近年は特定の業種や職種に特化したマーケティングの知識ではなく幅広い知識が求められています。

そこで注目されているのがマーケティング・ビジネス実務検定です。

では具体的にマーケティング・ビジネス実務検定を活かせる求人にはどのようなものがあるのでしょうか。

検定の特徴やメリット、検定を活かせる仕事などを当記事でご紹介します。

マーケティング・ビジネス実務検定を活かせる求人例

相談にのる女性

マーケティング・ビジネス実務検定を学習することで基本的なマーケティングの知識を習得できます。

さらに、仕事ですぐに活用できる実務知識や実務事例、時事情報も身に付けることができるのです。

その結果、転職面接で大きなアピールポイントになるだけでなくあなた自身のスキルアップにもつながります。

ではマーケティング・ビジネス実務検定を活かせる求人例はどのようなものがあるのでしょうか。

具体的に3つの職種をみていきましょう。

例:マーケティングマネージャー

マーケティング・ビジネス実務検定を活かせる求人の1つ目はマーケティングマネージャーです。

マーケティングマネージャーは高いマーケティングスキルが求められます。

さらにブランドマーケターを指導、マネジメントするスキルも必要です。

そこで、この検定の学習で身に付けることができる「オールマイティーなマーケティング知識」が役立ちます。

例:営業職

女性

マーケティング・ビジネス実務検定を活かせる求人の2つ目は営業職です。

一見関係なさそうですが、営業職の大きな役割は自社製品やサービスを必要としている人のもとへ届けること。

そこで、マーケティングの実務知識など顧客が求める製品などの調査・商品開発・販売スキルが必要です。

マーケティング・ビジネス実務検定で学習するマーケティング知識が役立ちます。

例:コンサルタント

マーケティング・ビジネス実務検定を活かせる求人の3つ目はコンサルタントです。

コンサルタントは企業の経営などについて相談を受けた際、顧客のニーズなどを正しく見極め助言します。

そこで、マーケティング知識が身についていれば的確にアドバイスできるのです。

 

ワンポイント
マーケティング・ビジネス実務検定を活かせる求人は多数ある!

マーケティング・ビジネス実務検定を活かせる仕事に就くには

考える女性

マーケティング・ビジネス実務検定で身に付けた知識がどこで活かすことができるのか知る必要があります。

一度知識やスキルを身に付けてしまえば仕事の幅が広がるでしょう。

さまざまな職業を調べた際に「スキルや知識が活かせそう」などと気づくこともあります。

したがって、検定で出題される内容をしっかりと身に付けたうえでどのような場面で活用できるのか考えてください。

そして視野に入れた職業はどのような知識やスキルが求められているのかを知ることが重要です。

マーケティング・ビジネス実務検定の階級

女性

マーケティング・ビジネス実務検定には3つの階級があります。

あらかじめ各階級の特徴を知っておくことが重要です。

3つの階級について詳しくみていきましょう。

C級

マーケティング・ビジネス実務検定C級は、マーケティング・オペレーションの基礎レベルです。

C級の内容を習得すると定型業務をこなすことができるようになります。

B級

マーケティング・ビジネス実務検定B級は、マーケティング・オペレーションの応用レベルです。

B級の内容を習得すると業務の運営をこなすことができるようになります。

A級

マーケティング・ビジネス実務検定A級は、マーケティングのマネジメント・戦略レベルです。

A級の内容を習得すると戦略率案や意思決定などの判断業務がこなせるようになります。

また、A級はC級およびB級で学んだことのほかにマーケティング計数や計数管理など専門的な内容が追加されるのが特徴です。

A級に合格すると自動的に「IMSSA認定マーケティング実務士」という資格が与えられます。

 

ワンポイント
マーケティング・ビジネス実務検定にはC級・B級・A級という3つの階級がある!

マーケティング・ビジネス実務検定の特徴

女性

続いてマーケティング・ビジネス実務検定の特徴についてご説明します。

資格試験の難易度や出題内容、合格率などをみていきましょう。

難易度

難易度は、マーケティング・ビジネス実務検定C級・B級・A級の順で高くなります。

まだ検定自体の知名度が高くなく、受験者数も少ないことから難易度もそれほど高くありません。

C級およびB級ならば公式テキストや過去問で学習すれば、独学でも十分に習得できるレベルです。

出題内容

女性

3つの級に共通しているのはマーケティングの基本的な知識から実践的なスキルまで出題されます。

また、消費者行動やマーケティング関連法といったマーケティングそのものに必要な知識も問われるでしょう。

  • C級:マーケティングの基礎
  • B級:実践的な内容
  • A級:C級およびB級をベースとした応用レベル

C級は150点分のマーケティング知識の問題と50点分のマーケティング事例の問題が出題されます。

どちらもマーケティングの基盤となるような内容がほとんどです。

200点満点のうち160点を基準として試験委員長が定める合格基準点に達したら合格となります。

B級は200点分のマーケティングの知識問題と100点分のマーケティング事例の問題が出題されます。

マーケティング知識では、C級の応用レベルの問題に加えより実践的な内容が出題されます。

マーケティング事例の問題はより応用レベルです。

合計点300点のうち210点を基準として、試験委員長が定める合格基準点に達したら合格となります。

もっとも難易度が高いA級はマーケティング知識の問題とマーケティング事例の問題150点分ずつ出題されます。

C級およびB級で扱ったすべての分野をベースとした応用レベルです。

合計点300点のうち試験ごとに試験委員長が定める合格基準点に達したら合格となります。

合格率

マーケティング・ビジネス実務検定の合格率は非公開です。

C級およびB級は合格基準点が7割程度に定められるため、しっかりと対策を行えばそれほど難しい試験ではないといえます。

マーケティング・ビジネス実務検定の試験対策方法

女性

マーケティング・ビジネス実務検定はどのような対策をすればいいのでしょうか。

勉強を始める前に3つの対策方法を確認しましょう。

独学

マーケティング・ビジネス実務検定は独学でも合格できるでしょう。

検定を主催している国際実務マーケティング協会から公式のテキストや問題集、過去問が販売されています。

これらを参考に勉強することで合格に近づくことができます。

特にC級およびB級なら独学で対応可能です。

勉強の目安は約30時間とされているので、しっかりと時間を確保して対策することが大切といえます。

まずはテキストを読み込んでインプットし、その後問題集や過去問でアウトプットして知識の定着を図りましょう。

通信講座

納得する女性

検定を主催している国際実務マーケティング協会は通信講座を開いています。

マーケティングに関して効率よく勉強したい人やマーケティング初心者の方におすすめです。

マーケティング・ビジネス実務検定対策はもちろん実践的なマーケティング知識も身に付きます。

また、模擬試験問題を添削してもらえるためより合格に近づく学習をすることができるでしょう。

特にA級試験では記述問題が出題されるため、客観的な視点で添削してもらうことは合格するために欠かせません。

通学講座

通学講座では直接講師に教えてもらうことができるため、疑問点などをすぐに質問しその場で解決することができます。

特にA級試験の記述問題は添削してもらった後に疑問点が出てきくることが多いもの。

通学講座では添削してもらった講師に直接質問できることが最大のメリットです。

 

ワンポイント
C級およびB級は独学で合格可能!A級は通信講座か通学講座がおすすめ!

マーケティング・ビジネス実務検定を取得するメリット

タブレットを使う女性

マーケティング・ビジネス実務検定を取得することでスキルの証明になります。

資格があることはマーケティング知識があるということです。

現代の市場は目まぐるしく変化するため幅広いマーケティング知識が求められています。

市場の変化や顧客のニーズを調査し、最善のマーケティング戦略を立てるにはマーケティング知識が欠かせません。

スキルが身に付くマーケティング・ビジネス実務検定の取得は仕事をするうえで大いに役立ちます。

資格取得は必須ではありませんが、スキルを証明するためにも取得しておいて損することはないのです。

マーケティング・ビジネス実務検定は転職に有利?

女性

マーケティング・ビジネス実務検定の資格を保有していることで転職活動が有利になるといえます。

マーケティングについての知識やスキルが身いついている人材というのは、企業からすると非常に有望な人材です。

口頭で「マーケティング知識あります」と言っても本当に身に付いるか分かりません。

資格という目に見える形で証明することが転職活動に役立つのです。

 

ワンポイント
マーケティング・ビジネス実務検定を取得することで転職に有利!

転職に活用できる他のWebマーケティングに関する資格

眼鏡のキャリアウーマン

マーケティング・ビジネス実務検定以外で転職に役立つ資格もあります。

Webマーケティングの仕事をするには欠かせない資格です。

具体的に2つの資格をご紹介します。

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)はGoogleアナリティクスの習熟度が認定される資格です。

選択形式の問題が70問出題されるGAIQはインターネット上にて無料で受験することができます。

出題内容はプランニング・データ収集・コンバージョン・アトリビューションなどです。

GAIQを取得するとアナリティクス能力を客観的に証明することができるため、有効なアピールポイントになります。

スキルの証明だけでなくあなた自身のスキルアップにもつながるでしょう。

IMA検定

IMA検定はネットマーケティングのスキルを身に付けることができる資格試験です。

オンライン上で講義を受け課題を提出した後に試験を受けます。

課題の添削をしてもらえるので自分のレベルを確認することができるでしょう。

また、現場で必要なスキルやノウハウを厳選しカリキュラムに組み込んでいるため実務スキルも身に付けることができます。

IMA検定はStandardコースとProfessionalコースの2種類に分かれているのが特徴です。

Standardコースでは主に一般的な知識を学びます。

単に知識を入れるだけでなく即実践に移せるマーケティングの実務スキルも身に付けられるでしょう。

Professionalコースではより高度なスキルを学びます。

Standardコースで身に付けたスキルを基盤とし、様々な場面に対応するスキルを身に付けることができるのです。

転職相談は転職エージェントを活用

2人の女性

近年転職者数は増加傾向にあり、それに伴って転職エージェントの需要が増えてきました。

転職エージェントは無料で利用することができます。

あなたに合った企業を探してもらえるので転職のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

転職活動で抱えがちな悩みを相談することも可能です。

一般的な転職サイトにくらべると転職エージェントの方がサポート力の高さが際立っています。

また、転職エージェントを頼ることで給料の交渉や面接のスケジューリングなど個人ではやりにくいことを代行してくれるのが特徴です。

そしてなにより、履歴書作成のアドバイスや面接対策など1人では絶対にできないこともエージェントは叶えてくれます。

転職活動は1人ではありません。エージェントと連携し理想とする未来を手に入れましょう。

まとめ

ポイントを説明する女性

マーケティング・ビジネス実務検定はWebマーケティングに役立つ資格です。

近年では業種や職種を問わずさまざまな分野で幅広いマーケティング知識やスキルが必要とされています。

マーケティングの知識を保有していることで転職先の幅が広がるだけでなく、あなた自身のスキルアップにもつながるでしょう。

あらゆる業界や職種でマーケティング知識は役に立つので、誰が身に付けても無駄にはなりません。

マーケティング・ビジネス実務検定はC級・B級・A級という3つのクラスに分かれており、A級が高難易度です。

ただしC級およびB級なら初学者でも十分取得できます。

転職活動で悩んだり迷ったりしたら転職エージェントを頼ってください。

あなたの転職活動がうまくいくよう的確にアドバイスしてくれます。

エージェントをうまく活用し転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら