通訳に転職したいと考える場合、志望動機はどのように考えたらよいのでしょうか。

これから転職活動で通訳を目指す方に向けて、魅力的な志望動機を書くために抑えるべきポイントについて見ていきましょう。

好印象を与えるためにどんな志望動機にすればいいのか、例文を交えながら解説していきます。

Contents

通訳に転職する志望動機の考え方を解説

女性

通訳に転職したい場合、志望動機はなかなか考えづらいものです。

基本的には「人と人を繋ぐ仕事がしたい」「語学力を活かした仕事をしたい」という理由が挙げられるでしょう。

しかし、それでは「他の職種や他の企業でもいいのではないか」と返されたときに説得力のある返答ができません。

もう一歩踏み込んで、この職場でなければ自分の力を活かすことはできないというくらいの強い志望動機を伝えたいものです。

どのように考えたらよいか、順を追って解説していきます。

魅力的な志望動機を書くための事前準備

ポイント

まずは事前準備として自己分析企業研究を入念に行いましょう。

自分自身の強みを見つけ、それを今後の通訳でどのように活かすのかを明確にする必要があるためです。

それぞれ詳しくご説明します。

自己分析

自己分析は自分に何ができるのかを明確にするために行います。

得意なことや好きなことはもちろん、今までに仕事で得た経験や教訓などすべて挙げてみましょう。

自分の強みを見つけるのも重要ですが、何がしたいかも同じくらい重要です。

どのような仕事についてどのような将来を迎えたいのか、できる限り具体的に考えてみてください。

そのうえで、それを実現するために必要になるスキルや強みになる経験などを自分の中から探していくといいでしょう。

企業研究

応募を考えている企業やその業界について、事前にしっかりと調べておく必要があります。

最低限、企業のホームページに載っているような情報は全て調べておきましょう。

例えば企業理念や経営理念のほか、事業内容や社内制度について知っておく必要があります。

事業内容を深く知ることで、その企業のサービスやそこで行われる職務内容を正確に理解することが重要です。

その上で自分の希望と合っているかどうかをよく確認しましょう。

面接での受け答えのためだけでなく、入社後に自分が困らないためにも入念な情報収集が必要です。

 

ワンポイント
事前準備として自己分析と企業研究は入念に行っておきましょう。

魅力的な志望動機を書くためには?

悩む女性

一歩踏み込んだ魅力的な志望動機を書くためにはどんな材料が必要になるでしょうか。

自己分析で自分の得意分野自信のあるスキルを見つけ、それを仕事にどう活かせるか考えてみましょう。

さらに留学や海外での経験から学んだことがあればさらに説得力が増します。

具体的に見ていきましょう。

得意分野・ビジネススキル・ヒューマンスキルを仕事にどう活かすか

まずは武器となる自分の得意分野ビジネススキルヒューマンスキルを見つけましょう。

ただ「○○が得意」というだけで終わらせずに、前職でのエピソードや客観的な数字など裏付ける材料も必要です。

前職で海外の取引先の対応を一手に任され、高い英語力と折衝能力が身についたなどの経験があれば説得力があります。

翻訳者と異なり、通訳者には同じ英語でも対話でのスキルを重視される傾向にあるからです。

その上で、それを応募先の企業でどう活かせるかということを考えてみましょう。

留学・海外インターン経験などから学んだこと

旅行

ただ英語が使いこなせるというだけでなく、異文化間の違いを身に染みて感じ、それを乗り越えた経験はとても貴重です。

そのため留学海外でのインターン経験があれば、通訳の志望動機としてはとても魅力的な印象になります。

そこで学んだことについてわかりやすく伝えられるエピソードがないか探してみましょう。

もし文化の違いを自分のコミュニケーション能力で解決した経験があればしめたものです。

ぜひそれを軸にして志望動機を組み立てるとよいでしょう。

通訳を目指す志望動機でアピールすべきこと

OKサインを出す女性

通訳として採用されるためには、志望動機でどのようにアピールすべきでしょうか。

まず仕事柄、英語力は欠かせません。それにプラスして熱意も必要になります。

また今までに身につけた資格や実務経験と向上心をアピールすることで、今後の成長性も印象付けることができるでしょう。

それぞれについて解説していきます。

英語力と熱意をアピールする

通訳になるための素養として英語力は必須といえます。

そのため、英語力がどれだけあるかについては具体的な基準を出して伝えましょう。

また、通訳という仕事への強い熱意を伝えることが重要です。

自分の中にある仕事への情熱や、なぜその仕事でなければならないかという説得力のある理由を伝える必要があります。

憧れだけではできない仕事ですから、どんな努力をしてでも続けていきたいという熱い気持ちをアピールしましょう。

通訳の資格・実務経験と向上心をアピールする

手で〇印をつくる女性

仕事上で必要になる資格実務経験を持っている場合は、ぜひともアピールしましょう。

通訳の仕事では通訳案内士やTOBISなどの資格があると重宝されます。

それ以外にも英検1級やTOEIC900点以上など英語力を証明する資格があると有利です。

実務経験があれば、前職での業績や経験などを具体的に伝えましょう。

また、通訳の仕事には日々の勉強が欠かせません。

英語力を得るために努力してきたことやこれからも努力を続けていきたい気持ちを伝え、向上心の高さも印象付けましょう。

 

ワンポイント
志望動機には英語力・熱意・資格・実務経験・向上心などを盛り込んでアピールしましょう。

通訳の志望動機の例文をチェック

女性

実際に志望動機の例文を用意しましたので、どのようなポイントが盛り込まれているか確認してみましょう。

ここに挙げているのはあくまでも一例ですが、自分の強みの伝え方は様々な職種に応用できます。

良いと思ったところを参考にして、自分なりの志望動機を組み立ててみてください。

英語力・資格・向上心をアピール

私は前職で旅行会社のツアーガイドをしており、アメリカやヨーロッパを中心に各国を周った経験があります。

そこで得意な英語に絞ってもっと技術を磨き、それを駆使して仕事をしたいと思ったのが通訳を志したきっかけです。

英語力は学生時代に英検1級を取得しており、また前職でも常に使用機会があったため意思の疎通に困ることはありません。

御社では外国人旅行者の助けとなるような様々なサポートが提供されている点に共感し、ぜひ力になりたいと志望いたしました。

通訳案内士の資格はまだ取得できていませんが、1日も早く取得するために現在も1日3時間の勉強を続けています。

留学経験・実務経験・資格をアピール

ファイルを持つ女性

私は学生時代にアメリカに1年間留学しており、前職では外資系企業で海外拠点との連絡を担当しておりました。

業務上必要だったため、TOBISの資格も取得しております。

御社では海外の取引先とのビジネス通訳を募集されているため、自身の経験が役立つのではないかと考え志望いたしました。

自分自身のスキルをさらに成長させつつ会社の利益に貢献できるよう全力で取り組んでまいります。

実務経験・資格・熱意をアピール

前職では旅行代理店に勤め、アジア圏からの観光客を中心に観光ガイドを行っておりました。

業務上必要だった通訳案内士の資格を取得し、また日々の仕事をする中で多くの方々と関わり、英語の上達を実感しております。

前職で培ったスキルを活かし、より広い地域からの観光客にガイドを行う貴社の業務でお役に立ちたいと感じ志望いたしました。

訪れた外国人にもっと日本の良さを知ってもらうため、今後も日々学び続けていきたいと考えております。

 

無料転職相談をして条件のいい求人を見つけよう

 

通訳の志望動機のNG例

NGのジェスチャー

逆に志望動機を書く際の良くない例についても確認しておきましょう。

原則として抽象的な表現や誰もが挙げそうな内容は避けておくのが無難です。

詳しく見ていきましょう。

自分の成長だけの志望動機はNG

「御社ではより実践的な英語が学べると思い志望いたしました」のような表現は、自己中心的な印象を与えてしまいます。

自分が成長できる環境を求めるのは悪い事ではありませんが、企業は結果を出せる人材を求めているからです。

自分が成長できることで、それを活用することでいかに企業に貢献できるかもあわせて述べましょう。

「より実践的な英語が学べ、なおかつそれを業務に活かせる環境であるため志望いたしました」という表現であればOKです。

抽象的な表現はNG

ただ「御社の理念に共感いたしました」というぼんやりとした志望動機では説得力がありません。

具体的に何に共感したのかわからないばかりか、下手をすると意味のない常套句とも受け取られかねません。

最低限、どんな点に共感したかは述べるようにしましょう。

可能なら、なぜ共感したかという具体的な部分を自分の経験や考えをふまえて示すことができればなおよいでしょう。

「御社の理念が私の考える○○な社会を実現したいという考えと一致しており志望いたしました」であればOKです。

 

ワンポイント
自分のことだけを考えた志望動機や抽象的で中身のない表現は避けましょう。

採用側は志望動機や履歴書から何を見ている?

虫眼鏡を持つ女性

企業の採用担当者は、面接での志望動機や履歴書の内容からどんなことを読み取っているのでしょうか。

面接での受け答えや履歴書からは、応募者がアピールしたい点以外の情報も多数読み取ることができます。

採用担当者はまずそこで正しい日本語が使えているかどうかやコミュニケーション能力があるかを確認しているのです。

英語力よりも日本語力の方が大事

通訳の仕事はただ英語が話せればいいだけでなく、誤解を招かないよう正確に伝える力が求められます。

その点でいえば、母国語である日本語を正確に使いこなせないようでは業務に支障をきたすでしょう。

まずは日本語を正しく使いこなし、言いたいことを正確に伝える力があるかどうかを確認します。

誤字脱字はもちろんのこと、誤解を招くような表現や伝わりづらい表現がないかどうかしっかりと確認しましょう。

コミュニケーション能力が重要視される

正しい日本語と同様、正確な意思疎通ができるかどうかも通訳者にとっては重要な点です。

そのため、コミュニケーション能力が十分にあるかどうかも応募書類や面接で見られています。

質問に的確に答えているかどうかや不快感を与えないかなど、人と接する仕事に必要なスキルはきちんと身につけておきましょう。

 

ワンポイント
志望動機や履歴書から日本語の運用能力やコミュニケーション能力もチェックされています。

通訳への転職面接でよく聞かれることは?

就職先を探す女性

通訳の面接では、具体的にどのような仕事内容を担当したいかがよく問われます。

これは通訳という仕事の幅広さからくるミスマッチを防ぐためです。

同じ通訳という仕事でも「観光ガイド」と「ビジネス通訳」では使用する単語や言い回し・相手への接し方が全く異なります。

このように、本人のやりたい仕事と実際の仕事内容がきちんと合っているかどうかを面接で確認する必要があるのです。

また、英語で面接が行われることもあります。

これは英語力や通訳としてのスキルなどを測るために行われるものです。

実務経験に自信がない場合は事前にしっかりと練習しておきましょう。

転職相談は転職エージェントを活用する

エージェント

転職について分からないことが出てきたときは転職エージェントを活用しましょう。

転職のプロであるキャリアアドバイザーが、あなたの実力や個性を最大限発揮できる職場探しをサポートしてくれます。

その他にもスキルの棚卸しや模擬面接なども手助けしてくれるため、大変心強い存在です。

転職エージェントは無料で利用できるため、まずは気軽に相談してみるとよいでしょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

女性

通訳に転職するための魅力的な志望動機を書くためには、まずしっかりと自己分析企業分析を行う必要があります。

そこから自分が持っている経験やスキルを仕事内容にどのように活かしていきたいか具体的に伝えましょう。

面接では英語面接が行われたり、通訳の中でも具体的にどのような仕事がしたいかについて聞かれます。

自分の良さをしっかりとアピールし、それを仕事でどう活かすか説明できるように準備しておきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら