広告業界は華やかなイメージがあり人気の高い業界の1つです。

広告業界へ憧れを持ち、広告営業への転職を目指している女性も多いことでしょう。

憧れの業界で働くためには転職活動を成功させる必要があり、成功のカギを握るのが志望動機です。

自分のスキルや熱意が伝わる志望動機の書き方を解説します。

広告営業の志望動機の書き方

女性

志望動機は、書類選考及び面接において応募者が考えている以上に重要視されています。

志望動機では志望理由だけでなく経歴や実績を交えつつ、長所と意欲を強調して将来性を感じさせるように作成しましょう。

ただ志望した理由を述べるだけでは、採用担当者の心を引きつけることはできません。

この人の話を聞いてみたいと感じさせる志望動機を目指すことが大切です。

そのためには押さえるべきポイントや注意点があります。

効果的な志望動機になるのかを解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを掴もう

 

志望動機でアピールすべきこと

まず志望動機は採用担当者に注目されることが重要です。

そのためには、しっかりと相手に伝わるように自己アピールしましょう。

志望動機でアピールすべきことを解説します。

コミュニケーション能力

相談

広告営業は営業職のため高いコミュニケーション能力が求められます。

そのため営業経験のある方は、その経歴を強くアピールすることが重要です。

役職などの肩書きよりも、実績や営業で心がけていることなどから即戦力として働けることを強調していきましょう。

営業未経験者の方はコミュニケーション能力の高さをアピールしましょう。

コミュニケーション能力をアピールするエピソードが浮かばないという人もいるかもしれません。

その際には日常の人と関わる場面を思い浮かべてみましょう。

接客業やボランティア活動の経験・会社での社員との関わり方で心がけていたことなどから自己アピールする方法もあります。

行動力

キャリアウーマン

経験や実績があっても行動力が伴わないと意味がありません。大事なのはフットワークの軽さです。

物怖じせず直ちに行動に移せることと、健康である事を強くアピールしましょう。

広告業界は常にトレンドを把握し、時にはトレンドをつくりだす業界です。

そのため世の中のあらゆる情報を収拾し、仕事のチャンスへと活かす行動力が求められます。

SNSが浸透しインターネット広告などが増加している中で、トレンドを察知する能力が高く評価されます。

情報感度の高さとともにそれを活かそうする行動力の高さをアピールするとより効果的な志望動機になるでしょう。

志望の動機と熱意

志望動機では何故その企業を志望したのかを明確にしましょう。

同業他社からの転職であれば、採用担当者にすぐ理解してもらえるかもしれません。

しかし異業種や専業主婦からの転職などの場合は、容易には理解してもらえないでしょう。

志望動機を明確にするには企業研究が欠かせません。

必ず、志望する企業の社風や特色・職種をリサーチして、自分自身の言葉で伝えるようにしましょう。

さらに大事なのは熱意を伝えることです。

経験者・未経験者を問わず、熱意のない表面上の定型文だけでは採用担当者に見抜かれてしまいます。

自分がどのような気持ちで取り組んでいきたいのかをアピールしましょう。

 

ワンポイント
広告営業に求められるスキルと仕事への熱意をアピールしよう。

広告営業の志望動機を考えるポイント

志望動機でアピールすべきことが分かっても、伝え方によってはその効果は変化してしまいます。

志望動機を具体的に伝えるために考えるべき重要なポイントをみてみましょう。

なぜ広告営業なのか

女性

志望動機では何故、広告業界を目指しその中でもなぜ広告営業を志望したのかを明確にする必要があります。

単純に興味を持ったからという方もいるでしょうが、それだけでは書類選考通過も難しいでしょう。

「求人広告に惹かれたから」「テレビCMに携わってみたい」などきっかけは様々に考えられます。

大事なのは、きっかけとなった媒体についてリサーチし、今後、自分がどの様な姿を目指していくかをイメージすることです。

広告業界は華やかなイメージがある一方で激務で大変なことの多い業界でもあります。

それも理解した上で、それでも広告営業を目指す理由を明確にすることが大切です。

自分の惹かれた媒体をイメージすることで、オリジナリティのある内容が考えられるはずです。

入社後にどう活躍したいか

採用担当者は目標を持っている方に注目する傾向があります。

必ず入社後に自分がどう活躍したいのかという展望を伝えましょう。

入社後の展望を伝えることで、採用担当者の中で応募者の働く姿がイメージしやすくなります。

それにより応募者のアピールしているスキルが企業の中でどう活かせるかイメージが掴みやすくなるでしょう。

ただし、入社後の展望が業界や職種への表面的なイメージしか描けていなければ業界研究の甘さを見抜かれてしまいます。

自分が活躍するイメージをするためには、業界研究・企業研究が欠かせません。

 

ワンポイント
自己分析・業界研究・企業研究を徹底して行おう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


広告営業に必要なスキルと資格

今まで述べてきたように、ただ仕事に就きたいという気持ちだけでは面接さえしてもらえません。

広告営業に必要な知識を学ぶことが重要になります。

広告業界の知識

パソコン作業をする女性

広告営業を目指すなら、広告業界に関する知識は必須知識といえるでしょう。

広告業界には様々な規模の広告代理店があり、様々な種類の広告を発信しています。

広告代理店とは、広告を必要とする企業とそれを発信するメディア関連の運営企業を結びつけています。

代表的な広告代理店といえば、あらゆるメディアに精通する総合広告代理店である「電通」や「博報堂」です。

またwebなどを専門とする専門広告代理店・親会社の広告を専門に扱うハウスエージェンシーなどもあります。

これらの分類や代表的な企業などは基礎知識として身につけておきましょう。

さらに業界の歴史や動向などの知識も押さえておくべき知識です。

メディアの知識

広告は様々なメディアを駆使しして発信されるものです。

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・Webなど発信するメディアは多岐にわたります。

媒体ごとにターゲット層やどのような広告が効果的なのかは異なり、媒体にあわせたアプローチが必要です。

広告営業はそのことを理解した上で営業活動を行うことが求められます。

そのため広告営業を志望する場合はメディアに関する知識も必要なのです。

営業経験

女性

広告を発信するためにクライアントとの窓口となるのが広告営業です。

そのため、営業経験というのは即戦力として大きな武器になります。

広告業界の営業経験者であれば実績によってはヘッドハンティングされる場合もあるでしょう。

どのような業界であってもクライアントとの関わり方など、営業職の基本は変わりません。

そのためこれまでの営業経験が広告営業として活かせる場面も多いでしょう。

スキルと資格

営業経験が無い方でも、必ず武器となる資格をいくつかご紹介します。

まずインターネットビジネスにおけるスキルアップには、ネットショップ実務士という資格がおすすめです。

またネットマーケティングの基本知識全般を学べる資格としてネットマーケティング検定があります。

さらに業種を選ばずマーケティング全般の知識を身につけるならマーケティング・ビジネス実務検定もよいでしょう。

これらの資格自体を取得していなくても、学んだ知識やスキルがあれば、広告営業において必ず大きな武器となります。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを掴もう

 

広告営業の志望動機を考える上での注意点

女性

志望動機でアピールすべきスキルや押さえるべきポイントを解説しました。

しかし中にはアピールできるスキルや実績がなく、書類では経歴や志望動機を盛って書こうと思う人もいるかもしれません。

その場合、書類選考は通過するかもしれませんが、面接時には矛盾が生じる可能性が高くなってしまいます。

その矛盾に気づかれたり、嘘だと思われてしまえば不信感を抱かれてしまうでしょう。

たとえ経験が無くとも嘘で塗り固めた志望動機よりは、本心で熱意を訴えた方が採用担当者の心を掴む可能性が高くなります。

この他に、経験者の方は実績をもとに即戦力であることをアピールしましょう。

未経験者の場合はこれから学ぶ意欲を強調し、成長力を自分の強みとして表現することを心がけることが大切です。

自分の得意なことや、徹底的にリサーチした情報を活かした前向きな目標を前面に推し出しましょう。

 

ワンポイント
志望動機ではスキルや実績をアピールしつつ前向きな姿勢を示そう。

広告営業の志望動機の例文をチェック

広告営業の志望動機の良い例文を紹介します。

広告営業経験者の例

面接

私は、インターネット広告を専門としている〇〇社にて広告営業に従事しておりました。

これまで健康飲料メーカーや大手物流会社などの広告も手掛けています。

一方で、様々な広告媒体を持つ貴社のような総合広告代理店に興味を持っていました。

貴社が主催するイベントに参加したことで幅広い広告に携わりたいという気持ちが強くなり、貴社への転職を決意したのです。

前職で得た知識とコミュニケーション能力を活かし、クライアントとの信頼関係を構築できるとも考えております。

現在、新たな資格習得に励んでおり、今後は更なる磨きをかけたスキルで貴社に貢献してまいります。

異業種営業経験者の例

私は、現在コンクリート二次製品のメーカーで営業職に従事しており、昨年は営業成績優秀者として社内表彰もされました。

私は広告業界へ興味を抱いたきっかけは広告やパンフレットを依頼している代理店が制作したインターネット広告です。

広告を通じて商品やサービスの価値を届ける仕事への魅力をより強く感じるようになりました。

そして、広告に惹かれて購入した商品の広告が貴社が手がけたものだと知り、貴社への求人応募を決意いたしました。

現場と顧客に出向くことが多く、フットワークの軽さとコミュニケーション能力には自信があります。

現在は、独学ですがマーケティング・ビジネス実務検定の取得にも励んでいます。

今後は広告の知識を身に付けながら、貴社に貢献できるように努めてまいります。

未経験者の例

私は現在、営業事務として従事していますが、以前よりインターネット広告などを手掛ける広告業界に興味がありました。

ネットショップ実務士の資格を所有するなど、独学ではありますが広告業界に関する勉強をしています。

貴社を志望したきっかけは貴社の制作したアクセサリーの広告に感銘を受け購入した商品が素晴らしかったことです。

私自身も素晴らしさを伝えられる広告に携わりたいと思い貴社を志望いたしました。

営業事務で培ったコミュニケーション能力とインターネットの知識については自信があります。

今後は更に広告業界の知識を学ぶとともに、未経験者ならではのアイディアを活かして貴社へ貢献してまいります。

広告営業の志望動機NG例

続いてNG例文を2つみてみましょう。それぞれの改善点も解説しているため参考にしてみてください。

広告営業経験者の例

面接

私は、インターネット広告を専門としている〇〇社にて広告営業に従事しておりました。

数多くのクライアントも担当してきており、営業職としては即戦力になれると思っております。

数多くのインターネット広告を拝見し、他の広告媒体にも興味を持ち、今回、貴社求人に応募させていただきました。

総合広告代理店という貴社の業務につきましては、よく理解しておりません

今後学びながら、新たな資格習得も視野に入れて、貴社に貢献していきたいと思っております。

未経験者(専業主婦)の例

私は、長く専業主婦として過ごしています。

子供の就職を機に再就職を考え始め、インターネット広告を運営する企業に興味を持ち、貴社求人に応募いたしました。

パソコンは常時使用しているので得意分野ではありますが、広告業界についてはまだ何も知りません

今後は、業界の知識を取り入れながら、新しいスキルを学んでいこうと考えております。

私は何処にでもすぐに出かけていけるフットワークの軽さには自信があります。

また、人見知りがちですが飛び込み営業などの新規開拓にも挑戦していきたいです。

何にでも直向きで真面目に取り組むことが出来るので、その姿勢を貫き貴社へ貢献してまいります。

NG例の改善ポイント

ポイント

営業経験者の例では、具体例を挙げずに即戦力と記し、志望動機についても理由が説明されていません。

更に「理解しておりません」というネガティブな言葉を用い、「~と思います」という不確定な言葉で結んでいます。

未経験者の例では、志望動機が興味を持ったというだけで、何故この企業なのかという事が説明されていません。

また「人見知り」と営業にとってはマイナスになるネガティブな言葉を用いています。

このように得意分野のアピールが足りなかったりアピールしていない志望動機では書類選考の通過も難しいでしょう。

また熱意が感じられず、将来性が見えてこないものも志望動機としてはNGです。

改めて、志望動機の書き方の注意点を押さえ、採用担当者の目に留まる様な文章にするように努めましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


広告営業への転職を成功させるために

パソコン作業をしながら説明する女性

広告業界は華やかなイメージとは裏腹に、過酷な業界でもあります。

しっかりと業界についてリサーチし、本質的な部分を見極め「必要とされている人材」をよく考えることから始めましょう。

そして、自己分析を深め「やりたいこと・興味のあること」と「自分に出来ること・活かせるスキル」を擦り合わせましょう。

それによって必要とされている人材に近づくために何をしなければならないかを考えることが大切です。

そして熱意と意欲を前面に押し出し、目標や理想像を具体的に記載すればオリジナリティに溢れた文章が出来上がります。

 

ワンポイント
企業や業界への漠然としたイメージだけで志望動機を考えないようにしよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

慣れない業界への転職には不安がつきもので、自分1人では解決できない悩みが多く出てくるでしょう。

そんな時は、プロである転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントに志望動機の書き方や面接対策などの相談に乗ってもらうことも可能です。

相談を進めるうちに自分では考えたこともない自分の強みやアピールポイントに気づくこともあるでしょう。

履歴書・職務経歴書の添削をしてもらえる上、アドバイスも頂けます。

転職活動に悩みを抱えている場合はぜひ転職エージェントの利用を検討してみてください。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

女性

今回は広告営業の志望動機の書き方を解説しました。

志望動機は書類選考の時点で自分をアピールするために重要なものです。

志望動機を作成するには、経験や資格とスキルを具体的に記し、その職種や企業を選択した理由を明確にすることが重要です。

また熱意と意欲を示して入社後の展望を自分の言葉で伝え、より効果的に自分をアピールして転職成功を目指しましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!