仕事が楽しくないときは、「自分はこのまま今の仕事に就いていて良いのだろうか?」と迷いを感じてしまいます。

この仕事は自分には向いていないと考え、転職を決意する人もいるでしょう。

そのような時にまず行うべきことはあるのでしょうか。

ここでは仕事が楽しくないと思ったときの対処法ややってはいけないこと・注意点などを解説していきます。

仕事が楽しくない時の対処法

困惑した顔の女性

今の仕事が楽しくない。仕事に行き詰まりを感じている。仕事にやりがいが感じられない。

そのような場合の対処法についてご紹介します。

すぐにできる方法からじっくり取り組む方法まで挙げてみました。

小さな目標を設定する

仕事でなかなか目標が達成できない場合、楽しさを感じる機会がぐっと減ってしまうでしょう。

「もっと出世して尊敬されたい」「いつかは満足のいく収入を得たい」などの目標は、達成までに長い時間がかかります。

そのため日々楽しんで仕事をするためには、もう一歩踏み込んだ小さな目標も一緒に設定する必要があるのです。

まずは1日単位で達成できそうな小さな目標を設定し、集中して取り組んでみましょう。

例えば「今日中に○件のタスクを終わらせる」「○時までにこの仕事を終わらせる」などがおすすめです。

それができたら、1週間単位1か月単位の目標も設定していきます。

このように小さな目標をその都度達成していくことで、楽しく自信をもって仕事に取り組むことができるでしょう。

憧れの人を目指してみる

ファイルを持つ女性

同じ仕事をしている人で「この人のようになりたい」と思う人を探してみましょう。

社内の身近な人物で見つからない場合は、社外の知り合い、取引先の方、あるいは友人や有名人など誰でも構いません。

周りをよく見ると、真似してみたい美点のある人がたくさんいることに気づきます。

仕事の速さやスキルだけでなく、人当たりの良さや調整能力の高さ・問題解決能力に優れた人もいるでしょう。

そういった周囲の人の素晴らしい面をぜひ自分の目標にすると、目指すべき姿が明確になります。

そのため理想の自分をイメージしながら働くことができ、楽しく生き生きと仕事に取り組めるでしょう。

仕事の過程を工夫する

日々の仕事の過程を工夫することも大切です。

仕事を工夫するといっても、難しいことではありません。

いつもやっている仕事の内容や手順を少し変えるだけで効率的になるものはないか探してみましょう。

あるいは、より上司やお客様に喜んでもらえそうなワンアクションを考えてみてください。

例えばお客様に渡す書類に簡単な説明書きや記入必要箇所の分かりやすいメモを付けるのもいいでしょう。

上司に渡す書類に比較対象になるような参考資料を付けてみるなど、いろいろパターンが考えられます。

お客様が普段は目にしない書類を間違いなく記入してもらうためには、どういう配慮が必要なのか。

どのような追加資料があれば上司にとってより分かりやすい報告になるのかなどです。

それらを自分なりに考えて実施していくことで、やりがいや楽しさに加え他者からの評価も得ることができるでしょう。

小さな変化を加えてみる

笑顔の女性

慣れ切った仕事に小さな変化を加えてみるのもおすすめです。

仕事に慣れてくると日々の業務や人とのかかわりに新鮮味が薄れてきます。

その中で、いつもと違う言動や周囲への配慮を意識して実施してみましょう。

例えばいつも出入りしている業者の担当者に「今日もいい天気ですね」と話しかけてみるなど、ちょっとしたことで構いません。

あるいは、上司への定期報告の際に少しだけ世間話をしてみるのもいいでしょう。

そんな小さな変化を少しずつ加えることで、日々のルーティンや人間関係の変化へとつながっていきます。

上司・人事に交渉する

直属の上司への相談人事部への交渉もぜひおすすめします。

今まで紹介した方法を実施し、それでも楽しさを感じられない場合は、上司に今までの経緯も含め相談してみましょう。

上司がその相談をもとに仕事内容の見直しや他のポジションへの異動など、必要な手立てをとってくれる場合もあります。

あるいは人事部に相談することで、他部署の社内公募を探してもらうことが可能な場合もあるでしょう。

 

ワンポイント

仕事が楽しくない時の対処法

  • 小さな目標を設定する
  • 憧れの人を目指してみる
  • 仕事の過程を工夫する
  • 小さな変化を加えてみる
  • 上司・人事に交渉する

仕事が楽しくないと感じてしまう理由

考えるビズネスウーマン

仕事が楽しくないと感じてしまうのには理由があるのでしょうか。

一般的に人が仕事に行き詰まるとき、その理由は大きく下記の4つが挙げられます。

  • 仕事内容が合っていない
  • 人間関係に不満がある
  • 給料・待遇に不満がある
  • 成長感を感じない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

仕事内容が合っていない

毎日の仕事内容が自分の適性と大きく外れている場合、仕事が楽しくないと感じてしまいます。

日々「いやだな」「大変だな」「苦手だな」と思うことを積み重ねながら仕事をしていることになるからです。

その中で達成感や快適さを少しも感じられなければ、苦労や苦手意識が報われるタイミングがありません。

例えば営業職についてしばらく経つが、どうしても人と話したりお客様の対応をするのに苦手意識がぬぐえない。

資料作成・データ分析という仕事はミスを連発してしまうので修正に追われ、そのうちに疲れ果ててしまう。

このように仕事内容が自分に合っていない場合は負担ばかりが大きくなり、仕事に楽しさを見いだせないものです。

人間関係に不満

悩む女性

働く上では人間関係も無視できません。

毎日一緒に働く上司や同僚に不満を感じている場合、仕事に行くのが憂鬱になってしまいます。

あるいは、取引先やお客様に対して苦手意識がある場合、仕事をするうえでストレスばかり溜まってしまうでしょう。

職場にはいろいろな人がいます。気の合う人や一緒にいて楽しい人ばかりではありません。

なるべく気持ちを乱さないようビジネスライクを意識しても、その状態が毎日続くとどうしても疲弊してしまいます。

人間関係に不満がある場合、その人のことを気にしすぎない・なるべく関わらないようにするのが一番です。

しかし仕事上で全く関わらないようにするのは難しいことが多く、そのために仕事を楽しめなくなってしまいます。

給料・待遇に不満

給料や待遇面での不満も挙げられるでしょう。

給料が仕事内容に見合っていないと、いくら仕事を頑張っても気持ちのうえで十分なリターンを得ることができません。

努力が報われないと感じることで、仕事を一生懸命こなす楽しみややりがいが激減してしまいます。

また、休みを取りづらいなど働く環境や待遇に不満がある場合も仕事の楽しさを忘れてしまいがちです。

成長感を感じない

自分が成長していると感じられないことも、仕事が楽しくなくなる原因です。

毎日同じことの繰り返しで刺激がないと、自分はこのままでいいのかと不安になってしまいます。

あるいは上司や同僚が何でも否定してくることで、自分は能力がないダメな人間なんだと錯覚してしまうケースも。

自分の成長を感じにくい環境にいると、仕事に対してやりがいを見出しづらくなってしまうのです。

仕事が楽しくないと感じる根本にあるものとは何か

考える女性

前項で仕事が楽しくなくなる原因について述べましたが、それらは全て表面的なことです。

その根本には、仕事を主体的に楽しもうとしない姿勢があるといえます。

自分の意思に反して「やらされている」という感覚が、仕事から楽しさを奪っているのです。

仕事が楽しくないものだと思い込まずに、どうやったら楽しくできるかを考えてみましょう。

自分がなぜ今の仕事に就いたのかを思い出し、仕事に就く前に持っていたイメージと比較してみるのも一つの方法です。

希望通りになっていない原因がわかったら、すでに述べた通り自分にできることを工夫して行動してみましょう。

 

ワンポイント
仕事を楽しくするために主体的に行動してみましょう。

仕事が楽しくない時にやってはいけないこと

NGのジェスチャー

仕事が楽しくないときにやってはいけないことは何かも押さえておきましょう。

基本的には愚痴をいう・サボるといった後ろ向きな行動は良い結果になりません。

だからといって無理に前向きになろうとしたり、短絡的に転職を考えるというのも考えものです。

愚痴をいう

仕事が楽しくないからといって愚痴をいうのは逆効果になる可能性が高いです。

不安や不満を誰かに吐き出してすっきりしたくなる気持ちはよくわかります。

しかしそれを口に出すことで自分自身がそれを改めて強く意識することになり、より不満が高まってしまうのです。

特に職場の人や職場に近い人に愚痴をいうことはおすすめしません。

それを聞いた人の仕事へのモチベーションのほか、自身の印象や評価も下げてしまう恐れがあるからです。

サボる

パソコンを使いながらNG

ずっと同じ仕事をしていると、仕事の繁忙期・閑散期といた年間の流れが分かってきます。

それに自分の気持ちや体調面のバイオリズムも重なり、仕事がしたくない時もあるでしょう。

仕事が楽しくないと感じていると、仕事に大きな支障の無い範囲でサボることも考えるようになります。

しかしそのサボった分の仕事は、自分の見えないところで他の人が対応することになってしまうのです。

あるいは、今は支障がなかったとしても後々それが火種となり大問題に発展することもあります。

ちょっとした気の緩みから、あなたの評価や将来性を傷つけてしまう可能性を考えましょう。

無理やり前向きになろうとする

後ろ向きな行動は避けた方がよいといえますが、無理やり前向きになろうとするのも心に負担をかけてしまいます。

真面目で責任を大切にする人ほど仕事を楽しくないと感じるのは良くないと考え、無理に頑張ろうとしがちです。

しかしそうすることで自分の気持ちをさらに押しとどめることになり、余計に苦しくなってしまいます。

今の自分の感情を受け入れたうえで改善点を考え、自然とワクワクできるような環境を作ることに意識を向けましょう。

転職をすれば即解決すると考えている

転職さえすれば全て解決すると考えるのも危険です。

現状への不満の原因を明確にしなければ、次のステップである問題の解決へと進むことができません。

原因究明や改善のための努力を怠り安易に転職した結果、転職先でまた同じ悩みを抱えることになってしまいます。

またそういった安易な考えで転職に踏み切ると、面接で「逃げの転職」であることが伝わってしまうものです。

そのような状態では希望通りの転職を成功させるのが難しく、さらに自分を追い詰めることになります。

 

ワンポイント

仕事が楽しくない時のNG行動

  • 愚痴をいう
  • サボる
  • 無理やり前向きになろうとする
  • 転職すれば即解決と考える

仕事が楽しくない理由が「仕事内容」の場合

考える女性

仕事内容が原因で仕事が楽しく感じられない場合は、いかに楽しく仕事ができるよう工夫するかが重要です。

そのためには仕事内容自体を楽しむ方法と、仕事内容以外の部分を楽しむ方法が挙げられます。

仕事内容自体を楽しむというのは、小さな目標を立てたり仕事の過程を工夫することで達成できるでしょう。

逆に仕事内容以外の部分というのは、憧れの人を見つけることや小さな変化を楽しむことです。

日々の生活のどこで楽しみを感じられるか工夫してみましょう。

仕事が楽しくない理由が「人間関係」の場合

集団

人間関係が原因で仕事が楽しく感じられない場合は、自力で解決するのが難しいケースがほとんどです。

まずは上司または信頼できる人に相談してみましょう。

単なる愚痴と受け取られないよう、自分がどうしたいかや自力では解決が難しいことを具体的に伝えることが重要です。

場合によっては人事部やコンプライアンス委員会などに話を持ち込むのが有効なケースもあります。

仕事が楽しくないことが改善しない場合は?

考える女性

今までに紹介した対処法を実践し、それでも改善しない場合は転職を考えてもよいでしょう。

根本的に仕事内容や将来像が自分の求めるものと異なっている可能性があるからです。

その場合は自分一人で決めつけずに、転職エージェントなどの専門コンサルタントに相談することをおすすめします。

自分の持っているスキルや経験・適性をもとに、適切なキャリアプランを提案してくれるでしょう。

仕事が楽しくないことを理由に転職する時の注意点

ポイント

仕事が楽しくないことで結果的に転職する場合、注意すべき点があります。

「仕事が楽しくない」という転職理由は、一見してポジティブなものではありません。

なぜ楽しくないのか・改善するために何をしたかを踏まえ、次の職場ではどうなりたいかを明確にする必要があります。

それを軸にして転職活動を行うことで、次の仕事への具体的な目標となり、満足のいく転職となるでしょう。

 

ワンポイント
転職前に具体的な目標や目指す姿を明確にしておきましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

案内

転職を考える場合、社内の関係者に相談するのははばかられます。

しかし、身の回りに転職経験が豊富で自分の状況を踏まえたアドバイスが出来る人というのもなかなかいないでしょう。

そのような時は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

プロのキャリアアドバイザーがこれまでの経験から適切なアドバイスやノウハウを提供してくれます。

もちろん相談したからといって必ず転職しなければならないという決まりはありません。

第三者の目線で客観的なアドバイスをもらってから、改めて転職について現実的に考え直すのも一つの方法です。

まとめ

パソコンを操作する女性

「仕事が楽しくない」と感じること自体は決して悪いことではありません。

その気持ちを抱くことで、現状を改善するためのヒントを見つけるきっかけになるからです。

自分の感情を受け入れて冷静に改善点を洗い出し、自分にとって快適な環境を作ることに意識を向けましょう。

悩んだら一人で抱え込まずに、信頼できる人やプロに相談することで見えてくることもあります。

今後の人生を楽しく過ごすためにも、ぜひ一歩踏み出しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら