Web業界は日々成長しており、将来性のある分野といわれています。

転職を希望する人も多いのですが、ただWeb業界に転職をしたいだけでは難しいのが実情です。

Web業界への転職活動に有利になるのが「資格」です。

Web業界に転職するのにおすすめの資格を解説

女性

将来性のある分野として注目を浴びているWeb業界。

年齢や性別なども関係がなく、働くことが可能です。

Web業界の仕事といってもその種類はさまざまな種類があり、それぞれの仕事において必要な資格やスキルも変わります。

資格を持っていても「役に立たない資格」となってしまうこともよくある話です。

その場合は改めて資格を取得しなくてはいけなくなります。

無駄ではありませんが、即戦力とはなりません。

今持っている資格を活かしたい場合はスキルチェンジをする必要も出てきます。

時間がかかってしまうのは目に見えています。

自分がどのような仕事に就きたいか、または、自分が持っている資格はどのような仕事に適しているのかの知ることがとても大事となります。

Web業界への転職を考えている場合は、「役に立たない資格」を持ってしまう事は時間のロスです。

転職を真剣に考えている方におすすめの資格と、就きたい職種に合わせて取得しておきたい資格をご確認してみましょう。

そして資格取得によるメリットや、取得方法、転職アドバイザーの活用についてなどをご紹介します。

Web制作系資格

パソコン操作する女性の手

Web業界といっても職種はいろいろあります。

必要な分野によって職種が別けられているのです。

それぞれの職種で必要な資格は異なります

まずはWeb制作系に必要な資格をチェックしてみましょう。

アドビ認定アソシエイト(ACA)

こちらの資格はadobeが公認する国際認定資格です。

Adobe製品の基本的技術が身に付く資格となります。

Photoshop、Illustratorといったイラスト作成や画像編集アプリケーションの習得ができます。

国際認定資格であるため、認定されたスキルは世界で通用しますので、グローバルに仕事をしたいと考える場合には有効です。

Webクリエイター能力認定試験

株式会社サーティファイが実施する民間の検定試験です。

Webサイトを制作するために必要なスキルレベルを判定する試験です。

HTMLというマークアップ用語を利用して基本スキルから上級レベルまでのスキルが備わっているかを判定する試験になります。

Webマーケティング系資格

集う女性たち

Webマーケティング系は、アプリやWebサイト、SNSなどのインターネット上のあらゆるものを活用します。

そして効果が最大化指される方法を企画立案から改善、施工実行する仕事となります。

どのような資格が必要になるのでしょうか?

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Googleが主催する認定試験です。

Googleアナリティクスの習熟度を認定する資格で、資格の有効期限が12ヶ月となっています。

期限が切れると再受験をする必要があります。

無料で提供されているGoogleアナリティクスですので正式なサポートなどがありません。

利用者が各自で情報を収集するための知識などの習熟のためにあります。

Google 広告認定資格

こちらもGoogleが主催する認定試験になります。

Googleが設けいているGoogle広告に関する資格です。

認定資格を保有することでGoogle広告の知識を持っていることをアピールできます。

取得していると所属している代理店がGooglepartnerを取得する際にサポートを行うことができます。

広告代理店がGoogle広告の正規代理店になる場合、資格保有者が1名以上必要になるので重要な資格です。

 

ワンポイント
広告代理店を志望する場合、Google広告認定資格は会社の役に立つ資格と認められます。

Webデザイン資格

パソコンを使う女性

Webデザインは文字通りWebのデザインをする職業です。

センスも必要となりますがそのセンスを活かすには、知識を必要とします。

資格がないと不利ではありませんが、知識が重要となりますので、資格取得をすることをおすすめします。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定はWeb業界唯一の国家検定となります。

国際標準規格に基づくHPの制作やシステム構築などの知識および能力を認定する検定試験です。

Webサイトのデザイン全般についてのスキルをアピールできる資格です。

国家資格であるので持っていると確実に有利な資格であるといえます。

Webデザイナー検定

コンセプトからWeb制作の知識を問うための試験、がWebデザイナー検定です。

プロとしてWebに関わる人へ向けたWebの標準的知識を認定する資格です。

Webページのデザインやテスト運用・評価までさまざまな知識を問われます。

色彩、情報アーキテクチャーまで偏りのない知識を取得することができる資格になります。

Webデザイン試験を取得した上での資格取得が可能です。

 

ワンポイント
国家資格となるウェブデザイン技能検定も取得しておくべき資格です。

Webディレクターやクリエイター系資格

女性会議

Webディレクターやクリエイターは一番人気のある職種ですが、詳しい仕事内容をご存じでしょうか?

ディレクションが、ディレクターの仕事であり、資格がなくても目指すことは可能です。

制作管理を行うディレクターですので一通りの知識とスキルは持っておきましょう。

クリエイターも必須の資格などはありませんが、一通りのスキルは持っていたいものです。

Webクリエイター能力認定試験

株式会社サーティファイが実施する民間の検定試験です。

Web制作系のところで紹介しておりますが、Webサイトを制作するために必要なスキルレベルを判定する試験です。

HTMLというマークアップ用語を利用して基本スキルから上級レベルまでのスキルが備わっているかを判定する試験になります。

Photoshopクリエイター能力試験

画像編集技術に関数知識を有しPhotoshopを駆使して、コンテンツを制作する能力を認定するための検定です。

認知度はアドビ認定アソシエイト(ACA)に劣ってしまいますが、Photoshopスキルの証明になります。

 

ワンポイント
Webディレクターやクリエイターは、一通りのスキルや資格を持っておいても良いでしょう。

Webプログラマー系資格

パソコン作業をする女性

Webプログラマーが一番必要とする資格が多い職種ではありますが、資格取得が絶対条件ではありません。

日々変化するシステムなどに合わせてプログラムを開発していくのがWebプログラマーです。

必要な資格が増えてしまうのも仕方ありません。

必要とされる内容によって使える資格も変わります。

会社や仕事内容、必要に応じた資格、またはどこでも利用できる資格などは持っておきましょう。

情報処理技術者試験

国家試験の1つで、情報処理に関する知識および技能を問う試験です。

公的機関の情報技術職に関しては、ほとんどの場合によって情報処理技術者試験や相当する試験の合格者を求めています

メリットとしては国家試験のため評価が高いことが挙げられます。

IT技術などの基本的な知識を幅広く習得することができるためにとても人気です。

受験資格には年齢制限はなく、受験者の最年少は10歳以下、平均して20~30歳代の受験者が多いです。

Oracle 認定 Java資格

日本オラクル社が主催するJAプログラマ向けの試験となります。

情報処理の民間資格の中では比較的知名度が高いこともあり、受験者数は多いです。

Javaプログラマであれば取得しておきたい資格です。

 

ワンポイント
取得しておきたい資格の種類が一番多い、情報処理技術者試験は必ず取得しておきましょう。

資格を取得するメリット

ワンポイント

どの職種にもいえることではありますが、必須とされる資格はありません

実務経験で資格と同等のスキルがあれば問題ないからです。

同じ分野で長年働いていることで資格以上のスキルを持つことはよくあります。

実務経験で得たスキルは活用ができるスキルですので、資格以上の価値があります。

ではなぜ資格を取得するのでしょうか?それはメリットがあるからです。

自分の能力を証明できる

WEBの文字

国家資格が少なく、資格を取得していなくてもWeb業界への転職は可能です。

しかし、紹介した資格を持っていることで自分の能力を証明することが容易になります。

実務経験でのスキルを面接でアピールできることは少ないので、資格を履歴書や職務経歴書に記載できることはとても有利となります

国家資格である情報処理技術者検定などはWeb業界以外での活用も可能です。

公的機関の情報技術職へ就職などを希望する場合には必須とされています。

資格がなくても就職は可能なWeb業界、スキルチェンジなどの際には経験したことの証明となってくれることになるのが資格なのです。

知識を深められる

IT関連のアイコン

資格取得をすることで、実務として経験してきたことへの知識などをさらに深めることができます。

独学などでは分からなかった部分、実務経験では気づけなかったこと、資格を取得するために勉強したりすることでさ知識として得られます

この時に新しい知識なども得ることができますので、日々進化しているWeb業界にいるのであるから、資格取得はスキルアップ、ステップアップに良いのです。

知識を深めてスキルアップができるため、キャリアパスも目指せるようになります。

資格を取得するための方法

勉強

資格を取得するメリットが理解できたところで、実際に資格を取得するための方法を確認してみましょう。

さまざまな方法がありますので、自分の状況に合った方法で資格取得の勉強を始めてみましょう。

転職などのために資格取得を目指す場合は時間に余裕をもって勉強を始めてみると良いかと思います。

公式教材を活用して独学

Web関連の資格教材が公式非公式で販売しております。

これらの教材を活用して独学で資格取得に向けて勉強することが可能です。

会社勤めをしながらの勉強をすることができ、自分のペースで進めることができます。

独学なので、身に付くまで時間がかかるかもしれませんが、自分のペースで勉強したい方にはおすすめの方法です。

通信講座・オンラインスクールで勉強

勉強

自宅で資格取得のための勉強としては、通信講座やオンラインスクールを利用することおすすめします。

専門学校やスクールがオンラインスクールも開校していることもありますので、専門学校と同じような勉強をすることが可能です。

自宅での学習となりますので、自分のペースで資格取得のための勉強が可能になります。

独学と違うのは、分からないことなどは質問して解決できる、サポートが充実していることです。

専門学校・スクール

Web業界の需要が高まり、就職や転職を希望する人々が増えています。

そのため専門学校の数も年々増えています。

自分の状況と取りたい資格に合わせた専門学校やスクールを選ぶようにしましょう。

直接学ぶことができて、資格取得後に就職相談など手厚いサポート体制のある専門学校もあります。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

スーツの女性

職種によって必要とされる資格をご紹介しました。

ぜひ参考にして資格を取得して頂きたいと思います。

資格を取得中でも転職活動をすることは可能なので、転職を始めようと思われたときはぜひ「転職エージェント」に転職相談をしてみてください。

現在の状況に合わせ、転職のプロがあなたに合った企業などをご紹介することもできます

職務経歴書のフルオーダー作成や模擬面接の実施などのサポートを受けることが可能です。

自分に合った職種が分からない場合も相談をさせていただくことで、自分に合った職種をみつけることができます。

無料で相談ができますので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

まとめ

女性、ガッツポーズ

web業界に転職するのにおすすめの資格をご紹介しました。

それぞれの職種に必要な資格を確認できたのではないでしょうか?

女性が資格を取るメリットや資格を取得する方法も紹介しました。

自分が希望する職種に合わせた資格を取得して、転職へと繋げるようにしましょう。

転職に不安を感じたら、転職エージェントに相談して、あなたにあった職業を見つけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら