インテリアデザイナーという仕事について具体的なイメージが湧かない人もいらっしゃるのではないでしょうか。

インテリアデザイナーは自分に合った働き方を選ぶことができる職種です。

この記事ではインテリアデザイナーの仕事内容向いている人の特徴を解説しています。

インテリアデザイナーとしての仕事を理解して転職の参考にしてください。

インテリアデザイナーの仕事内容

インテリア

インテリアデザイナーの仕事内容を紹介します。

空間のデザイン

インテリア

インテリアデザイナーはお客様の要望に対して空間のデザインを手掛ける仕事です。

仕事の依頼内容は住宅や商業施設はもちろんのこと旅客機や自動車など多岐にわたります。

クライアントから要望をヒアリングすることが仕事のはじまりです。

壁紙の色や家具の位置のようなインテリアのデザインを綿密に決めてヒアリング内容を元に設計書を作成します。

デザインした空間の実現に向けて施工業者と話し合うことも業務です。

お客様からの要望をデザインする作業は大変ですがその分やりがいを感じられる仕事になります。

インテリア雑貨のデザイン

インテリア

インテリアデザイナーがデザインするのは空間だけではありません。

時にはお客様が希望する空間に合うように「インテリア雑貨」もデザインします。

人が生活する上でインテリアは欠かせない存在です。

インテリアを長く使ってもらうためには見た目の美しさはもちろんのこと使いやすさも重要視しなくてはなりません。

インテリア雑貨はオーダーメイドで作る事も多く制作コストも高いといわれています。

お客様とインテリア雑貨の打ち合わせをする時はサンプルや写真を使って具体的にイメージしてもらうように工夫が必要です。

インテリア雑貨のデザインが決まった後も制作業者と連絡を取りながら製造の状況と納期との兼ね合いも調整していきます。

インテリア雑貨のデザインと理想のインテリア雑貨がお客様の手元に届くまでのサポートも重要な仕事です。

 

ワンポイント
インテリアデザイナーの仕事内容
・空間のデザイン
・インテリア雑貨のデザイン

インテリアデザイナーのメリット

女性

インテリアデザイナーとして働くメリットとして以下の3つが挙げられます。

  • 内装周りの幅広い知識が身に付く
  • 長いキャリアを築ける
  • 転職先が見つかりやすい

インテリアデザイナーとして働くにはカーテンや壁紙・家具など内装材の知識はもちろんのこと設計図や施工方法に関しても知識が必要です。

幅広い知識が必要なインテリアデザイナーは内装業界でキャリアを積みたいと考えている人におすすめの職業といえるでしょう。

業界知識が財産になる職業であるため長く働きやすい職業でもあります。

経験を積むとインテリアや施工の知識が身に付くのでインテリアデザイナーはキャリアが長い人が多いです。

幅広い知識が身に付くため転職しやすい職種であることもメリットといえます。

様々な内装の職種と関わるインテリアデザイナーは内装業界の知識がありますので転職先を見つけやすい職業です。

 

ワンポイント
インテリアデザイナーとして働くメリット
・内装周りの幅広い知識が身に付く
・長いキャリアを築ける
・転職先が見つかりやすい

インテリアデザイナーの就職先は?

ポイント

インテリアデザイナーの就職先について解説します。

デザイン事務所建築関係の企業へ就職するインテリアデザイナーは多いです。フリーランスとして独立するという方法もあります。

デザイン事務所

女性

インテリアデザイナーとしてデザイン事務所で働く人も多いでしょう。

多くのインテリアデザイナーはアシスタント見習いとしてキャリアをスタートさせます。

比較的小規模な会社が多く待遇面や福利厚生は大企業と比べて手薄い場合もあるでしょう。

しかし小規模な企業では1人でできる仕事の裁量はとても大きくなります。

「大きな案件を自分の裁量で受け持つ」というような大手では味わえない責任ある仕事を任される機会もあるでしょう。

多くの経験を得ることができますし、自分の手腕次第で給料を伸ばすことも可能です。

インテリアデザイナーとして自分の力を伸ばしたい人にとってはインテリアのデザイン事務所はうってつけの環境といえるでしょう。

建築関係の企業

社内

インテリアデザイナーとして着実にスキルをアップさせたい人は建築関係の企業に就職することをおすすめします。

主な就職先はハウスメーカーや建設会社となります。

比較的大規模な会社が大きいため安定した収入を得ながらインテリアデザイナーのスキルを上げることができるでしょう。

デザイン事務所と異なる点は業務で取り扱う内容です。

例えばハウスメーカーでは施設よりも住宅の仕事が多いためインテリアの知識は住宅が専門になります。

取り扱うインテリアも会社のコンセプトによって多少偏りがあるでしょう。

安定した収入でスキルを伸ばしたい方は建築関係の会社に転職することを考えてみてください。

フリーランス

女性

企業やインテリアデザイン事務所で働いてフリーランスとして独立する女性もいます。

フリーランスになってからの顧客獲得には「コネクション」がとても重要になってきます。

フリーランスを目指す人は企業で働いているうちから顧客とのコネクションを意識してください。

フリーランスのスキルアップのために企業に転職した場合も丁寧なお客様とのやりとりを心がけましょう。

 

ワンポイント
インテリアデザイナーの就職先
・デザイン事務所
・建築関係の企業
・フリーランス

インテリアコーディネーターとの関連は

インテリア

インテリアデザイナーと似ている職業としてインテリアコーディネーターがあります。

インテリアデザイナーは建物やインテリアを設計して企画する仕事です。

一方、インテリアコーディネーターは既存のインテリアや建物を使って企画を行います。

インテリアコーディネーターはハウスメーカーや企業に属している場合が多いです。

インテリアデザイナーがインテリアコーディネーターを兼任することもあります。

どちらの仕事もお客様から綿密に要望をヒアリングして的確に施工業者に伝えるコミュニケーション能力が必要です。

インテリアコーディネーターもインテリアデザイナーと同じような知識やスキルが必要とされています。

インテリアデザイナーに向いている人

ポイント

インテリアデザイナーに向いている人について解説していきます。

細かい部分まで目が行き届く

女性

細かい部分まで目が行き届く人はインテリアデザイナーに向いているといえるでしょう。

インテリアのデザインは壁紙の色や家具の採寸が少し違っただけでも空間全体が変わってしまうほど繊細な仕事です。

設計図を作成する時にはミリ単位の誤差も許されません。

こうした緻密な仕事を経てお客様の理想の空間を作る努力がインテリアデザイナーに求められるスキルです。

インテリアデザイナーはお客様のために細かい作業を重ねていく仕事になります。

人のために細かい部分まで目が行き届く人にとっては向いている職業といえるでしょう。

デザインセンスに自信がある

インテリア

インテリアデザイナーの醍醐味は家具や内装をデザインすることです。そのためデザインセンスが必要な職業でもあります。

インテリアデザイナーの中には芸術大学や専門学校出身の人も多いです。

インテリアデザイナーとして仕事に就職しても美術館や古典に足を運んで日々デザインセンスを磨いている人も数多くいます。

インテリアデザイナーという仕事には「デザインセンス」は必要不可欠なものです。

しかし生まれ持った才能が全てというわけではありません。

インテリアデザイナーの仕事はお客様のためにデザインすることです。そのためお客様の理想をデザインするスキルも必要です。

お客様の希望に寄り添ったデザインスキルは仕事をしながら磨くことができます。

デザインセンスはインテリアデザイナーに転職してからも十分身に付ける事ができるようです。

自分のデザインセンスを活かしてお客様を喜ばせたい人はインテリアデザイナーに向いているといえるでしょう。

人と接するのが好き

仲間

インテリアデザイナーはお客様から要望をヒアリングして納品するまでに様々な人とコミュニケーションをとる必要があるでしょう。

お客様からデザインの要望をヒアリングする際には雑談のような会話からスタートしてお客様の本音を聞くまで話し込みます。

デザインが決まって施工業者に施工してもらう際にも現場の打ち合わせや段取りで数多くの人と連絡を取り合うことが必要です。

インテリアデザイナーは数多くの人と一緒に仕事をするためコミュニケーションを取る機会の多い職業といえるでしょう。

お客様との雑談から業者との綿密な打ち合わせまで幅広いコミュニケーションスキルが求められます。

インテリアデザイナーは人と接することが好きな方におすすめできる職業です。

体力に自信がある

女性

インテリアデザイナーは机に座って作業するよりも現場で動き回る時間の方が圧倒的に多い仕事です。

そのため仕事をこなしていくにはかなりの体力が必要になります。

インテリアデザイナーはデスクワークが多いというイメージがある方もいらっしゃるかもしれません。

実際はフットワークの軽さが必要になる仕事です。

現場での打ち合わせやインテリアの移動・施工の手伝いなど体を動かす時間は多いです。

繁忙期や展覧会が近くなると休憩も取れないほどに忙しくなります。

仕事に慣れるまでは体力勝負で仕事を覚えていく必要があるでしょう。

体力に自信がある方はインテリアデザイナーとして有利だといえます。

 

ワンポイント
インテリアデザイナーに向いている人
・細かい部分まで目が行き届く
・デザインセンスに自信がある
・人と接するのが好き
・体力に自信がある

インテリアデザイナーの年収は

ポイント

インテリアデザイナーの年収について解説します。

平均年収

企業に属しているインテリアデザイナーの年収は350万円〜450万円ほどといわれています。

デザイン事務所にアシスタントとして働く場合の平均年収はもう少し低いようです。

フリーランスとして独立したり有名なインテリアデザイナーになったりなど、キャリア次第では1,000万円以上の給与をもらうことも可能でしょう。

インテリアデザイナーはキャリアや働き方によって給与も違ってきます。給与と働き方のバランスを見て転職しましょう。

年収を上げるために

ポイント

就職した企業で実績を積むと社内での評価が上がり年収もアップしていきます。多くの企業では腕次第で給与も変化するでしょう。

高待遇の同業他社に転職するという手もあります。

経験を積んでもなかなか昇進できないなどの悩みを解決するために、待遇の良い他社へ転職を考える女性も多いです。

企業に属しながらインテリアデザイナーとしての仕事を覚えた後には独立という選択肢も出てきます。

依頼がコンスタントに貰えるようになると年収1,000万円を目指すこともできるでしょう。

しかし必ず依頼を貰えるようになるとは限りませんので注意が必要です。

インテリアデザイナーの1日をご紹介

女性

インテリアデザイナーの1日を紹介します。

  • 08:30出社。スケジュール確認、ミーティング、案件の内容確認
  • 10:00現場へ行きお客様との打ち合わせ
  • 12:00休憩
  • 13:00担当している現場へ行き、施工の進捗状況確認
  • 16:30午前中の打ち合わせの内容を元に設計を進める。午後の現場の事で連絡事項がある場合は、関係者に連絡
  • 19:00帰宅

インテリアデザイナーの1日は現場確認打ち合わせが多くルーティンが決まっていません。

そのためスケジュール管理や現場管理が大切です。

インテリアデザイナーの将来性やキャリアパス

女性

インテリアデザイナーの将来性キャリアパスについて解説します。

将来性

部屋

人口の減少に伴い新築物件数は減っていますが中古物件の増改築といった建物のリノベーションは増えています。

内装材の種類が増えているため個人宅でも様々なリフォームが可能になりました。

そのため今まで無かったような依頼を受ける事が多くなっています。

お客様の要望を汲み取ってデザインする事がインテリアデザイナーの将来性を左右するでしょう。

インテリアの豊富な知識に加えお客様の生活の変化に敏感なインテリアデザイナーが今後必要とされます。

キャリアパス

女性

インテリアデザイナーとしてのキャリアパスは3つあります。

  • デザイン会社に就職して独立
  • 企業に勤めてスキルアップする
  • インテリア資材を開発する

デザイン会社に就職すると早いうちから様々な仕事を任せられます。

企業では経験できない仕事をこなしていく事で多くの経験を積むことができるでしょう。

独立を前提としてデザイン事務所に転職する人もいます。

また企業に勤めてスキルアップしていくことで安定したキャリア形成ができるでしょう。

インテリアデザイナーは仕事をこなすことでスキルアップする職業です。

企業で長年働くということは収入とスキルを安定してアップしていくことにつながります。

センスに自信がある人は自分でデザインした家具を販売する方法もあるでしょう。

企業や個人でインテリアを開発し販売することでロイヤリティーなどの収入を得ることができます。

このようにインテリアデザイナーとしてのキャリアパスは数多くあるといえるでしょう。

自分にあった働き方を見つけることが重要な職業でもあります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

インテリアデザイナーは働き方がたくさんあるためどのようにキャリアを積んでいくか悩む女性も多です。

その悩みをいち早く解決するためには転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントはキャリア形成のために柔軟なプランを一緒に考えてくれます。

転職のことはやはり転職のプロに聞いた方が確実です。転職について悩みがあればぜひ転職エージェントに相談してください。

まとめ

インテリア

インテリアデザイナーはお客様からの要望に答えるために様々な努力が必要になります。

たくさんの経験を積んで多くの知識を蓄えなければお客様の要望に応えることは難しいでしょう。

しかしお客様に喜んでもらった時の嬉しさは大きいものです。それがインテリアデザイナーとしての大きなやりがいになるでしょう。

もしインテリアデザイナーへの転職について悩みがありましたら転職エージェントにご相談ください。

的確なアドバイスをうけて転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら