グローバル化が進んでいる現代の波に乗るように通訳の仕事が増えています。

通訳と聞くと高度な外国語スキルが必要になるのではと思われるかもしれません。

では具体的に通訳はどのような仕事を行うのか、通訳になるため必要な資格あるかなど当記事で解説します。

通訳の仕事内容を解説

OKサインを出す女性

通訳は異なる言語を使用する人同志が円滑にコミュニケーションできるようにサポートする仕事です。

機械的に翻訳するだけでは同じ単語の意味でもニュアンスが異なります。

表現次第では相手に不快を与えることにつながるでしょう。

外国人の文化の違いや思考の違いからコミュニケーションですれ違わないようにサポートするのが通訳の役目です。

文化的な背景や感情の意味を理解し正確な意志疎通をする架け橋となります。

通訳の形態

頑張る女性

通訳の形態は逐次通訳・同時通訳・ウィスパリングという3つの形態に分けられます。

それぞれ通訳の手法が異なるため使用される場面が違うのが特徴です。

ここでは各通訳の形態がどのような仕事場で活躍しているのか解説していきます。

逐次通訳の仕事

逐次通訳はインタビューや講演会などの意見交換会や発表会など正確性が求められる場所での仕事が多くなります。

通訳者として活躍するための技術の基礎となるため、通訳者の仕事で一番多いのが逐次通訳の仕事です。

まずは逐次通訳に慣れることが一流の通訳者になるためのポイントといえます。

同時通訳の仕事

上司と女性

同時通訳は外国のニュース映像の放送や国際的会議などの通訳が主な仕事となります。

話し手の内容を瞬時に翻訳し正確に伝えなければなりません。

スピードはもちろんのこと、正確性や集中力が必要となるため3つの形態の中で一番難しい仕事とされます。

それと同時に仕事のやりがいも大きいので、通訳者として目指すところでもあるのが同時通訳です。

ウィスパリング

ウィスパリングは社内会議・商談・外国人訪問者の通訳などビジネスの場での仕事がメインです。

ウィスパリングと同時通訳は似ていますが次のような違いがあります。

  • 同時通訳:ブース内全体に翻訳する
  • ウィスパリング:聞き手のそばに寄り添って翻訳する

話し手の内容を逃さないため常に高い集中力が必要とされます。

 

ワンポイント
通訳の形態は逐次通訳・同時通訳・ウィスパリングという3つの形態に分けられる!

通訳者の職種

女性のもつ心

一言で通訳者といっても実はさまざまな職種があります。

では具体的にどのような職種があるのでしょうか。

通訳者の6つの職種をみていきましょう。

職種1:会議通訳者

1つ目の職種は会議通訳者です。

セミナー・国際会議・株主総会など会議通訳者が活躍する場面は数多く存在します。

ブース内全体に対して同時通訳するため、会議の内容も正確に伝える必要があるのです。

そのため会議通訳者には経験の豊富さが求められます。

通訳者として責任が大きいことから通訳の最上階に位置する職種ともいえるでしょう。

職種2:商談通訳者

2つ目の職種は商談通訳者です。

取引先の商談相手と取引をする際に通訳として随行します。

商談を円滑に進めるため事前に商品やサービスなどの知識を把握することが必要不可欠。

さらに取引先と自社の双方を伝える架け橋になるため非常に重要なポジションでもあります。

近年ではグローバル化が進み海外との取引が多くなっているため商談通訳者の需要も高まっているのが特徴です。

職種3:エスコート通訳者

3つ目の職種はエスコート通訳者です。

テレビでよく見かけるスポーツ選手のインタビューや海外アーティストなどが来日した際に付き添う通訳者が該当します。

ビジネスにおいても取引先の来日に備えるためエスコート通訳の求人募集も多くなるのが特徴です。

逐次通訳とウィスパリングの両方を使用する高度な職種でもあります。

職種4:コミュニティ通訳者

女性

4つ目の職種はコミュニティ通訳者です。

言語の分からない外国人に対して説明する通訳者が該当します。

コミュニティ通訳者の種類として学校通訳・司法通訳・医療通訳・行政通訳など複数種類あるのが特徴です。

したがってコミュニティ通訳者は通訳の他にも専門的な知識が必要になります。

たとえば医療通訳は外国人に医療の説明をするため医療系の知識が必要です。

通訳者として語学力を高めつつ医療現場で実務経験を積むのが一般的な流れです。

コミュニティ通訳は学校・警察・市役所・病院・裁判所など多くの場で活躍できます。

まだ発展途上の職種ですが、在日外国人の数が年々増加しているためコミュニティ通訳者の需要も増すでしょう。

職種5:放送通訳者

5つ目の職種は放送通訳者です。

海外のニュースを即座に訳しテレビ視聴者に分かりやすく伝える役割を担います。

放送通訳者の主な仕事は海外ニュースの時差通訳や同時通訳のほか、日本のニュースを外国語に通訳することもあるのです。

海外ニュースの時差通訳では、海外ニュースを訳したうえで日本国内の視聴者へ分かりやすく原稿を作成します。

また、海外ニュースの同時通訳は緊急性の高い海外ニュースを担当することが多くなるでしょう。

自分の通訳がテレビ視聴者にそのまま届くため正確な通訳が必要です。

放送通訳者はメディアの最前線で活躍するため通訳者の中でも人気の職種の1つでもあります。

職種6:通訳案内業

6つ目の職種は通訳案内業です。

通訳案内業は観光庁が促進している通訳でもあります。

外国人観光客をスムーズに観光できるようにするのが通訳案内業の役目です。

以前は通訳案内士の資格保持者でなければガイドができませんでしたが、有資格者以外もガイドができるようになりました。

これは、外国人観光客の爆発的増加によりガイドのニーズが高まったことが背景にあります。

仕事の幅が大きく広がったといえるので通訳案内業は急速に拡大しているのです。

通訳の仕事の中身:どんなことをするのか

女性

通訳の仕事が決まったら仕事内容を把握することが大切です。

多くの通訳者は仕事を受け取ったら下調べを行います。

通訳の仕事をする前に関係者と打ち合わせする場合もあるでしょう。

同時通訳やウィスパリングなど実践で働く前に、下調べと打ち合わせを念入りに行うことがポイントです。

そして打ち合わせによって得た注意点などを考慮しながら実際に現場で通訳していきます。

 

ワンポイント
通訳の仕事をこなすため下調べや入念な準備が大切!

通訳者になるために必要な資格、英語力はどのくらい?

アメリカン

通訳者として活躍するために必要な公的資格はありません。

語学力があるなら誰でも通訳者として名乗ることができます。

しかし、通訳者としての力量がわからないため仕事を受けることが難しいでしょう。

したがって、通訳者として仕事を受けるためにはスキルを証明する必要があるのです。

具体的にTOEICやTOBIS、実用英語検定があります。

TOEICは英語のコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストです。

TOEIC(R) Listening & Reading Testを990点満点中900点以上獲得することが目安とされています。

TOBISはビジネス通訳を想定した検定試験です。

会社員または通訳として働く人が目指す試験で、逐次通訳試験と同時通訳試験の2種類から行われます。

TOBISは1級から4級に分かれており通訳者として必要なレベルは2級以上です。

最後に実用英語検定は、「英検」の名で知られ検定試験。日本でもっとも知名度が高い試験といっても過言ではありません。

読む・書く・聞く・話すという4つの技術を測定する試験で、通訳者として求められるのは最上級の1級です。

英検1級は、「広く社会生活に必要な英語を十分に理解し、自分の意志を表現できる」レベルとされています。

通訳者として英語以外の外国語を目指す場合はそれぞれの検定を受けておくと良いでしょう。

通訳者の収入はどれくらい?

お金,成長

平均年収は400万円から800万円程度といわれています。

通訳者の収入は本人のスキルだけでなく働く業界や働き方によって変わるのが特徴です。

したがって、平均年収は400万円から800万円程度と幅が出てしまいます。

一方で年収が多い人であれば1,000万円以上の収入を得ている人もいるようです。

スキルを発揮し需要が高い業界や職種を選べば高年収が期待できます。

企業内で働く場合

企業内で働く場合の年収は平均400万円から1,000万円とされています。

企業内で重要な役割をまかされるほど年収が高くなる傾向です。

高年収を狙うなら通訳者を重要視している企業を狙いましょう。

フリーランスの場合

女性

フリーランスで働く場合の年収は300万円から600万円が多いといわれています。

企業内で働く場合と違いフリーランスは仕事を請け負うケースがほとんどです。

時給2,000円から4,000円程度、日給20,000円から40,000円程度の相場が多いとされています。

国際会議など重要な会議における同時通訳では1日60,000円から70,000円程度の収入を見込めることもあるようです。

 

ワンポイント
通訳者の平均年収は400万円から800万円程度!

通訳者にはどうやったらなれる?

ポイントを説明する女性

通訳者になるために特別な資格は必要ありません。

通訳者として名乗ったその日から通訳者になることができます。

しかし、実際に通訳者として仕事を行うことが本当に通訳者と認められた時といえるでしょう。

仕事をするにはまず通訳者としての語学力や必要とされるスキルを習得するなど準備が必要です。

準備が整ったら企業もしくはフリーランスの通訳者にチャレンジしましょう。

企業内で働く場合

グローバル化の影響により企業内で正社員として求人を出す企業も多くなっています。

以前はフリーランスや派遣社員などに依頼する形が一般的であり、企業が通訳者として社員を雇うケースはごく一部でした。

企業内で働く場合は、求人を確認して必要な条件を確認しましょう。

TOEIC900点以上などの条件があれば必ず習得してください。

条件を満たしたらどんどん応募しましょう。

フリーランスの場合

フリーランスとして通訳者になるためには主に3つの手段があります。

  • 派遣会社に登録をして仕事を紹介してもらう
  • クラウドソーシングを利用して仕事の受注や応募をする
  • 通訳のエージェントに登録して仕事を紹介してもらう

上記のような方法でフリーランスとして通訳者を目指していきます。

いずれも通訳者としてのスキルが証明されなければ仕事は受注できません。

企業内で正社員として働くにくらべ収入も仕事も安定しないのがフリーランスといえます。

通訳に転職しようと思ったらどうすればいい?

面接官

通訳に転職するためまずは語学力を磨いてください。

語学力がなければ通訳者として活躍することはできません。

また、単に語学力が高いだけでなく話し手の感情を理解することも大切です。

逐次通訳でも同時通訳でも微妙なニュアンスの違いを表現する必要があります。

通訳は非常に高度な職業です。転職するなら語学力を始めスキルを身に付けましょう。

 

ワンポイント
通訳者に転職したいなら語学力を磨こう!

転職相談は転職エージェントを活用しよう

2人の女性

転職相談するには転職エージェントを利用するのが効率的です。

  • プロの目線で客観的かつ的確にアドバイスしてくれる
  • 現在の自分の力量がわかる
  • 転職がスムーズに進む

エージェントを活用することで上記のメリットが得られます。

転職活動は学生の就職活動とは違い自分自身を評価してくれる人がいません。

だからこそエージェントによるプロの目線で客観的にチェックしてもらうことで転職活動を有利に進めます。

また、転職活動は何かと壁にぶつかり悩みが尽きません。

そんな時こそ転職エージェントに相談することで、自分に足りない部分や必要なスキルがみえてくることがあるのです。

転職活動の悩みは1人で抱え込まないでください。

エージェントをうまく活用してあなたに合った転職先を見つけましょう。

まとめ

眼鏡のキャリアウーマン

グローバル化が進む現代に比例するように通訳者が活躍する場が多くなっています。

高度なスキルを必要とする通訳者ですが、外国人観光客の増加などの要因により将来性がある仕事に間違いありません。

通訳に転職するなら語学力やコミュニケーション能力などスキルの習得が必要不可欠。

あなたにスキルがあることを証明することで外国語同士の大事な架け橋になれるのです。

転職の悩みは1人で抱えず転職エージェントに相談しましょう。

客観的な視点でチェックしてもらうことであなたの転職活動がうまく進みます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら