管理業務主任者という仕事についてご存知でしょうか。

マンションの管理業者が管理組合等に対して契約の説明や管理事務の報告をするために必要な国家資格です。

マンション管理業をするうえで非常に重要な役割を担います。

この記事では、管理業務主任者について特徴や仕事内容などを紹介します。

マンション管理業を目指す人や資格取得を検討する人はぜひお読みください。

管理業務主任者の仕事内容をご紹介

解説する女性

この記事では、管理業務主任者の仕事内容などを紹介します。

管理業務主任者という名称はあまり知名度が高いものではないかもしれません。

マンションの管理や運用をするうえで欠かせない資格であり、非常に重要な役割を担うものです。

幅広い専門知識が問われるため、それなりに勉強しなければなりません。

その分活かせる範囲は幅広く、やりがいを感じられる場面も多いでしょう。

まずは管理業務主任者について知ることが大切ですので、この記事で特徴などを掴んでいただければ幸いです。

 

無料転職相談をして管理業務主任者について知ろう

 

管理業務主任者の特徴

パソコンを扱う女性

管理業務主任者の特徴について紹介します。

仕事内容を知ることで、就職後のイメージをより具体的に浮かべられるでしょう。

マンションのフロント業務

管理業務主任者の仕事のひとつが、マンションのフロント業務です。

フロント業務の具体的な仕事例として以下が挙げられます。

  • 電話対応や管理規約作成などの事務業務
  • マンションの理事会や総会の運用サポート
  • 設備のメンテナンス等管理作業

マンションを運営するための直接的なフロント業務をおこないます。

電話による問い合わせ対応やときにはクレーム処理・理事会や総会の準備等、フロント業務は非常に幅広いです。

マンションの住人が快適に生活できるようにサポートをする役目を担います。

契約締結前の重要事項説明

マンションの住人となる管理組合に契約締結前の重要事項説明をするのは、管理業務主任者の役目です。

管理業務主任者でないと対応できない業務であるため、特に重要といえます。

委託する管理事務の内容や保証契約など、契約に関する詳しいところまでの解説が必要です。

ここでしっかり説明をおこなわないと、後々トラブルの原因になりかねません。

管理業務主任者は契約に関する説明を適切におこない、説明した証明として書類への記名押印をします。

契約書類の管理

女性

契約書類の管理も管理業務主任者の仕事です。

契約時には重要書類のやり取りが多く発生しますが、作成して終わりではありません。

適切に管理をし、必要に応じて使える状態にする必要があります。

万が一契約書類を紛失してしまうと大きなトラブルへ発展する可能性が高いです。

トラブルを防ぎ安定してマンション管理をするためにも、契約書類の管理が重要となります。

 

ワンポイント
マンション管理や運営の重要な役割を果たします。

似た資格との関連性を解説

案内

管理業務主任者と似た資格は少なくありません。

似た資格との関連性やそれぞれの資格の特徴を紹介します。

マンション管理士

マンション管理士はその名のとおり、マンション管理の専門家です。

マンション管理士の試験に合格することで得られる資格ですが、合格率は10パーセント未満と高くありません。

仕事内容は管理組合のサポートや住民の相談に対する対応などが中心です。

管理業務主任者が管理業者側の立場である一方で、マンション管理士は管理組合側に立ちます。

管理や運用に関わる直接的な業務というよりは、サポートや相談対応といった役割を担う立場です。

幅広い業務に対応するためにと、管理業務主任者の資格と両方持つ人もいます。

宅建

宅建とは宅地建物取引士の略で、マンションなど宅地建物の取引をする場面で重要な役割を果たす仕事です。

大きな仕事として以下が挙げられます。

  • 不動産取得前の重要事項説明
  • 重要事項説明書面および契約書類への記名押印

買主が不動産を取得する前に、不動産の所有者や取引条件などの説明があらかじめ必要です。

また、重要事項を説明したことを証明する書類や契約書などの記名押印もおこないます。

これら2点は宅建の独占業務であり、すなわち不動産取引には宅建が必要不可欠ということです。

管理業務主任者の資格と併せて取得することで、マンションの管理だけでなく販売や契約業務が可能になります。

不動産鑑定士

不動産鑑定士は不動産の位置する地域の環境や条件などを考慮して不動産の価格や適性な利用を判断する専門家です。

マンションなど不動産の賃借時や売買時に大きな役割を果たします。

国や地方自治体がおこなう地価公示や地価調査などには不動産鑑定士が関わっています。

マンションを借りる人や購入する人に対して、提示金額の根拠などを説明するために必要不可欠です。

管理業務主任者の資格と両方持つことで、契約時の説明により説得力を持たせることができるでしょう。

 

ワンポイント
似た資格を併せて取得することで業務の幅が広がります。
 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


管理業務主任者の試験難易度

女性

管理業務主任者の試験難易度は簡単とはいえないものの、独学でも合格可能な試験です。

合格に要するための勉強時間は400時間程度といわれており、社会人でもコツコツ勉強すれば達成できます。

合格率は20から30パーセントほどで、合格点のラインは例年およそ70パーセント前後です。

参考書や問題集に沿ってコツコツ勉強すれば十分に合格が狙えます。

管理業務主任者の平均年収は?

紹介する仕草をする女性

管理業務主任者の平均年収は300万円から500万円ほどです。

マンション管理会社の社員としての位置づけのため、特別高いわけではありません。

しかし状況によって異なりますので、詳しく解説します。

インセンティブ制度

会社によりますが、インセンティブ制度があればより高収入を狙うことが可能です。

管理業務主任者の求人には、インセンティブ制度がついているものがあります。

インセンティブがつく条件は会社によって異なりますが、契約数や実績をもとに検討されることが多いです。

また、資格を持っていることそのものがインセンティブ対象となる場合もあります。

その場合は資格手当という形で基本給に上乗せして支給されますので、より高収入となります。

独立開業も可能

上を指さすビジネスウーマン

管理業務主任者は独立開業も可能です。

管理業務主任者は国家資格であるうえにマンション管理に関する独占業務も有します。

マンションの需要が高まり続けている現代においては、独立開業をして自身で仕事を得ることもできるでしょう。

上手くいけば、管理会社に属している頃よりも高収入を見込める可能性も高いです。

もちろん独立開業して成功するためにはそれなりの経験や実績が求められます。

会社に属している間に管理組合や不動産会社からの信用を得て、独立開業のための基盤をつくることが大切です。

 

無料転職相談をして管理業務主任者の年収について知ろう

 

管理業務主任者に必要な能力は?

これから説明

管理業務主任者に必要な能力を紹介します。

求められる能力を有しているとアピールすることが、転職活動において大切です。

コミュニケーションスキル

マンションの住人や関係者とやり取りする機会が多いため、コミュニケーションスキルが欠かせません。

必要な情報を相手にしっかり伝える力や空気・雰囲気に合わせた対応を取る必要があります。

こちらが伝えるばかりではなく、相手の意図を汲み取る力も重要です。

健全な運用や適切な管理のためには、住人の意見を正しく把握することも求められます。

伝える力と聞く力、両方を持っていることがコミュニケーションスキルがある人の特徴です。

マンション設備に関する知識

管理業務主任者には、マンション設備に関する知識が求められます。

マンション設備について知識や理解がないと、必要な対応ができないでしょう。

トラブルに気づかないということすらありえます。

住人が快適に生活できる状態を保つためにはマンション設備を常に良い状態にしなければなりません。

場合によっては住人や関係者からの信用を失うことにもなります。

マンション設備に関する幅広い知識はもちろん、自身が担当する物件への理解も必要です。

民法など法律に関する知識

仕事内容チェック中

管理業務主任者は住人との契約やマンションの運営管理など、幅広い業務をおこないます。

それらの多くは民法など法律に関する知識が必要です。

住人との間で結ぶ契約内容は、当然ですが法律的に問題のないものにしなければなりません。

それだけでなくマンションの運用管理自体も、さまざまな法律に準拠している必要があります。

法律に関する知識がなければ知らないうちに法律違反をしてしまう可能性もあり、トラブルに繋がります。

無用なトラブルを防ぐためにも、法律に関する知識は必須です。

 

ワンポイント
必要な能力をアピールできると、転職活動が有利に進みます。

 

管理業務主任者のやりがい

作業服の女性

管理業務主任者としてやりがいを感じられる瞬間を紹介します。

モチベーション維持や意欲向上のためにはやりがいが欠かせません。

住人からのお礼の言葉

住人からのお礼の言葉は、やりがいを感じる大きなポイントです。

マンション管理はトラブルの連続で、迅速かつ臨機応変な対応が求められます。

そのため緊張感がつきまとう仕事です。

しかし適切な対応によりトラブルが解消すると、住人から好評価を得ることができます。

トラブルがない平和な中でも、生活を支える管理業務主任者へ感謝を伝えてくれる人はいるでしょう。

そのようなお礼の言葉を得た瞬間、管理業務主任者として仕事をしていて良かったと喜びを感じられます。

トラブルを柔軟に解決

トラブルを柔軟に解決したときの達成感は大きいです。

マンション管理の仕事では、設備の不調から住人同士の諍いまでさまざまなトラブルが発生します。

住人の生活を守るためには、トラブルへ迅速かつ的確に対応しなければなりません。

解決方法は時と場合によって異なりますので、柔軟性が求められます。

大変な状況ではありますが、そんな中で無事にトラブルが解決できたときの達成感は大きいです。

達成感はやりがいに繋がります。トラブルが発生しやすいですが、その分やりがいも感じやすい仕事です。

 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


管理業務主任者の資格が役立つ場面

女性

管理業務主任者の資格が役立つ場面として以下が挙げられます。

  • マンション管理会社への転職時
  • キャリアアップ時
  • マンション管理マネジメント時

国家資格であり独占業務もある管理業務主任者は、マンション管理会社で大いに役立つ資格です。

マンション管理会社への転職活動時には非常に有利に働くでしょう。

また、不動産管理業におけるキャリアアップにも効果的です。

より高いランクの仕事ができるようにもなりますし、評価を得られれば昇給や昇格にも繋がります。

管理業務主任者が持つ知識やスキルそのものは、マンション管理のマネジメントで活躍するものです。

管理組合では対応しきれない部分をサポートするために、管理業務主任者の知識が欠かせません。

転職やキャリアアップ・マンション管理や運用の場面で非常に役立ちます。

 

ワンポイント
マンション管理において活用できる資格です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

理想の業界や職種があるのであれば、適した対策や資格の勉強をするでしょう。

転職活動を成功させるためには、それなりの行動が必要です。

ただしすべてがスムーズにいくとは限らず、むしろつまづいてしまう場面は少なくありません。

上手くいかずに悩んだり、ストレスになったりしてしまうこともあるでしょう。

そんなときは、転職エージェントを活用して相談することをおすすめします。

転職エージェントは多くの求職者の転職相談に乗ってきたため、豊富な実績とノウハウをもつ存在です。

経験を活かした実用的で的確なアドバイスは、悩みの解消に大いに役立ちます。

どんな場面においても、ときにはプロの力を借りることが成功のために必要です。

転職活動に関する悩みは、ぜひ転職エージェントに相談しましょう。

 

無料転職相談をして転職活動の悩みを解消しよう

 

まとめ

OKサインを出す女性

管理業務主任者は、マンション管理や住人の生活を守るために非常に重要な役割を果たします。

国家資格であり需要も高いため、活躍できる場面は多いです。

管理業務主任者の資格をとれば安定して仕事ができるでしょう。

特別難易度が高い資格ではないため、独学でも合格を狙うことができます。

マンション管理業に興味のある人は、ぜひ管理業務主任者の取得を検討してはいかがでしょうか。

スマホでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

面談時の服装は自由

服装は自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

面接
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

女性

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!