システムエンジニアが転職活動をするとき、職務経歴やスキルシートをまとめるのは比較的スムーズにできる方が多いようです。

それに対し、志望動機を書く際は悩む方が多い傾向にあります。

悩んだ末に同じような内容を使いまわしてしまうこともあるようです。

そんな方に向けて今回はシステムエンジニアの志望動機を書くために必要なポイントと志望動機の例文をご紹介します。

Contents

システムエンジニアの志望動機の書き方

案内

始めにSEの転職志望動機の傾向と目標とすべき志望動機について考えていきます。

SEの転職活動は志望動機が薄い傾向

IT業界は転職が多い傾向にあります。

そのためシステムエンジニア・プログラマーの方は転職活動をハードルが高いものだと思わない方も多いようです。

IT業界は転職活動をする際に企業よりも業務を重視される傾向があり、志望動機が薄い状態で応募する方が少なくありません。

志望動機が薄いと、採用に結びつきにくくなります。

何故その会社に入りたいのかを明確にするよう心がけましょう。

納得感や期待感を抱ける志望動機がベスト

志望動機として、特定分野や案件へのこだわりが強すぎるとマイナス評価になる可能性があります。

「この仕事しかやりたくない」という人材はあまり好ましくないと考える企業は少なくありません。

志望動機では志望企業が求める人材像とご自身の経験・スキル・適性などがマッチしている点をアピールすることが大切です。

客観的な視点をもって具体的な実務経験を挙げていくと、合理的かつ説得力のある文章を書くことができ好印象につながります。

志望動機には正解があるわけではありません。

そのため人事担当者が納得感や期待感を抱く内容にすることを目標にしましょう。

 

ワンポイント
・志望動機が薄いと採用に結びつきにくい
・志望企業が求める人材像と自身の経験・能力がマッチしていることをアピールする

SEの志望動機を書く前に求めている人材像を把握しよう

女性

企業の採用活動には必ず求める人材像があります。

志望企業の募集要項をしっかり確認して、その企業がどのような人材を求めているのか把握しましょう。

そして求められている人材像とご自身を比較してマッチしている部分とミスマッチな部分を探します。

システム導入のフィット&ギャップ分析のように、客観的にチェックしてください。

ミスマッチがあってもそれを補うだけの評価ポイントがあれば、採用に至る可能性は充分にあります。

これらが志望動機を書くための材料になります。

 

ワンポイント
求める人材像にマッチする部分をアピールする。

システムエンジニアに求められる適性は

パソコン

システムエンジニアに求められる適性とはどのようなものでしょうか。

分かりやすい項目としては以下のような要素が挙げられます。

  • 論理的な思考力と理解力がある
  • 地道な作業が苦にならない
  • 効率化や改善することが好き
  • 変化を恐れない
  • 新しい知識の吸収を楽しめる
  • コミュニケーション力がある
  • ITやコンピュータが好き

未経験からSEへの転職をめざす方や経験が浅い若手プログラマーの方などは適性が評価のポイントとなります。

しっかり自己分析をしてこれらの資質がご自身にあてはまっていることを具体的に説明できるようにしましょう。

 

ワンポイント
適性をアピールすると好印象を与えられます。

志望動機を印象よく伝えるために

ポイント

志望動機を印象よく伝えるには何よりもポジティブな姿勢であることが大切です。

その上で伝えたいことを明確かつ簡潔にしていくようにしましょう。

「なぜ」と「何を」をおさえる

志望動機を通して企業側が知りたいのは「なぜうちの会社に応募したのか」「入社後にどのような活躍が期待できるか」という点です。

この「なぜ」と「何を」を満たすことで納得感・説得力のある志望動機になります。

「なぜ」に応えるのが志望理由で「何を」を裏づけるのが実務経験やスキルということです。

未経験なら「興味・関心」「意欲」を伝える

オフィスでパソコンを持つ女性

アピールできる経験がない未経験者は、興味・関心・意欲を積極的に伝えましょう。

興味・関心はSEに必要な適性であり、伝え方次第でアピール材料になります。

興味・関心を伝える際にも、「なぜ」をおさえることが大切です。

単に「興味があります」と書くのではなく、「どのような部分に」「どうして」興味・関心を持っているのかを具体的に書きましょう。

企業側では、その説明を通して論理性や志向性が読み取れます。

「知識」「経験」は要約・整理して伝える

「知識」「経験」については詳しく書きたくなるものです。

しかし志望動機の目的は「知識」「経験」の説明ではありません。

人事担当者を多数の応募書類に目を通しますので、冗長で分かりづらい文章が評価されることはありません。

企業側が求める人材像にマッチしている部分や特にアピールしたい部分だけにフォーカスしましょう。

箇条書きなども使って整理すると、より伝わりやすくなります。

志望動機を書く時のポイント

目線を外した女性

志望動機のテンプレート化することは避けましょう。

どの企業にもあてはまる内容は、どの企業にも刺さらないからです。

次は志望動機を書く時のポイントをご説明します。

実務経験は具体的に記載

志望動機に結びつく実務経験が記載されていると経験をアピールできると同時に志望動機に説得力が増します。

実務経験を具体的に記載し、それを活かすために志望するという形で結論づけると効果的です。

志望理由は企業の特徴をふまえて明確に

女性

求職者の立場からは転職活動と一括りに考えがちです。

しかし、そもそも志望動機とは入社を希望する理由を指す言葉です。

そのため会社が違えば志望理由も異なると考えられます。

その会社の事業内容や特徴が、志望理由となるのが自然です。

主に待遇面に魅力を感じている場合でも志望動機で会社の特徴に触れていると、志望企業への理解度のアピールになります。

また、志望動機で明確な理由づけができるレベルまで志望企業を分析しておけば、入社後のミスマッチも減らせるでしょう。

活躍が期待できるような将来のビジョンをアピール

企業は採用した人材はできるだけ長く活躍してほしいと考えています。

採用にはコストが関わってくるため企業にとっては切実な課題です。

応募者の将来のビジョンが明確であれば会社と応募者の将来のベクトルを確認しやすくなります。

これは企業にとって期待や安心材料につながります。

特に女性の場合は結婚・出産という私生活の変化が離職につながるケースも少なくありません。

そのため長期的に働くビジョンをアピールすることをお奨めいたします。

 

ワンポイント
・実務経験を明確にすると説得力が増す
・企業が変われば志望理由も変わる
・将来のビジョンをアピールすると好印象

企業タイプ別志望動機の例文をチェック

パソコンを使う女性

企業の事業内容や状況によって、人材ニーズや重視するポイントは異なります。

企業タイプ別に、志望動機の例文をチェックしてみましょう。

自社サービスを提供している企業

人材ニーズによりますが、企業は自社サービスへの貢献を期待しています。

志望動機にも、志望企業のサービスの特長や強みを具体的に盛り込めると印象が良くなるでしょう。

以下、例文になります。

「広く利用されるサービスを支える仕事がしたいという想いから、貴社の求人に関心を持ちました。

他社にはない貴社サービスの強みに、将来性、成長性を感じております。

これまでに培った○○の経験を活かして、貴社サービスを支える一員になりたいと考え、志望させていただきました」

様々な企業向けにシステムを開発している企業

受注形態によりますが客先常駐のプロジェクトが多い会社は社員の帰属意識が薄くなりがちで社員の定着率にも影響します。

そしてそれが人事担当者の悩みとなっている場合もあります。

人事担当者の悩みの原因でもある、様々な企業のシステム開発に携われる点に魅力を感じていることを伝えましょう。

以下、例文です。

「システムエンジニアとして今後も多くのプロジェクトで経験を積み、スキルアップしていきたいと考えております。

貴社の豊富な開発実績とクライアントの多様性に魅力を感じております。

貴社では様々なプロジェクトに関わる機会があるのではないかと考え、志望させていただきました」

設立間もない企業

設立して間もない企業の多くは全体的に人材が不足し、社内のしくみや制度も整っていません。

そのような環境で足りない部分に不満を感じるだけでなく、改善のために提案できる人材をより高く評価する傾向があります。

以下、例文になります。

「貴社のビジョンや事業に、将来性を感じております。

即戦力のSEとしてだけでなく一社員としても、積極的に会社の成長につながる提案をしていきたい所存です。

貴社の発展と自分自身の成長を重ねていけるよう努力いたします」

上記のように企業の明るい未来を築ける人材であるということをアピールすると良いでしょう。

経験の有無別志望動機の例文

女性

実務経験の有無によっても志望動機は変わります

SE経験者でもキャリアチェンジを目指して転職する場合、未経験分野に挑戦することになります。

そのため、その点を考慮して志望動機を考えるようにしましょう。

システムエンジニア経験者

経験者の志望理由は「現職での経験を活かせる」もしくは「現職ではできない経験を求めている」のどちらかになります。

志望企業が求める人材像に対してご自身の経歴でマッチする部分と将来の目標や希望をアピールできると好印象です。

また、人材像と実務経験にミスマッチがある場合はフォローしておくとよいでしょう。

以下、例文です。

「貴社の業務で、SEとして経験した技術を即戦力として活かせると考え、志望させていただきました。

貴社業務を通して○○分野の経験を積み、この分野のスペシャリストをめざしたいと考えております。

××については実務では未経験ですが、独学で知識の習得を進めておりますので支障なく業務に就けると考えております」

このように今持っている技術が業務に活きるという点をアピールしましょう。

システムエンジニア未経験者

考えるビズネスウーマン

未経験者のSE採用では、意欲や人物評価が重視される傾向があります。

志望動機は意欲の裏づけとなる内容が望ましいです。

以下、例文となります。

「チーム単位でシステムを作りあげるというシステム開発の仕事に魅力を感じ、システムエンジニアを志望しています。

現在、プログラミングを勉強しておりコードが正しくないと動作しない難しさと思い通りに動いたときの喜びを日々感じております。

その中でますますシステム開発に携わりたいという気持ちが強くなりました。

自分自身の緻密な作業が続けられる根気強さ、新しい知識の習得を楽しめるところはSEに向いていると考えております」

企業側はSEとして育成できる人材かどうかを見極めようと考えています。

資格取得やプログラミングなどの勉強をしている場合は積極的にアピールしましょう。

システムエンジニアの志望動機のNG例

女性

自身に悪気はなくても志望動機の書き方次第で、志望企業にネガティブな印象を持たれてしまう場合があります。

次は志望動機のNG例をご紹介していきましょう。

志望動機が曖昧

どの会社にもあてはまるような曖昧な志望動機では、印象に残らず、熱意も伝わりません。

また、志望動機を読み慣れている人事担当者には、使いまわしていることを見抜かれます。

以下、例文です。

「貴社事業の将来性に関心をもち、志望させていただきました。

貴社の業務で、これまでに培った経験が活かせると考えております」

「志望動機を書く時のポイント」でも記述していますが志望企業の特徴や求められている人材像をふまえた志望動機を書きましょう。

依存心が強い印象を与える

会社の制度などを前提に能力を発揮できるという姿勢から、依存心が強いという印象を与える可能性があります。

以下が例文となります。

「貴社の充実した教育制度に魅力を感じ、志望させていただきました。

前職では業務多忙のために自己啓発に時間を割くことができず、思うようにスキルアップできない環境でした。

貴社のような環境でこそ、SEとしてスキルアップし能力を発揮できると考えております」

企業が求めるのは会社を支える人材であり、会社に依存しそうな人材は敬遠されます。

また、ネガティブな形で前職を引き合いに出すのも避けた方がよいでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ガッツポーズ

履歴書やエントリーシートの志望動機をどの程度まで重視するかは、実は会社によってかなり差異があります。

志望動機を選考基準として重視する会社もあれば、参考程度に留める会社もあるということです。

転職エージェントのサービスは、募集企業をご紹介するだけではありません。

選考で重視されるポイントから応募書類の作成や面接対策など、客観的な視点でアドバイスします。

転職のご相談には転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

書類を手に持つ女性

今回はシステムエンジニアへの転職活動で苦労する志望動機の書き方についてご紹介しました。

志望動機を見つめ直すことは、志望企業への理解を深めることでもあります。

曖昧な志望動機しか書けない状態で企業をまわっても良い結果を出せる可能性はあまり高くありません。

志望動機をしっかり書くことを通して、転職活動を充実させていきましょう。

また、転職活動で困ったときにはぜひ転職エージェントにご相談ください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら