IT関連の仕事としてシステムエンジニアがあります。

転職に興味はあるけれど具体的な仕事内容が分からず不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

システムエンジニアはクライアントとコミュニケーションを取りながらシステムの設計を行う仕事です。

この記事ではシステムエンジニアの仕事内容を解説します。詳しい仕事内容が分かれば転職のイメージもできるでしょう。

求められるスキルなども紹介しますので参考にしてください。

システムエンジニの仕事内容を解説

女性

システムエンジニアの仕事は要件定義から始まり保守・運用まで多くあります。

仕事内容を解説していきますので自分に合った業種かどうか確認してください。

その1:要件定義

ヒヤリング

ヒヤリングをして具体的なクライアントの業務内容を理解します。

クライアントがどのようなことを望んでいるのか、どんな問題点があるのかを明確にするのが要件定義です。

予算や開発期間を考慮に入れながら、できるだけクライアントの希望に沿うようなシステムを企画していきます。

クライアントが何を望んでいるかを的確に汲み取るコミュニケーション能力が必要になるでしょう。

その2:基本設計

資料

基本設計はクライアントの要望に沿うようなシステムを設計する作業です。

要件定義のデータに基づいて要件を満たすためにはどのような機能を持たせるのかを検討していきます。

基本設計は「どのような操作方法にするのか」「どのような画像が必要か」などを考える工程です。

「どのような情報をデータベースに入れるのか」「外部・内部システムとの連携は必要か」「それをどのように実現するか」なども考えます。

システムの設計図を作成する工程といえるでしょう。

その3:詳細設計

資料

詳細設計は基本設計で実装すべき機能を具体的にどのような技術を使い表現していくかを詳しく決める工程です。

ブログラマーへの指示になるためシステム内部の仕組みを細かく決めていく事が必要になるでしょう。

プログラミングの知識も必要になる工程です。

その4:テスト

パソコン

テストの工程では完成したシステムが設計通りに動作するかテストを行う工程になります。

システムが想定通りに動作しているのかどうかを確認するのもシステムエンジニアの仕事です。

システムが設計通りに作動するまでテストと修正を繰り返し行います。

その5:保守・運用

女性

システムは作れば終わりではありません。

運用が始まれば定期メンテナンストラブル対応・データベースの操作なども行います。

保守は専門の保守エンジニアに依頼する場合もありますがシステムエンジニア自身が対応する企業も多いです。

 

ワンポイント
システムエンジニアは顧客の要望をうまく汲み取ってシステムを設計する仕事です。

客先常駐と自社開発

社内

「客先常駐」とはクライアントのオフィスへ出向して開発を行うことです。

プロジェクトが完成するまで常駐することもあれば特定期間だけの参加することもあります。

各先常駐のプロジェクトでは多くの企業からシステムエンジニアが集まりますので、横の繋がりもできるでしょう。

「自社開発」とは自社でシステムを開発することをいいます。自社でアイデアを出して商品となるシステムを作り出す働き方です。

システムエンジニアに必要なスキルは?

解説

システムエンジニアに必要なスキルを紹介します。

コミュニケーション能力

仲間

システムエンジニアは多くの人たちと意思疎通をする仕事です。

案件定義ではクライアントや自社部門の要求を正確にヒヤリングすることが必要になります。

後々の工程をスムーズにするためにも要件定義でのヒヤリングは重要です。

相手の意図を正確に汲み取ることが必要になります。

そのためシステムエンジニアにはコミュニケーション能力が必要です。

論理的思考能力

ポイント

論理的思考能力とは物事を順序立てて考えることができる能力です。

クライアントと使用の確認をする上で重要なことは「相手に分かりやすく説明できるかどうか」になります。

クライアントはITの専門家ばかりではありません。

そのような相手にも「どのような処理手順を行えばシステム要件が実現できるか」を理解して貰えるかは重要です。

システムエンジニアは順序立ててクライアントに説明する能力が必要だといえるでしょう。

システム設計を行う上でも論理的な思考は重要です。

文書作成スキル

パソコン

クライアントや自社の打ち合わせにおいて分かりやすい資料を提示することは重要です。

プログラマーに対してシステムの構造や動きを伝えるためにも基本的な文章作成の能力は必要になります。

プロジェクト管理

資料

納期内にプロジェクトを完成させるために人員調整や工程管理・作業見積もりなどの管理能力が必要です。

管理は主にプロジェクトマネージャーが行いますが、システムエンジニアが工程を確認する場合もあります。

プロジェクトを管理できるスキルがあれば業務をスムーズに行うことができるでしょう。

 

ワンポイント
システムエンジニアに必要なスキル
・コミュニケーション能力
・論理的思考能力
・プロジェクト管理

システムエンジニアになるには?

ポイント

システムエンジニアになるためにどのようなキャリアパスがあるのか解説します。

プログラマーからキャリアアップ

パソコン

システムエンジニアになるために必要なスキルを身に付けてキャリアアップする方法があります。

プログラマーとしてプログラミングのスキルを身に付けてからシステムエンジニアにキャリアアップする女性も多いです。

同じ企業でキャリアアップする場合もありますし、他の企業へキャリアアップ転職をする場合もあります。

未経験採用で転職

面接

システムエンジニアの求人には未経験可能とするものがあります。

企業のIT化が進みシステムエンジニアは慢性的な人手不足になっているといえるでしょう。

そのため未経験者を採用してシステムエンジニアを育てようとしている企業も多くあります。

未経験で採用後に経験を積んでシステムエンジニアとして活躍できる可能性はあるでしょう。

またシステムエンジニアは未経験であったとしても必要なスキルが備わっていれば転職後も有利になります。

 

ワンポイント
システムエンジニアになるには
・プログラマーからキャリアアップ
・未経験可能な求人に応募する

プログラミングの知識を身に付ける方法

パソコン

プログラミングは文系には難しいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

プログラミングの知識を身に付けるためには理系の考え方が必要だというわけではありません。

プログラミングの学習に「必ずこれをしなければならない」といった方法は無いのです。

インターネットで分からない部分を調べてプログラミングの知識を身につける女性もいます。

プログラミングスクールに通う方もいらっしゃるかもしれません。

自分に合った学習方法を見つけることが重要です。

また身につける目標を定めることも重要になります。

  • プログラミング知識を身に付けてゲームを作りたい
  • プログラミング知識を身に付けてシステムのことを理解したい
  • プログラミング知識を身に付けてキャリアアップしたい

このようにプログラミングの知識を身に付ける目的は多様です。

プログラミングの知識を身に付けて何をしたいかを考えて学習方法を見つけてください。

システムエンジニアに向いている人

紹介

システムエンジニアに向いている人は以下のような特徴が挙げられます。

  • 物事を正しく理解できる
  • コミュニケーション能力がある
  • 向上心がある
  • 変化を恐れない

システムエンジニアはクライアントの要望を正しく汲み取らなければなりません。

どのようなシステムを組み上げるかを考えることも仕事です。

そのため物事を正しく理解できる力やコミュニケーション能力がある人はシステムエンジニアに向いています。

またIT業界は常に新しい情報や技術が出てきますので学ぶ姿勢も大切です。

向上心がある人や変化を恐れずに新しいものを取り入れる気持ちのある人もシステムエンジニアに向いているといえるでしょう。

 

ワンポイント
システムエンジニアに向いている人の特徴
・物事を正しく理解できる
・コミュニケーション能力がある
・向上心がある
・変化を恐れない

未経験からシステムエンジニアを目指すには?

女性

システムエンジニアになるために必須の資格はありません。

そのため未経験でも応募可能な求人にはすぐにでも応募することができるでしょう。

しかし採用担当者は未経験なら誰でも採用するというわけではありません。

システムエンジニアになりたいという熱意の他にもチェックされるポイントはあります。

社会人としての振る舞いやコミュニケーション能力・プログラミングの知識の証明などで自分の強みをアピールしましょう。

システムエンジニアへのキャリアアップを視野に入れプログラマーとして経験を積む方法もあります。

プログラミングの知識が身に付きますのでキャリアアップの際には強みになるでしょう。

転職エージェントに相談するという手もあります。

転職エージェントは多くの求人情報を持っていますので、未経験でも応募可能なものを紹介してくれるでしょう。

システムエンジニアの将来性やキャリアパス

女性

システムエンジニアの将来性やキャリアパスについて紹介します。

多くの企業内では業務のIT化が進んでいますのでITの知識に詳しい人材が求められる場面も多いです。

スマートフォンやタブレットの普及に伴いIT技術が必要になる企業も多くあります。

企業におけるITの人材は慢性的に不足していますのでシステムエンジニアの需要は高いといえるでしょう。

将来性

パソコン

システムエンジニアは年間を通して求人の多い職種です。

IT関連の知識の他にもクライアントとの交渉などコミュニケーション能力も求められるためそれに対応できる人材が必要とされています。

システムエンジニアはシステム開発などIT関連企業の求人ばかりではありません。

一般企業が独自のシステムを開発して社内で使用するケースも増えてきています。

自社製品にIT技術を取り入れることもありますので、一般企業によるシステムエンジニアの求人も多いです。

キャリアパス

ポイント

システムエンジニアのキャリアパスについての解説です。

システムエンジニアのキャリアパスには以下のようなものがあります。

  • 社内でのポジションを上げる
  • 経験を活かして他の職種へ転職する
  • フリーランスになる

システムエンジニアはキャリア経験によって能力を上げていく仕事です。

システムエンジニアとして実績を上げて社内で昇進していくキャリアパスがあります。

プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーといった上流工程の担当者になることもあるでしょう。

システムエンジニアは基本設計から顧客の対応まで多くの業務があります。

そのためシステムエンジニアとしての経験が活かせる業種は多いです。経験を活かして他業種へキャリアチェンジする人もいます。

ITコンサルタントを目指す人もいますし、より専門的な知識を身に付けてデータベースエンジニアなどへ転職する人もいるようです。

企業でシステムエンジニアとして経験を積んでフリーランスへ転向する人もいます。

フリーランスになれば自分の力量次第で仕事が増えていきますので年収の増加に繋がる人もいるようです。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

案内

システムエンジニアへの転職について不安に感じることがある方もいらっしゃるかもしれません。

転職のことで不安や悩みがありましたら転職エージェントにご相談ください。

転職エージェントは転職に関して多くの知識を持っています。

疑問や不安を解消できるよう的確なアドバイスをしてくれますので転職活動の支えになるでしょう。

また転職エージェントは非公開の求人情報も取り扱っています。

自分の希望する求人がうまく探せないときなども転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントとともに転職活動を成功させて転職先でも活躍しましょう。

まとめ

女性

システムエンジニアはクライアントとの話し合いからシステムを設計・運用や保守を行います。

クライアントの問題点や要望をうまく汲み取ってシステムに落とし込むことが重要になるでしょう。

システム的な知識も必要ですが相手の思いを的確に汲み取るコミュニケーション能力も大切です。

コミュニケーション能力や理解力・勤勉さをうまく活かすことができれば未経験からでも活躍できるでしょう。

もし転職について疑問や不安がありましたら転職エージェントにご相談ください。

転職エージェントを活用して転職活動を円滑に進めましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら