ベンチャー企業とは、新たな事業に取り組む企業のことを指します。

創業年数や従業員数について定義はされていませんが、主に創業5年未満の会社がベンチャー企業です。

転職を考えている人の中には、大企業とベンチャー企業で悩まれている人もいるでしょう。

そこで今回は、ベンチャー企業での転職について紹介します。

ベンチャー企業に転職するメリットや注意点、転職活動の仕方について解説。

ベンチャー企業への転職を視野に入れている方は、ぜひ参考にしてください。

Contents

女性が転職してベンチャー企業で働く方法を解説

シェアオフィス

ベンチャー企業に明確な定義はされていませんが、一般的に定義されているのがこちら。

  • 創業5年以内
  • 中小規模
  • ベンチャーキャピタルなどから出資を受けている
  • 既存のビジネスを元に新しいビジネスを展開している

このように、創業して間もない中小規模の企業が、ベンチャー企業です。

ベンチャー企業というと、将来性が不安というイメージを持っている人もいるでしょう。

しかし、ベンチャー企業で働くことで得られるメリットもあります。

反対に注意すべき点もあるので、ベンチャー企業への転職を考えている人は頭に入れておきましょう。

この記事が、ベンチャー企業への転職を考えている人の参考になれば幸いです。

ベンチャー企業はどのような仕事をしているの?

白熱した会議

ベンチャー企業は業界や業種によって、仕事内容はさまざまです。

今までなかった新しいビジネスが業務内容になっているため、一概にどのような仕事をしているとはいえません。

どのような職種の人が働いているかも、企業によって異なります。

そのため、ベンチャー企業に転職することで、自分が新しい風を巻き起こすことも可能です。

これまでの経験や知識を活かし、企業に新たな強みをもたらすことができるでしょう。

ベンチャー企業では、自分の得意分野を活かして、仕事をしている人が多くいます。

ベンチャー企業でも女性は活躍できる

女性商談

ベンチャー企業は、男女問わず活躍することができます。

なぜなら、ベンチャー企業は成果主義の企業がほとんどだから。

性別に関係なく、成果を出せればそれが評価につながります。

大企業の場合、上の立場となるのは男性であるイメージが強いのではないでしょうか?

しかし、ベンチャー企業は男性でも女性でも評価に影響は出ません。

女性社長も増えており、女性の社会進出をさらに後押しするでしょう。

ベンチャー企業に転職するメリット

女性ガッツポーズ

ベンチャー企業は女性でも活躍できる場所だということがおわかりになったかと思います。

そこで、ベンチャー企業に転職するメリットもご紹介しましょう。

メリットが魅力に感じた人は、ベンチャー企業への転職に向いています。

転職先の候補に、ベンチャー企業も入れてみてはいかがでしょうか?

完全成果主義が多い

アイディア会議

ベンチャー企業は、完全成果主義の企業がほとんどです。結果はもちろん、その結果に至るまでの仕事のプロセスも評価の基準。

勤続年数や年齢で給料が決まらないので、実力次第でどんどん上にいくことができます。

仕事としての経歴が浅くても、頑張った成果が給料として反映されるので、モチベーションにもつながるでしょう。

新規事業立ち上げに関われる

パソコン

ベンチャー企業では、新規事業の立ち上げに関わるチャンスがあります。

従業員が少ない企業が多いため、年齢関係なく仕事を任せてもらえるでしょう。

一人一人への負担や責任は重くなりますが、それが成長へとつながります。

経験の数に関わらず、さまざまな仕事に挑戦できるので、個人のスキルアップも可能です。

働く女性に理解がある

働く女性

ベンチャー企業は働く女性に対して理解がある企業が多いです。性別関係なく、仕事ができる人が上を目指せる世界。

ベンチャー企業の経営者は20代〜30代と若い人が多いので、働く女性に対して前向きな意見を持っている人が大半です。

若い経営者の元で働く人も若い人がほとんどなので、女性だからという理由で差別されることはありません。

出産や育児のタイミングには、企業全体でサポートしてくれることでしょう。

自分が出した成果を正当に評価してもらえるので、仕事に真摯に取り組める人には最適な環境です。

 

ワンポイント
 ベンチャー企業で働くメリット
・完全成果主義である
・新規事業の立ち上げに携わることができる
・働く女性への理解がある

ベンチャー企業に向いている人

リモート

ベンチャー企業で働くメリットを紹介しましたが、女性でも活躍できる環境であることがわかったかと思います。

ここではベンチャー企業に向いている人について解説。

自分がこれらの項目に当てはまっているかどうか、チェックしてみてください。

成長意欲が高い

成長意欲が高い人は、ベンチャー企業で働くことに向いているでしょう。

ベンチャー企業の仕事は新しい業務のため、常に不安が隣り合わせです。時には、失敗することもあるでしょう。

そこでへこたれず、失敗の原因を探り、どうすれば成功できるかを考えられるかどうかが鍵です。

ベンチャー企業は、自分の成長が会社の成長へとつながります。

途中で諦めず、どんどん上を目指す成長意欲がないと、ベンチャー企業の仕事は辛くなるでしょう。

変化や刺激を求めている

日々の生活で、変化や刺激を求めている人は、ベンチャー企業に向いています。

ベンチャー企業での生活は、良くも悪くもさまざまな変化の連続です。

そのため、仕事を通してワクワクしたいという人はベンチャー企業で働くと良いでしょう。

逆に、仕事に安定を求めている人はベンチャー企業に向いていません。

自分から率先して行動できる

ベンチャー企業に向いているのは、自分から率先して行動ができる人です。

少数精鋭のベンチャー企業は、受け身の姿勢では成長できません。

自分でできることを探し、挑戦していく姿勢が必要とされます。

少し難しいと思うことでも、自ら率先して手を挙げれば、自然と評価も上がるでしょう。

 

ワンポイント
 ベンチャー企業に向いている人
・成長意欲が高い
・変化や刺激を求めている
・自分から率先して行動できる

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

ベンチャー企業へ転職する際の注意点

女性腕組み

ベンチャー企業へ転職することはメリットもありますが、注意すべき点もあります。

自分に合った企業で働くことが、転職活動において一番の成功です。

注意点を頭に入れた上で、転職活動を進めるようにしましょう。

出産・育児休暇の有無

ベンチャー企業の中には、福利厚生が整っていない企業もあります。

女性なら福利厚生の中でも、出産・育児休暇が取得できるかが気になるところでしょう。

女性社員が多い企業だったら、しっかり整備されている企業も多いかもしれません。

しかし、男性社員が多い企業だと、出産・育児休暇を用意していない企業もあります。

もし出産・育児休暇がない企業の場合でも、交渉次第では取得できる可能性もあるかもしれません。

取得する予定がある人は、面接の際に確認しておくことをおすすめします。

雇用体系

転職する上で、必ず確認しなければならないのが雇用体系です。

これはベンチャー企業に限ったことではありませんが、ベンチャー企業の場合は特に注意しましょう。

正社員か契約社員であるかだけでも、将来の安定性には違いが出ます。

さらにベンチャー企業だと、企業独自の雇用体系を導入している可能性もあるので注意が必要です。

フレックス制度や裁量労働制など、勤務時間を柔軟に定められている場合もあります。

もし自分が応募する企業が独自の働き方を定めている場合、自分に合った働き方なのか検討するようにしましょう。

業務を教えてくれる人がいない

ベンチャー企業の規模にもよりますが、教育体制が整っていない企業も多いです。

そのため、未経験で転職してしまうと、何をすれば良いかわからないといった状況に陥るでしょう。

大企業の場合だと、研修期間があり、OJTがあり、一人前になるまで先輩がサポートすることがほとんど。

逆にベンチャー企業は、実際に仕事をしながら覚えていくことになります。

ベンチャー企業に転職する場合は、研修期間がないということを頭に入れておくことでギャップが少なくなるでしょう。

 

ワンポイント
 ベンチャー企業に転職する際の注意点
・福利厚生の整備
・雇用体系
・教育制度が整っていない

女性がベンチャー企業で長く勤めるためのポイント

社員同士

ベンチャー企業で働きたい人は、できれば長く務めたいことでしょう。

ベンチャー企業の創業5年後の生存率は、わずか15%。うまく行く会社の方が少ないです。

このような話を聞くと、ベンチャー企業への転職は不安になるかもしれません。

そこで、長く勤めることができるベンチャー企業を見極めるためのポイントも頭に入れておきましょう。

商品を自社で開発している企業

転職したいと思えるベンチャー企業を見つけた場合、商品を自社で開発しているか確認しましょう。

経営が黒字の企業でも、自社で開発をしていないと、下請けの企業の影響をそのまま受けてしまいます。

さらに下請けの企業がベンチャー企業の場合は、さらに注意が必要です。

自社で開発している商品がどれくらいあるのか、事前にしっかり聞いておくようにしましょう。

流行りに任せすぎていないこと

ベンチャー企業を選ぶ上で、企業の業務内容が流行りに任せすぎていないか見極めることが重要です。

流行りに身を任せている企業だと、ブームが過ぎ去ったときに倒産してしまうかもしれません。

転職先が倒産してしまうことを防ぐためには、事前に業務内容を把握しておきましょう。

把握するポイントは競合の多さや市場のニーズ度

競合が少なく、需要がある業界であれば、今後の成長も望めます。

出資をどこから受けているか

応募するベンチャー企業が決まったら、出資をどこから受けているか確認するようにしましょう。

もし、ベンチャー企業が上場企業の場合、株主に還元する利益があることが期待できます。

しかし、ベンチャー企業に関わらず上場している企業の方が少数派です。

利益がある企業はこれから伸びていく可能性も高いので、上場企業であるかどうかはチェックしましょう。

子育てや家庭との両立に理解があるか

結婚されている人は特に、子育てや家庭との両立に理解がある企業かチェックしましょう。

子供がいる人は、急に早退や欠勤をしなければならないケースがあるかもしれません。

その場合、有給扱いにできるかやサポート体制が整っているかどうかを確認しておくと安心です。

ベンチャー企業の中には、家庭と両立できるようリモートワークを推進している企業もあります。

働いている人の中にも、子育てや家庭と両立して働いている人がいるかも聞いておけば良いでしょう。

 

ワンポイント
 ベンチャー企業の創業5年後の生存率は15%のため、企業の将来性を判断することが大切。

ベンチャー企業に転職するには?

ミーティング

ベンチャー企業に転職する際、最も重要となるのが企業選び

自分に合った企業選びをすることで、長く楽しく働き続けられる企業で働くことができます。

しかし、ベンチャー企業だとどのような社風なのかわからないことがほとんど。

入社後のギャップに耐えられず、退職につながってしまう場合もあります。

ベンチャー企業への転職を成功させるためには、企業研究が必須。

「自分がその企業で働いているイメージができるかどうか」が一番の判断基準です。

面接に行った際、面接官と一緒に働いているイメージができましたか?

少しでも不安があった場合は、不安を取り除くか別の企業を選ぶようにしましょう。

また、ベンチャー企業は倒産する確率が非常に高いことが現実です。

どんなに働きやすい企業でも、将来性がないと長く働き続けることができません。

可能であれば、企業のサービスを体験してみて、将来性があるか判断することにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

頑張ろう

ベンチャー企業は創業して間もないため、企業研究が難しい傾向にあります。

試験対策の方法がわからないという人も多いでしょう。そこでおすすめしたいのが、転職エージェントへの相談。

担当者を通して企業の中身を知ることができるため、直接聞きづらいことでも質問がしやすくなります。

企業の環境も事前に知った上で、応募する企業を選ぶこともできるでしょう。

転職エージェントを活用して、たくさんある企業の中から、自分に合った企業選びをしてください。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

まとめ

女性会議

今回は、女性がベンチャー企業に転職する際のメリットやポイントを紹介しました。

安定を求める人にはベンチャー企業に転職することはおすすめできません。

しかし、仕事でワクワクしたい人年齢関係なく活躍したい人には最適な職場です。

ベンチャー企業で働くことで、自分の成長にもつながります。

同じ世代の人よりも、大きな仕事を任せてもらうことで、仕事のやりがいにもなるでしょう。

自分の経験やスキルを活かしながら、さらに高みを目指したい人にベンチャー企業はおすすめです。

ベンチャー企業への魅力を感じた人はぜひ、ベンチャー企業への転職を検討してください。 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら