家電販売員は家電が好きな人や接客スキルに自信がある女性におすすめの仕事です。

男性が多いイメージかもしれませんが、家電の中には生活家電、美容家電など女性をターゲットにした製品もたくさんあります。

家電販売員の求人は未経験OKのものもたくさんあり、他の業界の販売員と比べると高時給です。

大手の家電量販店であれば勤務地やシフトに融通が利く場合もあり、働きやすい環境といえるでしょう。

家電が好きな女性におすすめの仕事です。

Contents

家電販売員に未経験で転職する方法を解説!

これから説明
家電販売員に未経験で転職するためには、まず求人情報を検索してみましょう。転職サイトや転職エージェントを利用すると簡単です。

大手の家電量販店は店舗数も多く、勤務地などの条件を設定すれば自分の希望にあう求人がより見つけやすいでしょう。

家電販売員に限らず未経験の仕事へ応募する場合は、志望動機・スキルや能力・将来のビジョンなどが企業のニーズとマッチしていることが大前提となります。

未経験の業界を選んだ理由や、企業に貢献するために積極的に努力していることを効果的にアピールできれば、採用される確率はぐんと上がるでしょう。

この記事では、さまざまな角度から家電販売員に未経験で転職する方法を解説します。

家電販売員の未経験求人から仕事内容をチェック

仕事内容チェック中
家電販売員の求人情報に掲載されている仕事内容は、大きく分けて下記の3つになります。

  • 接客販売
  • 各種手続き
  • 在庫管理

接客販売在庫管理など、販売員の一般的な業務に加えて契約処理・修理依頼・大物の家電の配送手配などの各種手続きが加わることが特徴です。

その他、メーカー主催のイベントのお手伝いなどが突発的に入ってくることもあります。

接客販売

接客販売は販売員のメイン業務です。お客様が気に入る商品を提案し、満足してもらうためには家電の豊富な知識とコミュニケーション能力が役立ちます。

なるべく自分から積極的に声がけするようにしましょう。

ただ商品を紹介するだけでなく、どの商品を選んだらよいか迷っているお客様に適切なアドバイスをすることも必要です。

同じ商品でもメーカーによってセールスポイントは異なります。

それぞれの特徴を把握し、わかりやすく説明できるように日頃から勉強しておきましょう。

売りたい商品ではなく、お客様自身が本当に必要としている商品を提案できるかどうかが営業成績を伸ばすポイントです。

営業成績が上がれば自分のモチベーションアップにつながりますし、管理職に昇進することもありますので前向きに努力しましょう。

各種手続き

清潔感
家電販売員が取り扱う各種手続きは食料品やアパレルの販売員と比べて多く、内容も複雑です。

配送手配、故障した製品の修理依頼や発売前商品の予約対応などの他、スマホを購入するときに必要な契約手続きなども含まれます。

家電量販店にはたいていきちんとしたマニュアルがあり、最初のうちは経験者が付き添って丁寧に教えてくれるので安心です。

未経験だからといってあまり深刻に考える必要はありません。

在庫管理

自分の担当の家電やフロアの商品の在庫管理、補充や陳列、発注業務なども販売員の仕事です。

在庫管理や発注業務は専用の端末やパソコンを使った業務となります。

ワードやエクセルなど、オフィスソフトの基本的な操作は習得していることが望ましいでしょう。

品切れしている商品を倉庫から出して補充する仕事はアルバイトが行うことも多いです。

特に、大物の家電の陳列や運搬は男性の力を借りることになるでしょう。

商品に興味を持ってもらえるようお客様の目を引くレイアウトを考えたり、店舗がキャンペーンを行うときはキャンペーン用の装飾やPOPを制作することもあります。

店内のレイアウトは売り上げを左右する重要な要素です。絵を描くのが好き、何かを手作りすることが好きという人は能力を発揮できる場面となるでしょう。

 

ワンポイント
 家電販売員の業務には、接客販売と在庫管理の他に契約や修理などの各種手続が含まれます。

家電販売員未経験でもアピールできる経験や能力は?

電話中
未経験の人が家電販売員に応募するときアピールできるポイントとなるのが、接客経験とコミュニケーション能力です。

接客経験があるならば基本的な接客マナーは身についていると評価されることが多いため、経験があるに越したことはありません。

コミュニケーション能力はお客様をよく観察し、ニーズを短時間で見極めるために必要な能力です。

もし家電に関する知識が少なくても、コミュニケーション能力でカバーできることが少なくありません。

接客経験

接客業はコンビニ、ファミレス、イベントのスタッフなど職種が豊富なので、学生時代にアルバイトの経験がある人も多いでしょう。

家電販売員は、そういった接客経験を存分に活かせる仕事です。

接客経験をアピールするときは、トラブル対応や成功体験のエピソードを交えると効果的です。

エピソードを通して何を学んだか、また、転職先でその経験をどのように活かしていきたいかということを盛り込むことで、他の応募者との差別化を図ることができます。

コミュニケーション能力

家電量販店のお客様は買いたい商品が具体的に決まっていないことも多く、どのようなものを必要としているか、さまざまな情報をもとに見極めなければなりません。

顧客満足度を高め、リピーターを獲得するためにもコミュニケーション能力は不可欠といえます。

コミュニケーション能力をアピールする場合も接客経験と同じく、具体的なエピソードを示すことがポイントです。

エピソードを示すことによって企業は応募者が働いている姿をイメージしやすくなり、好印象を与えることにつながります。

 

ワンポイント
 家電に詳しくなくても、接客経験やコミュニケーション能力をアピールできれば評価の対象になります。

家電販売員に向いている女性の特徴

談笑中

人と接することが好きな女性は家電販売員に向いています。

勤務時間のほとんどはフロアでの接客が中心となりますので、人と話すことが好きであれば新しい職場に対するハードルはぐっと低くなるでしょう。

家電が好き、新しい家電を試すのが趣味という女性が家電販売員に転職するメリットは大きいです。

店舗で扱っている商品に興味を持ち、積極的に家電に関する知識を蓄えようとする姿勢は企業側への魅力的なアピールポイントにもつながります。

人と接することが好き

人と接することが好き、誰とでもすぐに仲良くなれるという人は接客が中心の家電販売員にうってつけです。

家電に詳しくない場合、同じように家電のことをよく知らないお客様の立場でアドバイスできるという利点もあります。

家電が好き

家電が好きであれば、新製品が次々と発売される家電を実際に使って勉強することも苦にならないでしょう。

実体験をもとに家電の説明ができるので、お客様の共感を得やすく売り上げにつながり、一石二鳥です。

家電販売員の仕事で身につくスキル

グッジョブ!

家電販売員の仕事をすることで、家電に関するいろいろな知識を身につけることができます。

自分の担当以外の家電の質問にも対応できるよう、さまざまな商品知識が求められるからです。

幅広い年齢層の人が来店する家電量販店は、接客スキルをみがくのに最適の場所です。

欲しい商品も人それぞれ違うので、お客様にあわせた対応が求められます。

経験を積むことにより、どの業界でも通用する接客スキルを身につけることができるでしょう。

商品知識

家電販売員は家電量販店の中でも大型店舗の勤務となることが多く、担当の家電やフロアが決められていることがほとんどです。

最初は担当する家電について勉強することになります。ニーズにあった商品を紹介できるようにスペックや特徴を把握し、徐々に知識を深めていきましょう。

商品を紹介するときはカタログ通りの専門用語を並べ立てるのではなく、家電に詳しくない人にもわかりやすい説明をすることが大切です。

慣れないうちは自分の言葉で説明できるよう練習しておくことをおすすめします。

また、家電業界は定期的に新製品が発売されるので情報を常にアップデートしておくことも重要です。

接客スキル

家電量販店のお客様は年齢・性別ともに千差万別ですが、海外からのお客様が来店することも珍しくありません。

都会にある家電量販店は外国の旅行者にとっても人気の観光スポットとなっています。

日本語が話せないお客様には、ジェスチャーや筆談などコミュニケーションツールを駆使して対応しなければならないこともあるでしょう。

相手の言うことを理解し、意思疎通を図ろうとすることによって接客スキルは飛躍的に向上します。

接客スキルが向上すればお客様のニーズにあった商品を提案できるようになり、販売実績にもつながるでしょう。

 

ワンポイント
 家電販売員になると、家電に関する知識だけでなくさまざまな業界に対応できる接客スキルが身につきます。

家電販売員への転職に役立つ資格は?

セールスウーマン

家電販売員の転職のときに役立つ資格は、家電製品アドバイザーとスマートマスターです。

特に、家電製品アドバイザーは正社員として勤務している場合、会社から取得を奨励されることがあります。

どちらの試験も一般財団法人 家電製品協会が主催しており、毎年3月と9月の年2回受験することが可能です。受験資格は特にありません。

資格の有効期限は5年間ですが、更新制度があります。

家電製品アドバイザー

家電製品アドバイザーの資格はAV情報家電と生活家電の2種類です。

その他に共通科目としてCSと法規に関する試験があり、高得点を獲得できればゴールドグレード、プラチナグレードなどの特別称号(インセンティブ制度)が与えられます。

試験の範囲は家電に関する知識だけでなく関連する法律やCS、接客マナーなど家電販売員に必要とされる項目が対象です。

仕事内容をより深く理解するためにも勉強しておくことをおすすめします。

スマートマスター

家の電気

スマートマスターは、エネルギーを有効活用するスマートハウスでの生活をサポートする人材を育成するための資格です。

家電製品アドバイザーの資格を持っている人は、スマートハウスを支える機器・技術の基礎科目の試験が免除されます。

最近は大手の家電量販店がスマートハウスを含めた注文住宅やリフォームを請け負うことも増えてきました。

将来に向けてステップアップを目指すのであれば取得しておきたい資格です。

家電販売員の未経験求人の探し方は?

お仕事検索中

家電販売員の未経験求人は、転職サイトや求人情報サイトで探しましょう。

新卒採用については家電量販店のウェブサイトからエントリーできることもありますが、転職や中途採用、第2新卒の募集は求人情報サイト上で行われることがほとんどです。

転職エージェントに登録すると、転職サイトに掲載されていない非公開の求人情報も紹介してもらえるというメリットもあります。

転職サイトをチェック

転職を希望するならば、まず転職サイトをチェックしましょう。

仕事をしながら転職先を探そうとすると、ハローワークに行くことが難しい場合も多いですが、転職サイトであれば時間を気にすることなく検索できます。

複数のサイトをチェックして、できるだけ多くの情報を集めるようにしましょう。

転職エージェントを活用しよう

エージェントと面談

転職エージェントを活用することによって、採用される確率は大幅に上がります。

担当のキャリアアドバイザーが転職希望者の適性を見極め、最適な求人を紹介してくれるからです。

採用に結びつくまでていねいにサポートしてくれますので気軽に相談してみましょう。

家電販売員への未経験転職を成功させるには

転職活動中

転職に関する具体的なアクションを起こす前に、まずは自己分析をしてみましょう。

自己分析によって自分の強みを把握していれば、企業が求める人物像にあわせたアピールも可能となります。

自己分析をして強みを把握しよう

自分のスキルや能力を正確に分析することは、自分の価値を高めて採用率をアップさせるために必要な作業です。

また、転職先との条件のミスマッチを防ぐことにもつながります。

自己分析を行うときは、成功体験だけでなく失敗したことも列挙してみてください。

失敗したことから何を学び、どのように改善していくかは将来のステップアップのために重要なプロセスとなります。

企業研究をして求められる人物像を把握しよう

求人情報をチェックして自分の条件にあう転職先を見つけたら、求められる人物像を把握するために企業研究を行いましょう。

家電業界についても勉強しておくとより有利です。

企業研究は公式ホームページや転職サイトのほか、新聞社向けのプレスリリースなどもチェックしておくことをおすすめします。

転職先の新しい情報を手に入れることによって将来の経営戦略についても学ぶことが可能です。

 

ワンポイント
・企業研究はホームページだけでなくプレスリリースもチェック
・家電業界についても勉強しておくと有利

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職相談中

転職活動をするにあたって、さまざまな悩みを抱えることも珍しくありません。

特に、自己分析を自分自身で行うことは難しいという方が大半ではないでしょうか。

転職エージェントに登録しておくと、専任のアドバイザーに悩みをいつでも相談できるので便利です。

応募書類の添削や模擬面接、勤務先との調整も行ってくれるので、未経験の仕事に応募する場合は積極的に利用しましょう。

まとめ

採用決定

家電販売員は未経験の求人が比較的多く、高時給で勤務地などの条件も自分にあったものが選びやすい職種です。

家電が好きな人に特におすすめで、家電に関する豊富な知識を身につけることができます。

未経験の場合は接客経験やコミュニケーション能力など、家電販売に役立つスキルをアピールするようにしましょう。

転職エージェントを活用することが採用への近道です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら