広告営業への転職に興味のある女性もいらっしゃるかもしれません。

仕事内容や必要なスキルが分かれば自分に合った職種かどうか考えることができるでしょう。

この記事では広告営業の仕事内容や広告営業に向いている女性の特徴を解説します。

必要な知識や将来性も紹介しますので参考にしてください。

広告営業の仕事内容を解説

女性

広告営業の仕事内容を見ていきましょう。

広告営業は働く企業によって広告代理店の営業と自社媒体の営業に分かれます。

広告業界の営業では一般的な営業の他にも様々な業務があるようです。

ポイントはクライアントの広告で売上を上げることになります。

クライアントの要望をきちんと聞き入れて最大限効果を引き出すような企画をすることが重要です。

特徴と魅力

資料

スケールの大きな仕事に携わることもできるのが広告営業の特徴です。

大企業は多くの媒体に広告を打ち出します。予算も大規模になりますしプロモーションも長期にわたるでしょう。

そういったスケールの大きな仕事に携わることができるのは広告営業の魅力になります。

様々な業種の人や仕事に触れることができることに魅力を感じる女性もいらっしゃるかもしれません。

また、広告を通じてビジネスの最前線にいることを認識できることも広告営業の魅力といえるでしょう。

自社媒体

サイト

自社で運営するホームページや専門サイト・フリーペーパーなど何らかのメディアを持つ企業の広告営業として働くケースもあります。

自社媒体の広告営業の業務は主に新規顧客を開拓していくことになるでしょう。

広告枠を購入した企業は広告の効果を見てより有効な方法を探していきます。

ずっと同じ広告を同じ広告枠で出すわけではありません。

自社媒体のメディアの仕様が大きく変わることはありませんので、合わないと思ったクライアントはすぐに広告を取りやめてしまいます。

そのため自社媒体の営業は基本的に新しい顧客を探していくのです。

自社の広告媒体を販売するので企画よりも売り込みが主になるでしょう。

売り出す枠は決まっていますので売ることに専念できます。

広告代理店

女性

広告代理店の営業はテレビやWEBのような広告媒体から広告枠を確保してクライアント企業に販売する業務になります。

広告を出稿したいと考える企業に対して企画を提案しスケジュール管理などを行うのが仕事内容です。

大手代理店では様々な規模の広告主と仕事をすることになります。

大きなスケールの仕事に携われる可能性も十分にあるでしょう。

様々な媒体から広告主にあった広告枠を提案する必要があるため、多くの広告に関する知識が必要です。

 

ワンポイント
広告営業には「自社媒体」と「広告代理店」があります。

広告営業のやりがい

ガッツ

既存のクライアントと良好な関係を築いていくのも広告営業の仕事です。

広告を定期的にメンテナンスしながら自分の営業成績を上げていきます。

広告の企画次第でクライアントの商品の売上は変わりますので成果目標はシビアです。

多額の予算が動きますので失敗できないプレッシャーもあるでしょう。

広告一つで商品やサービスの売上は大きく変わります。

そしてどのようなメディアの広告であっても、広告の効果はすぐに数値となって現れるのです。

それだけに広告の効果で売上を上げると本当に感謝されます。そのような成功が次の大きな仕事に繋がるかもしれません。

広告で成果をあげた時や自分の功績から次の大きな仕事に繋がった時にやりがいを感じる女性は多いようです。

 

ワンポイント
広告営業のやりがいはクライアントの感謝です。

広告営業の年収や待遇

ビジネス

広告代理店の広告営業は成績のトップクラスになると年収1000万円を超えるといわれています。

平均年収については20代で400万円ほど、30代で480円ほどになっています。

WEBを中心とした幅広い媒体もありますので、実力次第で高い年収を狙える職種です。

 
デジタルセールスへの転職
【マーキャリNEXT CAREER】 はこちら
 

広告営業での女性の役割

女性

広告業界に限った話ではありませんが営業職は男性の仕事だと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

広告業界は業界の成り立ちが男性主流ですので女性の視点はまだまだ抜けています。

だからこそ広告営業では女性の独自の強みを活かすこともできるといえるでしょう。

女性ならではの視点や強みを活かすことで活躍することができます。

企画

企画

コミュニケーション能力の高い女性は多いです。

コミュニケーション能力が高ければ、クライアントの細やかなニーズを汲み取って広告に落とし込み、企画を作ることができます。

WEBでは子育てや夫との暮らし・仕事などをブログや漫画などで発信している女性は多いです。

それらをうまく広告に利用することができるでしょう。これは女性ならではの視点が強みとなります。

このようなWEBサイトを確認して商品やサービスを誰に届けるのかを判断するためには女性の視点が必要なのです。

特にWEB上の広告企画は誰に何を届けるかを企画することが重要になります。

子育てに忙しい女性に便利なグッズの広告・趣味に使う材料の広告など、ピンポイントで広告企画をしていかなくてはなりません。

このような企画を出せるのは女性ならではの強みです。

マーケティング

今まで男性目線でしか販路を拡大してこなかった商品を女性目線でマーケティングすることもできます。

同じものを見ていても男性と女性では目線受け取り方が全く違うといえるでしょう。

女性がどのように感じて何を求めているかは女性の広告営業が一番良く分かります。

販売戦略を考える際にも女性に向けた広告企画は女性目線が必要です。

クライアントの商品が売上を伸ばすためには女性ならではのマーケティングが重要になるでしょう。

 

ワンポイント
広告営業では女性ならではのコミュニケーション能力や視点が役立ちます。

必要な知識と資格

女性

広告営業に転職するために必須の資格はありません。

しかし営業としてのマナースキル語学力などは必要になるでしょう。

この章では広告営業に必要な知識や資格を紹介します。

コミュニケーション能力

社内

広告営業にはコミュニケーション能力が必要です。

広告営業はクライアントと良好な関係を維持していくことが重要になります。そのためには顧客との信頼関係が必要です。

広告の実績を上げることはもちろんのこと、クライアントとコミュニケーションを重ねていくことも重要になります。

語学力

雑誌

広告営業には語学力も必要です。特に英語の語学力についてはあるに越したことはないでしょう。

日本市場で製品やサービスを販売したいと考えているのは日本企業だけではありません。

日本は外資系企業から見ても大切な市場なのです。英語でコミュニケーションをとる企業も多いでしょう。

また最新のWEBのトレンドなどを調査する際にも英語は必要になります。

広告営業の動向と展望

女性

広告営業の同行と展望を見ていきます。

広告営業に転職を考えているのであれば今後の動向が気になる方もいらっしゃるかもしれません。

現状を知ることで自分が希望する職種であるのかどうかが分かります。

現状と変化

スマホ

広告業界はかつて街中やテレビ・ラジオ・新聞が主流でした。近年はインターネット広告の市場が大きくなっています。

もちろん今でもテレビCMは多大な効果があります。しかし今後その影響力が保たれるかは分かりません。

インターネット広告は既存のテレビ・新聞・ラジオと違いユーザーが細分化されています。

そのため広告も細分化する必要があるでしょう。

誰がどのような商品を求めているかを見極めることが重要です。

動画サイトの広告では動画の内容にマッチした広告を選ぶ必要があるでしょう。

SNSを利用しているターゲットに向けた広告企画を考える必要があるかもしれません。

広告営業は今後ますます最新の情報を分析する力が必要になるでしょう。

進化と展望

スマホ

インターネット広告は今後さらに細分化されていくことでしょう。

個人で情報を発信する人はさらに増えていきます。

外国からの発信内容も今よりも気軽に受け取ることができるようになるでしょう。

さらにはデバイスも常に新しいものが出てきます。

技術の革新により広告はさらに細分化しながら拡大していくことでしょう。

 
デジタルセールスへの転職
【マーキャリNEXT CAREER】 はこちら
 

広告営業に向いている女性の特徴

女性

この章では広告営業に向いている女性の特徴を紹介します。

コミュニケーション能力が高い

仲間

広告営業に関わらず営業全般にはコミュニケーション能力が高いと良いでしょう。

広告営業はどんな広告を出せば、商品が適切な層に届くのかを想像します。

それをクライアントに伝え共感を得ることで売り上げに繋げていくのです。

大切なことはクライアントの立場に立って考えることになります。

クライアントの抱えている不安や問題点を解決できるような提案をしなければなりません。

クライアントとコミュニケーションを取り、効果のある広告がどのようなものであるか納得してもらうことが重要です。

コミュニケーション能力が高い女性は広告営業に向いているといえるでしょう。

行動力がある

行動力があることも大切です。

情報を分析して良い企画の案を思いついたのならすぐに形にできるような行動力があると良いでしょう。

何も行動しないまま悩んでいては他社に先を越されかねません。

企業は効果のある広告を出したいと考えますので、効果のある広告を出せる広告代理店を希望します。

ずっと付き合いのあるクライアントでも広告の効果がなければ契約を継続できません。

そのため思いついたアイデアや企画は即座に形にできる力が必要です。

行動力があればすぐに企画を出して提案できるでしょう。

広告業界は常に新しい情報が入れ替わっています。

最先端の情報に取り残されないような行動力のある女性は広告営業に向いているといえるでしょう。

広告営業の将来性やキャリアパス

案内

広告営業の将来性キャリアパスについて紹介していきます。

将来性

女性

広告業界の市場は拡大しています。特にインターネット広告は毎年成長を続けているといえるでしょう。

インターネットが成長する中で広告の形式も多様に変化しています。

WEBサイトへの広告掲載はもちろんのこと、動画サイトで表示される広告やSNSで発信される広告などが考えられるでしょう。

キャリアパス

女性

広告営業のキャリアパスについて解説します。

1つ目は社内での昇進を目指すキャリアパスです。社内で業績を上げて昇進を狙う事もできます。

昇進すれば当然年収アップも見込めますし、経営部門などへステップアップすることもできるかもしれません。

もう1つは転職でキャリアアップを目指すものです。

経験を積んでも自分の納得する待遇にならない場合などは思い切って転職を考えてみてもいいでしょう。

転職について不安がありましたら転職エージェントにご相談ください。

転職エージェントは非公開求人の情報なども持っています。

自分の希望する待遇を選んで応募することもできるでしょう。

将来的に自分がどのようになりたいかを考えることは大切です。転職活動を行う際にはキャリアパスを考えてみてください。

 

ワンポイント
広告営業のキャリアパスは社内での昇進か転職によるキャリアアップ。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

案内

広告営業への転職について疑問や悩みがある方もいらっしゃるかもしれません。

転職についての疑問や悩みは転職エージェントに相談するのもひとつの手です。

ひとりで悩みを抱えてしまって時間を無駄にするのは良くありません。

転職エージェントに相談することで悩みを解消することができたら時間に余裕も生まれます。

また転職活動をする上で業界や企業の情報をリサーチすることはとても大切です。

転職のプロである転職エージェントに相談すれば多くの情報を得ることができるでしょう。

転職エージェントを活用して効率良く転職活動をしてください。

 
デジタルセールスへの転職
【マーキャリNEXT CAREER】 はこちら
 

まとめ

女性

広告業界の業務は常にシビアな結果を求められます。繁盛期には残業が続くこともあるでしょう。

しかし広告営業にはそれだからこその「やりがい」があります。

最新鋭の情報を発信すること、そして何より広告が成果をあげた時のクライアントからの感謝です。

もし広告営業への転職について疑問があれば転職エージェントを活用してください。

転職エージェントからは転職についての様々なアドバイスがもらえます。

転職絵ジェントに相談して疑問や悩みを解消し、転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら