マーケティングの仕事に就く機会があった場合に所持しておきたい資格についての特集です。

各資格が持つ特徴を中心に、資格所持をするメリットなどを紹介します。

また転職を志す時に、資格所持者としてどのような活かし方をすればよいのかも解説していく内容です。

マーケティング職に役立つ資格を解説

 

パソコンの画像

マーケティング職へ転職希望しているが未経験で不安だという人もいるでしょう。

また、マーケターとしてさらにスキルを向上させたいという人にとっても、常に悩みはつきものです。

マーケティングに関するさまざまな希望や悩みを解消する意味で、マーケティング関連の資格取得を考えてみてはどうでしょうか?

今回はマーケティング分野で有効な資格について解説していきましょう。

マーケティング職の主な仕事内容

 

仕事する女性の画像

マーケティングやマーケターという表現は頻繁に耳にするはずです。しかし意外と具体的な業務を理解している方は少ないかもしれません。

まず、マーケティングとは、商品やサービスの売れる仕組みづくりをする分野を指します。

とある企業が自社の商品・サービスの売上向上のための施策をすることを意味した言葉です。

そして、そのマーケティングを担当する人物がマーケターと呼ばれています。

マーケティング職に資格は必須?

 

学習する女性の画像

マーケティング職に就いた場合には、何かの資格を持っておく必要があるのでしょうか?

実はマーケターになったからといって資格自体は必要ではありません。無資格でもマーケターとして仕事をこなす人もたくさんいます。

ただし、資格を持っておくほうが、将来的にもメリットのほうが多く生まれるのが特徴です。

マーケティングの仕事を始める未経験者・自分のスキルを磨いて将来にわたってマーケティングに携わりたいのであればおすすめです。

マーケティングの各種資格を取得すれば、知識の証明となります。

客観的にな判断できる材料になるので、転職や昇進へ効果が期待できるでしょう。

 

ワンポイント
マーケターに資格は必須ではないがあるとさまざまな面で有利になる。

マーケティング職で役立つおすすめ資格を紹介

 

勉強する女性の画像

では、マーケティングの業務にかかわるようになった場合、実務でも役立つような資格にはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、マーケター全般を捉えて、所持しておくことをおすすめする主な資格について解説していきましょう。

マーケティング・ビジネス実務検定

総合的にマーケティングの知識を判断できる資格として認められているのが、マーケティング・ビジネス実務検定です。

国際実務マーケティング協会主催の検定試験で、特定業種や業界に関係なく共通なマーケティング知識が問われます。

マーケティングの資格を思い浮かべるとしたら、まずはこれを攻略するとよいでしょう。

グレードはA~C級までで、C級が初心者レベルとなります。

試験は年4回実施され、その内容はマーケティング知識・マーティング事例の2つの区分から出題が予想される試験です。

マーケティング検定

勉強中の女性の画像

マーケティング検定は、交益社団法人日本マーケティング協会が実施する検定試験です。

この資格もマーケティングを幅広く身につけるために有効的な内容といえるでしょう。

ただし設立したばかりで、初級者用の3級だけが実施されています。今後の成り行き次第でグレードが増える可能性が期待できるでしょう。

とくにマーケティングの基礎を身につけたい未経験者に最適です。就職・転職に資格を取って役立てたい人におすすめします。

独学でもeラーニングでも勉強ができるのもメリットです。

ネットマーケティング検定

各種検定試験を行っているサーティファイが実施するのがネットマーケティング検定です。

とくにインターネットでのマーケティング知識が問われます。内容も初心者向けになっていて、約15時間程度の勉強でマスターできるでしょう。

ネット上でのSEOの知識も身につきます。公式サイトではテキストと問題集も販売されているので、資格取得しやすい特徴があります。

範囲はファシリテート能力・Web知識や技術・ネットマーケティングの知識・経営戦略と連動したWebブランディング能力の4つです。

マーケティングの資格を取得するメリット

パソコンで仕事をする画像

通常マーケターとして仕事をするのに資格は必須ではありません。

とくに実践を積んできたベテランになれば、資格に頼らなくても成果が出せれば信頼も得られるでしょう。

しかし、何かしらの目安として判断する材料が欲しい場合もあります。

そのような時にマーケティング資格を所持していれば、一定の評価が得られやすくなるのも事実です。

では、マーケティングの資格を所持するメリットについてさらに解説していきましょう。

専門性を高められる

資格試験のメリットの中でも大きいのが、マーケティングを体系的に学習できることで専門性を高められることです。

今の時代はネット検索をすればある程度の答えに辿りつけます。しかしそれは一時的な断片でしかなくすぐに忘れがちです。

また、書籍を読むことも大切ですが、目的がないまま読んでいる状態は身につかない傾向があるでしょう。

試験という限られた条件と目標があるからこそ、潜在的な能力が引き出されるのではないでしょうか?

スキルの証明になる

パソコンと女性の画像

資格を取得すればスキル証明になるのも理由の一つです。実務経験が浅い人などは、資格を所持したことで、新しい可能性を導くこともあります。

もし実務経験が同じ年数のマーケターが2人いたとすると、資格所持者のほうが選ばれやすいことはいうまでもありません。

知識もチャレンジ精神もありスキルや信ぴょう性が分かりやすいはずです。

未経験者は資格取得がおすすめ

マーケターとして実務経験が豊富なのであれば、資格を所持しなくても仕事に支障がないことが考えられます。

しかし、全く異業種から転職するなどのマーケティング未経験者にとっては、元々の実務の成果がありません。

そこで多少でも埋め合わせができる意味で資格取得はおすすめできます。

マーケターになりたくて努力し資格を取ったというアピールにもなり、そのやる気と熱意は好印象を与えるはずです。

 

ワンポイント
資格取得はスキル証明や専門性が高まるメリットがある。

Webマーケティングの資格は幅広く使える

ノートパソコンの画像

同じマーケティングの分野の中でも、現代はデジタル化が進んだことにより、Webマーケティングが注目されつつ主流と化しています。

ますますWebマーケティングに精通した人材は需要が高まっているため、それに適応できる資格も徐々に誕生してきました。

そこでここでは、Webマーケティングの資格の代表的なものを紹介していきます。

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Webマーケティングの中でも、Googleアナリティクスについての知識は重視されています。

WebマーケターにとってGoogleアナリティクスは必須なツールでもあるからです。

そこで、Googleアナリティクスへの理解度を判断する検定資格として、Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)が誕生しました。

Google内のトレーニングプラットフォーム「スキルショップ」にて取得でき、基礎から実践方法までが体系化されています。

資格認定期間は合格より18ヵ月間で、継続認定を得るには再度理解度テストを受験する流れです。

しかもオンラインプログラム受講や、GAIQの試験費用は無料というのも魅力になっています。

Webアナリスト検定

分析中の女性の画像

Webマーケティングの分野の中でもWeb解析についての理解を深めたいのであれば、Webアナリスト検定の受験がおすすめです。

公式テキストを使った5時間の講座受講と試験がセットされています。

Web解析の知識を持っていない人がこれから仕事に取り入れるという段階でも受講できるのがメリットです。

この検定はWeb解析にのみ特化して集中講義形式で学べるため、ある程度普段から業務で使っている人でもスキル向上に役立ちます。

ネットショップ検定

Eコマースについての基本や考え方が理解できる資格が、ネットショップ検定です。

Eコマースについての基礎知識から学べ、実践知識が取得できるでしょう。

さらには企画・経営までの道のりが体系的に身につく仕組みになっています。

対象者としては新卒・転職者・ネットショップ初心者です。

その後WebマーケターとしてEコマース業界への就職や、実際にECサイトを運営したい人に最適な資格といえます。

IMA検定

IMA検定とは「Internet Marketing Analyst」の略称です。サイト分析とリスティング広告の実践スキルを身に付けることができます。

内容は基本的なスタンダードコースと、ターゲット別集客プラン立案などが網羅されたプロフェッショナルの2つのコースです。

eラーニング受講と演習の末、Web認定試験を実施する方式を取っています。

およそ10年分に近いオンラインマーケティングの現場スキルが体系化されているので、かなり実践向きな内容です。

受講から検定試験までのすべてをパソコン上で完結できてしまうのがメリットでもあります。

更にマーケティング知識を深めるための資格は?

リモートワーク中の画像

上述した各資格試験だけではなく、他にもさまざまなマーケティング関連資格が存在します。

常に新しいものも誕生しているという流れができているともいえるでしょう。

どの資格を取得すればいいのか迷うかもしれません。

ここでは、マーケターとして取得しておいたほうがよいその他の資格試験について解説していきましょう。

あくまでも例として参考にしてみてください。

中小企業診断士

中小企業診断士資格はお馴染みな資格試験で、ハイレベルな知識が要求されます。

ただし、マーケティングそのもののための資格というわけではないため、マーケティングに役立つのかという誤解も受けやすいのです。

ところが、中小企業診断士の受験範囲の中には、マーケティング理論の本筋なども網羅されています。

経営や業務に関連した本格的なマーケティングの内容がマスターできるのが特徴です。

本格的なキャリアアップを目指したい人におすすめします。

統計検定

統計検定とは、統計のデータから仮説を立てながら展望を予見するスキルが要求されます。

グレードは1~4級まであり、3~4級が初心者向けで2級以上が実務経験者を対象にした検定です。

2級以上では、大学の統計学レベルの知識が必要といえるでしょう。

データを分析することが好きな人や、むしろ苦手意識があってしっかりマスターしたいという目標があると勉強しやすい内容です。

Web解析士

アクセス解析を代表とするさまざまなウェブ解析データが存在する中で、ウェブ解析士という資格も登場しました。

デジタルマーケティングに欠かせなくなった解析ツールの活用をさらに専門的に学びたいマーケターにおすすめです。

グレードは上級ウェブ解析士・ウェブ解析士マスターがあります。

ウェブ解析の基本からデータ指標の活用、レポート作成方法などが出題される試験です。

 

ワンポイント
マーケティングにはさまざまな資格が存在する。

資格をマーケティング職への転職に活かす方法

仕事をする女性の画像

残念ながら、医師免許や弁護士資格のように、マーケティング分野の資格を持つことが就職を決定することはあり得ません。

もちろん、取得資格の概要を履歴書や職務経歴書に記載してアピールするほうがよいでしょう。

どうしても中途採用の転職は、どの業界も実務経験者のほうが有利に働いてしまいます。

しかし、資格取得のための学習経験を、職務経歴書の中や面接試験の際にうまくアピールすることは可能でしょう。

苦労した点や気づいたことなどを基にしながら、応募先企業でどう活かそうとしているのか熱意を示せば、それは面接官にも伝わるはずです。

 

ワンポイント
資格があるから転職が確実とはいえないがアピールの方法次第で高い評価を得られる。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンを持った女性の画像

転職では得体のしれない不安がつきまといます。

面接での振る舞い方についてや履歴書・職務経歴書がしっかり書けているかを、客観的に判断できる人がいたらとお考えではないでしょうか?

もしそのような些細な悩みがあるのなら、転職エージェントに登録して活用することをおすすめします。

転職エージェントは転職についての専門家集団です。

自分が理想とする転職を成功させたい人には、的確なワンポイントアドバイスができることでしょう。

 
【無料】親身で丁寧なサポートでの転職相談はこちら  

まとめ

笑顔の女性とパソコンの画像

マーケティングの基本は、いかにして注目を浴び人気を得るかを考えることにあります。

そのためには、いろいろな試行錯誤を繰り返しながら、最終的な答えを導き出す仕事です。

顧客のニーズを考えながら、売り上げやPVなどの見える数値で示すことになるでしょう。

経験豊富なベテランも、常に最新の情報を得ながら仕事をしているいはずです。

学習意欲があるかないかが問われる世界といえます。

資格試験についてもますますユニークなものが登場していますので、自分に最適な試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら