マンション管理に必要とされている管理業務主任者は、不動産関係の仕事をしている人なら耳にしたことがあるのではないでしょうか。

需要が高まっていることから管理業務主任者を目指す人は増えているのです。

今回は、管理業務主任者の資格を活かした志望動機の書き方を解説していきます。

採用を手にするためにも志望動機の書き方を学んでいきましょう。

Contents

管理業務主任者の資格を活かした志望動機の書き方を解説

頑張る女性

管理業務主任者は不動産業界で注目されている資格で転職にも活かせる資格です。

また、マンション管理の需要が高まることによって管理業務主任者の募集も多くなっています。

2001年に始まった資格で歴史こそ浅いものの取得しておくことはメリットとなるでしょう。

採用に影響する資格ですので志望動機でアピールすることが重要です。

では、具体的にどのような志望動機を書いていくといいのでしょうか。詳しく紹介していきます。

管理業務主任者の資格が転職に有利な理由

OKサインを出す女性

管理業務主任者の資格は転職に有利になるといわれています。しかし、実際に不動産業界にいる人でもその理由を知らない人は多いです。

また、これから不動産業界へと転職する人はなぜ転職に有利になるのか知っておく必要があります。

ここでは、管理業務主任者の資格が転職に有利になる理由について紹介していきます。ぜひチェックしてみてください。

管理会社に設置義務がある

マンション管理会社には管理業務主任者の設置義務があります。

これは、宅建業者が業務に従事する者の5人に1人が宅建士でなければならない必須資格と同じです。

管理会社の場合は委託を受けた管理組合の30組合について、1人以上の管理業務主任者が必要となります。

そのため、管理会社は管理業務主任者の資格を持った人の採用に力をいれているのです。

ただし、管理業務主任者としての業務に従事するためには、試験に合格して国土交通大臣の登録を受ける必要があるので注意しましょう。

独占業務がある

ビジネスウーマン

管理業務主任者には独占業務があります。

  • 管理受託契約に関する重要事項説明
  • 管理受託契約に関する重要事項説明書への記名・押印
  • 管理受託契約書への記名・押印
  • 管理事務に関する報告

以上の4つに関しては管理業務主任者のみが行える業務です。

つまり、管理業務主任者がいなければ不動産業務は成り立たないともいえます。

そのため、管理会社や不動産会社は管理業務主任者の資格を持った人を優先的に採用しようとするのです。

マンション管理の需要がある

マンション管理の仕事には需要があります。また、マンションも増加傾向にあるため管理業務主任者は今後も必要となります。

マンション管理会社は需要に追いつくために管理業務主任者を採用しなければならないのです。

また、管理業務主任者の資格を持っている人は少なからず管理業務の知識を得ているでしょう。

マンション管理は管理人室に座るだけでなく、マンション内を巡回したり清掃確認をしたりと多くの業務があります。

採用後すぐに役に立つ人材を求めていることも、管理業務主任者の資格が役に立つ理由です。

 

ワンポイント
管理業務主任者の資格は転職に有利になる。

管理業務主任者の志望動機のポイント

ポイントを説明する女性

不動産業界には多くの企業があります。

また、企業によって扱っている物件や仕事が異なるため自分に合った企業を探す必要があるでしょう。

そして、志望動機で企業に対してアピールしていかなくてはなりません。

では、管理業務主任者としての採用を目指しているとき、どのように志望動機を書けばいいのでしょうか。

ポイントを2つ紹介していきます。志望動機を書く前にチェックしておきましょう。

業界を選んだ理由を明確に

志望動機を書くときは、業界を選んだ理由を明確にしましょう。

企業は選考をする際に資料や面接で応募者が不動産業界に適しているかを確認します。

また、不動産業の中でもなぜうちを選んだのかという部分に注目することが多いです。

そのため、なぜこの業界を選んだのか、なぜこの会社を選んだのかは明確にアピールしましょう。

採用担当者の目に止まる理由は企業のいいところを挙げている志望動機です。

資格の活かし方をアピール

女性

管理業務主任者としての採用を希望する場合は、資格の活かし方をアピールしておくといいでしょう。

なぜなら、企業は会社にとって役に立つ人材を採用したいと思っているからです。

ただ資格を持っているだけでは会社にとって必要な人材であることをアピールすることはできません。

資格をどう活かしてどのような業務を行うのかを明確にアピールしていきましょう。

 

ワンポイント
志望動機は明確に記載しよう。

管理業務主任者の志望動機作成の注意点

目線を外した女性

管理業務主任者は他の業種と違って経験のある人材が求められます。

そのため、これから不動産業界について学んでいきたいというスタイルの人は採用されません。

若さを武器にするのではなく、コミュニケーション能力の高さや、不動産に関する知識があることをアピールしましょう。

管理会社がなぜ管理業務主任者を必要としているのか。

また、どういう人材が管理業務主任者に求められるのかを知ることが重要となります。

管理業務主任者の志望動機の例文

やる気のない女性

管理業務主任者の志望動機作成のポイントと注意点を紹介してきました。

しかし、どのような志望動機を書けばいいのかまだ迷っている人はいることでしょう。ここからは、例文を紹介していきます。

管理業務主任者への転職を目指している方は志望動機を作成する前に一度チェックしてみてください。

①不動産業界経験者の志望動機

私は前職で不動産会社で賃貸物件の仲介を行っていました。

業務内容としては、お客様から物件の希望条件をお聞きし提案することがメインです。

また、契約書類の作成も担当しておりお客様がご来店してから引越しが完了するまでの業務を行ってまいりました。

お客様からお礼のお手紙をいただき社内で表彰を受けたこともあります。

今後は、物件に住む人がより過ごしやすい環境を作りたいと思いマンションの管理業務を行っている貴社への応募を決意しました。

前職で身につけたお客様の気持ちに寄り添うこと。

また、どういった環境づくりをすればお客様に満足いただけるのかという知識を活かして業務に取り組みたいと考えております。

②管理業務主任者の資格をアピールする志望動機

ファイル、女性

私は以前管理人さんが常駐するマンションに住んでいました。

その管理人さんは住人が過ごしやすいようにマンションの管理を行っていて、とても助かったのを覚えています。

それをきっかけに不動産業界に興味を持ち自分も管理人になりたいと思うようになりました。

そして、管理人になるために何が必要なのかを調べ管理業務主任者の資格を昨年取得しました。

管理業務主任者の知識を活かして住む人が心地よいと感じられる管理人になりたいと考えております。

③営業経験者から管理業務主任者に転職する志望動機

私は前職で建設会社の営業の業務を行っていました。

工事には莫大な資金が必要となるため、お客様との人間関係を重要視した営業をすることを心がけております。

貴社のクライアントとなる住民と管理者の関係を重要ししている点に感銘を受けました。

前職で身につけたコミュニケーション能力を活かして、貴社の目指すお客様との関係性を実現していきたいと思います。

管理業務主任者の志望動機のNG例

バツの札を持つ女性

管理業務主任者の採用担当者は志望動機を重視しています。

それは、資格を持っているだけでなくその資格を活かした仕事ができるかどうかを判断するためです。

そのため、志望動機が採用を左右するともいえます。

ここからは管理業務主任者の志望動機のNG例とその理由を紹介していきます。NG志望動機を作成しないよう確認しておきましょう。

①会社の知名度を理由にしている

私が貴社を志望した理由は、テレビなどで取り上げられている有名企業だからです。

顧客の立場となって考えると、やはり有名企業の方が安心できて好まれると思います。

また、有名企業だからこその安定感にも惹かれました。今までの経験を活かして貴社に貢献できる人材となりたいと思います。

こちらの志望動機は、会社の知名度にばかり注目しています。

会社の外側しか見ていないことを採用担当者に読み取られてしますことでしょう。

また、自分のPR内容が少なく、これでは採用担当者の印象に残りません。

②過去のことばかり話している志望動機

NGのジェスチャー

私は前職でアパレルショップの営業を行っていました。お客様に合う洋服を提案しお客様に満足してもらうことにやりがいを感じています。

勤務年数は7年で退職前は店長を務めていました。また、私が貴社に応募した理由は、以前から不動産業界に興味があったからです。

前職で身につけたスキルを活かして頑張っていきたいと思います。

上記の志望動機は、前職のことばかり話しています。

アパレルショップ店員として成功していたのであれば、そういった業界で転職をすればいいのにというのが素直な感想です。

また、不動産業界に興味があったというだけの志望動機は弱く採用したいと思いません。

③これから学びたいという姿勢の志望動機

私は幼い頃貴社の経営するマンションに住んでいました。

いつも管理人さんが挨拶をしてくれて住みやすいマンションだったことを覚えています。

その後近くに引越しをしましたが友達がそのマンションに住んでいたため遊びにいく機会がありました。

引っ越した後でも気持ちのいい挨拶をしてくれる管理人さんに憧れを持ち、マンションの管理業務に興味を持ちました。

まだまだ未熟な点も多いと思いますが、あの管理人さんのようになれるよう頑張りますのでよろしくお願い致します。

実体験をもとにした志望動機で一見素晴らしく見えます。しかし、自己アピールがなく採用側は不安を感じてしまうことでしょう。

また、この方は管理業務主任者の持っているのにそれを志望動機で伝えていません。

資格についてもう少し触れることができればよくなります。

 

ワンポイント
偏った考えの志望動機はNGです。

志望動機が思いつかない時の対処法

悩む女性

志望動機は履歴書の中でも採用を左右する重要な部分です。

また、経歴などは変えることができませんが志望動機は自分の伝えたいことを書くことができます。

より魅了的な文を考えようとするあまり、悩みすぎてしまう人もいるでしょう。

ここからは、志望動機が思いつかない時の対処法について紹介していきます。

過去の経験を棚卸する

まず、過去の経験から自分のスキルをアピールしていきましょう。

前職でどのような仕事をしていてどういったスキルを身につけたのかを中心にアピールしてください。

過去の経験を語るだけでは、企業にとって必要な人材であることは伝わりません。

自分が持っているスキルをどう活かしていくかが重要なポイントとなります。自分の経験を棚卸して自己PRに続けていきましょう。

人から客観的なアドバイスをもらう

スタッフ

人から客観的なアドバイスをもらうのも志望動機が思いつかない時の対処法としておすすめです。

自分のことだから分かっていると思いがちですが見えていない部分もあります。

客観的にみることによって分かることもたくさんあるのです。

自分の周囲の人にアドバイスを貰ってみてください。

また、誰にアドバイスを貰うべきか迷ったときは転職エージェントを利用してみましょう。

知り合いよりも客観的な立場でアドバイスをもらうことができます。

管理業務主任者の将来性は?

女性

マンションの需要が高まっていくことで、管理業務主任者も必要とされています。30組合につき1人の管理業務主任者が必要です。

そのため、マンションなど管理する物件が増えることで管理業務主任者も必要となります。

将来的にも必要とされる職業であり、今後も採用人数が増えていくことでしょう。

 

ワンポイント
管理業務主任者は将来性のある職業です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

管理業務主任者は専門性の高い職業です。そのため、悩みも専門的なものになり相談相手に困ることもあるでしょう。

また、どのように転職活動を進めていけばいいか迷うこともあるでしょう。

そんなときは、転職エージェントに相談してみてください。

転職のプロである転職エージェントに相談することで客観的なアドバイスをもらうことができます。

また、転職サポートもしてくれるでしょう。

まとめ

ガッツポーズする女性

管理業務主任者は管理会社にとって必須資格です。資格を持っている人は優先的に採用される可能性が高いでしょう。

資格取得によって得られるメリットも多いため、マンション管理の職に就きたい人はぜひ取得していきましょう。

また、管理業務主任者への転職で迷ったら転職エージェントに相談してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら