ものづくりに興味がある女性にとって生産管理の仕事は魅力に感じるのではないでしょうか。

しかし「男性の仕事のイメージ」「きつそう」という印象をもつ女性もいるでしょう。

今回はそんな生産管理の仕事内容や向いている女性の特徴を詳しく解説していきます。

生産管理の仕事内容を解説

考える女性

生産管理の仕事と聞くとどのような印象を持つでしょうか。

「工場の司令塔」「何となく大変そう」「やりがいがありそう」など様々なイメージがあります。

生産管理の仕事は生産活動がスムーズに進むように計画・管理をするのがメインです。

ものづくりの工程の全体を見渡す仕事なので司令塔のような存在といえるでしょう。

しかし一言で生産管理といってもその仕事内容は多岐にわたります。

その分やりがいもあり大変な面もたくさんある仕事です。

今回はそんな生産管理の仕事内容について詳しく解説していきます。

生産管理に向いている女性の特徴についてもご紹介するのでぜひ読み進めてくださいね。

生産管理の具体的な業務内容をチェック

虫眼鏡、作業着の女性

生産活動を効率よく進めるのが生産管理の役割です。

それでは具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。

生産管理の業務内容を詳しくチェックしていきましょう。

需要の分析・予測

データ分析

工場ではただ生産できるだけ生産すればいいのではありません。

たくさん生産しても売れ残ってしまうと企業にとって損害になるからです。

しかし需要があるのにもかかわらず生産数が少ないとどうなるでしょうか。

製品を購入したいという顧客が何週間・何か月と待たないといけない状況になってしまうでしょう。

本当ならもっと売ることができるのに販売機会を失いかねないのです。

このような事態を避けて適切な生産数を確保するために生産管理は需要の分析・予測をします。

過去の需要や景気・季節・気候など様々な情報を元に需要を予測・分析するのです。

生産計画の設計

需要の分析・予測ができたら次は生産計画の決定です。

生産計画の設計の段階ではまず工場の生産能力を把握します。

そして生産計画として決める内容はこちらです。

  • いつまでにいくつ生産するか
  • 生産に必要な原材料は?
  • 仕入れる材料の数や仕入れ先
  • 仕入れまでにかかる日数の把握

これらのことを決めて製造開始から出荷までにどれくらいの期間が必要なのかを算出します。

すでに納期が決まっている場合は逆算して生産計画を設計することもあるでしょう。

生産コントロール

生産が始まったら生産コントロールをするのも重要な業務の1つです。

最初に設計した計画通りに進めばいいですが必ずしもそうとは限らないでしょう。

もし生産活動に遅れが出てしまうと納期に間に合わない可能性があります。

納期を守るのは当たり前という業界なので間に合わないと信用に関わるでしょう。

そのため生産計画からずれて遅れが生じるようなら見直しが必要です。

なぜ計画通りに進まないのか原因を探り計画を修正していきます。

また工程の進み具合にばらつきがある場合は仕事の振り方を検討する必要もあるでしょう。

品質管理

工場では生産数を確保して納期に間に合えばいいわけではありません。

不良品はないか品質の基準を満たしているかということをクリアしなければならないのです。

もし不良品が多いようなら生産計画の見直すこともあるでしょう。

ここでは生産管理と品質管理部門が協力して品質向上に努めることが求められるのです。

 

ワンポイント
 生産管理は生産活動がスムーズに進むように管理する仕事。

生産方式別の内容

作業着の女性

生産管理の仕事をする時に「生産方式」は必ず理解しておく必要があります。

この生産方式に合ったスケジュール管理や計画をすることで効率化を図れるからです。

ここでは生産方式別の内容をご紹介します。

ライン生産

ライン生産とは専用の工程をつくって連続した生産を行う方式です。

流れ作業のように製品がラインを移動して生産が進みます。

1つの製品をそのラインで完成させるというイメージです。

需要やクライアントからの要求量がある程度定まっている場合にライン生産が採用されるでしょう。

大量生産が可能な生産方式ですが、どこかの工程で遅れが出ると全体に影響するのがデメリットです。

セル生産

セル生産は1人または少人数のチームで行う生産方式です。

セルと呼ばれる少数チームで1つの製品の完成までを受け持ちます。

複数のセルがそれぞれの製品を担当するので多品種少量生産が特徴といえるでしょう。

ロット式生産

同じ製品をロット単位で生産する方法をロット式生産といいます。

1つの製品を完成させたら、次は別の製品の生産をするという方法です。

生産管理が設計した生産計画に基づいて生産が進んでいきます。

次の生産に影響が出ないように日程調整をしていく必要があるでしょう。

生産管理の仕事はきつい?

悩む女性

生産管理に仕事に興味をもつ女性もいるのではないでしょうか。

しかし生産管理の仕事は「男の仕事のイメージ」「きつそう」というイメージをもつ人も多いでしょう。

それでは生産管理の仕事で「きつい」と感じる人が多い部分をご紹介します。

市場予測の難しさ

生産管理の仕事の1つに需要の分析・予測があります。

この市場予測をもとに生産計画を設計するので重大な業務といえるでしょう。

しかしこの市場予測こそが生産管理の仕事が「きつい」と感じる原因でもあります。

データを分析するためのシステムなど分析手法が整っている企業もあるでしょう。

それでも分析・予測が外れてしまったり集計・入力ミスといったことが起こり得るのです。

また新商品の開発の場合は過去のデータを参考にできず予測が難しくなります。

生産管理の重要な仕事だからこそ責任が重く「きつい」と感じる人もいるでしょう。

品質トラブルへの対処

頭を抱える女性

生産の現場ではいつ・どこで・どのようなトラブルが起こるかわかりません。

順調に生産活動が進んでいたと思っても突然のトラブルに見舞われることもあるでしょう。

また工場のトラブルではなく原材料の仕入れ先や輸送中のトラブルということもありえます。

さらに、生産計画通りにできても品質に問題があっては出荷することはできませんね。

こういった突然のトラブルへの対処は生産管理の仕事となります。

品質トラブルが起こると生産計画の見直しや原因究明をしなければなりません。

納期に間に合わないようならクライアントへの対応も必要になるでしょう。

現場とクライアントと両方の対応に追われストレスを感じる生産管理の人もいるのです。

生産管理のやりがい

頑張る女性エンジニア

生産管理の仕事は先ほどお伝えしたように「きつい」と感じることもあるでしょう。

また工場の現場従業員とクライアントの板挟みになり大変な思いをする人もいます。

それでも生産管理の仕事にはやりがいがあることを知っておいてください。

生産管理の仕事のやりがいをチェックしていきましょう。

  • 工場全体を動かすという責任
  • やり遂げた時の達成感
  • 生産に関わる一連の工程に関わることができる
  • 信頼関係で仕事がスムーズに進む

これらが生産管理の仕事のやりがいです。

工場全体を動かすほど責任重大な仕事ですがその分やり遂げた時の達成感は大きいでしょう。

生産管理の仕事は現場とクライアントの板挟みになることもあります。

しかし信頼関係を築くことができればスムーズに仕事を進めることができるのです。

人や部署同士の間に挟まれやすいからこそお互いの信頼関係は大切ですね。

 

ワンポイント
 生産管理の仕事は大変な分やり遂げた時の達成感などやりがいが大きい。

生産管理に向いている人の特徴

上を指さすビジネスウーマン

「きつい」「大変」というイメージのある生産管理の仕事ですがやりがいがあるのも事実です。

そんな生産管理の仕事にはどのような女性が向いているのでしょうか。

向いている女性の特徴を知って転職時のアピールの参考にしてくださいね。

分析能力が高い人

分析する女性

分析能力が高い女性は生産管理の仕事に向いているでしょう。

生産管理の業務内容のところでお伝えしたように需要の分析・予測は重要な仕事の1つです。

分析能力が高い女性ならよりよい分析結果を出すことができるでしょう。

生産管理の仕事をしている人の中には需要の分析・予測が難しく大変だと感じる人もいます。

そんな中でデータ分析のスキルがあれば生産管理として頼りにされるでしょう。

スケジュールの段取りが上手い人

スケジュールの段取りが上手い女性も生産管理の仕事に向いています。

生産管理は生産計画を設計する時に社内外の人達と連絡を取り合わなければなりません。

社内であればマーケティング部門・製造部門・品質管理部門などです。

またクライアントとの打ち合わせや仕入れ先の業者への発注も必要ですね。

これらのことを段取りよく行うことが生産管理に求められます。

ダブルブッキングにならないように上手くスケジュール管理しなければなりません。

そして生産が開始してからのスケジュール管理も重要です。

生産管理の仕事にはスケジュール管理能力が必要不可欠といえるでしょう。

 

ワンポイント
 分析能力が高い女性・スケジュール管理が上手い女性は生産管理の仕事に向いている。

生産管理は未経験でも目指せる?

転職に悩む女性

ここまでは生産管理の仕事内容や向ている女性の特徴についてご紹介してきました。

「生産管理としてものづくりに関わりたい」と思う女性も多いのではないでしょうか。

しかし未経験者でも生産管理に転職することができるのか気になりますね。

まず生産管理には必須資格はなく「実務経験〇年以上」といった条件もありません。

そのため未経験でも生産管理に転職することができるのです。

また生産管理の仕事は性別に関係なく活躍することが期待されます。

「何となく男性のイメージ」と思う人もいるかもしれませんが女性だからといって不利になることはないでしょう。

 

ワンポイント
 生産管理は資格や実務経験といった条件がないので未経験でも転職できる。

生産管理の未経験求人を探す方法

初心者マークをもつ作業服の女性

生産管理の仕事は未経験でも転職を目指すことができます。

未経験でも応募できる求人のポイントは「未経験者歓迎」「未経験可」としていることです。

それでは生産管理の未経験求人の探し方をチェックしましょう。

求人サイトを確認

生産管理の未経験求人を探すには求人サイトを確認するという方法があります。

求人サイトでは多くの求人を掲載しているので未経験者が応募できるものが見つかるでしょう。

インターネット環境があればいつでも好きな時に検索できるのがポイントです。

「生産管理」「未経験」とキーワードを入れてみてください。

求人サイトは気軽に閲覧することができますが転職活動時には注意すべきことがあります。

それは求人を見つけたら応募・日程調整などすべて自分でやらなければならないということです。

転職エージェントに依頼

求人サイトと同じく転職エージェントもいつでも好きな時に求人検索ができます。

そんな転職エージェントのポイントは応募・日程調整を行ってくれるというところでしょう。

また転職エージェントなら悩みがちな応募書類の作成や面接についての相談をすることができます。

生産管理の未経験求人の紹介もしてくれるので効率よく転職活動を勧められるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

笑顔の女性

生産管理は未経験でも転職を目指すことができます。

しかし「未経験でも大丈夫な求人は?」「女性で活躍している企業は?」など求人探しに悩む女性も多いでしょう。

また「応募書類でどうアピールすればいいの?」と不安になる人も多いのではないでしょうか。

そんな転職の悩みは転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職相談に登録すると転職のプロがあなたの希望を伺い求人を紹介します。

悩みがちな転職活動ですが転職エージェントに相談しながら成功させましょう。

まとめ

作業服の女性

今回は生産管理の仕事内容や向いている人の特徴についてご紹介しました。

生産管理の仕事は生産工程の一連の流れに関わるので責任が重いでしょう。

そのため、きつさや大変さを感じる人もいます。

しかしそれだけ重要なポジションなのでやり遂げた時の達成感は大きいです。

多くの人と関わりながら仕事を進めていくことにやりがいを感じる人もいるでしょう。

そんな生産管理の仕事は未経験でも転職することができます。

求人探しや転職対策などで悩みや不安があれば転職エージェントに相談してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら