転職の際、自身のキャリアアップを目指して転職を決意する人は多いでしょう。

キャリアアップという転職理由は、面接などでも良い印象を持ってもらいやすい理由です。

しかし実際に面接官がどのように捉えるのか、不安に思っている人もいるかもしれません。

今回はキャリアアップという転職理由をどう伝えたらよいのか、伝え方のコツを解説します。

Contents

転職理由をキャリアアップにする場合の伝え方を解説

女性

転職理由は人それぞれで、面接官に好印象を持ってもらえる理由も様々です。

その中でも転職理由がキャリアアップである場合は、良い印象を持ってもらいやすいでしょう。

なぜならキャリアアップを目指しているということは仕事への意欲も十分にあるだろうと期待できるからです。

キャリアアップを理由に転職しているため、応募者自身も仕事への意欲や熱意は十分にあることでしょう。

しかし、その意欲は伝え方次第では空回りしてしまう場合もあります。

伝え方次第で同じ話でも相手の受け取り方は異なり、それは面接官であっても同様です。

キャリアアップへの自分の熱量を好印象を持ってもらえる形で伝えるには、伝え方のコツを押さえる必要があります。

そのコツや面接時の注意点を押さえて面接を成功させましょう。

キャリアアップが転職理由だと好印象な理由

まずはキャリアアップが転職理由だとなぜ好印象を持ってもらえるのか、その理由を解説します。

前向きな理由になるから

ガッツポーズ

まず、キャリアアップを目指しているということは仕事に対して非常に前向きな理由です。

仕事への前向きな姿勢があれば、何事にも意欲的に取り組んでくれるのではないかと面接官は期待を持てます。

後ろ向きなネガティブな理由の場合や、仕事への受け身な姿勢が見えてしまうと、逆に印象を落としてしまうでしょう。

向上心をアピールできるから

ビジネスウーマン

キャリアアップを目指していることで、自分の向上心をアピールすることができます。

キャリアアップをするためには、常に成長しようと行動することが大切です。

その成長を目指す向上心の高さをアピールすることによって、仕事への積極性も伝わるでしょう。

さらに向上心があるということは、常にモチベーションを高く持つ人材ともいえます。

仕事へのモチベーションは成果や業績にも関係してくるものです。

モチベーションを常に高く持てることで企業への貢献度も高まると期待できるため、好印象を持ってもらえるでしょう。

志望動機の説得力が増すから

キャリアアップが転職理由だと、志望動機の説得力を増すことができます。

志望動機は応募企業を志望した理由を述べるものです。

キャリアアップを目指す場合は、応募企業で何をしたいのかを明確に伝えることができるでしょう。

応募企業でどう働き、何をしたいのかが明確であれば、なぜその企業を志望しているのかも明確になります。

応募企業で実現したいキャリアアップを交えて伝えることで、志望動機の説得力が増すでしょう。

キャリアアップを転職理由にするデメリットは?

考えるビズネスウーマン

キャリアアップを転職理由にする場合、伝え方次第ではマイナスな印象を持たれてしまう場合があります。

それは自分の中でキャリアアップのイメージが漠然としてしまっている場合です。

キャリアアップとは何かという解釈は人によって異なります。

専門的なスキルを磨くことと考える人もいれば、より大きな仕事に携わることと考える人もいるのです。

解釈は様々でも、その解釈や方向性をしっかりと説明できれば好印象を持ってもらえるでしょう。

しかし漠然とした説明しかできなければ「深く考えられていない」と思われてしまいます。

キャリアアップを転職理由とする場合は、自分の中でキャリアアップとは何かを明確にしておきましょう。

 

ワンポイント
キャリアアップのイメージは明確にしておこう。

面接でキャリアアップを転職理由として伝える時のコツ

転職理由は面接で必ずといってよいほど聞かれる定番の質問です。

面接でキャリアアップを転職理由として伝えるコツを解説します。

現職ではできない理由をアピールする

女性

キャリアアップが転職理由の場合、現職ではできない理由を伝えましょう。

現職でもできるキャリアアップであれば、わざわざ転職しなくてもよいのではないかと思われてしまいます。

また面接官によっては本当は別に転職理由があるのではないかと疑われてしまうでしょう。

自分の目指すキャリアアップがなぜできないのか、その理由を明確にして伝えることで転職理由の説得力が増します。

具体的なエピソードを話す

面談する女性

キャリアアップを目指した理由に説得力を持たせるには、それを裏付ける具体的なエピソードが必要です。

なぜキャリアアップを目指しているのかが明確でなければ、漠然としてた転職理由になってしまいます。

キャリアアップを目指すきっかけになった出来事などを絡めて話すことで、理由をより明確にできるでしょう。

また具体的なエピソードを交えることで応募者のこれまでの働き方を面接官がイメージしやすくなります。

それによって入社後の働く姿もイメージでき、より効果的に印象づけることができるでしょう。

前職の経験を活かせることをアピールする

前職の経験をキャリアアップに活かせることもアピールしましょう。

これまでの経験や身につけたスキルをどう活かしていくかのビジョンがあるかどうかで印象は大きく変わります。

キャリアアップを目指しているといっても、これまでの下地が何もない状態では面接官は不安になってしまうでしょう。

企業側は仕事への意欲だけでなく、即戦力として働けるかといったスキル面も重視しています。

これまでの経験やスキルを活かしてキャリアアップをし、それが企業の成長へとつながることを期待しているのです。

キャリアアップというビジョンだけでなく、経験やスキルもアピールすることでより好印象を持ってもらえるでしょう。

志望動機につなげていく

キャリアアップを目指すという転職理由が応募企業の志望動機につなげられるように考えることも大切です。

転職理由は前職を辞めた理由であり、志望動機は応募企業に入りたいと思った理由をさします。

この2つをあわせて一連の流れができることで、より説得力を持たせることができるでしょう。

例えば、前職ではできないキャリアアップが応募企業でならできる、といったつながりを意識してみましょう。

このつながりがあることでどちらの理由も明確になり、より好印象を持ってもらえることが期待できます。

 

ワンポイント
「キャリアアップのため」という転職理由に説得力を持たせることを意識しよう。

面接での注意点を紹介

伝え方のコツ以外にも面接では気をつけるべき点は多くあります。

面接の際に気をつけたい注意点を押さえておきましょう。

嘘をつかない

サポート

面接ではどのような質問であっても嘘をつくことはやめましょう。

嘘をついてしまうとバレた時に信頼を大きく損なってしまいます。

その嘘が原因で選考段階で落とされたり、内定がでていても内定取り消しとなる場合もあるでしょう。

転職理由を聞かれた際にも、嘘をつかずに答えることが大切です。

本当の理由はネガティブなものだからと、キャリアアップを理由にしようと思う人もいるかもしれません。

しかし先述した通りキャリアアップのイメージが漠然としたままでは面接官に誤魔化している、と見抜かれてしまいます。

また本当にキャリアアップが理由だとしても過剰に盛って話せばどこかで無理が生じてしまう場合もあるでしょう。

嘘をつくと自分を追いつめることにもつながるため、嘘をつかない伝え方を意識することが大切です。

漠然としたイメージで話さない

考える女性

転職理由・志望動機のどちらであっても漠然としたイメージだけで話すのはやめましょう。

漠然としたイメージしか持っていない場合、実際とはギャップがある可能性があります。

そのギャップは企業とのミスマッチとの原因にもなってしまうものです。

応募した企業では思い描くキャリアアップが実現できないということもあるでしょう。

さらにキャリアアップのイメージも漠然としていれば、どんなスキルを伸ばすべきか把握できていない可能性があります。

それによって目標設定が曖昧なままになってしまい、何をすべきかというイメージも持てないでしょう。

イメージ漠然としていると、面接官はイメージのギャップが原因ですぐ辞めてしまうのではないかと不安を抱いてしまいます。

そうした不安を持たれないためにも、漠然としたイメージではなく正確な知識と理解をもとに話しましょう。

転職理由をネガティブに伝えない

転職理由はネガティブな場合は、それをそのまま伝えることはおすすめしません。

ネガティブな理由であってもポジティブな表現に言い換えて伝えましょう。

例え本当のことだとしても、前職の悪口などを話してしまうと自分の印象を落としてしまいます。

ネガティブな理由を話すと仕事や企業に対してもそうした後ろ向きな感情を抱く人という印象を与えてしまうでしょう。

しかしネガティブな理由を隠すために嘘をついてしまうとそれも印象としては悪くなってしまいます。

ネガティブな理由をポジティブに言い換え、仕事への前向きな姿勢や意欲をアピールしましょう。

面接でのアピールのコツは?

ポイント

面接では仕事への意欲とともに自分の考えをしっかりと持っていることを示すことを意識しましょう。

転職理由や志望動機では自分がどう考え・どんな経験を活かして・どう働きたいかを伝える必要があります。

自分の考えが明確になっていなければ、これらの理由に説得力を持たせて伝えることはできません。

人の言葉を借りたような表現では、面接官からは表面上取り繕っているようにも見えてしまいます。

自分の言葉で自分の考えを述べることでより効果的に自分をアピールできるのです。

そのためには自己分析企業研究が欠かせません。

自己分析をすることで自分の強みや目指すキャリアアップのあり方を明確にできます。

そこに企業研究で得た知識を組み合わせることで、なぜその企業を志望するのかも明確になるでしょう。

 

ワンポイント
自己分析と企業研究は徹底して行おう。

好印象を与える回答例

続いて好印象を与える回答例を紹介します。

例:営業職への転職

面接

私は前職ではルート営業のみの営業職に従事してきました。

お客様の要望に応えるためには、要望を正確に理解し、最適な提案をすることが大切です。

また契約を継続していただくためには良好な人間関係の構築が欠かせません。

そのためコミュニケーションスキルやヒアリング力を伸ばし、仕事にも活かしていました。

しかしルート営業では決まったお客様とのやりとりのみのため、提案の形などもパターン化してしまいます。

さらにスキルアップするために、新規開拓をする営業職を目指したいという思いが強くなりました。

しかし前職は今のお客様との関係を大切にしており、新規開拓営業に消極的でした。

積極的に新規開拓の営業を行っている御社で、これまでのスキルを活かして働きたいと思い転職を決意したのです。

例:企画職への転職

前職ではアパレルショップで販売員として従事していました。

アパレルではお客様がどんな服を求めているのかを理解し、それにあわせた提案をする必要があります。

お客様の好みを把握し、その方にあったコーディネートの提案もできるよう心がけていました。

そうした経験を積むことで身についたのが、お客様のニーズを把握し分析する力です。

そのニーズに応えるために、メーカーでの企画に携わりたいというという思いが強くなり、転職を決意しました。

販売員として従事している間から、服飾デザインに関する勉強を続けています。

その知識と販売員として得た実際のニーズやその分析力を御社の商品企画の場で活かしたいと思い、御社を志望しました。

例:ソフトウェア開発の上流工程への転職

私は現在ソフトウェア開発会社のSEとして従事しております。

ソフトウェア開発に関わる知識を幅広く身につけることにSEとしてのやりがいを感じ、仕事に取り組んでまいりました。

さらにスキルアップしてソフトウェア開発の上流工程にも携わりたいと思い、それらに関する知識も独学で勉強しています。

しかし現在の会社では作業が完全に分担されており、上流工程に携わることが難しい状況です。

これまでの経験と身につけた知識を活かしてキャリアアップしたいと思い、転職を決意しました。

将来的なキャリアアップのビジョンを伝えよう

説明するビジネスウーマン

キャリアアップが転職理由の場合は、どのようにキャリアアップしたいのかというビジョンも明確にしましょう。

キャリアアップのビジョンが明確であれば、入社後どのようなことに力を入れたいのかもみえてきます。

それを伝えることで、入社後にどのように働いて会社に貢献してくれるのか面接官の中でイメージがしやすくなるのです。

さらにその会社で目指すキャリアアップが明確であれば、実現のため長く会社で働いてくれるだろうという期待も持てます。

企業が選考中に特に注目しているポイントの1つが、その会社で長く働いてくれる人材かという点です。

こうした期待によってもより好印象を持ってもらえるでしょう。

 

ワンポイント
応募企業で実現したいキャリアアップのビジョンを伝えよう。

転職の面接のことなら転職エージェントに相談しよう

相談

転職活動中の人の中には本当にキャリアアップにつながる企業に転職できるのか、という不安を抱いている人もいるでしょう。

企業研究をするにしても自分1人では得られる情報にも限りがあります。

より確実にキャリアアップを実現させるためには、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは転職希望者の希望にそった求人情報を紹介してくれます。

さらに転職に関わる不安や疑問を相談することもできる、心強い存在です。

キャリアアップにつながる企業への転職を成功させためにも、ぜひ転職エージェントの活用を検討してみてください。

まとめ

女性

今回は転職理由をキャリアアップにする場合の伝え方を解説しました。

キャリアアップは向上心や仕事への意欲が強いように感じられる言葉です。

しかし自分の中でキャリアアップの定義が固まっていないと、漠然とした印象を与えてしまう言葉でもあります。

面接官に漠然としたイメージしか持っていない、と思われてしまう可能性もあるでしょう。

まずは自分の中で確固たるキャリアアップのイメージをつくり、それに向かってどう行動するかを明確にすることが大切です。

キャリアアップの明確なイメージを伝えることで、転職成功に大きく近づくことができるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら