ITエンジニアと聞くと男性が多いイメージがありますが、近年は女性のエンジニアの需要が増えているようです。

大きな理由として時間・場所・服装の制限が少ない場合があることや結婚後も在宅での勤務が出来ることなどがあります。

今回はITエンジニアがどのような仕事を行うのかを具体的に解説していきましょう。

ITエンジニアの仕事内容

女性

ITエンジニアはあくまでも総称で、その中には様々な職種が含まれています。

具体的にはシステムエンジニア・プログラマー・サーバーエンジニア・ネットワークエンジニアなどです。

これらはそれぞれ担当する部分が異なるため、それぞれ仕事内容も変わってきます。

また、今回はこれに加えてデータベースエンジニア・セキュリティエンジニアについても触れていきましょう。

ITエンジニアの具体的な仕事内容

パソコンを操作する女性

ITエンジニアという職種に対してなんとなく難しいイメージをもってしまう方が多いと思います。

また、周りにエンジニアが居ない方はイメージもつきにくいでしょう。

今回はITエンジニアが具体的にどのような仕事内容なのかをわかりやすく説明したいと思います。

システムエンジニアの仕事

システムエンジニアはソフトウェア開発において監督的な立場となります。

クライアントにヒアリングを行い、そこから要求に応えられる仕様のシステムを開発していくのが主な業務だといえるでしょう。

クライアントに1番近いエンジニアとしてクライアントの要望を的確に理解して開発を計画しプログラマーに伝える仕事です。

開発現場では、実際に開発に携わる様々な人材のマネジメントも行い、現場をコントロールします。

そのため、ソフトウェア製作の技術だけでなくコミュニケーション能力やマネジメント能力も求められる職種です。

プログラマーの仕事

ポイント

プログラマーはシステムエンジニアが設計したシステムやソフトウェアをプログラム言語を使用して実際に作っていく職種です。

プログラミング技術はもちろんのことシステムエンジニアからの内容を理解し、修正が必要な場合はそれも行うこととなります。

また、サーバーエンジニアとも連携を取り合いながら仕事を進めていきます。

サーバーエンジニアの仕事

サーバーエンジニアは名前の通り、システムを利用するパソコンのサーバーの構築や運用保守を担う仕事です。

もしサーバーにトラブルがあった場合は原因を探し出し、復旧作業なども行います。

そのため、サーバーの構築や運用保守に関する専門技術が必要です。

近年はクラウドサーバーも利用されることが多くなったため、クラウドに関する知識も必要となっています。

ネットワークエンジニアの仕事

ネットワークエンジニアはコンピューターネットワークの運用・保守・構築を行います。

システムを動かすには快適なネットワーク環境が必要不可欠です。

そのため、そのネットワーク環境を構築し保守することは大変重要な業務だといえます。

セキュリティやOS・サーバーなどに関しての幅広い知識が必要とされるでしょう。

データベースエンジニアの仕事

相談

データベースエンジニアはデータベースの開発・設計・運用・管理を行う職種です。

クライアントの情報システムを支える重要な職種ですがデータベースを専門に扱うエンジニアは少ない傾向にあります。

クラウド化が急速に進んでいる影響もあり、今後需要が高まるとされています。

セキュリティエンジニアの仕事

セキュリティエンジニアは情報セキュリティを専門にするエンジニアです。

また、セキュリティに配慮したシステム設計やサイバー対策も行います。

会社が機密情報を扱う上でセキュリティというのは大変重要なものです。

もしセキュリティが脆弱であった場合、機密情報漏洩などの問題に発展する可能性があります。

ITにおいてセキュリティというのは常に強化していくべきものなのです。

開発の流れや行程や仕事の進め方

外回りする社員

料理に行程があるようにシステムの開発にも行程があります。

開発の行程は以下の通りです。

  1. 要件定義
  2. 詳細設計
  3. プログラム設計
  4. プログラミング
  5. プログラムテスト
  6. 結合テスト
  7. 運用テスト

要件定義では開発するシステムにどのような要素を盛り込みたいかを考えます。

その後の詳細設計ではユーザーインターフェースを設計し、その後プログラミングの設計を行うこととなるでしょう。

ここまで終わると具体的にシステムをプログラミングしていきます。

プログラミングが完了した後は、各種テストを行うことになるでしょう。

テストはそのシステムが不具合なく動くかを確認する大変重要な行程です。

ここまで問題がなければシステムを運用していくことになります。

 

ワンポイント
行程に沿って開発を行うことで安定して運用できるシステムを作ることができます。

ITエンジニアに求められるスキルは

事務職の女性

次はITエンジニアに求められるスキルとは一体何なのかを解説していきます。

今回は大きく分けて4つのスキルを中心にご紹介していきましょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力はどの業界でも必要不可欠な能力です。

ITエンジニアは常にクライアントと接しているわけではありません。

しかし開発現場ではチームで1つのものを開発していくこととなります。

そのため周囲とのコミュニケーションは欠かせません。

もし意思疎通がしっかりできていなければ思わぬ不具合につながる可能性があります。

そのためITエンジニアにとってコミュニケーション能力は重要だといえるでしょう。

プログラミング技術

プログラミング技術は専門的な技術であり、ITエンジニアとして働く上で必要不可欠なものです。

ただし未経験者の場合は働きながら習得していくことになるかと思います。

その際、コンピューターでの仕事となりますのでコンピューターの使用に慣れている方は飲み込みが早いと考えられるでしょう。

転職活動でもその点をアピールすると効果的です。

マネジメント能力

OKサインを出す女性

ITエンジニアにはマネジメント能力も求められます。

この職種におけるマネジメント能力とはプロジェクト全体を見てチームの進行状況や様々な問題把握し管理する能力です。

特にシステムエンジニアはプロジェクトのマネジメントも行うことがある職種であるため、この能力が重要となるでしょう。

プロジェクトを先導する立場にいる場合、マネジメント能力がなければプロジェクトを成功させるのが難しくなってしまうでしょう。

スケジュールやチームのメンバーがそれぞれしっかりと開発に取り組んでいるかなど、視野を広く持って管理する必要があります。

文章作成能力

開発から運用までの間、さまざまな計画や構築があります。

時には修正をすることもあるでしょう。

その際、内容をチームで共有しよりよいものを作り上げるためには伝わりやすい文章作成能力も必要となります。

チームの誰にでも伝わり、誤解のないような文章作成能力があると重宝されるでしょう。

 

ワンポイント
・コミュニケーション能力は開発現場で重要視される
・プログラミング技術はITエンジニアとして働く上で必要不可欠
・プロジェクトを成功させるためにはマネジメント能力が重要になる
・チームに設計や計画を共有するためには文章作成能力が必要

ITエンジニアに向いている人の特徴

女性提案

それではどのようなタイプの人が向いているのでしょうか。

年齢や性別にとらわれる事なく、人としてどのようなタイプの人が向いているのか、その特徴を考えていきたいと思います。

ITに興味がある人

ITに興味がある人は、ITエンジニアに向いているといえるでしょう。

もしITに興味がなければ知識やスキルを習得していくモチベーションを保つことができません。

興味がないことだと続けることが苦痛になってしまいます。

ITエンジニアにおいてITに興味があるという特徴は1番重要視すべきものだといえるでしょう。

技術トレンドに敏感な人

ITエンジニアとして働く上でITに関する幅広い知識や技術は欠かせません。

時代の変化と共に次々に新しい技術が生まれるため、トレンドに敏感な人は大きな力となるはずです。

目まぐるしく変わる世の中で求められるものは日々変わっていきます。

そのためITエンジニアも技術のトレンドを敏感に察知する能力が必要でしょう。

コミュニケーション能力に自信がある人

女性電話

コミュニケーション能力が高いことに自信があることは大切です。

要件定義の段階でクライアントにヒアリングをする際、どのような製品を望んでいるかをしっかりと聞き出す必要があります。

その際、コミュニケーション能力がなければしっかりとしたヒアリングは難しいでしょう。

また、チームのメンバーと協力して1つの製品を完成させるためにもコミュニケーション能力は大切です。

コミュニケーション能力に自信があれば積極的に周囲と交流することができます。

自信があることによって周囲もポジティブな印象を受けるでしょう。

 

ワンポイント
・ITに興味があると仕事へのモチベーションを保てる
・技術トレンドに敏感な人はITエンジニアとして重宝される
・コミュニケーション能力に自信がある人材は周囲にポジティブな印象を与えられる

ITエンジニアの年収って

女性

仕事を選ぶ際や、転職する際に年収がどれくらいになるのかは重要な情報の1つです。

エンジニアの平均年収は550万円程度となっております。

全職種平均が450万円程度であるため、100万円程度上回る結果になりました。

エンジニアは専門技術が求められる職種であるため、年収も高い傾向にあるようです。

ITエンジニアのやりがいや魅力って

女性

ITエンジニアは直接的に開発に携わる職種であるため製品を納品することでその達成感を感じられます。

納品後の運用されたシステムを見たりクライアントが満足してくれたりすることでやりがいを感じられるでしょう。

また、セキュリティ関係では未然にサイバー攻撃を防ぎ安全に運用出来ていると、やりがいを感じ自信にもつながるでしょう。

何よりチームで一つのプロジェクトを成し遂げた時の達成感は何にも変えられない経験を得られることと思います。

また、自身のスキルを活かせる仕事なので今後手に職をつけるといった面でも魅力的です。

女性の中には結婚・出産を経験される方もいます。

エンジニアだと結婚・出産後もそれぞれのペースで仕事を続けたり再開したりすることも可能です。

女性にとってはとても魅力的な職種だといえるでしょう。

 

ワンポイント
・ITエンジニアは開発した製品を納品することでやりがいを感じられる
・ITエンジニアは手に職をつけられることが魅力

ITエンジニアは未経験でも目指せる?

ポイントを説明する女性

IT業界は人手不足が深刻で未経験者を募集する求人も多く出されているため、未経験者でも転職は可能でしょう。

最初は補助作業をしながら周囲のエンジニア達の姿や仕事の様子を見ながら知識を増やしスキルを身につけ学ぶという道もあります。

独学でITエンジニアとして必要な知識を学べる他、スクールに通いながら学ぶことも可能です。

また単発のセミナーを行っているところもあります。

学ぶキッカケは様々ですが、まずは1歩踏み出すことで自然と道が開けてくることでしょう。

ITエンジニア未経験である場合には自己分析を行うと今までの自身の経験を転職でアピールしやすくなります。

転職ではこれまでに培ってきた能力・スキル・価値観などを明確にすることが大切です。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ビジネスウーマン

もし転職活動に関して相談したいことがある場合には転職エージェントを活用してみましょう。

エージェントは転職のプロフェッショナルとしてあなたの転職活動をサポートしてくれます。

面接対策はもちろん、非公開求人の紹介もしてくれるため自分の条件に合う求人を見つけやすくなるでしょう。

転職活動というのは自分だけでは客観的な意見を取り入れることが難しいものです。

そのため転職エージェントを利用すれば、客観的かつ専門的な意見を聞けるため適切な転職対策が行えるでしょう。

この機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

スーツ姿の若い女性

今回はITエンジニアの仕事内容について解説してきました。

ITエンジニアというのはITに関する専門知識が求められる職種ですが、未経験でも転職できないわけではありません。

しっかりと業界研究を行えば、未経験歓迎の求人などに応募して内定を得ることは可能です。

新しい1歩を踏み出したいと考えている方にはITエンジニアというのは大変おすすめの職種になっています。

ITエンジニアへの転職を検討している方は今回の記事を参考にしていただければ嬉しいです。

また、もし転職活動で悩んでいることがある場合には転職エージェントの利用を検討していただければと思います。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら