法務事務は法律事務所にて弁護士のサポートをする職種で別名パラリーガルとも呼ばれています。

法務事務の仕事は法学部だった人や法律に関心がある女性にも大変おすすめな職種です。

今回は法務事務を目指す女性のために志望動機の書き方や例文を紹介します。

Contents

法務事務の志望動機の書き方を解説

デスクに座る女性

法務事務は専門性の高い事務職の1つです。

法務事務の志望動機を書く際は事務スキルと法律に関する知識レベルなどをアピールする必要があります。

志望動機を書く際は結論から具体的に分かりやすく伝え、自己PRができる内容にしましょう。

応募先企業が求める人物像を把握して、アピールできる経験やスキルを伝えることが大切です。

 

ワンポイント
結論→理由→具体例→入社後の抱負というような流れで考えると説得力があり印象に残りやすい志望動機を作成でいます。

法務事務の主な仕事内容

法務事務は具体的にどのような業務を任される仕事なのでしょうか。

まずは志望動機を作成する前に仕事内容をしっかりと把握する必要があります。

以下の項目を参考に法務事務のイメージを具体的に膨らませましょう。

法務事務の仕事内容

ポイント

法務事務は法律事務所に雇われて弁護士のサポートをする事務員のことです。

代表的な仕事内容として以下のことがあげられます。

  • 依頼者との電話受付や相談受付
  • 依頼者の陳述書を作成
  • 依頼者と弁護士の橋渡し
  • 裁判所に提出する証書の作成
  • 各種調査や資料の作成

基本的には弁護士の仕事を補佐する役割なため弁護士の指示に従って作業をすることが多いのが特徴です。

法務事務の1日過ごし方

ビジネスウーマン

法務事務の1日の過ごし方は法律事務所や雇用勤務形態によってさまざまです。

しかし以下では正社員として法務事務に就いた際の代表的なスケジュールを紹介します。

<午前中の作業 9:00~12:00>

  • 出勤
  • メールやFAXなどのチェック
  • 朝礼にて業務確認と進捗状況を報告
  • 電話対応
  • 指示された書類作成業務
  • 会議の準備(使用する書類のコピーなど)

<午後の作業 13:00~18:00>

  • 会議に参加し議事を記録
  • 議事録や報告書の作成
  • 翌日に必要な書類の準備作成
  • 退社

上記以外にもクライアント用にコーヒーをいれたり、お茶菓子を購入して用意したりなどの雑用的業務も法務事務の仕事です。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

法務事務の志望動機作成のポイント

では効果的な志望動機を作成するためのポイントについて確認しましょう。

以下の項目を参考に志望動機に盛り込む内容を具体的にしてください。

自分の経験をどう活かすか伝える

ポイントを説明する女性

採用担当者が知りたいポイントの1つとして過去の経験や実績があります。

志望動機を考える際は過去の経験を経験を具体的に説明し、その経験を法務事務でどう活かせるかをアピールすると効果的です。

例えば前職が労務事務だった人は労働基準法などの知識と事務スキルをアピールすることができます。

経理事務の経験がある人は税法の知識や請求書作成スキルなどをアピールできるでしょう。

まずは応募先企業が求める人物像を明確にして自分の経験で活かせるスキルを書き出してみましょう。

他の会社ではダメな理由を明記

ビジネスウーマンとマルとバツ

世の中に法律事務所はたくさん存在します。

多くの法律事務所の中でなぜその会社を志望したのかを明確に伝えることも大切です。

単に法律に興味があったからという理由では採用担当者の印象には残りません。

具体的に企業のどのような点に惹かれたのかが分かる内容を心がけましょう。

将来どうなりたいのか伝える

眼鏡の女性

将来のビジョンや入社後に取り組みたいことを具体的に伝えることも志望動機作成のポイントです。

自分が入社した後のイメージをしっかり持てる人は入社意欲も高いと評価されるメリットがあります。

また採用担当者も将来のビジョンから一緒に働くイメージを抱きやすいため好感にもつながるでしょう。

 

ワンポイント

志望動機は具体的な内容の方が採用担当者に説得力を与えます。

自己分析と企業研究をしっかりと行い具体的な志望理由を伝えるようにしましょう。

法務事務でアピールできる資格や経験は?

次に法務事務の仕事に役立つ資格や経験について紹介します。

これから法務事務を目指す人は資格の取得も視野にいれて準備を進めましょう。

ビジネス実務法務検定

メガネと洋書

さまざまなビジネスに活かせる法律の知識の検定として「ビジネス実務法務検定」という資格があります。

この検定は企業の法務部に限らず営業や人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識を習得できる資格です。

検定レベルは1級~3級まであり1級の合格率は約12%と少々難易度が高いですが3級の合格率は約75%ですので目指しやすいといえます。

まずは3級から目指して、徐々にスキルアップをすることがおすすめです。

ビジネスコンプライアンス検定

書類を確認する女性

ビジネスコンプライアンス検定も法務事務や企業の法務部を目指す人におすすめの資格です。

この資格では民法や刑法をはじめ労働関係法令・知的財産法・個人情報保護法等などの知識を習得することができます。

BASICWEBテスト・初級・上級とわかれておりますが初級も上級も70%近い合格率となっており比較的上級を目指しやすい検定です。

コンプライアンスの知識を身につけると私生活に役立つことも多いため、是非受験を検討してみてください。

法律に関する知識

考えあぐねる女性

法律に関する資格を保持していなくても、法律に関する知識や経験を持っていると法務事務への転職に活かせます。

例えば企業の法務部での経験がある人はコンプライアンスの知識も豊富なため自己PRがしやすいです。

法律と関係のない職種でも営業や人事・総務などの経験では消費者法や労働基準法などを意識することが必要な職種です。

過去の経験で少しでも法律に関する知識を習得した人は、その経験を最大限自己PRできるようにしましょう。

事務の知識と経験

パソコンで仕事する女性

法務事務の仕事は法律に特化した事務作業です。

ワード・エクセル・パワーポイントなどのスキルを証明できると事務処理能力が高いことをアピールできます。

また事務職を経験している人は事務職に必要なスキルとして柔軟性や調整力、そしてコミュニケーション力などもアピールできるスキルです。

法律に関する知識が浅い人は事務スキルを積極的にアピールしましょう。

 

ワンポイント

法律に関する知識の証明ができると法務事務への転職が非常に有利です。

なるべく普段の生活から法律に関する知識を習得できるように準備しておきましょう。

法務事務の志望動機作成の注意点

怒る 女性

良い志望動機を作成するためには細かいところまで気をつける必要があります。

法務事務の志望動機を作成する際は以下のことに注意して作成しましょう。

  • あいまいな表現は使用しない
  • 誤字脱字に注意
  • 嘘の情報を記載をしない
  • 分かりやすい文章構成を心がける

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

法務事務の志望動機の書き方例文

では実際に法務事務を目指す人の志望動機の例文を紹介します。

以下の例文を参考に自分なりの志望動機を完成させましょう。

事務未経験の志望動機例文

アドバイスをする女性

「事務職でスキルアップを考えたときに専門性も身につけたいと思いました。

数ある多くの事務職の中でも法務事務の仕事は人々の生活にとても役立つやりがいのある仕事だと考えます。

以前、家庭内相続問題を経験したことで法律を理解しているのとそうでないのとでは結果に大きな差があることを実感しました。

前職のカスタマーサービスでは消費者からクーリングオフの質問をされるため消費者契約法や消費者保護法の知識があります。

法の知識は日常生活に役立つことも多く、もっと知識を身につけたいと考え労働基準法についても勉強中です。

前職のカスタマーサービスの仕事で柔軟性とコミュニケーションスキルを身につけました。

今後は法務事務としてクライアントと弁護士の架け橋となり社会に貢献できたらと思います」

他業種の事務からの転職志望動機例文

電話をする女性

「法務事務の仕事は前職の事務経験とビジネスコンプライアンス検定の知識が活かせると考えました。

私は過去3年間営業事務の仕事をしています。

営業事務も消費者に関わる法的知識が必要なためビジネスコンプライアンス検定を取得しました。

ビジネスコンプライアンス検定の勉強をする内に法律に強い関心を持ったためキャリアチェンジを希望しています。

法務事務の職種は弁護士のサポートをする業務ですので事務経験と法律の知識を活かせる最適なポジションだと考えます。

御社では経験問わず法務事務を募集していたのと地域に寄り添い様々な問題を解決している実績があることから応募しました」

法務事務経験者の志望動機例文

おすすめをする女性

「もっと地域の人々に寄り添い社会に貢献できる仕事をしたいと思い御社での法務事務に志望いたします。

私は現職●●法律事務所にて法務事務の仕事に携わっていました。

今まで刑事訴訟の案件を担当することが多かったので今後は民事訴訟などの案件も担当してみたいと考えています。

御社は人々の声に真摯に耳を傾け、例え小さな案件でも解決までサポートしている印象があり応募しました」

法務事務の志望動機の書き方NG例

志望動機を作成する際は書き方のNG例を把握しておくことも大切です。

以下は志望動機としては不十分な例文となります。

以下を参考に志望動機作成に失敗しないようにしましょう。

あいまいすぎる志望動機例文

バツを持つ女性

「法務事務になるのが私のでした。

法務事務は弁護士のサポートをできるので非常に魅力を感じております。

事務の経験はありませんがエクセルやパワーポイントを使用した資料作成は得意です。

入社後は一生懸命働きます。

どうぞご検討ください」

なぜ法務事務を希望しているのか分からない志望動機例

ノートとペンを持つ女性

「資料作成の事務スキルを活かして働けると思い志望しました。

私は前職営業事務の仕事を5年しておりました。

営業事務の仕事は柔軟に営業担当の指示に従って資料作成をすることが求められます。

法律にあまり関心は無かったのですが法務事務の仕事は営業事務の経験が活かせる仕事だと思いました。

入社後は柔軟性とコミュニケーションスキルを活かして弁護士の先生のサポートをしたいです」

 

ワンポイント

法務事務の志望動機で転職を有利にする方法は法律の知識や事務スキルをアピールすることです。

なるべく具体的に分かりやすく伝えるようにしましょう。

法務事務の志望動機作成に悩んだ時の対処法

指をさす女性

法務事務の志望動機に悩んだ時はまずは企業研究をするようにしましょう。

企業研究をすることで企業の求める人物像や必要とされるスキルが明確になります。

続いて自己分析をすることも大切です。

自己分析ではなるべく過去の実績を具体的に書き出しましょう。

志望動機を書くポイントは過去の実績企業の求める人物像をいかに結びつけて伝えられるかです。

法務事務は法律に特化した事務業務ですので、法律の知識や事務の経験がアピールできると有利でしょう。

それ以外にも柔軟性やITスキル、そしてコミュニケーションスキルなどもアピールポイントになります。

何を1番アピールしたいのかを明確にして志望動機を作成してみましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

転職の悩みや相談は転職エージェントに相談することをおすすめします。

特に法務事務への転職はある程度の専門知識を求められるため事前の対策準備が必要です。

転職エージェントは各業界の傾向や面接対策方法を熟知しています。

提出書類の添削や面接対策まで幅広くサポートしてもらいましょう。

また転職エージェントには非公開求人なども多いため応募先企業の選択の幅が広がるのもメリットです。

転職の成功を効率的に実現するためにもまずは登録してみてください。

まとめ

ポイント

法務事務の志望動機の書き方は明確になりましたでしょうか。

志望動機を考える際は「なぜ法務事務なのか」と「なぜその会社なのか」の2点は必ず伝わるようにすることが大切です。

志望動機に添えて具体的なエピソードや入社後のビジョンが記載されていると採用担当者も一緒に働くイメージを持てます。

数多くある応募者の中で選ばれるためにも印象にのこる志望動機を伝えられるよう意識しましょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら