文章に関わる仕事がしたいと考える女性は多いです。好きなことを仕事にできればモチベーションも上がるでしょう。

校正も文章に関わる仕事の一つです。コツコツと作業をして文章のクオリティを上げる仕事になります。

しかし実際校正がどのような仕事家疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では校正の仕事内容を解説しています。

仕事のやりがいや活かせるスキルの紹介も行いますので参考にしてください。

校正のキャリアパスや向いている女性の特徴なども確認してみましょう。

自分に合う仕事かどうか考えてみてください。

校正の仕事内容を解説

女性

校正の仕事内容を解説していきます。

校正は「文章の誤りを発見する」仕事です。

誤字脱字のチェックや漢字の誤用といった文章のルールの間違いを見つけることが仕事になります。

それに加えて「てにをは」の使い方の確認や用語の統一などの指摘も仕事の範囲です。

文章ルールが正しいかを確認

女性

校正は文章が定められたルールに従っているのかどうかを確認する仕事です。

漢字や文法の知識も必要になります。知らない言葉やわからない単語はそのままにせず都度調べなければなりません。

出来上がった印刷物と原稿を比べて一字一句確認を行います。

間違いが無くなるまで何度も確認を行う仕事ですので根気と集中力が必要といえるでしょう。

誤字脱字がないかを確認

女性

校正は誤字脱字のチェックも行います。

送り仮名や漢字の間違いを見つけたり表記が統一されているかどうかをチェックしたりする仕事です。

特に数字の表記は決められたルールと照らし合わせながら表記ぶれしていないか見る必要があります。

ら抜き言葉や固有名詞なども確認対象です。

本やネットなどと書式ルールが違うことがありますので、その都度ルールに照らし合わせて確認します。

働く場所は出版業界以外にもある

女性

校正として働ける場所は出版業界だけではありません。

広告会社や校正を専門にしている会社など探せば多くの働き方があるのが分かるでしょう。

ゲームのシナリオやネットにアップする動画で校正を必要とする場合もあります。

自分のキャリアプランを考えながら働く場所を考えてみてください。

校正の求人がうまく探せないという方がいらっしゃるかもしれません。

その場合は転職エージェントを活用してください。

転職エージェントは一般の求人情報の他にも非公開の求人情報を持っています。

転職エージェントに相談して自分の希望に沿った校正の仕事を見つけましょう。

校正と校閲の関連性

女性

校正と校閲は同じ仕事だと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしそれぞれの仕事には特徴があります。

文章の間違いを正すという意味では同じではあるのですが、作業内容に違いがあるので確認してみましょう。

校正の役割

本

校正の役割は本の原稿と印刷された文章を比べて誤字脱字がないか確認する役割があります。

文字の間違いや文法上の誤りなど「文章ルール」に間違いがないかをチェックする仕事です。

そのため校正の仕事は文脈を読むというよりも正しいかどうか元の文章と比較するという役割になります。

校閲の役割

女性

校閲は文章が事実通りに書けているかどうかの確認をする役割があります。

時代検証や事実確認を行い内容のチェックをするのが仕事です。

裏取りや数値の確認を行わなければならない時もあります。

正確なデータや事実確認の必要性などから文章の内容に関する基礎的な知識も必要になるでしょう。

内容を客観的に読み込んで事実確認を行いフィードバックするのです。

 

ワンポイント
校正は「文章ルール」校閲は「文章の正しさ」をチェックする仕事です。

校正の仕事のやりがいは?

女性

校正は出版社や作者からはとても頼りにされる存在です。

作者が完成したと思っている文章でも誤字脱字があればユーザーはクオリティが低いなと感じてしまうでしょう。

間違いを探し出し文章のクオリティを上げるということは商品の品質を上げることに繋がります。

そのため出版社や作者は校正とその過程をとても大切にするのです。

校正としてエンドユーザーから反応があることはとても少ないといえるでしょう。

しかし出版社や作者からの信頼や感謝の気持ちは大きなやりがいだといえます。

また校正の仕事を続けていくと自分の文章力も向上するでしょう。

間違いのない文章が書けるということは強みになります。

自分自身のスキルアップに繋がる点もやりがいといえるでしょう。

 

ワンポイント
校正のやりがいは作者や出版社に頼りにされ感謝されることです。

校正の平均年収

計算

校正の平均年収は企業によってかなりのがあるようです。

大手出版社では400万円程度から始まり年収1000万円に届く方います。

一方小規模な企業では500万円程度で頭打ちになることもあるようです。

平均すると20代で350万程度、30代では480万程度だといわれています。

独立してフリーランスになると文字数に応じた料金が支払われるケースもあるようです。

校正の仕事に向いている女性の特徴

女性

校正は一つ一つ間違いがないか確認していく仕事です。

そのため根気強さ集中力が必要になってきます。

この章では校正の仕事に向いている人の特徴を紹介しますので参考にしてください。

自分に合う仕事かどうか確認しましょう。

根気強さがある

女性

校正の仕事は何度も何度も間違いが無くなるまで同じ文章を見比べることがよくあります。

仕事を途中で投げ出さず最後までやり遂げる根気強さがある人は校正に向いているといえるでしょう。

特に華やかな瞬間があるわけでもなく仕事内容に変化があるわけでもありません。

ずっと同じ作業を根気強くし続けることで間違いのない文章に仕上がるのです。

高い集中力を持っている

本

校正は与えられた文章を何度も見つめ間違いがないか確認します。そのため高い集中力が必要になるでしょう。

一つのことに集中して声をかけられても気づかないような女性は校正に向いているといえます。

間違いが全て無くなるまで地道に作業しなければなりませんので、長時間の業務になることもよくあることです。

最後までチェックし続けられるだけの集中力とモチベーションを維持できる工夫も必要でしょう。

強い探求心がある

女性

校正は文章に間違いがないかどうかを見つけ出す必要があります。

ただぼんやりと流し読みするだけでは務まりません。

「どこかに間違いがないか」「この漢字はあっているか」など常に間違いがないかどうか見続けます。

文章をチェックする時に正しい表記がどのようなものであるかを追求する情熱がある人は公正に向いているといえるでしょう。

正しい表記や文章のルールを探求する心があれば文章力も上がり校正としてのスキルアップにも繋がります。

 

ワンポイント
校正の仕事に向いている女性の特徴
・根気強さがある
・高い集中力を持っている
・強い探求心がある

校正の仕事にはどんなキャリアパスがあるのか?

ポイント

校正の仕事にはどのようなキャリアパスがあるのかどうか紹介していきます。

専門の知識を蓄えて企業の校正者になる道もありますし、独立してフリーランスになる女性もいるようです。

企業の校正者

校正

校正を必要とする業種は出版社や印刷会社です。他にも様々な業種で校正の求人を見かけることも多くなりました。

印刷物と本の原稿を比べて校正することにより文章の間違いや印刷ミスなどを防ぎます。

校正の仕事をしながら経験を積み待遇の良い他企業へ校正者として転職するというキャリアパスがあります。

校正の年収は企業によって大きな幅がありますので、自分の納得する環境を求めて転職するのも一つの手です。

小規模の企業では400万円未満だといわれている校正の年収ですが、大手企業なら1000万円に届くこともあります。

もし転職について不安がありましたら転職エージェントにご相談ください。

求人情報など丁寧にアドバイスが貰えます。

専門性を高める

校正

働く環境に納得がいっているのであれば、校正として専門性を高めるのも一つの手です。

校正として腕を磨き校正の専門家として仕事をしたいという方もいらっしゃるかもしれません。

校正のプロダクションもありますので校正のプロとして活躍をする女性も多くいます。

出版社や印刷会社では校正だけの仕事というのは少ないようです。

校正の仕事が好きで校正だけを目指すのであれば経験を積んで専門性を高めましょう。

独立してフリーランスに

女性

どの企業にも所属せずにフリーランスとして独立する女性もいます。

独立すれば自分の力量次第で年収が増えるかもしれません。

時間を自由に使えるようになりますので自分に合った働き方ができるようになるでしょう。

ただし企業に勤めている時のような安定した待遇はなくなります。

フリーランスとして仕事を続けるためには自分で営業活動を行う必要もあるでしょう。

経理やスケジュール管理なども自分で行わなければなりません。

 

ワンポイント
校正のキャリアパス
・企業の校正者
・専門性を高める
・独立してフリーランス

校正の仕事で活かせるスキル

女性

校正の仕事で活かせるスキルについて紹介します。

校正の仕事には必要な資格はありません。何より必要なものは集中力や根気です。

しかし校正の仕事に活かせるスキルはあります。

自分の持つスキルを活用して仕事をスムーズにしていきましょう。

Wordの操作知識

パソコン

校正といえば間違いを見つけて赤線を引くというイメージがある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし最近ではWordで校正をする女性も増えてきています。

Wordには「校閲」機能が備わっていますので、この機能を活用して校正ができるでしょう。

他にも誤字チェックや音声読み上げ機能など便利な機能がいくつもあります。

チェックのレベルやチェックしたい項目の選択など細やかに行える点も優れているといえるでしょう。

もちろん最終的には赤線を引きながら間違いがないか確認する必要はあります。

しかし一次チェックとしてWordを使えば仕事時間の短縮につながるでしょう。

コミュニケーションスキル

仲間

コミュニケーションスキルとは他人と上手に会話する能力というわけではありません。

相手の言いたいこと考えを理解することもコミュニケーションスキルの大きなポイントです。

そして自分の考えを的確に相手に伝えるスキルでもあります。

的確に考えを伝えるためには誰でも分かる文章を組み立てなければなりません。

コミュニケーションスキルがあれば構成している文章の言いたいことや考えを理解することが出来るでしょう。

誰にでも分かるように的確な文章を作ることができれば修正も的確に行えます。

校正の将来性

女性

印刷や出版業界など紙媒体の市場は低迷していると感じている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし校正の需要は低迷していないのが現状です。

校正の求人は出版業界だけではありません。多くのインターネット関連会社が校正を募集しています。

またゲーム動画にも校正が必要だという考えも広まっており、多くの業種で校正が必要になっているといえるでしょう。

校正を募集している企業がどのようなものか興味のある方は転職エージェントにご相談ください。

非公開の求人情報などもありますので自分の希望する情報をもらうことができるでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性

転職について悩みや疑問があれば転職エージェントにご相談ください。

悩みは一人では解決するのが難しい場合もあります。

長い時間一人で悩むよりも転職エージェントに悩みを解決してもらい時間を有効活用しましょう。

転職エージェントは転職のプロです。

求人情報はもちろんのこと企業の情報や面接に関するアドバイスなども相談できます。

非公開の情報もありますのでうまく活用してください。

悩みや不安を転職エージェントとともに解決して転職活動をスムーズに行いましょう。

まとめ

女性

校正はコツコツと地道に作業することが必要な仕事です。

間違いが無くなるまで根気よく作業をする必要があります。

文章の仕事に関わりたい方や集中力が高い方にはおすすめの仕事です。

エンドユーザーから仕事について反応があるわけではありません。

しかし校正はクオリティの高い文章を世の中に送り出す大切な仕事になります。

出版社や作者・依頼主は校正のことをとても頼りにするでしょう。

作業をやり遂げて整った文章が完成すると達成感を感じられます。

もし校正への転職について疑問がありましたら転職エージェントにご相談ください。

自分に合った転職先を見つけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら