専門性が高い通信業界は人気もあり、年々拡大している成長が見込める業界です。

そのため人材が不足しており幅広く人材を募集しています。

これまでは新卒を採用して長期的に育てるのが一般的で、中途採用があっても経験者が採用されるケースが多かったのです。

しかし、通信業界の技術革新は目覚ましく業界も急拡大しており経験者だけでは採用が間に合わない状態です。

そのため未経験者を採用して育てようと企業は動き出しています。

女性の人でこれまで経験がないからと諦めていた方もやる気さえあればチャンスはあるのです。

通信業界に未経験で転職する方法を解説

目線を外した女性

スマートフォン・Wi-Fi・インターネットなど私たちの生活に欠かせない通信業界は人気の業種で常にトップにランクされています。

最近は通信業界でも人材不足で未経験者を中途採用で積極的に採用しています。

確かに職種によっては高度な知識・経験がなければ難しいものもあります。

しかし、未経験だからといって最初から諦めないで転職を成功させる秘訣を紹介します。

通信業界は実力主義なので向上心があって新しいものに挑むのが好きな人なら未経験でも全く問題はありません。

通信業界の特徴をチェック

困った女性

通信業界といっても幅が広く、固定通信・移動通信・放送関係などあります。

また技術がどんどん進み、あらゆる家電もインターネットと接続し生活の利便性は飛躍的に伸びています。

最も将来性があり、経済状況にあまり影響を受けない通信業界は求職者には人気が高い業種といえます。

職種も営業・企画・カスタマーサービス・デザイン・エンジニアなど幅広いので未経験者でも採用する可能性は十分あります。

 

ワンポイント
 未経験者でも入社できる自分に合った企業を探そう。

企業が未経験者を受け入れる理由は?

パソコン、女性

通信業界はなぜ未経験者を受け入れるのでしょうか。

これまでは新卒か即戦力になる経験者の中途採用が一般的でした。

一方で新しい技術が開発され日々発展し続ける企業にとって慢性的な人材不足は企業経営にも影響し始めています。

そのため未経験者を採用して戦力に育てる方針に転換したのです。

業務の幅が広い

未経験者でも働きやすい通信業界の特徴は業務が幅広いということです。

専門性が高く経験がなければ業務が遂行できない職種もあります。

しかし、未経験でもやる気・柔軟な思考力・好奇心があれば対応できる職種もあるのです。

例えば前職が営業だった人でセールスエンジニアを希望する人が多くいます。

専門知識はある程度必要ですがプログラミングは必要ないのでセールスが得意な人なら向いているといえます。

業界の人手不足

通信業界全体が人手不足のため経験者を募集しても人が集まらない現状があります。

またIT企業といってもプログラミングができれば仕事が成立するわけではありません。

営業・販売・クライアントサービスなどそれぞれに特化した人材が必要なのですが、そこには人材が少ない事情もあります。

特に営業はクライアント企業にかかわる営業経験があれば大きな強みになるので企業としては未経験でも採用したいのです。

業務が拡大する中でカスタマーサービスも重要になっています。

あらゆる顧客の問い合わせに対応し、必要な時は他のセクションにも連携し問題解決する能力が求められます。

こうした分野も人材不足が深刻で今後増える需要に対応するためには未経験者を積極的に採用し教育する必要が出てくるでしょう。

教育制度の充実

未経験者を採用する以上、充実した教育制度がなければ人材が流出する恐れがあります。

そこで企業は不足している知識を補うための教育制度を導入し、1日でも早く戦力として活躍してくれることを期待しています。

企業が未経験者を受け入れる理由の一つは前職の経験を活かして新しい風を吹き込んで欲しい一面もあります。

戦力として一線で活躍しはじめれば新しい気づきもあるかもしれません。

企業はそうした気づきも期待しているのです。

通信業界の未経験転職に有利な資格

スーツ、女性

未経験で通信業界に転職するなら資格がある方が有利なのでしょうか。

採用には特に必要な資格はありませんが、ある一定の証明にはなるので前向きにチャレンジしましょう。

今後は通信業界で深刻な人材不足が予想されています。

通信業界への転職は向かい風になる可能性がありますから、資格が転職に有利になるかもしれません。

それではいくつかおすすめの資格を紹介します。

ITエンジニア系の資格

仕事をする女性

第1級陸上特殊無線技士」は陸上の無線局での設備の操作など行うために必要な国家資格です。

取り扱える周波数に合わせて第1級から第3級まであります。

テレビ局などの中継回線の無線設備・インフラ整備・携帯電話の基地局の操作といった多重無線通信設備の操作が行える資格です。

Javaプログラミング能力認定試験」もおすすめの資格でレベル別に1級から3級まであり初心者であれば3級を目指しましょう。

3級ではJavaの基本的な知識とオブジェクト指向についての知識が求められますが勉強すれば比較的取得しやすいでしょう。

シスコ技術者認定」は世界的に認められたセキュリティエンジニアを認定する資格です。

初心者エントリー資格(CCENT)からエキスパート資格(CCIE)まであります。

情報セキュリティエンジニアは今後も需要が高い職種なのでこの資格があれば仕事の幅も広がります。

電気系の資格

女性

電気系の資格なら、最も人気がある「電気工事士」はいかがでしょうか。

第一種電気工事士と第二種電気工事士がありますが、初心者には第二種がおすすめです。

資格を持てば一般住宅や小規模な店舗や事業所などで、電圧が600V以下の電気工事など行うことが可能になります。

その他には「エネルギー管理士」もあります。

電気・ガスなどのエネルギーを消費する工場や事業所で、エネルギー使用量や使用方法の監視・設備の管理・回線を行う資格です。

これらの資格があればインフラ整備・保守などで活躍が期待できます。

TOEIC

女性

通信業界でもTOEICは注目されています。

国内の企業であれば直接仕事に関係することは少ないでしょうが、外資系IT企業の場合英語は必須になります。

また海外の情報を収集したり、取引先とミーティングを開催する際に外国人が出席する可能性もあるでしょう。

TOEICは多くの企業でも重要視されているので仕事だけでなく自己啓発の一環としてチャレンジしてはいかがでしょうか。

 

ワンポイント
 棚卸しをして未経験転職でもアピールできる経験を見つけよう。

通信業界への未経験転職でアピールできる経験

パソコン

未経験者が転職でアピールするなら前職の経験が一番効果的です。

営業職ならクライアントとの関係を通して感じたことや苦労したことアピールしましょう。

企画開発なら新商品のプレゼンテーションの経験などエピソードを交えると効果的です。

アピールする時は経験から学んだ教訓・業界が抱える課題・将来のビジョンと絡めれば志望動機としてインパクトが出ます。

通信業界が未経験だからこそ業種の垣根を越えたビジネスの本質について語れるのではないでしょうか。

プログラミングの経験

通信業界に未経験で転職するなら採用担当者に自分を強くアピールする必要があります。

通信業界で働いたことがなくてもプログラミング経験があるなら是非アピールしましょう。

プログラミング言語は数十種類にも及びそれぞれに特徴があります。

Web・デスクトップなどのアプリ開発にはJava、Webサービス分野であればJavaScript、人工知能や機械学習の分野であればPythonです。

プログラミング経験があればプログラマーはもちろん、ITエンジニアなどでも活躍の幅が広がります。

プログラミングを使いプロジェクトに参加した経験があるなら、どういう立場でかかわったかも重要になります。

営業職の経験

営業職の経験を活かして通信業界に転職するなら、IT系の営業職がキャリアを活かせるでしょう。

IT系の営業といっても情報システム開発・ソフトウェアの導入・Webを活用したマーケティング・Webサイトやコンテンツ制作などです。

取り扱う商品の説明なども必要であるため専門的な知識が求められますので好奇心がある人には向いています。

商材やサービスを提供してきた営業経験が活かせるのでやりがいはあるのではないでしょうか。

販売職の経験

接客・販売職の経験があれば業務知識や経験がなくても採用する企業はあります。

必要な知識は入社後でも十分間に合うからです。

幅広い客層を相手にする仕事もあるのでサービス業を経験した人は業種が違っても販売のセンスが活かされるのです。

IT系の営業といっても法人もあれば個人もあります。

身近なところでは携帯電話ショップなども該当します。

未経験者がアピールを考えるコツ

OKサインを出す女性

未経験者が通信業界を転職先に選ぶなら業界研究は欠かせません。

また自分が応募したい企業の弱み・強みが分かれば志望動機・将来のビジョンもはっきりしてくるでしょう。

経験の棚卸し

ガッツポーズ 女性

まずは自分のこれまでのキャリアの棚卸しをしましょう。

棚卸しをすることで自分が経験してきたこと・身につけたこと・こだわってきたこと・どこでやりがいを感じたかが見てきます。

そうすれば自分の強みが良く理解できて、これからどういう方向性でキャリアを活かしていけばいいのか分かるでしょう。

自分の価値が分かれば履歴書・職務経歴書・面接も恐れることはありません。

ビジネスの本質に通じるスキルをアピール

ミーティング

未経験の業種に転職するならビジネスの本質に通じるスキルをアピールすればインパクトがあります。

いくつか見ていきましょう。

まずはコミュニケーション能力で相手を理解し具体化できる能力は顔が見えないネット社会の時代だからこそ重要なスキルといえます。

交渉力も大切なスキルです。

顧客の要望や意見にどう対応するか、トラブルが発生した時にどう対処するかが重要です。

それを社内で共有し例えば見積もりを出して補修するなど交渉力も必要になります。

そして、ビジネスには論理的に考える能力も欠かせません。

冷静な判断と客観的な知見で物事を判断することはトラブルを回避するために必要なスキルです。

 

ワンポイント
 効果的な転職探しは専門の転職エージェントに聞こう。

通信業界の未経験求人を探す方法

パソコンをもってガッツポーズする女性

転職を考えているなら気軽に利用できるのは求人サイトでしょう。

さまざまな業種の求人が網羅的に検索できるので便利なツールです。

転職活動したいがどうしたらよいか分からないという人は転職エージェントがおすすめです。

詳しく見てみましょう。

求人サイトを確認

パソコン

転職探しは手軽な求人サイトがおすすめです。

業種別にさまざまな企業の求人が出ているので気になる求人を効率よく探せます。

案件の比較もできるので使い勝手はいいでしょう。

また閲覧する年齢層も幅広いのでアクセス数が増えれば企業からの求人広告依頼が増えることになり大量の求人が見られることになります。

デメリットは契約社員やアルバイトの掲載が多いこと・企業へのコンタクトは自分でやらなければならないことです。

さらにサポートは誰もしてくれません。

転職エージェントを活用

女性

転職エージェントは専門のキャリアアドバイザーが対応して、求職者の適性やスキルを判断してベストな企業を選んでくれます。

そのため求人サイトと違いミスマッチングがないといえます。

また転職に関する悩みの相談にのってくれますし、不安な書類作成もサポートしてくれるので書類審査の通過率が一般応募より高くなるのです。

面接対策も的確なアドバイスがもらえるので余裕を持って本番に臨めます。

転職エージェントは企業と密に連絡を取っているので、職場の雰囲気も分かり外には出てこないニッチな情報も入手できます。

また条件交渉も有利に進めてくれます。

通信業界の将来性は?

笑顔

景気に左右されない通信業界の将来は明るいでしょう。

10年前には想像もできなかった高速通信の実現など技術はどんどん進化しています。

また高齢化社会を迎える日本でインフラ整備は急速に進められるでしょう。

インターネットを活用した金融サービス・動画サービスなどさまざまなサービスは今後も変わることはなく世界を席巻するでしょう。

 

ワンポイント
 自己分析はプロの転職エージェントに任せよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

法人営業の女性

未経験者でもやる気があれば通信業界に転職はできます。

そのためには取扱件数が多い転職エージェントに相談するのが効率的です。

自分に合った企業を紹介してくれるのでピンポイントで攻略ができます。

自己分析・棚卸し・業界研究などプロのアドバイザーが的確にサポートしてくれるので安心してください。

まとめ

資料を開く女性

未経験で通信業界に転職する方法について解説しました。

2030年には通信業界では79万人の人材が不足するというデータも出ています。

将来的にも拡大する通信業界にはチャレンジする気持ちがあれば未経験者でも転職ができる企業がたくさんあります。

大きな変革が続く通信業界に勇気を出して一歩踏み出してみませんか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら