PRや広報と呼ばれる職種は、企業のイメージを広める上で大変重要な役目を担っています。

この職種が企業の商品・サービスをユーザーに浸透させるといっても過言ではありません。

今回の記事では具体的な戦略を練っていく上で欠かせないPR・広報について詳しく解説していきます。

PRや広報の仕事内容を解説

女性

PRや広報と呼ばれる職種の仕事内容は主にPRの企画・設計・制作・開発・運用をする仕事です。

これは単なる宣伝活動ではありません。

ユーザーに体験を提供し、その体験に対してのユーザーの反応に更に対応していくことで関係性を構築していきます。

これにより相互作用が生まれ、その後にユーザーの意見を活かすことで更に満足してもらえるPRを作れるのです。

ここではPRや広報の仕事内容について更に詳しく解説していきます。

市場調査

まず効果的なPRを行うために市場について詳しく理解することが必要になります。

そのためには市場調査を行い、その調査結果を分析することが重要です。

市場で求められているものを明確にすることによって、自社の商品・サービスをどのように売り出せば良いのかがわかるでしょう。

これが明確になることによって、この後のPR戦略も大変やりやすくなります。

PR・広報職にとって、市場調査というのはPR戦略を行っていく上で欠かすことのできない業務だといえるでしょう。

PR戦略

笑顔の女性

PR戦略というのはこの職種にとって1番大切な業務といっても過言ではありません。

ここまで調査・分析してきた市場の情報を参考にしてPR戦略を練ります。

どういった戦略を取れば1番効果的に、多くのユーザーに自社の商品・サービスを届けることができるのかを考えます。

PR戦略を策定することでPR目標・ターゲット・方針などを具体的にすることが可能です。

これが具体的になったら次は実際にPRをプログラム化していくこととなります。

PR戦略というのは実際にPRプログラムを作成する際に必要不可欠なものです。

慎重に話し合いながらどのような戦略にするかを考える必要があるでしょう。

プログラムの実施

次は前述した戦略をもとにして実際にPRプログラムを作成していきます。

このプログラムというのはどのような形で戦略を実際に行動にしていくのかを規定するものです。

PRプログラムは具体性と実現性を兼ね備えたものである必要があります。

もし現実的なものでない場合にはプログラムを行っていくことが難しくなってしまうでしょう。

実現性のないものというのはPRとして無理があるものだということです。

そのため、強行したとしても効果的なPRにならない可能性があるでしょう。

しっかりと実現可能なPRプログラムを考えていく必要があります。

 

ワンポイント
・効果的にPR・広報を行っていくために市場の調査・分析を行う
・その分析結果をもとにPR戦略を練る
・戦略をもとにPRプログラムを実行していく

PRや広報のやりがい

仕事をする女性

次はPRや広報のやりがいについて解説していきます。

この職種で働くことで得られるやりがいについて、以下のようなものが考えられるでしょう。

広い人脈を築ける

この職種では企業のPR活動に携わりメディアやイベントの開催などに関わることとなるため様々な業界の人と関わります。

そのため人脈も築きやすく、そうした人脈というのは今後のキャリアにも活かすことができるでしょう。

経験を積んでいけば、今までに培った人脈を活かした仕事の仕方もできるようになります。

そのためPR活動に携わる人材にとって人脈というのは大変重要です。

そうした人脈を築けるというのは仕事を行っていく上でやりがいになることでしょう。

成果がわかりやすい

仕事の成果はPRの結果に如実に現れます。

自分の提案したPR戦略結果が、仕事の成果であると見なされるのです。

そのため、もしPR戦略が上手くいって商品・サービスの知名度を大きく上げられた場合それが自分の評価につながります。

評価方法が複雑な場合、自分の仕事が成果につながりにくく、やりがいを感じにくくなってしまうでしょう。

しかし、PR・広報職は成果がわかりやすいため仕事に対してもやりがいを感じやすいと考えられます。

仕事へのモチベーションが保ちやすいのがPR・広報職の特徴であるといえるでしょう。

戦略性が必要

市場調査を行った後、戦略的にPRの仕方を考えていくこととなります。

もしこのときに明確な戦略を立てられなければ、その後のPRが上手くいかなくなってしまうでしょう。

戦略性というのはPR・広報職として働いていく上で必要不可欠です。

実際にどういった筋道でPRをやっていけば良いのかを発見できる人材というのはこの職種にとても向いています。

そしてその戦略が上手くいったときには自身の仕事に対して大きなやりがいを感じられるでしょう。

PRや広報に役立つ資格「PRプランナー」

笑顔の女性

PRや広報として働く上で「PRプランナー」というのは大変役立つ資格です。

この資格を取得することによって市場調査からPR戦略の実施までを一貫して行う能力・スキルを習得することができます。

もしPRや広報として今後企業に勤めたいと考えている方はこの資格を取得すると良いでしょう。

この資格を取得できれば、転職活動でこの職種への適性を採用担当者にアピールすることができます。

PRや広報の年収

スーツ姿の女性

PR・広報職は平均年収が450万円前後となっており、一般企業で働くサラリーマンと同程度の年収だと考えられます。

しかし、近年インターネット上でのSNSや動画広告などの発展もあり、企業にとってPR・広報活動の重要性が増しています。

そのため大手企業などで専門知識豊富なPR・広報職の人材が1,000万円以上の年収を稼ぐケースも出てきているようです。

もし経験を積んで経験と専門知識が豊富な人材になることができれば、平均以上の年収を稼ぐことも可能でしょう。

 

ワンポイント
PRや広報の年収は450万円前後となっています。

PRや広報に向いている女性の特徴は?

女性のもつ心

次はPRや広報に向いている女性の特徴について解説していきます。

以下のような特徴を持っている方はこの職種への適性があると考えられるでしょう。

コミュニケーションスキルが高い人

コミュニケーションスキルはこの職種で大変重要視されるスキルの1つです。

PRではプレスリリース・メディアでの情報発信など様々な場所で人と関わることが予想されます。

その際にコミュニケーションが円滑に行えなければ、PRをしても自社のイメージアップにつなげることは難しいでしょう。

そのためこの職種においてはコミュニケーションスキルが重要になるのです。

丁寧な仕事ができる人

笑顔で面接

PRというのは企業の商品やサービスのイメージを大きく左右するものです。

商品・サービスが認知されるかどうかに大きく関わるものであるため、丁寧に戦略を立てる必要があります。

もしいい加減な仕事をしてしまえば、せっかく良いものでも広まらずに終わってしまうかもしれません。

企業のことを広めるという面で大変重要な役割を担っているのがPR・広報職です。

そのことをしっかりと自覚して責任感を持って丁寧に仕事ができる人というのはこの職種に向いているといえるでしょう。

PRや広報の経験がある人

PRや広報としてこれまで経験を積んできた方はこの職種で今後も働いていくと良いでしょう。

この職種では何か取得しなければいけない資格があるわけではないため、経験が何よりも大きな評価ポイントとなります。

もし既に経験を積んでいる方であれば、これまでの経験をアピールすれば転職を有利に進めていくことができるでしょう。

PRや広報に必要なスキル

ポイント

次はPRや広報に必要なスキルについて解説していきます。

この職種で活躍するためには以下のスキルが必要不可欠ですので習得を目指しましょう。

広報スキル

記者会見やプレスリリースなどへの対応やメディアへの売り込み、SNSなどでのトラブルへの対応などには広報スキルが必要です。

広報スキルというのは、広報に関する専門知識を指します。

専門知識がなければどういったPR戦略を取り、どういった対応をするのが正しいのかわからないでしょう。

そのため、広報に関しての専門知識は必要不可欠だといえます。

文書作成スキル

教えて貰う女性

戦略を練る際には文書作成スキルも重要になります。

PRや広報に関わる全ての人がその戦略を理解できるように文書を作成する必要があるためです。

また、企業情報のプレスリリースなどの文書を作成する場合もあり、その際には情報を適切に発表することが求められるでしょう。

商品・サービスの魅力を伝えるためにも文書は重要です。

また、もしそれが伝わりにくい文書であった場合には誤解が生じてしまう可能性があります。

PRや広報としてしっかりと仕事をこなしていくために文書作成スキルは必要不可欠だといえるでしょう。

PRや広報の需要や将来性は?

オフィスの女性

次はPRや広報の需要将来性についてご紹介していきます。

これから転職を考えている方にとってこれらは大変重要です。

今の内にこの職種の未来がどうなるのかを知っておくと良いでしょう。

需要

PRや広報というのは多くの企業にとって欠かすことができないものであるため、需要は高いと考えて良いでしょう。

一般企業を中心にどのような組織であっても、広報活動というのは欠かすことができません。

そのためPRや広報として働く場合、どのような企業にも入社できるチャンスがあるということになります。

そのため需要が安定しており、これから転職するという方でも安心して転職活動に取り組めるでしょう。

今後の将来性

先述しましたが、PRや広報というのは今後更に重要度を増していくと考えられます。

これは世界的に企業のブランドイメージが重要視されるようになっているということも関係しているでしょう。

企業の商品・サービスがどういった魅力を持っているのかを人々に伝えるためにPRや広報というのは欠かせません。

企業の数が増えて競争が激しくなっている現代では、他社と差別化してファンを獲得することは以前よりも重要になっています。

今後もPRや広報として活躍していける人材は重宝されていくことでしょう。

 

ワンポイント
・広報やPRというのはどの企業にとっても必要不可欠なものであるため需要が大きい
・企業のブランドイメージが重視されているため今後も需要の大きさは継続すると考えられる

PRや広報に転職するときのポイント

女性

PRや広報に転職する際には、まず転職活動で志望動機のアピール方法を考える必要があります。

これは転職を成功させる上で重要なポイントです。

まず何故その企業を志望したのかを明確に伝えるようにしましょう。

これを明確に伝えなければ、採用担当者が同業他社でも良いのではないかと思う可能性があります。

何故その企業でなければいけないのかを言葉にして伝えましょう。

また、入社後にどのような形でPRや広報を行っていきたいのかも伝えることが大切です。

入社後の業務への取り組み方を伝えることによって、将来のビジョンをしっかりと持っていると印象付けることができます。

また、以下の点にも気をつけると更に効果的にアピールすることができます。

  • これまで広報・PRとして働いた経験があるかどうか
  • これまでの経験やスキルをどのように活かせるか
  • 企業をどのように成長させていきたいか

PRや広報に転職するときには上記のことをアピールするように意識して取り組むと良いでしょう。

 

ワンポイント
PRや広報の転職活動において志望動機は重要なポイントです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

紹介

もし転職に関して何か不安がある場合には転職エージェントに相談することを検討してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントはあなたの転職活動をプロの視点からサポートしてくれます。

例えば、模擬面接を実施してくれたり自分の能力に合った求人の紹介を行ってくれたりします。

安心して転職活動を行っていくためにも、転職に関する専門的な知識を持つ人の手を借りるというのは良い手段です。

積極的に活用していきましょう。

まとめ

オフィスでパソコンを持つ女性

今回はPR・広報の仕事内容や向いている女性の特徴などについて解説してきました。

この職種は多くの企業にとって必要不可欠であるため、今後も重宝されていくと考えられます。

もしこれから転職しようと考えている方は将来性ある職種であるため、安心して転職活動を行っていきましょう。

また、もし現在転職活動に対して不安を感じているのであれば転職エージェントへ相談することをおすすめします。

転職エージェントはあなたの転職活動を様々な面からサポートしてくれる存在です。

不安を解消することができれば、自信を持って転職活動を行っていくことができます。

転職対策は自分だけでは限界があるため、この機会にぜひ転職エージェントの活用を検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら