生産管理の仕事は主に製造業における生産ラインの管理業務です。

未経験でも挑戦できる仕事ですが志望動機はどのように書けばいいのでしょうか。

面接官の心に刺さる志望動機を書くコツや例文を当記事で解説します。

生産管理の志望動機の書き方を解説

女性

生産管理として働くためには志望動機であなたの魅力を最大限アピールする必要があります。

志望動機を書く時はいくつかポイントがあり、面接官の心に刺さる文章を書くため各ポイントを抑えなければなりません。

具体的には生産管理に興味を持った理由や生産管理として働くうえで活かせるスキルが考えられます。

志望動機の濃さは仕事に対する意欲の高さと直結するので、具体的かつ丁寧に書きたいところです。

生産管理の仕事内容や求められるスキルを踏まえて、効果的な志望動機の書き方をチェックしていきましょう。

生産管理の仕事内容をチェック

女性

生産管理の仕事は主に製造業における生産ラインの管理業務です。

「管理」なので自社商品の販売に伴う生産計画や出荷のスケジュール管理、原材料の仕入れなどさまざまな役割を担います。

商品販売にかかる肝となる仕事といっても過言ではありません。

生産管理の管理業務にエラーが生じてしまえば商品の製造計画や販売計画などすべてがくるってしまいます。

また、在庫管理や仕入れにかかる価格交渉など幅広く携わるので生産業務においてなくてはならない存在です。

その分責任も重くなりますが大きな仕事のやりがいを得られるでしょう。

 

ワンポイント
生産管理は生産ラインを支える大事な役目!

生産管理に求められるスキルは?

女性

生産業務において欠かせない存在の生産管理にはどのようなスキルが求められるのでしょうか。

転職後のミスマッチを起こさないためにもあらかじめ確認しておきたいところです。

生産管理に必要なスキルを3つご紹介します。

課題解決力

生産管理に必要なスキルの1つ目は課題解決能力です。

生産ラインにおいて生産効率や生産コスト・原材料の仕入れ・在庫管理などさまざまな課題に直面します。

これらの課題をうまく解決することが生産管理の役目です。

どれか1つでも課題を放置したままだとすべての作業に悪い影響が出てしまうでしょう。

生産管理は仕入れから販売まで一連の流れがスムーズに進むかどうかのカギを握っています。

適切な課題解決能力を身に付けることで、滞りなく生産業務が進められます。

論理的思考力

女性

生産管理に必要なスキルの2つ目は論理的思考力です。

生産管理はさまざまな課題を解決するためあらゆる情報を分析し、仮説を立てて検証する必要があります。

分析や検証を繰り返し行うには論理的な思考が欠かせません。

短絡的な思考では課題解決に結び付けることができないでしょう。

また、行き当たりばったりの解決策では生産業務に携わるメンバーを納得させることができません。

スムーズに業務を進めるためには論理的思考が欠かせないのです。

コミュニケーション能力

生産管理に必要なスキルの3つ目はコミュニケーション能力です。

生産管理は同じチーム内のメンバー以外に多くの部署と関わりを持ちます。

仕入れ・製造・販売など各工程においてそれぞれの部署の連携が必要不可欠。

そのためには常日頃からお互いにコミュニケーション取る必要があるのです。

また、生産管理は社内だけでなく外部とやり取りすることもあります。

多くの人と関わる生産管理に高いコミュニケーション能力は欠かせません。

評価される志望動機の書き方のポイント

女性

面接官から高評価をもらうためにはどのような志望動機を書けばいいのでしょうか。

志望動機の書き方のポイントを具体的に3つご紹介します。

あらかじめ確認して面接官の心に刺さる志望動機を書き上げましょう。

業界を選んだ理由を明確にする

志望動機にはなぜこの業界を選んだのか理由を明記してください。

業界を選んだ理由を書くことで仕事に対する熱意をアピールできます。

逆にここがブレていると転職できればどこでもいいのではと不信感を与えてしまうでしょう。

志望動機では業界を選んだ理由を具体的に書くことがポイントです。

どのように活躍するのか具体的に伝える

志望動機にはあなたがどのように活躍するのか具体的に書いてください。

入社後のビジョンに触れることで働くイメージができる人と好印象を与えられます。

「こうありたい」という願望でもいいので、あなたがどう活躍するのか具体的に書きましょう。

将来のビジョンを伝える

志望動機で将来のビジョンも伝えられると非常に中身の濃いものができあがります。

将来のことを考えられる人材は高く評価されるでしょう。

入社後のビジョンに加え将来性について語るとより印象が良くなります。

 

ワンポイント
具体的な内容を書いてあなたの想いを面接官の心に響かせよう!

生産管理の志望動機作成の注意点

案内

生産管理の志望動機を書く時にいくつか注意したいことがあります。

せっかく志望動機を書いても評価されないかもしれないので、注意点はしっかり抑えておきたいところ。

具体的に経験者と未経験から挑戦する場合に分けて注意点をみていきましょう。

経験者の場合

生産管理経験者の場合は知識やスキルをしっかりアピールしてください。

これまで生産管理に携わってきた人材として予備知識があることを伝える必要があります。

知識やスキルがあることをアピールできれば即戦力として採用される可能性が高くなるでしょう。

生産管理は担当する業務が多く責任が重い仕事でもあります。

そのため経験者には会社にとって生命線ともいえる生産管理を任せられる人材であることを期待しているのです。

生産管理としてこれまで培ってきたノウハウを活かせることをしっかりアピールしてください。

また、将来のキャリアパスについても触れられるとより高評価につながります。

未経験者の場合

女性

未経験からチャレンジする場合は生産管理に活かせるスキルをアピールしてください。

生産管理に求められるスキルは次の通りです。

  • 課題解決力
  • 論理的思考力
  • コミュニケーション能力

3つのスキルすべて持ち合わせていなくてもOKです。

どれか1つでも自信があるなら堂々とアピールしましょう。

また、企業研究や業界研究を丁寧に行ったことが伝わるような文言も入れると高評価につながります。

生産管理の志望動機の書き方例文

考える女性

面接官の心に刺さる志望動機の例文を3つご紹介します。

ポイントを抑えて高評価をもらいましょう。

経験者の例文

私は○○という企業で生産管理に5年間携わった経験があります。

主に生産ライン立ち上げ全般に関わることと原材料の仕入れ、製造スケジュール立案が担当業務でした。

コストカットが喫緊の課題として取り上げられていたため、原材料の価格を見直そうと仕入れ先と交渉しました。

難航すると思われましたが、普段から頻繁にコミュニケーションを取っていたおかげかスムーズに交渉が進んだのです。

結果として1%のコストカットに成功し、上司からも褒めていただきました。

私自身コミュニケーション能力には自信があり、初対面の人でもうまく懐に潜り込むことが得意です。

コミュニケーション能力の高さと生産管理に携わった経験を活かし、貴社のお力になりたいと考えております。

未経験者の例文1

私は営業職に5年間従事しました。

もともとコミュニケーションが得意な私は営業職が天職だと思ったのです。

しかし、思うように売上は伸びず社内でも成績が悪い方で、数か月間ノルマを達成できないこともありました。

そこで先輩に相談してみると、自分ばかり話すのではなく相手の話をもっと聞くようアドバイスしていただきました。

得意だと思っていたコミュニケーションは私が一方的に話すだけで、相手の気持ちをまったく考えていなかったのです。

客観的にアドバイスしていただいたことで、自分が話すよりまず相手の話を聞くことに意識を向けました。

その結果、売上のノルマを達成できただけでなく社内で一番いい成績を収めることにもつながりました。

生産管理の中でも貴社は特にコミュニケーションを大切にしていると伺っております。

営業職で培ったコミュニケーションスキルを活かし、先輩方からのアドバイスを吸収しながら貴社に貢献したいと考えております。

未経験者の例文2

紹介する仕草をする女性

私は事務職に5年間携わっており、経理や備品の発注、会議資料の作成などさまざまな業務を担当しておりました。

一度に抱える業務が多いだけでなく突発的な仕事が舞い込んでくることも多々あり、初めは戸惑っていたことを覚えています。

ある日、私が担当する業務が遅れてしまい課内だけでなく他部署にも迷惑をかけてしまう事態が発生しました。

単に目の前の業務をこなすだけで先を見通せなかった私の甘さが招いた結果です。

この出来事をきっかけに物事を順序立てて論理的に考えることが重要だと学びました。

仕事に優先順位を付けたりスケジュールに空白を作って余裕を持たせたりすることで、ミスを生じさせないようにしたのです。

5年間事務職に携わったことで課題解決能力が身に付きました。

先を見通す大切さやスケジューリングを活かし、1日でも早く御社の力になりたいと考えております。

 

ワンポイント
経験者も未経験者も実体験に基づいて書こう!

生産管理の志望動機の書き方NG例

バツマークを指さす女性

生産管理の志望動機で避けたい例文をご紹介します。

評価されないだけでなくマイナスの印象を与えることにつながるので十分注意してください。

経験者のNG例

「私は○○というメーカーで生産管理に5年間携わりました。

周りからよくコミュニケーションスキルが高いと言われたので人と接することには自信があります。

また、初対面の人ともすぐ打ち解けられるので他部署や外部との連携も問題ありません。

さらに前職より待遇が良いことも貴社を志望した理由の1つです。

生産管理で培った経験を活かし貴社の発展に貢献したいです。」

上の例文では具体的なエピソードが書かれていません。

いくら「コミュニケーションが得意」と書いても経験談がなければ本当に身に付いているか分からないのです。

志望動機は具体的なエピソードを盛り込んで書くようにしてください。

また、志望動機に給与や待遇面のことについて触れるのは避けましょう。

もし転職の本当の理由が前職より待遇が良いことでも志望動機に書くのは避けたいところ。

志望動機では仕事に対する意欲の高さを表明します。

したがって仕事以外の待遇面などについては書かない方が無難です。

未経験者のNG例

「私は前職で営業職に携わっておりました。

未経験から営業職に挑戦したので、当初はノルマを達成できない月が続き挫折しました。

しかし、先輩からのアドバイスをもとにやり方を変えたことで売上目標を達成することができたのです。

営業で培った経験を活かし、1日でも早く御社の力になれるよう日々精進してまいります。」

上の例文では活かせるスキルについて言及されていません。

生産管理は未経験でも挑戦することができる仕事です。

しかし、前職で培ったスキルをどのように活かせるのか具体的にアピールできなければ採用されることは難しいでしょう。

単に前職の経験を述べるだけでは志望動機として面接官の心に響くことはありません。

あなたができることを伝えるためにも前職で学んだことや身に付けたスキルをアピールしてください。

志望動機が思いつかない時の対処法

指示棒を持つ女性

志望動機が思いつかない時は自己分析をもう一度行ってみましょう。

自己分析を丁寧に行うことであなたの隠された一面が見つかるかもしれません。

自分のことは自分が一番よく分かっているといわれますが本当にそうでしょうか。

自分でも知らない意外な一面や本当の強さが隠されている場合があります。

本当の魅力は日常生活を送る中で見つけることは難しいものです。

時間をかけてじっくり自己分析を行うことで初めて気づく強みがあります。

志望動機が書けない時はもう一度丁寧に自己分析をして隠された一面を見つけてみましょう。

 

ワンポイント
志望動機が思いつかない時は自己分析を丁寧に行おう!

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

仕事内容チェック中

転職活動は壁にぶつかることがあります。

特に1人で行動することが多い転職活動は気軽に悩みを相談できる相手がいません。

一度不安に陥ると負の連鎖が始まり、マイナス思考が強くなってしまうのです。

そうならないためにも不安や悩みは早めに解消したいところ。

転職エージェントに相談して心のモヤモヤを吐き出してください。

エージェントはこれまで多くの転職者と関わってきたので膨大なノウハウを蓄積しています。

あなたの悩みも過去のケースに照らし合わせるとすぐに解決するかもしれません。

転職の悩みは1人で抱えなくていいのです。

エージェントをうまく活用して転職を成功させましょう。

まとめ

これから説明

生産管理の仕事は主に製造業における生産ラインの管理業務です。

1つでもエラーが生じてしまうと全てに影響が出てしまうので生産管理には重大な責任があります。

その分やりがいが大きくあなた自身のスキルアップにもつながるでしょう。

コミュニケーション能力や課題解決能力などスキルをアピールできれば未経験でも挑戦することができます。

面接官の心に刺さる志望動機を書くには客観的な視点で評価してもらうべきです。

そのために転職エージェントをうまく活用してください。

エージェントと連携しあなたが理想とする未来を手に入れましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら