コミュニケーションプランナーの需要が高まっていますが、具体的な仕事内容を知らない人も多いでしょう。

これからコミュニケーションプランナーに転職したいと考えるなら、どのような役割なのかを理解しておかなければなりません。

時代とともに社会は変化しています。その時代にマッチした仕事と役割が求められるようになります。

コミュニケーションプランナーも新しい仕事と思うかもしれませんが、これまでは誰かがやってきた仕事です。

ただ、高いスキルを持つ人がかかわることで仕事の完成度がよくなることがわかってきたため、注目されるようになりました。

あいまいだった仕事に明確な役割と名称を与えることで、自分のやりがいを感じることができるようになります。

コミュニケーションプランナーとして表舞台に立っている人だけではなく、チームとして働いている人は少なくありません。

企業内ではチームによる役割分担をして、安定した収入を得られる仕事です。

Contents

コミュニケーションプランナーの仕事内容を解説

女性

コミュニケーションプランナーの名前は聞きなれないかもしれません。

しかし、その役割の重要性が認識されるようになってきました。

クライアントと消費者のコミュニケーションがスムーズにできるかどうかがポイントです。

携わる人材のスキルが広告作成の成果につながっていることがわかってきたからです。

その成果のキーとなる人材がコミュニケーションプランナーと呼ばれています。

コミュニケーションプランナーが一つの職種として注目されています。具体的な仕事内容を解説しましょう。

調査

コミュニケーションプランナーの仕事は市場調査から始まります。

依頼するクライアントは企業や自治体など様々です。

目的としていることははっきりしているが具体的な方法がわからないために相談しているのです。

ただ、相談内容が違うと対象となる市場も違ってきます。それを明確にしてから仕事を始めなければなりません。

対象となる市場は依頼される内容によって判断していきますが、明確になっていない場合も少なくありません。

対象の市場が明確になったら、どのようなトレンドになっているかを調べることが市場調査です。

一般的な企業であれば自社開発の製品やサービスを消費者に提供することで経営が成り立っています。

つまり、消費者が求めているものを知ることが市場調査となるでしょう。

コミュニケーションプランナーは市場調査を通じて求められる商品やサービスの情報をまとめます。

そして、それを実現するためのコミュニケーション手段を考えていきます。

プランニング

ノートを持つ女性

市場調査によってわかったことからコミュニケーションの方向性を考えます。

もちろん、クライアントが目的としている内容に沿っていなければなりません。

それがプランニングとなります。

プランニングとは市場が求めているものに合致した製品やサービスの宣伝を具体的にすることです。

当然ですが、クライアントの企業の業務内容によってプランニングの形は変わってきます。

漠然としたイメージしかない場合もありますし、これまでの考え方から脱却できずに行き詰まってしまう場合もあります。

これらを整理するのはコミュニケーションプランナーのスキルと考えましょう。

サービス提案

クライアントに対して具体的なサービスを提案することも、コミュニケーションプランナーの仕事となります。

企業が新しいサービスを始めるための重要なアドバイスと考えなければなりません。

一つの提案だけではなく、複数の提案をすることが普通です。

どの提案を採用するかはクライアント企業が決めますが、将来性や採算性など多面的なサポートが必要となるでしょう。

市場動向を把握するだけではなく、そこから何を感じられるかはコミュニケーションプランナーのスキルと考えてください。

いつも提案した宣伝が成功するわけではない点も注意しておかなければなりません。

 

ワンポイント
・市場調査でトレンドを調べる
・目的に合わせた方向性をプランニング
・具体的なプラン提案

コミュニケーションプランナーの役割は?

考える女性

コミュニケーションプランナーはクライアントと消費者のコミュニケーションである宣伝を手助けする役割を担っています。

消費者の考え方は時代とともに変化しており価値観も多様化する方向です。

時代の流れを敏感に感じ取り、それを具体的なビジネスへと展開するスキルが求められているといえるでしょう。

コミュニケーションプランナーの役割は市場調査から始まり、プランニング、提案と段階があります。

ただ、最終的な宣伝広告の実施まで担当する場合も少なくありません。

市場のニーズは常に変動しており流行も毎年変わりますから、広告内容の変更も視野に入れておくのです。

求められる内容に応じた柔軟なプランニング提供もコミュニケーションプランナーとしての役割です。

時代の最先端の仕事と考えてください。

コミュニケーションプランナーに求められるスキル

スーツ、女性

コミュニケーションプランナーの役割を考えればIT技術を活用したデータ整理のスキルが重要だとわかります。

市場を見る感性も重要ですが、データに裏付けされたプランニングでなければクライアントを納得させることは難しいでしょう。

また、経営戦略的な視点も考慮しなければなりません。

市場調査の結果を報告するだけではなく経営者の視点に立ったプランニングのスキルが必要です。

大規模データの処理

IT技術を活用した市場調査では世界中のデータを集めますから、大規模なデータ処理となるでしょう。

どのようなデータを収集すればいいのかを判断するスキルが重要です。

国内市場だけではなく、世界市場を視野に入れている企業も少なくありません。また、海外からの参入に対抗する場合もあります。

いずれにしても、詳細なデータを分析するためには大規模なデータ処理が必須と考えましょう。

データベースの知識

集められたデータからトレンドを抽出するためにはデータベースの処理に関する知識が必要です。

同じデータを利用してもデータベースの処理の方法によっては調査結果が違ってくることもあります。

一人で担当するわけではありませんが、チームの各人が知識を持っておくことでハイレベルの調査が可能でしょう。

プログラミング技術

データベースを取り扱うためのプログラミング技術も大切です。

いろいろな角度からの分析によって市場調査を充実したものにしなければなりません。

自分の判断で分析することが多いため、プログラミング技術を持っていれば他の技術者に依頼する必要がなくなります。

プログラミングによって多面的な検討が可能となるでしょう。それもコミュニケーションプランナーのスキルと考えてください。

チームで仕事をする場合でも、自分にスキルがあれば多くの人から信頼されることになるでしょう。

コンサルティングの視点

市場調査の結果を評価することも大切でしょう。

評価することは、これから市場がどう動いていくのかを知り、提供すべき商品やサービスを具体的にイメージすることです。

クライアントに対して具体的なコンサルティングを進めます。

調査結果から何が見えてくるかを考える力は、誰でもが簡単に身につけられることではありません。

豊富な経験と論理的な思考が大切でしょう。

コミュニケーションプランナーに向いている人の特徴は?

女性

コミュニケーションプランナーの役割や求められるスキルを解説しました。

この仕事に向いている人の特徴を考えてみましょう。

社会人としての基本的なスキルは当然ですが、コミュニケーションプランナー特有のスキルを知ってください。

コミュニケーション力がある人

応対する女性

コミュニケーション力がある人は多くの人と会話をし、そこから得られた情報をまとめる力があります。

インターネットのデータを集めただけでは、市場の一面だけを見ることになってしまいます。

自分のコミュニケーション力をうまく活用できれば、貴重なデータとなるでしょう。

膨大なデータから得られた情報に対して、他の人の意見を取り入れることも必要です。

活用できる情報網を広げるためのコミュニケーション力と考えてください。

コミュニケーション力があれば、クライアントと消費者の間のコミュニケーションを意識したプランニングができるでしょう。

広告は見る人によって受け取り方が変わります。それがコミュニケーションの本質です。

論理的な思考ができる人

膨大なデータをまとめた結果を評価する際には論理的な思考が重要となります。

これまでの常識にとらわれない視点を持つには冷静な分析が大切だからです。

市場調査の結果が予想していなかったとしても、それが論理的に納得できるのであれば正しい答えだと断言できます。

IT技術の活用が論理的な思考の手助けとなります。技術を使いこなすスキルが必要です。

 

ワンポイント
・コミュニケーション力で情報をまとめる
・論理的な思考で冷静な分析

コミュニケーションプランナーがやりがいを感じる瞬間

ガッツポーズ

具体的なコミュニケーションプランナーの仕事内容は幅広く、クライアントによって大きく変わってきます。

それでも実際の仕事ではやりがいを感じることが少なくないでしょう。

課題解決の達成感

女性

目の前にある課題を解決することはコミュニケーションプランナーとして大きな達成感となるでしょう。

もちろん、その課題は大小様々です。

解決のために自分の力が役に立ったのだと感じることが重要なポイントとなります。

立案したプランが実現した時

クライアントに提案したプランが実現した時は、一つの仕事をやり遂げたと感じることでしょう。

一人の力ではなくチームとしての共同作業であっても自分のスキルが確実に役に立っているはずです。

個人的なやりがいは自分の仕事に対する考え方の違いで大きく変わってきます。

コミュニケーションプランナーの大変なところ

悩む女性

コミュニケーションプランナーの大変なところはこれまでにないアイデアが求められる点でしょう。

コミュニケーションプランナーが提案したプランがすべて、画期的なプランになるわけではありません。

ただ、既存から脱却したプランが大成功を収めている例は少なくないはずです。

そのための苦労は仕事をしている人だけがわかるのかもしれません。

コミュニケーションプランナーの仕事は正解のない仕事と表現できるでしょう。

それが仕事の魅力であり、やりがいとなります。

 

ワンポイント
仕事には正解はないがやりがいがある。

コミュニケーションプランナーの年収は?

電卓とパソコン

コミュニケーションプランナーの年収は企業によって異なりますが、400万円から700万円程度と考えてください。

生活するための仕事としては十分でしょう。

コミュニケーションプランナーの求人を探す注意点

コミュニケーションプランナーの求人はたくさんあります。いくつか注意しておかなければならない点を解説しましょう。

担当する業務内容を理解

就職先を探す女性

コミュニケーションプランナーの仕事は多岐にわたっているため、その中で自分が何を担当するのかを理解することです。

どこの企業でも入社したばかりの人に高いスキルが必要な業務を任せることはありません。

自分が何を求められているのかを確認しましょう。

コミュニケーションプランナーの華やかな部分だけを期待していると、実際の仕事が雑用ばかりでつまらないと感じてしまいます。

給与に残業代が含まれているか

企業で働くわけですから、就業時間外の残業をすれば残業代が支払われます。

ただ、残業が多くなる企業も少なくないため、求人先の企業の口コミなどを十分チェックしておかなければなりません。

企業によって考え方は異なりますが求人情報を確認しておけばいいでしょう。

 

ワンポイント
求人で求められているスキルや残業代をチェックしよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンを持つ女性

コミュニケーションプランナーとして活躍している人を見て、自分も同じような仕事をしたいと考える人は少なくありません。

しかし、どのようにすればなれるのかわからないことも多いでしょう。

そのような時には転職エージェントに相談してみてください。悩み解決のためには相談が一番です。

まとめ

パソコンを操作する女性

コミュニケーションプランナーになりたいと思うなら、仕事内容をしっかりと理解することから始めましょう。

仕事の流れは市場調査・プランニング・提案となりますが、一人で作業するわけではありません。

チームの中で自分の果たす役割を意識しましょう。

IT関連のスキルを求められる業務もありますし経営者視点での考え方も大切です。

自分がコミュニケーションプランナーに向いているかを考えておかなければなりません。

どのような仕事でもやりがいを感じる人は、自分がやっている仕事の目的を理解している人です。

大変な仕事だと思っても、それがやりがいになることもあります。

コミュニケーションプランナーの仕事内容は幅広いと考えてください。

求人情報をチェックする時には年収などの条件だけではなく具体的な業務を確認しておかなければなりません。

自分の将来を決めるために多くの情報を知ることが大切です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら