未経験の仕事に慣れるまでの期間は、仕事の内容や難易度もしくはその人のスキルや職場環境によって異なります。

転職したばかりだと早く周囲に認めてもらいたいと思い、焦って無理をする方も少なくありません。

しかし焦ることでミスを引き起こしたり落ち込んでしまったりするなど、転職した人にはデメリットばかりなので注意しましょう。

この記事では未経験の仕事に慣れるためのポイントや辛い期間の乗り越え方を具体的に解説します。

未経験の仕事に慣れるまでのポイントを解説

解説する女性

転職したばかりだと、誰もが「仕事を早く覚えたい」と思うものです。未経験の仕事であれば、なおさらその思いは強くなります。

しかし未経験の仕事に慣れるのは並大抵のことではありません。また、仕事の難易度や職場環境などによってもその期間は異なります。

なかなか仕事が覚えられなければ、「自分の力不足だ」と追い込みがちですが、ストレスが溜まるだけで良いことは1つもありません。

そこで大切なのが心の持ち方や仕事のやり方です。そこで未経験の仕事に慣れるまでのポイントとは何かを考えてみましょう。

慣れるまでの辛い期間の乗り越え方

悩む女性

未経験の仕事に転職した場合、慣れるまでの期間は非常に辛いものです。この期間が耐えきれず退職してしまう人もいます。

しかし考え方次第ではこの期間でなければ、絶対にできないことがあるのも事実です。

言い換えれば、慣れるまでの期間の過ごし方が将来のキャリア形成に大きく影響を及ぼすといえるでしょう。

ここでは、新しい仕事に慣れるまでの期間をどう過ごすかについて考えてみましょう。

分からないことは素直に質問する

仕事に慣れるまでは、分からないことは素直に質問しましょう。先輩や上司に遠慮して「分かったつもり」でいるのはNGです。

誰でも最初から仕事ができるわけではありません。会社も未経験であることを承知の上で採用しています。

分からないことをそのままにしておくと、思わぬミスを引き起こすことも少なくありませんし成長も見込めません。

最初は「仕事をしっかり覚える時期だ」と気持ちを切り替えることが大切です。ただし教えて貰う時の態度には注意しましょう。

「同じ質問を繰り返す」「マニュアル類を確認しない」「教えるのが当然だ」といった態度では相手に失礼であることを忘れてはなりません。

頼れる人を見つける

教えて貰う女性

分からないことを質問する際、誰に聞くのかも大きなポイントです。業務に精通した人に聞かなければ意味がありません。

そこで大切になるのが洞察力です。普段の仕事ぶりを観察すれば、誰が職場で頼りになるのかが自ずと分かります。

職場で誰からも頼りにされている人は、教え方も上手で面倒見も良いのが一般的です。

1つの質問に対しても、いくつかの回答例や応用できる事案を教えてくれるのでとても勉強になるでしょう。

上司から仕事のフィードバックをもらう

上司と女性

1つの仕事をやり終えたら、必ず上司からフィードバックをもらうことを習慣にしましょう。仕事の出来栄えは千差万別です。

上司からOKが出たとしても、必ずしも100点満点ではありません。100点未満の仕事を上司がフォローしてくれているのが大半です。

早く仕事を覚えるには、例えOKが出たものでもフィードバックをお願いしましょう。必ず次につながるヒントが見つかるはずです。

また、上司にフィードバックを求めることで「熱意」「積極性」を評価してもらえるといったメリットもあります。

落ち込みすぎない

仕事に慣れない期間を「辛い」と感じるか「仕事を覚えるための期間だ」と前向きに考えるかは、気持ちの持ち方次第です。

最初からバリバリと仕事ができる人はいません。何度も失敗しながらキャリアを積んで今のポジションを掴んでいます。

失敗すれば誰でも落ち込みますが、「落ち込みすぎない」ことが何より大切です。誰もが通過する成長の時期だと割り切りましょう。

失敗した原因を冷静に分析したら、気分転換をしてしっかり睡眠を取るくらいの図太さも必要です。

 

ワンポイント
辛い時期の乗り越え方が将来のキャリアアップに影響します。

未経験の仕事は最初から頑張りすぎない

頑張る女性

未経験の仕事に転職した方の大半は、仕事に対して意欲的です。特に念願の職種に転職が叶った方は、その傾向が強くなります。

「頑張ること」は決して悪いことではありません。しかし頑張りすぎると、返って自分自身を追い込んでしまいます。

その結果、必要以上に落ち込んだり、メンタル疾患を発症させてしまうことも少なくありません。

何事もほどほどにしておかないと、心身ともに疲れてしまいます。仕事を覚えたいなら、頑張りすぎないことを心がけましょう。

転職先に慣れづらい人の特徴

女性のもつ心

転職先に慣れづらい人は決してスキルが低いわけではありません。むしろスキルが高い人が大半ですが、共通する特徴があります。

よく言えば真面目で責任感が強いタイプです。悪くいえば堅物で融通が利かないタイプだといえるでしょう。

反対に転職先にすぐに馴染めるのは、考え方に柔軟性があり楽天的なタイプだといえます。

楽観的すぎるのも問題はありますが、気持ちに余裕がなければ先輩に仕事を聞くことすらできません。柔軟性を持っておきたいものです。

未経験の仕事をするうえでの注意点

注意点を確認する女性

最初から仕事ができる人はいません。誰もが「未経験の時期」を経験し、数多くのミスを乗り越えて「現在」があります。

未経験の仕事をするうえでは、「業務上の間違いを起こさない」「分からないことをそのままにしない」ことが注意点です。

大半の人は理解していますが、なぜ間違えてはならないのか、なぜそのままにしてはいけないのかを理解している人は多くありません。

ここでは業務上の間違い・分からないことをそのままにしてはいけない理由について考えてみましょう。

間違っていたら修正が大変

業務上のミスが起こると、誰かが修正しなくてはなりません。修正だけなら「簡単にできるだろう」と考えるのは間違いです。

正しく修正するためには、その箇所だけでなく全ての工程に間違いがないか調べる必要があります。

また1度作り上げたものを修正する際には、その箇所だけでなく複数個所の修正が必要になることも少なくありません。

出来上がった仕事を修正する場合、ゼロから組み上げるよりも労力がかかります。

未経験の仕事に慣れるまでは、手順やチェックポイントをよく確認し、ミスを起こさないよう心がけましょう。

分からないままにしておくのはNG

悩んでいる女性

周囲の先輩や上司が忙しくしていると、仕事を教わりたくとも言い出せないことがよくあります。

しかし、そのままにしておくと大きなミスにつながりかねません。前項で紹介したとおりミスを修正するには大きな労力が必要です。

また一度分からないことをそのままにしておくと、次の場面でも聞くことができなくなります。

その結果、なかなか仕事を覚えられずストレスだけが溜まっていくことにもなりかねません。分からないことはその場で聞くのが鉄則です。

分からないことを聞くのは恥ずかしいことではありません。分からないままにしておくことこそ恥だと心得ておきましょう。

 

ワンポイント
分からない仕事をそのままにしておくのは絶対にNGです。

未経験の仕事の覚え方

仕事を教わる女性

同じ条件の元、未経験の仕事をしても「覚えの良い人」と「覚えの良くない人」がいます。特段能力の差はありません。

差があるのは「仕事の覚え方」です。仕事覚えの良い人は、仕事を覚えるコツを熟知しています。

反対に仕事覚えの悪い人は、効率の悪い覚え方を行っているので覚えるまでに時間がかかるといえるでしょう。

仕事に慣れるまでの辛い時期は、少しでも短くしたいものです。ここでは仕事を覚えるコツについて解説します。

仕事ができる人を観察する

昔の人は「仕事は教わるものではなく見て覚えるものだ」と考えていました。実際に先輩の姿を見て仕事を覚えてきた人も多くいます。

今ではナンセンスな考え方だとされていますが、あながち間違いではありません。

仕事ができる人を観察していると、手際の良さやチェックポイントの的確さなど、見習うべきことが数多く見つかるでしょう。

仕事覚えの良い人は、仕事ができる人を実によく観察しています。良い点を見つけ出しては、真似ることでスキルを磨いているのです。

仕事ができる人の姿は、マニュアルでは分からない「仕事のコツ」を教えてくれる教科書だといえるでしょう。

同僚とコミュニケーションを取る

仕事が覚えられないことを一人で抱え込む必要はありません。同僚とコミュニケーションを図り悩みを共有することも大切です。

未経験の仕事で間違えやすいポイントや覚えにくいポイントは、誰もが苦労するポイントだといえます。

つまり同僚も同じポイントで苦労している可能性が高いといえるでしょう。同僚が克服法を知っているかもしれません。

思い切って同僚に苦労している点を打ち明けてみるのも1つの方法です。悩みを共有するだけでも、気持ちの持ち方が変わります。

自主的に勉強する

職場で上司や先輩に仕事を教わることも大切ですが、短時間では覚えきれないことも少なくありません。

上司や先輩に教わったことは、その日のうちに自主的に勉強しておきましょう。復習することで確実に仕事を覚えることができます。

空き時間などにマニュアルなどを確認しておくことも有効です。そのとき、マニュアルの内容を全て覚える必要はありません。

どこに何が書いてるのかを覚えておくだけでOKです。いざという時に安易に先輩や上司に聞かなくとも、自分で調べることができます。

未経験の仕事は先輩や上司に教わらなければ覚えられません。しかし、受け身ではなく自主的に勉強することが大切です。

ミスしてもOK

業務上のミスが起こると、必要以上の労力がかかります。しかし、ミスをしないことばかりに気を取られても仕事は覚えられません。

少し乱暴ですが「ミスしてもOK」くらいの図太さは持ちたいものです。もちろんミスが頻発してはなりません。

しかし委縮すると成長を妨げます。気持ちの上で多少の余裕を持つことで、仕事に対する集中力がアップするといえるでしょう。

 

ワンポイント
 仕事を覚えるコツをしっかりと理解しましょう。

コミュニケーションをとるときのポイント

コミュニケーション

未経験の仕事に慣れるには、周囲との良好なコミュニケーションが不可欠です。

しかし単に分からない仕事を聞くだけでは、より良いコミュニケーションは生まれません。

上司や先輩と良好なコミュニケーションをとるには、ビジネスマナーと敬意を払うことがポイントです。

仕事を教えるのは会社の責務ですが、上司や先輩にも自分の仕事があります。多忙な中で教えてくれています。

教わる側は常に感謝の念を表すとともに、1回で仕事を覚える努力をしましょう。

メモを取る・復習する・マニュアルを確認することは教わる側の責務です。「ありがとうございました」の一言は当然のビジネスマナーです。

また、同僚とは仕事に対する悩みを素直に相談し合える関係を作ることで、仕事に慣れる速度は格段にアップするでしょう。

未経験でも活躍する方法

初心者の女性

未経験の仕事を覚えるには時間が必要です。気負いすぎてしまうと焦りやストレスの原因となり、自分を追い込むことになります。

しかし「甘え」があっては、いつまでも一人立ちできません。未経験でも職場で活躍することは可能です。

職場に馴染むためにも自分で努力できることには積極的に取り組みましょう。ここでは未経験でも活躍できる方法を紹介します。

自主的に行動する

職場において「待ち」の姿勢は、自分の成長を止める最大の要因です。自主的に行動することを心がけましょう。

1つの仕事が終わった際、上司や先輩から次の指示があるまで待っているようでは仕事を覚えることはできません。

積極的に「○○しても良いですか」「○○に取り掛かります」と行動しましょう。上司や先輩からの評価も確実に上がります。

ただし自分勝手に行動することではありません。特に仕事に慣れかけている段階では、慎重かつ確実に仕事を進めましょう。

周りに配慮して気を配る

気配りができる人は周囲の状況が見渡せる人であり、仕事ができる人に共通する特徴だといえるでしょう。

仕事のやり方を聞く際、相手の様子や都合もしくは職場全体の繁忙度合いを考えて聞いているでしょうか。

教えてもらう相手も仕事をしています。職場の状況や相手の迷惑にならないかを考える気配り・周囲への配慮は当然のビジネスマナーです。

自分の都合だけで行動するのではなく、相手や職場の状況考える心の余裕が持てるよう心がけましょう。

誰よりも率先して仕事を行う

仕事に慣れていない時期だからこそ、誰よりも率先して行動しましょう。消極的になってしまうと、仕事を覚えることはできません。

仕事に慣れ始めると少しずつ自分でできる仕事が増えてきます。その分、苦手な仕事も分かってくるでしょう。

しかし仕事の選り好みをすることなく、優先順位を定めて積極的に仕事を行うことが大切です。

また新しい仕事や研修などのチャンスがあれば、誰よりも率先して名乗りを上げることも仕事を早く覚えるコツだといえるでしょう。

 

ワンポイント
 未経験でも活躍するには周囲に気を配り積極的に行動しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談にのる女性

誰でも未経験の仕事に転職することには不安を感じます。仕事に慣れない辛さは経験したものでしかわからないのがその理由です。

したがって未経験の仕事に転職する際は、できる限り不安を払拭する方法を考えましょう。

そこで活用したいのが転職エージェントです。転職エージェントは転職先を紹介するだけでなく、職場の雰囲気なども伝えてくれます。

さらに職場で早く仕事に慣れるコツやポイントも丁寧に解説してくれます。不安解消に向け心強い味方になってくれるでしょう。

まとめ

頑張る女性

未経験の仕事に転職した場合、誰もが仕事を覚えるまでの辛い時期を経験します。辛い時期を短くするのも長くするのも自分次第です。

短くするためには分からないことを聞くコツや気持ちの持ち方、仕事のやり方を見直すことが大切だといえるでしょう。

例えば仕事を聞く前にマニュアルを確認する、先輩の仕事のやり方を真似るだけでも大きく仕事の出来栄えは異なります。

日頃から先輩や上司もしくは同僚とのコミュニケーションをとることで、仕事を聞きやすくなり同じ悩みを共有できるでしょう。

何より大切なのは気持ちの持ち方です。落ち込みそうな時こそ積極的かつ自主的に取り組むことで活路を見出せます。

また転職の際には転職エージェントに相談するのも良い方法です。転職に対する不安が解消され、自分に合った職場を探せるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら