クリエイティブディレクターとはどのような仕事をする人でしょうか。

これからクリエイティブディレクターに転職したいと考えているなら、その役割をしっかりと認識することが大切です。

職場で求められる役割に合わせた志望動機を書かなければなりません。

クリエイティブディレクターに限らず時代とともにいろいろな職種に対する考え方は変わっています。

これまで注目されてこなかった仕事の重要性が再認識されるようになったのです。

クリエイティブディレクターもその一つといえます。

新しい仕事として作られたのではなく仕事としてはあったのですが、それに重要な役割として名称が与えられたと考えてください。

多くの女性は広告業界と聞くとテレビドラマなどの華やかなイメージを思い浮かべるかもしれません。

しかし現実の仕事はそうではないことを知っておいてください。正しい理解が転職成功への道となります。

人と人との役割分担を明確にしてコミュニケーションを密にすることが重要な職場であることは間違いありません。

クリエイティブディレクターの役割を整理しながら解説していきます。

Contents

クリエイティブディレクターの志望動機の書き方を解説

考える女性

クリエイティブディレクターの志望動機を書く場合には仕事の内容を理解しておくことは当然です。

それだけではなく自分がどのような役割を果たそうと考えているかを意識しなければなりません。

志望動機は履歴書に書く短い文章かもしれませんが、その書き方によってあなたへの評価は大きく影響されると思いましょう。

自分の将来を決めるための転職です。

志望動機は非常に重要です。具体的な書き方を交えながら解説していきます。

クリエイティブディレクターの志望動機の書く時のポイント

パソコンと女性

まずはクリエイティブディレクターの志望動機のポイントを絞りましょう。

漠然とした気持ちを文章にするのではなく読み手に伝えたいことを意識しなければなりません。

いくつかのポイントがあります。

なぜクリエイティブディレクターを選んだのか

たくさんの仕事がある中でクリエイティブディレクターを選んだ理由を明確にしてください。

広告業界で働く人はたくさんいます。一人で広告を作成することはできないからです。

そしてたくさんの役割があり職種も違っているのです。

自分が希望しているのがクリエイティブディレクターでなければならない理由を明確にすることが重要となるでしょう。

これまでの経験を活かすための仕事として選ぶ人もいます。

クリエイティブディレクターは経験しなければ仕事として務まらない面もありますから、転職では経験が有利になるでしょう。

また未経験であれば未知の世界に飛び込んでみたいと思う人もいるかもしれません。

未経験の求人は将来のクリエイティブディレクター候補として採用されるでしょう。若い時から経験を積んでもらうのです。

いずれにしても仕事としてやっていくためには求められるスキルがなければならないでしょう。

なぜこの企業を選んだのか

女性

クリエイティブディレクターという職業を選んだ理由も大切ですが、求人されている企業を選んだ理由も重要となります。

企業の採用担当者は自社のいいところ悪いところを知っているでしょう。

転職に応募してきた人が自社のことをどの程度理解しているのかを知りたいのです。

企業毎に社内事情は違います。経営層の考え方の違いもあるでしょう。

同じクリエイティブディレクターの職種でも求められる役割が違ってくるはずです。

志望動機に企業の特徴を考慮した文章が重要となります。

 

ワンポイント
仕事と企業を選んだ理由を明確にすることが志望動機の充実につながる。

クリエイティブディレクターの志望動機で意識すべきこと

パソコン

クリエイティブディレクターの志望動機を書く場合に意識しなければならないことを考えてみてください。

広告業界の華やかさは表面的なものでありその裏方として働いている人の方が多いのです。

クリエイティブディレクターも同じと考えなければなりません。

志望動機は自分の将来を考えて具体的に記述することが大切です。

それは真剣に考えていると評価されるからです。漠然とした記述では何を考えているのかわかりません。

具体的に書くことを意識しよう

クリエイティブディレクターの志望動機を具体的に書くとはどういうことでしょうか。

自分のやりたいこと目指していることを具体的に書くことです。

クリエイティブディレクターは広告の仕事全体を統括する役割を担っています。

明確な目的を掲げて一緒に働く他の人にも理解してもらうスキルが求められるでしょう。

それはマネージメントスキルと考えてください。若い人には不足しがちなスキルです。

経験を積まなければ広告業界でリーダーシップを取ることは難しいでしょう。

志望動機に書く経験は不十分であっても伝えたいことを明確にしておいてください。

業界研究や企業研究をしっかり行おう

ノートと鉛筆

クリエイティブディレクターに関する情報をチェックしておくことが大切です。採用されてから考えては遅すぎます。

重要なことは広告業界の仕事の進め方を知ることです。

優れたクリエイティブディレクターだけで仕事を進められるわけではなく多くの人の共同作業が前提となっている点でしょう。

著名なクリエイティブディレクターをテレビなどでみたことがあるかもしれません。

しかしその人だけで仕事をやっているわけではないと理解してください。

様々な仕事がありそれぞれの役割を果たすことで広告が完成します。

華やかな部分だけにあこがれていては仕事ができません。

高収入を得ているクリエイティブディレクターには人を引き付ける人間的な魅力も備わっているのでしょう。

広告業界に携わったことがある経験を伝えよう

クリエイティブディレクターは全体を統括する役割ですから未経験の人には難しい仕事です。

これまで自分が経験してきたことをしっかりと伝えてください。

特に広告業界でどのような仕事をしてきたのかはスキルとして評価されます。

広告業界で仕事をしただけではなく、そこから学んだことを記述することがアピールとなります。

また経験に基づく広告の作り方に対する自分の考えを明確な文章にしましょう。

たとえ理想論にすぎないと思われても目標を持っておくことは仕事をする上で非常に大切です。

 

ワンポイント
・経験や考えは具体的に書かなければ伝わらない
・業界や企業を理解することが大切
・経験は積極的にアピール

クリエイティブディレクターの面接対策

面接する女性

クリエイティブディレクターの転職では面接が行われます。事前に想定問答集を作るなどの対策が必要でしょう。

もちろんすべてを完ぺきに答える必要はありませんが、言葉に詰まらないようにしなければなりません。

クリエイティブディレクターには相手を納得させる話術が求められることもあります。

面接ではあなたのコミュニケーション力もチェックされていると考えましょう。

コミュニケーション力は求められるスキルの一つです。

自己分析を丁寧にやろう

クリエイティブディレクターに限らず自分のよさを知ることは大切です。

自己分析をしてみるといいところ悪いところが見えてくるでしょう。

転職をきっかけとして自分の性格を見つめ直す人も少なくありません。仕事を通して人は成長するといえるのかもしれません。

これまで不足していたスキルがわかれば、それを伸ばすことができます。

スキルアップを期待してもらうことも志望動機を書くポイントになるでしょう。

スキルをアピールしよう

働く女性

自分が持っているスキルをアピールすることは大切です。

ただクリエイティブディレクターに重要なスキルを文章にすることは簡単ではありません。

仕事から学んだことを具体的に記載するとわかりやすくなります。

自分の経験でどのような成長があったのかをスキルととらえてください。

どのような形であっても経験は役に立ちます。

難しい言葉や理念を書く必要はなく自信を持った文章にすればいいでしょう。

 

ワンポイント
面接では自分に自信を持って話すことがチェックされる。

クリエイティブディレクターへの転職でアピールすべきこと

笑顔の女性

クリエイティブディレクターへの転職では自分をどれだけアピールできるが重要となります。

前職でも広告業界に携わってきたのであれば、これからの時代に必要な役割を考えているはずです。

重要なことは独りよがりの文章にしないことでしょう。

広い視野を持っていなければクリエイティブディレクターは務まりません。

社会全体を視野に入れた上で広告の役割を考える立場だからです。

自分がクリエイティブディレクターになった時をイメージして、その中での自分の役割を明確にしてください。

現実にはやれないこともたくさんありますが自分をアピールする力は仕事に役立ちます。

クリエイティブディレクターの志望動機の書き方例文

女性

クリエイティブディレクターの役割を認識したとしても理想の自分を書くことは難しいでしょう。

志望動機のポイントを押さえて書くようにしてください。

これまで先輩たちの姿をみてきた経験を持っているのですから、それをアピールすれば説得力が高まります。

いくつかの例を紹介します。参考にしながら自分の言葉で書くことが大切です。

広告業界経験者の志望動機例

これまで同じ広告業界のプランナーとして働いてきました。

プランナーとしての仕事は限定的ですが、全体の流れは経験でよくわかっています。

プランナーの役割とクリエイティブディレクターの役割は違いますが、これまでよりも広い視野とスキルを持ちたいと考えています。

貴社では多くの案件に柔軟な対応がなされており自分も積極的にかかわりたいと考えて応募しました。

他業種からの転職例

これまで広告業界とは直接関係のない仕事でした。

その仕事を通して人とのコミュニケーションや仕事を進める上での配慮が大切だと感じています。

最終目的は違っていますが、自分がやってきたことがきっと貴社の役に立てると考えて応募しました。

既成の広告業界にとらわれない新しいやり方を取り入れてみたいと考えています。

企業の社会的役割を認識した志望動機例

貴社の企業理念を読んで社会福祉に対する自分たちの役割をしっかりと持っている企業だと感銘を受けました。

自分のこれまでの仕事は与えられた業務をやるだけであり、社会的な意義を考える機会もありませんでした。

仕事内容は広告業界に関連していますから、必要なスキルについては自信があります。

貴社の目標実現に自分も積極的にかかわりたいと考えています。

クリエイティブディレクターの志望動機のNG例

悩む女性

志望動機がうまく書けない人の多くは自分に自信が持てないことが少なくありません。

クリエイティブディレクターとしての志望動機を意識する必要はなく、自分を積極的にアピールしているかどうかを判断しましょう。

具体的な記述がない志望動機例

前職では自分の仕事の役割を深く意識することはありませんでした。

ただ経験からある程度のスキルアップはできたと考えています。

貴社の素晴らしい理念に共感して求人に応募しました。経験を活かして頑張りたいと思います。

自分の経験をアピールしていない志望動機例

これまでは印刷業界で仕事をしてきました。本出版の依頼処理や受注活動も経験しています。

クリエイティブディレクターに応募したのは出版物をみて広告にもいろいろな役割があると感じたからです。

広告に関する経験はあまりありませんが努力だけは自信があります。

NG例の改善点

志望動機では自分の経験が役に立っていることやこれからの仕事をどうとらえているかを明確にすることが大切です。

どのような経験でも自分の自信になるはずですから、文章からそれが読み取れるような言葉遣いをすべきでしょう。

志望動機がうまく書けない時はどうすればいい?

考える女性

いろいろと考えてみても志望動機がうまく書けないことは少なくありません。

どのようにすれば充実した志望動機が書けるでしょうか。読み手の側に立って書くことをおすすめします。

読み手に何を伝えたいのかがわかるような文章になっていなければなりません。

クリエイティブディレクターは文章で何かを伝えるよりも直接話すことで仕事が進む傾向にあります。

文章が下手でも仕事はできますが志望動機は前段のステップとして重要です。

 

ワンポイント
読み手視点に立つことで伝えるべき内容がわかってくる。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

手で〇印をつくる女性

転職で悩んでいるのであれば転職エージェントに相談してみてはどうでしょうか。

仕事内容によって必要なスキルや志望動機の書き方は変わってきます。

自分ではわからないことも転職エージェントならアドバイスを受けられるでしょう。

転職は希望するだけでは成功しません。積極的な行動が求められます。

まとめ

笑顔の女性

クリエイティブディレクターへの転職を考えているなら、その仕事内容をしっかりと理解することから始めてください。

広告制作の現場を統括する重要な役割です。未経験者がすぐに採用されることは難しいと考えなければなりません。

未経験でもこれまでの経験を活かすことができます。全体のバランスを取るためのコミュニケーション力です。

人と人とのやり取りの中で広告は制作されていきますから、職場を十分理解する力が必要でしょう。

経験をすぐに活かせないとしても、仕事に対する考え方は学んでいるはずです。

それも一つのスキルですから、積極的にアピールしてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する