高い品質のモノがあふれている現代、豊かな生活を「生産管理」の仕事が陰で支えていることをご存じでしょうか。

生産管理は実際に製品ができるまでの過程を管理し、品質を保った製品を社会に届ける生産のスペシャリストです。

あまり知られていない職種ですが、スキルと知識を駆使して日々の課題を解決する生産管理は未経験でも転職できるのでしょうか。

本記事では、責任のある生産管理の仕事に未経験で挑戦する方法や求人の探し方を解説します。

生産管理に未経験で転職する方法を解説

初心者の女性

生産管理と聞くと、作業着を着て暑い工場でのルーティンワーク…といった地味なイメージがあるでしょうか。

生産工程を適切に管理する生産管理の仕事は、製品が消費者に安全に届くように納期や品質を守るとても重要な仕事です。

様々な部署とのコミュニケーションを取りながら日々の課題を解決する仕事は、毎日が刺激的で働いている実感を感じられるものでしょう。

時代の流れを見ても、生産技術が進歩を遂げるモノづくりの現場において生産管理は必須の仕事になってきています。

そのような責任感と高い需要のある生産管理に、未経験から挑戦をするための準備を整えましょう。

生産管理へ未経験での転職は難しい?

悩む作業員女性

生産現場でラインの調整や生産工程を管理する生産管理は、専門的で未経験からの転職は難しいというイメージを持たれがちです。

実際のところ、専門的なスキルが必須ではない生産管理は未経験でも挑戦しやすい職種です。

理系のエンジニア職というイメージが強いですが実は文系出身の割合も高く、過去の経験やスキルによる有利不利も少ない仕事といえます。

以下では、そんな生産管理の転職事情をご紹介しましょう。

未経験求人の数

他の職種に比べ、生産管理の未経験求人の数は少ない傾向にあります。

その理由の一つには、生産管理の仕事があまり多くの人に知られていないことが挙げられます。

比較的知名度も低く人気も高いとはいえない生産管理の仕事は、求人サイトに掲載しても効果が出ないと思われるためです。

生産管理への転職を未経験で成功させるには、求人サイトのこまめなチェックや転職エージェントへの相談が必要になるでしょう。

女性が活躍する方法

工場での打ち合わせをする女性

生産管理の仕事は、工場での生産ラインの管理など一般的に男性的なイメージを持たれがちです。

しかし、実際の現場では女性も多く活躍しています。

生産管理は、生産ラインの最適化や効率的なコストカットを他部署と連携しながら実践します。

問題解決力やコミュニケーション能力が求められるため、女性の柔軟な思考や物腰の柔らかさは仕事の中で大いに役立つでしょう。

 

ワンポイント
生産管理の仕事は女性の未経験でも挑戦できます。

未経験で挑戦できる生産管理の特徴

ガッツポーズの作業員女性

未経験求人が少ない生産管理ですが、専門知識やスキルを必要としないため未経験でも転職を目指せる仕事です。

ここでは、生産管理の仕事の特徴をご紹介します。転職を考える前に、生産管理の仕事の概要をしっかりチェックしておきましょう。

生産現場の管理

生産管理の仕事内容を要約すると、製品が完成するまでの生産過程を整備し最適化する仕事です。

生産計画の立案から始まり、市場の需要予測・工程の管理・原材料の手配・コスト削減の検討などの業務があります。

様々なデータをもとに市場の需要を予測するマーケティング力や、生産ラインのマネジメント力など幅広いスキルが求められます。

需要の多い業界

生産管理はモノづくりを行う企業にとって無くてはならないな職種ですが、業界によって生産するものは大きく異なります。

企業探しする際には、需要が高い業界であるかを意識して確認しましょう。

中でも特に需要が多いとされているのは、アパレル業界や機械などの製造業です。

需要が多い業界ではそれだけ生産管理の求人も豊富ですので、未経験からでも転職しやすいといえるでしょう。

 

ワンポイント
モノづくりの現場で必要な生産管理への転職は、需要のある業界を狙いましょう。

生産管理の転職に有利な資格

パソコンに向かう女性

女性でも未経験転職を目指せる生産管理の仕事ですが、転職にあたって資格は必ずしも必要ではありません。

しかし、転職を確実に成功させるためには一つでも資格があれば有利になることも事実です。

さらに、資格を持っておけば将来のキャリアアップに役に立つ場合もあります。

生産管理としてのキャリアを考える人は、どのような資格を取っておけば良いのか確認しておきましょう。

ここでは特に生産管理の転職に有利、且つ仕事の中でも効果を発揮する資格をご紹介しましょう。

生産管理オペレーション

生産管理オペレーションは、生産工程での一連の管理業務の知識を証明する資格です。

レベル別に3級と2級に分かれていますが、3級では主に現場での全般的な作業工程に関する知識が問われます。

2級では管理者の立場としての幅広い知識が求められ、3級よりも実践的で専門性のある内容を学ぶことができます。

この資格で得られる現場でのマネジメント力やデータの分析力は、実際の生産管理の業務でも活かせるスキルです。

合格率は3級で約55%、2級で約32%とそこまで高くないため、合格を目指すのであれば専用の準備や勉強が必要になります。

生産管理プランニング

生産管理プランニングは、生産管理オペレーションと同様に生産管理の転職で有利になる資格です。

生産システムの設計・資材の調達・生産計画の立案など、生産管理オペレーションよりも「設計・計画」の部分に重点を置いている特徴があります。

この資格も3級と2級に分かれており、合格率は生産管理オペレーションと同程度です。

生産スケジュールの無駄を省いて納期を確保する生産プランニングは、消費者の手に渡る製品の納期や品質を守るスキルを証明します。

中小企業診断士

国家規格である中小企業診断士は、企業が経営に関して抱える悩みを解決するスキルを証明する人気の資格です。

難易度が高いといわれており、一次試験での合格率は3割程度、二次試験での合格率は2割程度となっています。

幅広い業界で需要の高い資格ですので、持っていれば自分の希少価値を上げられる資格です。

中小企業診断士はコンサルタント会社などで特に活かせる資格ですが、生産管理への転職でも大きな優位性を発揮するでしょう。

生産管理への未経験からの転職でのポイント

頑張る女性

女性も多く活躍している生産管理の仕事ですが、未経験からの転職も目指せる仕事であるのは前述の通りです。

確実に未経験転職を成功させるのに重要なのは、自分の過去の経験から生産管理に活かせる部分を見つけてアピールすることです。

ここからは、生産管理へ未経験から転職する際のコツやポイントをご紹介します。

志望理由を明確に伝える

特に未経験からの転職の場合、「なぜこの業界を選んだのか?」という志望理由を論理的に伝えることが必要です。

志望理由が曖昧になっていると、企業への熱意が伝わらず志望度が低いと評価されてしまうこともあります。

ここでポイントになるのは、できるだけ内容を具体的にすることです。

「どのようなきっかけで興味を持ったのか」、「なぜこの会社でなければならないのか」といった観点を分かりやすく伝えましょう。

業界研究や志望企業のことをしっかり分析したうえで具体的な志望理由を作れれば、意欲の高さをアピールできます。

過去の経験を棚卸

考える女性

生産管理への未経験からの転職では、「自分の過去の経験」をどれだけ「生産管理の仕事で役立つ経験」に見せるかが勝負です。

経験者に比べて現場での実践的なスキルが無い分、自分のこれまでの経験の「生産管理での活かし方」を明確にアピールしなければなりません。

「計画を立てて、進捗を管理した経験」「コミュニケーション能力が活きた経験」など、自分の過去の経験をできるだけ具体的に思い出しましょう。

採用担当者が特に注意して見るポイントは、応募者が将来どのように活躍できるのかという部分です。

自分の経験を生産管理のどのような業務に活かして、将来どのポジションで活躍するのかまでしっかり作りこんでおきましょう。

年代別の未経験転職の注意点

指をさす作業員女性

生産管理の仕事は専門スキルが必須ではないため、未経験からでも挑戦しやすい仕事といえます。

ただし、転職を目指す際の注意点は年代によっても異なります。

年代別のポイントをしっかり押さえて最適なアピールができれば、転職を有利に進めることができるでしょう。

20代からの挑戦

20代から生産管理へ挑戦する場合の選考の基準は、今できることや持っているスキルよりもこれからの成長の期待値で判断されます。

期待値を相手に感じさせるための一番の方法は、熱意を伝えて心を掴むことでしょう。

「なぜこの業界で働きたいのか」、「この仕事でどんな姿を目指すのか」などを明確に提示するのが効果的です。

小手先の資格や能力よりも、人間味が伝わりやすいようなアピールを心がけると良いでしょう。

30代からの挑戦

女性ポイント

30代から生産管理への未経験転職を目指す場合は、自分のスキルのアピールがより重要になります。

20代の転職よりも「即戦力」としての能力が見られるため、生産管理の業務で役立つ具体的な力を示さなければなりません。

生産管理の仕事を関連させてアピールできるスキルは下記の通りです。

  • コスト管理への意識
  • コミュニケーション能力
  • リーダーシップ
  • スケジュール管理の経験

このようなスキルの、生産管理の仕事での活かし方を重点的に表現するように心がけましょう。

 

ワンポイント
20代の未経験転職では熱意、30代ではスキルのアピールが重要です。

生産管理の未経験求人を探す方法

女性

未経験からでも転職を目指しやすい生産管理ですが、未経験歓迎の求人が少ないことは前述の通りです。

では、未経験でも挑戦できる求人を探すにはどのような方法があるのでしょうか。最初に思いつくのは、転職サイトで検索することでしょう。

もちろん、転職サイトをこまめにチェックすることも方法の一つです。

しかし実際に転職先の会社を選ぶ基準は、未経験から挑戦できる会社なのかということだけではありません。

会社の社風・企業理念や福利厚生など、様々な要素を踏まえて自分に合っている企業を見つけなければ長く働くことはできないでしょう。

そのような多くの条件を全て備えている求人を、転職サイトで自分の力で見つけるのは容易ではありません。

そこでおすすめなのが転職エージェントに相談することです。

自分の希望条件やプロフィールを伝えるだけで、適している求人をピックアップして教えてくれます。

未経験でも生産管理に挑戦できる理想の会社を見逃さないためにも、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

生産管理への未経験転職を成功させる応募書類

マルの札を持つ女性とパソコン

生産管理へ未経験での転職を成功させるためには、採用担当者の目に留まる応募書類を作成することも重要です。

ここでのポイントは、アピール内容よりもアピールの見せ方を工夫することです。

どんなに過去の経験が素晴らしくても、切り取り方や表現が良くないと評価される応募書類にはなりません。

特に選考のポイントとなる志望動機と職務経歴書作成のコツをお教えしましょう。

志望動機を書くポイント

志望動機を書き始める際には、まず志望している企業のことを事前に良く調べておきましょう。

チェックしておくポイントは、他の企業には無いその企業ならではの魅力です。

どの企業でも通用するような一般的な内容を書いてしまうと、企業に熱意が伝わらず悪い印象を与えてしまう危険もあります。

他の企業ではダメな理由を志望動機に盛り込めれば、「この人に会ってみたい」と採用担当者に思わせることが可能です。

職務経歴書を書くポイント

職務経歴書には、より具体的な経験を書き出すことが重要です。

特に自分の実績を表現する際には「昨年の売り上げ目標達成率140%を記録」など明確な数字を提示するように心がけましょう。

具体的な数字が示されないと評価の基準が曖昧で、努力の成果や結果が相手に正しく伝わりません。

そしてそれ以上に大事なのは、その経験をどのように生産管理に役立てるのかを明記することです。

生産管理は担当業務が広いため、自分のスキルを活かせる場面が必ずあります。

志望する企業の生産管理の仕事内容をしっかり時間を掛けて調べ、アピールできるポイントを探しましょう。

 

ワンポイント
未経験の応募書類では内容以上に、その「見せ方」も重要です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性,スーツ,ビジネス

ここまでで、生産管理の未経験転職のコツや応募書類作成のポイントを解説してきました。

その中でも共通して重要だったことは、「志望企業の研究」です。

未経験での挑戦の場合、スキルのアピール以外に熱意をストレートに伝えることが重要です。

相手の企業に好意をしっかり伝えるためには、事前に相手のことをよく知っておかなければなりません。

しかし、志望企業の研究といってもどう調べたら良いか分からなかったり、時間もなかなか取れなかったりする人も多いでしょう。

そんな悩みを解決するのが転職エージェントです。

企業研究をしっかり行った上で、面接の対策や応募書類の書き方などを適切にアドバイスしてくれます。

転職に悩む人の味方になって背中を支えてくれる転職エージェントに相談して、理想の会社を見つけましょう!

まとめ

作業着でガッツポーズの女性

応募者の分野を限定しない生産管理の仕事は、未経験からでも挑戦しやすいことが分かりました。

正直な所「人気が高い」とはいいづらい生産管理ですが、私たちが普段利用する製品の品質を守ってくれている大切なお仕事です。

モノづくりの現場に無くてはならない生産管理の仕事では、製品を社会に届けるという大きなやりがいを感じられることでしょう。

生産管理に挑戦して、日本のモノづくりを支える実感を持ちながら働いてみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら