本や雑誌の制作に重要な編集者について、そのキャリアパスを考えてみる特集です。

実際の編集者が行う仕事内容も振り返りつつ、編集者のメリットやデメリットも併せて紹介します。

また、女性のキャリアパスや役立つ資格についても解説していく内容です。

編集者のキャリアパスの考え方を解説

本とバラの画像

書籍が世の中に出版されるまでの過程にて、さまざまな業務をこなす役割を持つのが編集者です。

一見すると華やかなイメージの出版業界の職種ですが、その実情とその後のキャリアパスはどのように描くことができるのでしょうか?

今回は編集者のキャリアパスについて考えていく特集です。

編集者の主な仕事内容

本を読む女性の画像

編集者の未来を考える前に、編集者の仕事とは何かを知っておく必要があります。

編集とは、書籍や雑誌などの制作作業の全般を仕切る業務です。

そのため編集者は出版したい本や記事などを企画しすべての行程を管理します。

多くの場合が出版社・編集プロダクションに所属していますが、近年ではフリーランスで活動する人も増えている傾向です。

また、当初では紙の書籍や雑誌などを販売することが目的でした。

しかし今では、Web展開が可能となりニュースサイトやオウンドメディアのみ運営する企業もあります。

つまり、マスコミ関連だけの専門職種ではなくなりつつあるのが特徴です。

企画立案・予算見積り

編集者が最初に行う仕事は記事の企画を立てることからです。

やがて、その企画を実現させるために必要なライター・デザイナー・イラストレーター・カメラマンなどを厳選し予算を立てます。

企画立案では、どのような媒体に掲載するかによりますが、年間を通して組む場合や一時的な短いスパンのものも考えられるでしょう。

次に、その企画への予算の捻出を計算して会議にて決定させます。

この段階で承諾が採決されれば、さっそく出版に向けてのスタートを切れるという流れです。

取材・編集・デザイン

パソコンと女性の画像

出版が決定したら、すべての行程での日程と予算を下にしながら、実際の取材活動を行います。

取材活動は、編集者自ら行う場合や外部のライターを雇う場合もあります。

取材をしたい対象に向けてインタビューや写真撮影、ボイスレコーダーでの録音などもあるでしょう。

記事の善し悪しが決まるには、いかにしてよい取材をするかがポイントです。

すべての記事となる材料が揃ったら、テンプレートやデザインに落とし込んで、出版できるような形状に仕上げます。

デザインの方法も編集者が行う場合や他のデザイナーに振るなどの方法です。

書籍に使う紙の種類や色へのこだわりなども考慮して完成させます。

出版

その後出来上がった記事やデザインの校正・校閲をします。

誤字や脱字などのミスをチェックし、いよいよ原稿は印刷所へと運ばれる流れです。

そこで問題なく印刷が完了すれば、後は出版日を迎えて日の目を見ることになります。

また校正の質やデザインの複雑さなどによっては時間がかかり、締切り間近まで慌てることもあるようです。

編集者の強みや弱みを理解しよう

本とコーヒーの画像

編集者にとっての最大の強みは、作りたいと考えた企画や書籍が、実際に手に取れる状態にまで作りだせるという点です。

普通は、頭の中で考えただけで終わってしまうことのほうが多い世の中ではないでしょうか?

しかし編集者は、作りたいと思ったら実際に手を動かして作れてしまう魅力を体験できます。

これは編集者ならではなだいご味といえるでしょう。一方、編集者の弱みとしては、激務と重責感があります。

締め切りに追われたりすることは日常的です。

また女性編集者の場合、結婚や妊娠などでライフステージが変わると、仕事が続けられず退職してしまう人も多いという点でしょう。

 

ワンポイント
もの作りのだいご味が分かりつつ重責を担うのが編集者の仕事である。

編集者のキャリアパスやキャリアアップ

本を開いた画像

編集者のキャリアパスは、ますます多岐にわたっている傾向があります。

同じ出版会社で昇進する人もいれば、独立した出版プロデューサーなどに転身する人も増えている様子です。

ただし、出版社の肩書きに依存していたから成り立つ部分が多くあり、実際はあまり成果を出せない人もいるのが現状といえます。

では、編集者のその後のキャリアパスについてさらに解説していきましょう。

ライターと兼務

最初は編集者として作家やライターのバックアップを業務にしていることがメインです。

そのうち自分も文章を書くことに目覚めてライターとしてのキャリアを積む人もいます。

その出版会社によっては、編集者兼ライターという兼業をこなす人もいるようです。

とにかく書くこと自体が好きだというのであれば、ライターを目指すことも方法の1つです。

編集長

電話中の画像

編集者のキャリアパスとして王道とも呼べるのは、その企業の中で昇進して編集長などの役職に就くパターンです。

一般企業の中と同様に管理職がゴールだと考えている人も少なくありません。

大手出版社になれば、ある程度の知名度もあって、安定したポジションなのも魅力といえるでしょう。

経験を活かせる職種に転職する

編集者は裏方という印象がありますが、さまざまな人々との出会いも期待できます。

有名人や著名人に出版をお願いすることもあり、公私にわたって交流が深まる可能性があるようです。

一般的な人々とは違った稀な経験もできるため、自身がタレント活動をすることもあり得ます。

また、出版を通じて得た知識などを活用してセミナー講師や講演家としてのキャリアをスタートさせる人も登場している傾向です。

編集者は結婚や出産後でも働ける?

窓と本の画像

とくに女性の場合は、結婚や出産・子育てといったライフステージの変化によって、働き方が変わりやすいという特徴があります。

これは出版業界でも同じことが考えられます。多忙な毎日を送るとされる編集者の仕事です。

ここでは、業務をこなしながら出産後でも安心して働けるのかどうかを探っていきましょう。

結婚や出産後でも編集者は続けられる?

現状として、女性編集者は結婚・出産を機にして退職するケースはとても多いとされています。

やはり家庭と仕事の両立をリアルに考えた場合、心身双方に負担が掛りやすい職場であることが理由です。

そのため続けたいけど子供や家族のことを考えて離職するという判断をしています。ただし必ずしもすべての女性がそうだとはいえません。

中には結婚・出産後でも今までと変わらず働いている女性編集者もいます。

その際は、どのような書籍や雑誌を担当しているのかにもより、会社側との折り合いによって決めているようです。

続ける時に意識すべきことは?

結婚や出産の後でも編集者として仕事を続けたい場合には、やはり会社側との話し合いが大切です。

譲れる部分と譲れない部分の線引きをする必要があるでしょう。

つまり、福利厚生に関するルールがどうなっているのかを改めて確認し、自分がその範疇で適用されるかどうかを見直す必要があります。

一般的に大手出版企業であれば、女性の働き方についても何かしらの策を練っているところが多いはずです。

 

ワンポイント
 ライフステージの変化で辞めてしまう女性編集者も多い。

子育てと両立できる?

タブレットの画像

結婚や出産と同様に育児との両立も本人次第といえるでしょう。

この場合も育休・短時間勤務といった体制が会社側で整っていれば、働き方をシフトしながら続けることができるかもしれません。

また子育てしながら女性編集者として続けている女性が周囲にいないかを調べてみるとよいでしょう。

ロールモデルとして見習える部分があるかもしれませんし、できれば相談に乗ってもらうなどの対処をしてみるのもよい方法です。

編集者のキャリアパス事例

仕事をする画像

編集者は出版を通じながらさまざまな人々との交流ができるメリットがあります。

普段は会うことが難しい著名人や有名人とも接触できることが考えられ、コミュニケーション次第で仲良くなれるケースもあるようです。

社会的にも認知されている職業でもあることから、その後のキャリアパスも他方面への期待ができます。

では実際の例を少しだけ紹介していきましょう。

まず一番多いのは編集者としての経験を積み、同社で編集長へとステップアップするキャリアパスです。

他の業界や一般企業の場合と同様に、社内での昇進と辞令があります。

編集長になれば、記事単体だけに限らず媒体そのものの企画にも携われるようになるでしょう。

さらに本や雑誌作りの面白さが実感できるのがメリットです。

もちろん編集長としての責任も大きくなりますが、自分がその書籍や雑誌作りの中核を担っていることを体感できるでしょう。

フリーランスの女性の画像

最近増えている傾向としては、編集者としてのキャリアをある程度積んだ後にフリーランスとして活動するケースです。

その場合は、編集の経験を活かしながら、これから出版を目指す人を見つけてプロデュースをするような役目が多く見受けられます。

出版プロデューサーという肩書きで、出版を志す人へのアドバイスなどを中心に展開するのが特徴です。

ただし方法を間違えると、1人もプロデュースできない残念な結果を招きやすいデメリットも発生します。

最後までしっかりと1人の相手と対峙できる辛抱強さと、人を育てる力量がなければ向いていません。

 

ワンポイント
企業内での昇進かフリーランスとして独立するパターンが目立つ。

編集者のキャリアアップに役立つ資格

タブレットを読む画像

書籍や雑誌を中心にしながら、近年ではWebコンテンツでの記事の編集から進行管理も含めて、編集者の形態も多様化しています。

いずれにしても、本やコンテンツになるまでのすべての過程に携わる仕事です。

そのため、編集者として所持していれば役に立つ資格も存在します。

ここでは、キャリアアップに役立つ編集者向けな資格について解説していきましょう。

校正技能検定

校正技能検定とは、日本エディタースクールが実施している文章校正についての技能を認定する試験です。

国内では校正に関する資格はこれが唯一とされています。

とくに実務未経験な人が出版界へ入るためのアピールとして受験するケースが目立つ傾向です。

他にも、編集者としての技能を見直しキャリアアップのために受験するベテランも多くいます。

書籍製作技能検定

書籍制作技能検定は、日本エディタースクールが行っている民間資格です。

書籍を中心とした出版物の編集や制作での基礎知識を判定する内容になっています。

条件としては、日本エディタースクールのコース修了者であることか、編集実務経験がないと受験できません。

実技と筆記の双方にて基準以上に達すれば合格です。ある程度の編集者経験がある人は受験してみるとよいでしょう。

Webライティング能力検定

紙媒体での出版が王道であることは変わりありません。

しかし、近年では電子書籍なども含めたWebコンテンツ上での記事制作も増えています。

Web上で完結できるライターもたくさんいる傾向です。

そのため、Web上でのライティング能力を判定する資格試験としてWebライティング能力検定が誕生しました。

ライティング技術・販売や自己表現に役立つライティング技術・Webコミュニケーションなどが身につきます。

他にも、SEO・法律の知識も網羅された資格試験です。

 

ワンポイント
元々は編集者で資格取得する人は少ないが徐々に登場しつつある。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンを持つ女性の画像

効率よく転職活動を行うためにも、転職エージェントへの登録がおすすめです。

もし転職上での困ったことがあれば担当アドバイザーに相談ができることや、的確なアドバイスを受けることができます。

自分のどのくらいの即戦力があるのかなど、些細な悩みがあれば気軽に聞いてみるとよいでしょう。

転職エージェントとは転職に関する専門家の集まりです。

転職を成功に導くためのノウハウを熟知したスタッフがいつも滞在してくれています。

まとめ

本屋にいる女性の画像

出版業界は現在過渡期を向えているともいわれ続けています。

その理由は、今の時代はなかなか書籍が売れず、ますます紙媒体の価値が問われているからです。

しかしその本当の理由は編集者の勤務態度や業界そのものの考え方にあるともいわれています。

企業が数値を追うことは当然ですが、どうしても売れる本を追い求め過ぎて、ますます内容の薄いものしか販売しなくなっている傾向です。

ウケる書籍ではなく価値のある書籍を出版するには、作者やライターとの真摯な付き合いや育て方を改めないといけません。

編集者がこれからやり直す課題は山積されているので、ますます新しい才能や出会いも求められることでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら