コミュニケーションプランナーの仕事がインターネットなどで注目を集めるようになりました。

しかし、その具体的な仕事内容を知らない人が多いのではないでしょうか。

広告を作る場合に、どのようなコンセプトで作ればいいのかを考える人がコミュニ
ケーションプランナー
です。

宣伝広告は作る目的によってさまざまな方法があり、そのプランを考える仕事です。

単なる商品の宣伝の場合もありますし、自治体などの広報活動も含まれます。

コミュニケーションプランナーの仕事は多岐にわたっており、求められるスキルも幅広いと考えなければなりません。

インターネットの時代となり、市場動向を知るための情報がたくさん入手できるようになりました。

しかし、その傾向を正しく把握しなければ思ったような宣伝効果が期待できないことがわかってきました。

広告業界では論理的な観点で宣伝広告の手法を検討することが一般的になっています。

学術的なマーケティングの理論から、人の消費行動や情報に対する反応がある程度予測できます。

これからコミュニケーションプランナーへの転職を考えているなら、時代に即した仕事内容を理解しなければなりません。

そして自分の志望動機を明確にすることが大切です。

Contents

コミュニケーションプランナーの志望動機の書き方を解説

本を読む女性

履歴書に記載する志望動機の書き方について解説しましょう。

コミュニケーションプランナーに限らず、履歴書は自分をアピールするための重要な書類です。

その中でも志望動機の文章は採用担当者が必ずチェックする項目となります。

志望動機を書く場合仕事内容を理解することは当然ですが、自分のアピールポイントを意識することが大切でしょう。

しかし、意外と自分のいいところに気づいていない人が多いのです。

これまでの経験や持っているスキルをアピールしてください。

コミュニケーションプランナーの主な仕事内容

仕事する女性の画像

コミュニケーションプランナーの仕事内容を整理してみましょう。

コミュニケーションプランナーの名称で使われているコミュニケーションの意味を考えてください。

これは人と人とが意思を通い合わせる行動を意味しています。

企業や自治体が対象となる人に何かを伝えることが目的です。

伝えたい何かは明確ですが、その方法がわからないことが少なくありません。

例えば、企業の宣伝はテレビの映像だけでは不十分だと考えて、インターネットの広告や新聞媒体を活用しているでしょう。

たくさんの広告宣伝費を投入しても期待通りの効果を得ることは難しいのです。

コミュニケーションプランナーは使用する媒体だけではなく、どのようなアピールの方法が対象者に届くのかを考えます。

それをクライアントに提案します。

コミュニケーションプランナーの仕事は最近出てきたのではなく、これまでもたくさんの人が広告業界で仕事をしてきました。

しかし、どのようにアピールするかについては経験に頼っており論理的に考察されてこなかったのです。

インターネットの時代となり、広告の持つ重要性が再認識されました。

現代ではコミュニケーションプランナーという役割が重要だと認識されています。

 

ワンポイント
誰に何を伝えるかを意識することが重要な仕事である。

企業が求めている人物は?

考える女性

コミュニケーションプランナーの仕事内容はかなり幅広くなっていますが、最終目的は明確です。

そのために企業が求めている人物はどのような人物でしょうか。

志望動機を書く時にはそれを意識することが大切です。

コミュニケーションプランナーは、目的に応じた情報を収集し適切なプランを提案しなければなりません。

豊富な経験を持っている人なら、高い効果が期待できるプランを考えられるでしょうが、そのような人はごく一部です。

直感ではなく人とのコミュニケーションを通して、情報を収集する力が必要です。

またIT技術を活用して市場のトレンドを知る力も大切でしょう。

検索サイトなどにはたくさんの情報がありますが、それを正しく分析しなければ対象者の考えがわかりません。

自分が求められるような人物にはなり切れていないとしても、入社してからのスキルアップにも言及していいでしょう。

コミュニケーションプランナーの志望動機のポイント

指を立てる女性

コミュニケーションプランナーの志望動機を書く場合のポイントを考えてみましょう。

採用されたとしてもすぐにコミュニケーションプランナーとして活躍できるわけではありません。

経験が不足しているからです。それでは、志望動機に何を書くべきでしょうか。また、書いてはいけないことは何でしょうか。

業界を選んだ理由を伝える

まずは業界を選んだ理由です。広告業界の仕事は幅広く、コミュニケーションプランナーはその一部にすぎません。

単なるあこがれだけでは志望動機としてのアピール不足です。自分がこの業界でどのような仕事をしたいのかを記載してください。

また、広告によって誰に何を伝えたいのかを意識するといいでしょう。

今はスキルが伴っていないとしても、その熱意はアピールできます。

具体的な経験の活かし方を伝える

タブレット、女性

これまでの経験を活かすことも大切です。

誰でも仕事を通じて何らかの経験をしています。それは小さなことであり豊富な経験には感じられないでしょう。

しかし自分の具体的な経験がコミュニケーションプランナーとして、どのような方法で役立つかを書くようにします。

現実にはコミュニケーションプランナーの仕事の一部にすぎないかもしれません。

しかし、効果的な活かし方があるはずです。

 

ワンポイント
・業界で何をしたいのかを書く
・経験を活かす方法が重要である

コミュニケーションプランナーの志望動機の例文

勉強する女性

具体的なコミュニケーションプランナーの志望動機を紹介しましょう。

これは例にすぎません。自分の経験と考えを具体的な文章にすることを心がけてください。

自分のやりたいことを書いた志望動機例

私はこれまで営業として電気製品を販売してきました。

その仕事を通じて、お客様が何を期待して商品を購入しているのかを考えるようになりました。

同じ製品でも求めるものは違っています。これはコミュニケーションプランナーにも通じるのではないかと考えています。

人とのコミュニケーションは十分経験しています。

そのスキルを活かせば、広告で何かを伝えられるのではないかと思うようになりました。

貴社を希望したのは新しい取り組みに関心を持ったからです。自分も経験を積んで貴社に貢献したいと考えています。

自分の経験を活かす志望動機例

書類を抱える 女性

これまではプログラマーとして、いろいろなシステムの構築に携わってきました。

ただ、実際に動作するシステムが利用者にどのように活かされているのかを知る機会がない仕事でした。

貴社を希望した理由は、お客様の気持ちになって考える仕事がしたいと思ったからです。

コミュニケケーションプランナーとしてのスキルは不十分かもしれませんが、データベースのプログラミングは経験してきました。

これらの経験を活かして市場調査などに取り組みたいと思っています。

未経験者の志望動機例

これまで広告業界や人と直接接する機会のない製造の仕事をしてきました。

ただ、直接お客様の顔は見えませんが、自分が作る商品が社会でどのように役立っているのかを想像しています。

使う人の立場に立つことで信頼性の高い商品を作るモチベーションとなっていました。

貴社を志望した理由は、これまでやったことのない仕事にチャレンジしてみたいと考えたからです。

広告業界での仕事は未経験ですが、相手の立場や考えを理解することはできると思います。

新しい仕事に慣れて、貢献できるようになりたいと考えています。

コミュニケーションプランナーの志望動機のNG例

パソコン、女性

コミュニケーションプランナーの志望動機を書く場合には具体的な記述が重要です。

漠然とした内容にならないように注意しましょう。

具体的な記述がない志望動機例

私は前職では人と接する職場を希望していましたが、その機会がありませんでした。

自分のスキルアップは期待できないと考えて、新しい仕事にチャレンジしたいと思うようになりました。

貴社を希望したのはコミュニケーションプランナーとしての仕事ならやりがいを持てると考えたからです。

経験はあまりありませんが、自分のスキルを高められると思っています。

仕事内容を理解していない志望動機例

悩む女性

これまでの仕事をこつこつとやってきましたが、その成果を実感することができませんでした。

自分が頑張った成果が目に見えるような仕事がしたいと思っています。

コミュニケーションプランナーの仕事にあこがれるようになりました。

貴社を応募したのは広告業界でも注目されている企業であり、自分もチャレンジしてみたいと思ったからです。

自分の経験を否定する志望動機例

コミュニケーションプランナーは以前からなりたいと思っていました。

これまでの仕事は全く違う業界でしたから、ほとんど未経験になります。

コミュニケーションプランナーの具体的な仕事内容はわからないことが多いかもしれません。

心機一転でリセットして、新しい仕事に全力で打ち込みたいと思います。

 

ワンポイント
・具体的な記述をする
・仕事内容を理解する
・自分の経験を否定しない

コミュニケーションプランナーの転職で有利になる資格

本を開く女性

コミュニケーションプランナーに必要な資格はありません。ただ、客観的なスキルを評価する指標として活用することができます。

資格を履歴書に書くことで有利になりますから、積極的に取得するといいでしょう。いくつかの資格を紹介します。

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定はマーケティングの理論的な知識だけではありません。

それをビジネスに活用するためのスキルが問われる検定試験です。

現代のビジネスにおいてはマーケティングを意識せずに企業経営を行うことはできないと考えられています。

目の前の消費者だけではなくインターネットを通じた消費のウエイトが大きくなっているからです。

この検定はマーケティング理論をベースにして、それをビジネスとして活用する時の方法などを学ぶことができます。

検定のための勉強が実務に活用できるでしょう。

マーケティング検定

マーケティング検定はマーケティングに関する広範囲の知識が出題されます。

市場の動きを分析する方法やその後の傾向を予測するために必要な知識です。

コミュニケーションプランナーとして役立つのは、消費者がどのような行動をとるかを予測しなければならない時でしょう。

もちろん、現実は理論通りにはなりませんが、データを分析すればわかってくることがたくさんあります。

データ分析士

データ分析士はその名の通り、データを分析するスキルを持っている人です。

このデータはインターネットから集められた膨大なデータだけに限定されるわけではありません。

いろいろなデータからパターンを見つけ出し、将来を予測することも可能でしょう。

コミュニケーションプランナーの仕事だけではなく、特定の環境で人がどう行動するかを考えるヒントも与えてくれます。

データ分析のスキルは転職に有利になるでしょう。

 

ワンポイント
・マーケティング・ビジネス実務検定はビジネス活用のスキルが得られる
・マーケティング検定は理論のスキルが身につく
・データ分析士は膨大なデータの分析ができる

志望動機が思いつかない時の対処法

鉛筆を持つ女性

コミュニケーションプランナーの志望動機がどうしても思いつかない時にはどうすればいいでしょうか。

下に記載しているようなテクニックを解説しましょう。

  • 自分の経験の棚卸
  • 人からのアドバイス

過去の経験を棚卸する

自分の経験をアピールすることが大切ですが、具体的な経験が頭に浮かんでこない場合もあります。

その時には経験の棚卸をしましょう。棚卸とは整理することです。

自分の経験をリストアップしてみて重要なこととどうでもいいことに分けます。

また、得意なことも同じように棚卸してみるといいでしょう。

自分が持っている経験やスキルが意外と役に立つこともあります。そのことに自分で気づいていないのです。

人から客観的なアドバイスをもらう

自分では気づいていないことがたくさんありますから、人からアドバイスをもらうこともいいでしょう。

他人のことなら、よくわかるのは誰でも同じです。客観的な視点に立つことができるからです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

OKサインを出す女性

志望動機が書けずに悩んでいる転職希望者は少なくありません。

このような時には転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

大きな悩みではなくても気軽に相談ができます。悩みを話すことで冷静になれることは少なくありません。

まとめ

スマホガッツポーズ

コミュニケーションプランナーの志望動機を書くためには仕事の内容を理解しなければなりません。

また、転職が有利になる資格取得も検討しておきましょう。

コミュニケーションプランナーの仕事が未経験でも、これまでの経験やスキルが役に立ちます。

志望動機を書く場合には自分をアピールする意識を持ってください。それが採用担当者の注意を引き付けるでしょう。

転職を成功させるためには、充実した志望動機が第一歩です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら