編集者と聞くと小説家と一緒になって働いている人だと想像する人もいるでしょう。

将来企画を提案してみたり文章を校正する仕事がしたいと思い編集者の仕事に興味を持つかもしれません。

編集者の具体的な仕事内容を知らない人も多くいるはずです。

どんな毎日を過ごしているのか何をしているのかわかりません。

作品を手がけて出版された時のやりきった感じは他の企業ではあまり味わうことはないでしょう。

編集者の仕事内容やスキル、将来性についてご紹介します。

編集者の仕事内容を解説

部屋の広さを確認する女性

編集者にはどんな仕事があるのでしょうか。

小説家や漫画家に付き添い打ち合わせや記事の校正を行っているイメージはあります。

出版社で働いている編集者は規模の大小によって仕事が異なるのかも気になるところです。

どのような違いがあるのかご紹介します。

規模が大きい出版社の場合

会社に就職するならどちらかというと大手の企業に就職したいと思う人が多いでしょう。

憧れる人は多いですが大手企業はまず入社できる確率がとても低いです。

お給料は高いですがその分部署異動も頻繁にあります。

仕事はとても充実していてやりがいはありますがその分大変さも強いられることになるでしょう。

規模が小さい出版社の場合

出版社が小さくても仕事をする上では編集者は変わりません。

大企業ならその分オフィスも広いし活気もあるでしょう。

小さい企業も活気はありますが人が密集しているため少々オフィスが狭く感じられるかもしれません。

編集者の仕事の流れをチェック

提案する女性たち

一つ一つ工程を終えながら作業をこなしていきます。

一つずつのパーツはとても重要でありどれもなくてはならないものです。

仕事量は多岐にわたるため一つずつ確認していきましょう。

企画の立ち上げ

作品を読者が読むためにどんな作品だったら手に取ってもらえるだろうかを考えます。

また読者層に合わせて企画を考えなければなりません。

面白い本、感動する本などジャンルは多岐にわたります。

自分で企画したものが正解かどうかは誰にもわかりません。

自分で考えた企画を提出するようにしましょう。

提出した企画は編集長や担当者の人たちが集まってどの企画を使うのか会議します。

雑誌なら特集を組むこともあるでしょう。

どういった企画を選ぶのかによって枚数や具体的な企画内容を決めていきます。

自分が持ち込んだ企画が選ばれない場合もありますがだからといって仕事を放棄してはなりません。

方針が決定したらすぐにでもその仕事に取り掛かりましょう。

予算を決める

何をするにも予算は必要になってきます。

仕事を受けて行動するだけではいけません。

予算にも限界がありますのでこれくらいの予算だからこれくらいのことまではできるということも考えなければならないのです。

予算に合わせて行動することも忘れないようにしましょう。

取材

カメラを構える女性

企画が決定したら実際に記事を執筆してもらうライターを選びます。

ここから編集者とライターの二人三脚がスタートします。

記事の執筆がしやすいように現物を見て想像力を膨らませることがあるでしょう。

そのため取材の準備を進めましょう。

ライター自身の手で取材を申し込む場合もありますが編集者が行う場合もあります。

写真が欲しいとあればカメラマンに依頼して現場に同行してもらうこともあるでしょう。

それぞれすでに日程が決まっている場合がありますので取材をするなら早めにライターと打ち合わせをして決めた方がいいです。

取材が必要な時にすでに日程が埋まっていては仕事に支障が出てしまいます。

そうなることを防ぐためにライターとよく話し合うことが大事です。

記事の編集

ライターが執筆したものを編集者が記事を編集します。

誤字脱字はないか間違った表現はしていないかなど丁寧に作業するようにしましょう。

間違っている場所があれば修正をします。

情報として合っているかどうかも見極める必要があります。

間違ったまま作品を提出するわけにはいきません。

しっかりと責任を持って編集作業にあたりましょう。

原稿を印刷所へ送る

原稿を読む女性

記事の編集が終了したら原稿を印刷します。

印刷会社にお願いをしますが見直しは原稿を渡す前が最後です。

これより先はミスがあったとしてもやり直しが難しくなります。

そうならないために編集はとても重要であり神経を使う作業です。

印刷を印刷会社へ依頼したら一通りの作業はすべて終了となりまた新しい企画に取り掛かるという流れです。

 

ワンポイント
編集者は順を追って様々な仕事をこなしています。一つずつきちんと行うことでより素晴らしい作品に仕上げることができます。

編集者の役割

書き物をしている女性

ライターが記事を執筆しやすいようにサポートすることです。

一つの作品になるまで共に乗り越えていかなければならないためあらゆる面に気を配る必要があります。

執筆に集中してもらうために執筆以外のことに目を向けて行動することが求められます。

前準備ができていなかったりサポートが万全でなければライターも思うように執筆できません。

 

ワンポイント
ライターのサポートをこなしつつ自分に与えられた業務を遂行できるようにする必要があります。

編集者のやりがい

伸びをする女性

一番のやりがいは原稿を提出し印刷され形となることです。

雑誌にしても書籍にしても仕上がれば一つの本として出版されます。

それが人の手に渡った時はやってよかったと心から思えるでしょう。

ですが編集者は常に締切に追われています。

無事に印刷所へ原稿を届けることができれば一息つくことができるのです。

自分の作った書籍や雑誌が本屋さんに並んでいたときはうれしくなりますしそれをお客様が手に取って購入してくれた時は感動します。

また書籍や雑誌の売り上げがあがればその本に対して取材が行われる場合もあります。

その時はこの仕事でよかったと思える瞬間でしょう。

自分が作ってきたものが一つの作品になりそれが形となって残ります。

頑張ってきた証が詰め込まれたものになりますのでやりがいは大いにあるといえるでしょう。

編集者の大変なところ

慌てる女性

どの業界でも同じことかもしれませんが締切までに間に合わせなければなりません。

これだから編集者はと言われないように必ず期日までに仕上げる必要があるのです。

そのため残業は日常茶飯事で仕事が追いつかない場合は泊まり込みすることもあります。

期日を守ることが絶対であり当たり前のことです。

万が一締切までに間に合わないとなれば担当している書籍や雑誌が遅れてしまいます。

自分のせいで作品に穴が開いてしまうことになるため期日までに仕事が終わるように業務を進める必要があります。

作品に穴が開くだけでなく他の担当者にも大きな迷惑がかかってしまうのです。

仕事が忙しいでは理由にはなりません。

忙しいけれどこなしていくことが編集者なのです。

編集者に必要なスキル

パソコンをしている女性

さまざまな業務をこなしていくことで持っておいた方がいいスキルがあります。

紙媒体で執筆される人やweb媒体でも執筆される人がいるため多くのスキルを身につけておかなければなりません。

パソコン操作スキル

電子書籍が普及している現代、編集者はwebのスキルも磨かなければなりません。

進化している時代に対応していかなければなりません。

原稿を書き上げるのは紙だけでなくweb上で仕上げるライターもいます。

どちらであっても編集者はそのスキルを兼ね備えていかなければなりません。

パソコンのスキルがない編集者は仕事ができない人と思われ仕事が自分の元に回ってこなくなります。

ライターの中にはすべてwebで完成させてしまう人もいるでしょう。

デジタル化はどこにいっても進んでいます。

そのためパソコンのスキルは必須といえるでしょう。

校正技術

記事を校正することも編集者の仕事です。

場合によっては校正担当者が記事の校正を行うこともあるでしょう。

情報が間違っていてはいけませんので正しい情報が使われているかどうかを確認します。

また漢字が正しいかどうかもチェックします。

ありがちな間違いやそのものによって使われる漢字が違っていないかどうかまで調べなければ意味の通らないものになってしまうからです。

漢字を使うことが多いライターはweb媒体であれば変換ミスも考えられるため細かい部分まで確認作業を怠らないようにしましょう。

紙媒体であれば正しい漢字が書かれているか送り仮名は間違っていないかなどを見る必要があります。

雑誌の記事であれば特集であっても数ページで校正作業は終了しますが小説や漫画の場合はそうはいきません。

何百ページという単位が当たり前の物語になりますのでそれなりに時間もかかってきます。

この世に一つとない作品を完成させるため校正作業はしっかりと行いましょう。

情報収集力

スマホを持ちOKサインを出す女性

ライターが記事を執筆するわけですがたとえ何を聞かれても答えられるようにしておかなければなりません。

そのため日頃から情報収集は必須といえるでしょう。

いろいろなことに目を向け自分の知識として持っておく必要があります。

情報量は大いにこしたことはありません。

この人は物知りだと言わせるようになんでも知っておけば仕事にも役立つかと思いますし仕事がやりやすくなるでしょう。

ライターよりも先に情報を入手しておくことも大事です。

期日もありますが相手を急がせるようなことはしてはなりません。

そんなことをすると質のいい文章が書けなくなってしまいます。

質のいい文章を書いてもらうためにもライターが知りたがっている情報を先回りして調べるようにしましょう。

文章を執筆しているライターのサポートに全力で取り組むとよりよい物語が完成します。

 

ワンポイント
web媒体が進む中でより身に付けておいた方がいいスキルが増えました。編集者としてこれからも活動していくためにしっかりと身につけておきましょう。

編集者の需要や将来性

旅をする女性

編集者にとって将来性はあるのか気になるところです。

デジタル化が進む中で仕事が減っているのではないかと不安になる人もいるでしょう。

そんな中で需要はあるのか将来性はどうなのか時代とともに変化していくものです。

需要

紙媒体の時代からweb媒体の時代になりつつあります。

もちろん書籍は小説や雑誌など本屋さんにいけばたくさんあります。

web媒体で楽しむよりも紙媒体の方が好きだという人も中にはいるでしょう。

ほとんどがWeb媒体で電子書籍が普及しているため編集者はあまり需要なんてないのではないかと思う人もいるでしょう。

ただ小説家や漫画家といった書く仕事をしている人たちからすると編集者はなくてはならない存在です。

小説家や漫画家は編集者と一緒でなくては仕事は成り立ちません。

そのため編集者が必要ないなんてことはまったくないのです。

どの業界でも仕事ができる人が有利な状況です。

仕事ができない人とパートナーにはなりたくないと誰もが思うでしょう。

将来性

これからはweb媒体で作品を楽しむ人が増えてくるでしょう。

そうなったとき、小説家と仕事をしていく上で編集者としてより一層業務に努める必要が出てきます。

有能な編集者のところに仕事はやってきますので編集者として生き残っていくことはできるでしょう。

今まで通りの作業だけをするのではなくそれ以上の仕事をしなければ仕事がなくなってしまいます。

紙媒体とweb媒体、両方の仕事ができる編集者が今後も活躍していけるでしょう。

活躍の場はどう変わる?

本が好きで毎日読んでいるという人も中にはいるかもしれません。

読書をすることはとても大切なことです。

漢字の読みがわかったり読解力も身につきます。

利点しかありませんが近年読者離れが進行しています。

そのため出版社自体が倒産危機に追い込まれたり書籍や雑誌が廃刊になるといった始末です。

一番打撃が大きいのが編集プロダクションです。

仕事が取れたとしてもその単価が低いため頭を悩ませています。

書籍は書籍でも電子書籍という新しいコンテンツが増えました。

今後どうすれば読者を楽しませることができるのかその発想力が大事となってくるでしょう。

働く上で大変なことはこれからも起こりそうですが出版社から自分が消えないように考案力が必要とされそうです。

編集者は未経験でも目指せる?

考えている女性
そもそも編集者の求人には経験済みという言葉が必ずといっていいほど書かれています。

そのため経験が全くないといった未経験者は編集者の仕事をすることは困難でしょう。

求人をみても未経験者はあまり歓迎されていません。

編集者の仕事をどうしてもやりたいというのであればアルバイトから始めましょう。

編集プロダクションのアルバイトから始めてみてそこから経験を積めばいずれ編集者の仕事をすることができます。

どんな人でも最初は経験を積むためにアルバイトから始まります。

長い下積みを経験してから一人前の編集者に育っていくのです。

会社で実際に仕事を経験していると編集長や周りにいる先輩の目に触れます。

自分の頑張り次第で一人前になれるかどうかが決まってくるのです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

頭を抱える女性

時には何日にもわたって悩んでいる人もいるでしょう。

誰かに相談ということも忘れて解決に至ろうとします。

転職がうまくいかない人は最終的にたどりつく場所があります。

転職エージェントはどんな人であっても解決に導く人です。

今まで行ってきた仕事は毎日同じことの繰り返しだから仕事に慣れて行うことができたけれど転職はそうではありません。

今までの仕事よりも悩ましい問題であることは明白なのです。

自分の未来のために是非転職エージェントを利用しましょう。

話したいことがまとまらない人は順を追って相談するようにしましょう。

転職エージェントはその人のこれまでの仕事内容を知りません。

いきなり転職したいといってもなぜそうなったのか仕事は何をしていたのかわからないからです。

転職者のこれまでを把握しなければその人にあった仕事を探すこともアドバイスをすることもできません。

物語を作るには起承転結が必要不可欠になります。

転職するにもそれは必要になるでしょう。

ヒアリングを行って転職者を満足そせられることがエージェントの役目です。

  1. 転職エージェントに相談する
  2. これまでに行ってきた仕事をヒアリングする
  3. 転職できるように行動する

 

ワンポイント
転職者を無事に転職させてあげることがエージェントの使命です。相談することに躊躇する必要はありません。

まとめ

本を読む女性

編集者の仕事は多岐に渡り業務に追われ大変な作業となりますがその分やりがいも十分にあります。

自分が制作に関わった作品が出版され本屋さんに並んだところをみると嬉しくなるでしょう。

そしてその本を誰かが手に取ってくれて購入してくれた時には我ながらほほえましくなります。

自分がやってきたことは必ず無駄にはなりません。

辛いこと大変なことはありますが一つ一つ積み重ねていくことで自分の元へ返ってくる日がやってきます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら