは国家資格となり試験の難易度が非常に高いものになります。

ウェブデザイナーになりたいと思っている人はこの資格を取得するようにしましょう。

1級から3級までありますがデザインの知識が問われるのは2級からです。

3級はどちらかというと一般的な知識を持っているかどうかが問われます。

どの級を受講しても実技試験と筆記試験があります。

実技試験を通して実際にデザインをすることができるかどうかが問題となってくるでしょう。

試験内容や難易度は?

首をかしげる女性

ウェブデザインの資格は1級から3級までありますが受講する検定級によって内容が全て異なります。

1級と2級はそれぞれ受講資格が問われますので受講する前によく注意をするようにしましょう。

一方3級は比較的勉強していれば合格することは可能です。

合格率もそこまで高いものではありませんので一番受講しやすいものになります。

どの検定級であっても実技と筆記の二種類があります。

3級は基礎的な内容がほとんどで合格率も70%と高いです。

1級と2級はさらに高度な問題が出題されるためそれなりの知識が必要になってくるでしょう。

  1. ウェブ業界で唯一の国家試験
  2. 受講する検定級によって内容が異なる
  3. 1級と2級は受講資格が必要

資格取得のメリット

会話する女性

資格を取得すると自分に知識やスキルが身につきます。

長い時間をかけて勉強してきたものがすべて自分の知識として身につくわけです。

自分に返ってくるばかりではなく仕事に活かすこともできます。

スキルを持っていればよりスムーズに作業が行われるでしょう。

知識やスキルの視覚化

ライティング業務ができる人や印刷の知識がある人は人から見ればわかるものです。

その分知識を持っているから作業が早く終わります。

知識を持っていると頭の中で構造が成り立っていますので作業に時間がかかりません。

他人から見るととても早いことからスキルや資格を持っている人かなと思われるでしょう。

転職に有利になる

ガッツポーズをする女性

資格を所持していれば転職を行う上でも有利な立場にあります。

それが仕事で活かせるものであればなおさらです。

資格は人からいわれて取るものではなく自分の努力ややる気次第で取れるものです。

転職先でも十分活かすことは可能になります。

仕事をこなしてくれそうだと好印象を与えることもできますし早い段階で内定を勝ち取ることもできるでしょう。

同じ転職者に差をつけることができるでしょう。

実務に活かせる

ガッツポーズをする女性

高度な資格を所持していればそれだけ仕事に活かすことができます。

自分のやりたいように仕事に取り組むことも可能なため今まで頑張ってきたことが報われます。

また職場で困っている人がいれば教えてあげることも可能です。

仕事に活かせる資格を所持していれば働く上でも有利ですしその分立ち回りもできるでしょう。

資格を活かして編集者に転職するには

本を選ぶ女性

編集者になりたくて資格を取得しましただけでは編集者にはなれません。

資格を所持していることは十分知識やスキルも豊富にあるのですが経験がありません。

経験を積まないことには編集者にはなれませんのでまずは出版社へ就職しましょう、

いきなり一人前の編集者になれませんので先輩の元でどのような仕事をしているのか覗いてみましょう。

経験を積めば一人の編集者として認められます。

順を追わないことには始まりませんのでまずは最初の一歩を踏むためにアシスタントから始めてみましょう。

スキルの棚卸しをしよう

転職前に準備として行っておいた方がいいものになります。

自分を見つめ直した時に自分にはどんなことができるのか明確になるからです。

見つめ直した時にまた新たな自分に出会えるでしょう。

その上で活動するとアピールポイントを存分に話すことができます。

転職エージェントを活用しよう

活用できそうなものはどんどん活用していきましょう。

転職なら転職エージェントがいます。

せっかく利用できるものなのに利用しないなんて損です。

エージェントは悩みや不安を取り除き無事に転職できるようにサポートしてくれます。

困ったことがあってもすぐに相談に乗ってくれるため活用するに越したことはありません。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

オッケーサインを出す女性

転職は新しい場所へ働き口を探すために行うことです。

ですが思っている以上に大変なことで簡単に解決できるような問題ではありません。

転職するならまずは転職エージェントに相談を持ちかけてみましょう。

転職に難航している具体的な理由を伝えることでエージェントは解決に導いてくれます。

転職のサポートをしてくれる人になりますので転職のことで困ったことがあれば相談してみましょう。

まとめ

本を読む女性

調べれば自分の知らなかった資格がたくさん出てきます。

その職業に見合った資格を取得しておくことで仕事に活かすことは十分可能です。

資格を取得することは難しいことですが取得しておくことで職種を選択するときに幅が広がります。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら