近年では転職面接にグループワークを取り入れる企業が増えています。

集団面接とはまた違うスタイルのグループワークを成功させるにはどのような対策が必要なのでしょうか。

グループワークをうまくクリアする方法や面接官が見ているポイントを当記事で解説します。

 転職面接でのグループワークの対策方法を解説

面接官

グループワークは履歴書だけでは分からない応募者本来の性格や特性を見つけるための採用方法です。

転職面接では志望動機や転職理由・長所・短所・自分の強みなど一般的なことを質問されます。

面接の受け答えから応募者の思考や仕事に対する熱意を読み取るのです。

一方で、面接だけでは応募者が本来持っているコミュニケーション能力などを把握することは難しいもの。

そこで、チームでのテーマに取り組む姿を見ながら応募者の協調性などについて評価します。

応募者が持つ本当の姿を把握するために企業はグループワークを取り入れていると考えてください。

一般的にグループワークは6人程度で1つのグループを作り協力して成果を生み出します。

臨機応変に対応できているか、チームで動くことはできるかなどを採用担当者は見極めようとしているのです。

グループワークとグループディスカッションの関連性

ポイントを説明する女性

グループワークと似た選考方法にグループディスカッションがあります。

どちらも協調性やチームワークが重要な点は共通していますがいくつか違う点があるのも事実です。

ではグループワークとグループディスカッションはそれぞれどのような特徴を持つのか見ていきましょう。

グループワークの特徴

グループワークは主に作業型・プレゼン型・ビジネスケース型などの種類があります。

リーダーや司会進行役・書記・タイムキーパー・監査役などの役割分担を決めて作業を進めるのが特徴です。

それぞれ与えられたテーマに沿ってメンバー同士で話し合い、協力して作業を進め制限時間内に成果を生み出します。

決められた時間内でいかに成果を出すかが評価のポイントです。

仕事に対する積極性や柔軟性といった業務で求められるスキルをチェックされていると考えてください。

グループワークはチームで1つのものを作り上げるという意識を持って臨みましょう。

グループディスカッションの特徴

グループディスカッションはその名の通り与えられたテーマに対してメンバー同士で議論を行います。

グループワークは成果を生み出しますがグループディスカッションは話し合って結論を出すという点が異なっているのです。

グループディスカッションもグループワークと同じく複数人の応募者でグループを作ります。

テーマに沿った内容について話し合い、意見を交換してグループの結論を出すことがゴールです。

通常1グループあたり3人から10人のメンバーで構成され、時間は30分から1時間程度と定められています。

司会や書記など役割分担を決めることが多く、応募者の協調性や対応力がチェックされていると考えてください。

知識や一般教養の広さなどを採用基準としている企業はグループディスカッションを行うことが多いといえるでしょう。

 

ワンポイント
どちらも応募者の協調性やコミュニケーション能力がチェックされている!

グループワークで面接官が見ているポイントは?

眼鏡のキャリアウーマン

採用担当者はグループワークを通して履歴書や面接だけでは分からないあなたの本質を見抜こうとしています。

集団内における行動や組織内でどのように能力を発揮するのかチェックされているのです。

具体的に採用担当者が確認しているポイントを3つご紹介します。

積極性

グループワークでは積極的に動ける人材かどうかチェックされています。

面接で初めて顔を合わせた人同士で限られた時間内に成果を出すため、長い時間をかけて話し合う余裕はありません。

積極的に意見を出し、どのようにグループの成果物を完成させるかテキパキと決めていく必要があります。

そのためには積極性が重要です。誰かが動くのを待つのではなく、自分から積極的に動いてアピールしましょう。

責任感

ガッツポーズ

グループワークでは責任感を持って行動できるかどうかも重要な要素です。

誰かが引っ張ってくれるだろうという発想ではグループワークでの評価は低くなるでしょう。

会社という組織で働く以上、社員1人ひとりに大きな責任が伴います。

そのためにもチームで成果物を完成させるグループワークは責任感をチェックするためにぴったりな方法です。

社員の1人として自覚と責任を持って行動できることをアピールしましょう。

チームワーク

グループワークはチームワークがあるかどうか確認するのに最適です。

各メンバーの協調性がチームで1つのものを作り上げるために大切な要素となります。

組織で働くということは同じ志を持ったメンバーが1つの目標に向けて行動するということ。

スタンドプレーは悪目立ちしてしまい組織に対して悪い影響を与えてしまうでしょう。

グループワークでは自分の意見を押し付けたり人の話を聞かなかったりするのはNGです。

チームワークを持って働くことができる人材だとアピールしてください。

グループワークでよくある形式は?

女性

グループワークはどのような形式で行われるのでしょうか。

あらかじめ把握しておくことでしっかり対策することができます。

具体的にグループワークの一般的な形式を3つご紹介します。

作業型

チームのメンバーと協力して作業を進め成果物を完成させるのが「作業型」です。

たとえば画用紙などを使用して工作物を完成させる、企業のキャンペーンポスターを作るという作業が考えられます。

1人の意見だけで成果物を完成させるのは不可能です。

メンバー全員が意見を出し合い、うまくまとめて1つのものを作り上げられるかどうかが評価ポイントになります。

プレゼン型

女性

与えられたテーマに沿ってメンバー同士で話し合いプレゼンを行うのが「プレゼン型」です。

グループディスカッションと似ていますがプレゼンという形の成果物を完成させると捉えてください。

たとえば「無人島に3つだけ持っていくとしたら何を持って行くか」といったテーマが考えられます。

ありふれた内容かつ答えを出すのが難しいテーマが出題されるでしょう。

自分の意見をしっかり伝えるのと同時に、ほかの人の意見を集中して聞くこともポイントです。

ビジネスケース型

業務で行うような具体的かつ実践的な内容についてプレゼンを行うのが「ビジネスケース型」です。

たとえば「少子高齢化に備えて海外人材をどのような分野に採用するか」といったテーマが考えられます。

コンサルティング会社や広告代理店などで会議のテーマになるような難易度の高い内容が特徴です。

ビジネスケース型はIT業界や外資系企業といった採用面接で取り入れられている傾向があります。

専門用語の知識を深めておく対策が重要です。

 

ワンポイント
グループワークには作業型・プレゼン型・ビジネスケース型という3つのパターンがある!

グループワークの進め方は?

おしゃれなビジネスウーマン

まずは役割分担を決めます。

積極性をアピールするためにも司会やタイムキーパーなど何かしらの役割に立候補しましょう。

役割の次は時間配分を決めます。グループワーク最大のミッションは制限時間内に成果物を完成させること。

時間内に終わらなければそれだけの評価しかもらえないでしょう。

時間配分が決まったらお互い自由にアイディアを出し合います。

自分の意見を言うのと同時に相手の意見を聞くことも重要です。

テーマに合わせてアイディアを詰めていき最終的な発表に向けて要点を押さえましょう。

最後にグループとしての成果を発表して完了です。

グループワークは最初が重要

目線を外した女性

グループワークは時間制限もあるので最初が重要です。

初対面同士なのではじめの一言がなかなか出てきません。

お互いに探り合っている時だからこそ自分から声を出すことが大切です。

第一声は非常に緊張しますが、一度自分から声を出してしまえばあとはラクになります。

ほかの人がやりたがらないことをあなたがやることで面接官の評価も高くなるのです。

 

ワンポイント
率先して行動することで差別化を図り採用担当者の評価を上げよう!

グループワーク突破のためのポイント

キャリアウーマン

グループワークを突破するには何を意識すればいいのでしょうか。

あらかじめ押さえておくことでしっかり準備できます。

具体的にグループワークで大切なポイントを3つ見ていきましょう。

企業研究を徹底して行う

グループワークで出題されるテーマは企業の実際の業務に関係するものが多くあります。

自分が受けようとする企業の業務内容や沿革、さらに業界知識について徹底して押さえておきましょう。

企業を知ることがグループワークの対策にもなります。

また、企業研究しながら出題者の気持ちになってテーマを考えてみるのも良い対策です。

グループワークの進め方も一緒にシミュレーションすれば、どのようなテーマが出題されても焦ることはなくなります。

自分の意見を少しでも発言する

笑う女性

消極的で自分の意見を発言することが苦手な人は少しでも発言できるよう普段から心がけてください。

失敗しても良いので自分の考えを言えるように練習しましょう。

このとき結論から話し始めることで簡潔かつ要領よく話すことができます。

一方で、自分の意見ばかり話し過ぎる人はほかの人の話をよく聞くことを意識してください。

自分の意見ばかり発言すると、協調性がない人とマイナスの評価を与えられるでしょう。

協力する姿勢が重要

グループワークの目的は協力してより良いものを時間内に作り上げることです。

たくさん発言すれば良いというものではありません。全体の流れを把握しながら最善を尽くすことが大切です。

周りと協力することで自分だけでは考えつかなかったアイディアが生まれることにもつながります。

チームワークを意識してグループワークを乗り切りましょう。

グループワークが苦手な人の対処法

考えるビズネスウーマン

グループワークが苦手な人はどのように対処すればいいのでしょうか。

押さえておきたいポイントを2つご紹介します。

自分の意見が言えない時の対処法

自分の意見が言えない時は人の意見を聞くことに集中してください。

人の話を聞くことで「私はこう思う」という気持ちが芽生え、次第に自然と発言できるようになります。

何か話さなければいけないと思いすぎると逆に話しづらくなるものです。

焦ってしまえば頭の中が混乱し、ますます発言することは難しくなるでしょう。

したがって自分の意見が言えない時は相手の話をじっくり聞いてください。

気持ちを落ち着かせることで自然と言葉が出てきます。

話についていけない時の対処法

グループワークで話についていけない時は思い切ってメンバーに伝えましょう。

分かったフリをして頷くことは避けてください。

グループワークの目的はあくまでもチームで1つのものを作り上げることです。

分からないことをそのままにするということは実際に仕事でも見て見ぬふりをする人と評価されてしまうでしょう。

話についていけないと正直に発言することは勇気が必要です。

しかし、分かっているフリをすることの方が評価にも影響するので、ついていけない時は正直に伝えましょう。

 

ワンポイント
グループワークが苦手でも準備すれば対処できる!

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性提案

転職活動では悩みを抱えがちです。

今のままでいいのか、このまま続けて転職できるのか不安になる場合もあるかもしれません。

そんなときは転職エージェントに相談しましょう。

エージェントは転職のプロです。これまで数多くの悩みや相談を受けてきました。

1人で考えたり悩んだりするよりも専門家の意見を聞くことで悩みが晴れるかもしれません。

第三者の視点で自分のことを見つめ直すことが転職成功のポイントといえます。

困った時はエージェントを頼りましょう。

また、エージェントがあなたに合った転職先を見つけてくれますから理想の未来を手に入れやすくなります。

まとめ

OKサインを出す女性

グループワークはチームで1つのものを作り上げる選考方法です。

採用担当者はあなたが持つ本来の特性や物事に対する考え方、協調性などをチェックしています。

実際に仕事を行う時のシミュレーションを短い時間で行っていると考えてください。

組織で働くということはチームの一員として働くということ。決して1人で働いているわけではありません。

会社に所属するために必要な適性があるかグループワークを通して評価されています。

グループワークを乗り切るためにはしっかりとした対策が必要不可欠。

1人で対策するよりエージェントを活用して客観的に評価してもらうことがポイントです。

うまくエージェントと連携し転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら