通信業界は転職希望者に人気の業界で競争率もかなり高いことで知られています。

希望者が多い通信業界に転職するなら効果的な転職活動が成功の秘訣です。

それでは通信業界の仕事・志望動機を書く時の注意点など解説していきます。

通信業界を志望する方は是非参考にしてください。

通信業界の志望動機の書き方を解説

相談

転職を希望する人には社会貢献度が高い通信業界を志望する人が多くいます。

通信業界は経済状況に比較的影響されない業界であり、常に人材を求めているので転職を考える人は注目している業界といえるでしょう。

経験を問わない企業も多く、志望しやすいという特徴があります。

しかし、志望動機が漠然としていると選考の段階で落とされる可能性があるので注意しましょう。

ここでは通信業界の志望動機の書き方を解説していきます。

通信業界とひとことでいっても事務職・営業職・技術職とさまざまな職種があります。

自分がどの職種に向いているのか分析して、その上で志望動機を考えたいものです。

通信業界の主な仕事内容をチェック

女性電話

通信業界とは電波や通信に関するサービスを提供する業界のことで、携帯電話・インターネットの環境整備・開発が主な仕事です。

具体的に見ていくと、通信業界の仕事は大きく4つの分野に分かれます。

セールスエンジニア・企画開発・ネットワークエンジニア・カスターマーサービスです。

セールスエンジニアは営業を技術面からサポートするのが仕事で、顧客の要望を聞いたり、商品説明したりします。

顧客からの要望を企画開発チームに伝えることも仕事のひとつです。

企画開発は顧客に、より良い通信サービスや商品を提供するために企画・開発すのが主な仕事です。

日々発展し続ける通信業界において商品のニーズは高まり、どの企業も新商品の開発に余念がありません。

ネットワークエンジニアの仕事は、ネットワークシステムの構築・保守・設計・運用になります。

ネットワークシステムで障害が起こった時には知識と経験が必要な仕事です。

カスタマーサービスは顧客からの問い合わせに対応する仕事です。

自社製品の利用説明・故障対応・意見・要望などをさまざまな問い合わせに対応します。

専門的な問い合わせにはネットワークエンジニアをはじめ各セクションとも連携して、要望をもとに商品開発に役立てたりもします。

企業の窓口になるカスタマーサービスは顧客満足度を上げることが大切で、その手腕が企業のイメージにもつながる重要な職種です。

今後はカスタマーサービスの需要がさらに伸びると予想されています。

 

ワンポイント
 通信業界を理解してから志望動機を考えよう。

まずは通信業界を理解することが大切

書類を抱える 女性

今や生活に欠かせないインフラ産業である通信業界に転職するためには、通信業界を深く理解することが大切です。

理解が深まれば志望動機も明確になり書類選考で採用担当者の目を引くこともできるでしょう。

身近な業界だからこそ具体的な志望動機がポイントになるのです。

通信業界の構造

会議 女性

現在利用されている固定電話の7割以上が光回線で今後も普及は続くといわれています。

固定通信は固定電話やPCの通信サービスを提供しており、現在固定電話の7割が光回線でNTT東日本・西日本がほぼ独占しているのが現状です。

しかし、光通信専用の回線を使う光回線には課題もあり、例えば離島や山岳地帯ではADSL回線・CATV回線が使われています。

また、固定電話の契約者も年々減少しているのです。

一方、移動通信はNTTドコモ・ソフトバンク・KDDIが独占してきましたが5Gが導入され、格安スマホも登場しています。

このように通信業界は今後も大きな変化を続けるでしょう。

業績の推移は?

ファイルを持つ女性

スマートフォンはほぼ飽和状態で業績も一進一退が続いています。

5Gが登場しましたが本格的な普及にはいましばらく時間がかかるでしょう。

一方で格安スマホが注目を集め、移動通信分野では5G・格安スマホを中心としたシフトは今後も変わらないでしょう。

テレビ業界も広告費の削減で業績は低下している中、インターネット広告の需要が高まっています。

また、若者を中心にテレビ離れが進みインターネットの優位性が顕著化しています。

このように移動通信の業績は今後も大きく伸びることでしょう。

通信業界の志望動機のポイント

パソコンをもってガッツポーズする女性

志望動機ではなぜ通信業界を志望するのか理由を伝える必要があります。

その理由を考えるためにも通信業界のことを把握しておくことが何より重要なのです。

企業サイドも通信業界を志望する理由を採用のポイントにおいています。

次になぜその企業を志望するのかを考えましょう。

通信業界といってもさまざまな企業があり、志望動機を読んで他の企業でも構わないと思われてしまう可能性は避けなければなりません。

さらにどのように会社に貢献できるのか考えておくことも重要です。

自分のスキルや経験を入社後どのように活かすのかビジョンを持っていることを伝える必要があります。

具体的に見ていきましょう。

業界を選んだ理由を明確に

通信業界を選んだ理由が、興味があるからでは志望動機としては弱すぎます。

なぜ興味を持つに至ったのか自分の経験やエピソードなど裏付けが必要です。

企業によっても取り扱うサービス・ビジネスモデル・社風・理念も違ういます。

その点も考慮して志望動機に結びつければよりインパクトのあるものになるでしょう。

活躍したい仕事を具体的に

通信業界といっても事務職・営業職・技術職など職種はさまざまです。

通信業界の課題や展望をおさえておくと活躍したい仕事も見えてくるでしょう。

例えば希望が営業なら顧客にどのような商品を提供するのかなど明確にしておく必要があります。

地域によって提供できるサービスが異なるケースもあるので現在提供されているサービスを調べて志望動機に盛り込んでみましょう。

技術系なら得意とする自分のスキルを活かしてどのような企画・開発に携わりたいのか具体性を持たせれば強い志望動機になるでしょう。

未経験の業界から転職を希望するなら、前職で培った経験・スキルをどう活かしたいのかが大切です。

通信業界が抱える課題と絡ませて志望動機にするなどもおすすめです。

企業が求めることを意識

採用担当者はどれくらいの熱意を持っていて、入社後何に貢献できるのか見ています。

企業は探究心を持ち、新しいことに積極的にチャレンジする人材を求めているのです。

モチベーションの高さが最終的な採用の合否につながるのです。

通信会社は新しい技術を積極的に受け入れるので、自分のキャリアプラン・将来のビジョンが描けていることは重要なポイントになります。

 

ワンポイント
スキルと経験から将来のビジョンを考えよう。

志望動機作成の注意点

女性

志望動機を作成する際に注意すべきことは業界研究です。

日進月歩進化し続ける通信業界において新しい情報を取り入れるため業界にアンテナを張っておくことは重要です。

常にスキルを磨き、遅れをとらないようにすることが求められる業界です。

インターネットで見かけるありふれた志望動機では書類審査すらパスしないでしょう。

志望する企業の研究をおこない、なぜこの企業でないとだめなのか熱意のある志望動機を作成しましょう。

専門用語を無理に使わない

パソコン、女性

通信業界を志望する人で専門用語を多用する人がいますが、理解せず羅列しただけの志望動機を採用担当者はマイナスになる可能性があります。

志望動機とは知識をひけらかさず、できれば無理な専門用語の使用は控えましょう。

どうしてこの企業を志望したのか、一字一句丁寧に自分の言葉で志望動機を作成しましょう。

他社ではダメな理由を明確にしよう

女性

採用担当者はプロですから、志望動機を見れば他の企業の転職活動にも使用しているフレーズだと分かるものです。

企業研究をしっかりやればその企業を選んだ理由が意識できるはずです。

企業によってサービス・企業文化・社員研修・将来のビジョンなどさまざまです。

志望動機も会社によって異なってくるはずです。

その上で、自分の適性やスキルを伝えてどうしてこの企業を志望したのかしっかりアピールしましょう。

通信業界の志望動機の例文

オフィス

通信業界の志望動機の例文をいくつか紹介します。

ポイントは通信業界を志望する理由・なぜその企業を志望するのか・入社後のビジョンについてどう考えるかです。

さらにエピソードなどあれば個性的な熱意が感じられる志望動機になるでしょう。

大事なことは最初に志望動機が述べられていて強い意志を感じさせられるかどうかです。

次に業界内での会社の技術力の優れた点をあげて企業研究をしっかりやった点を強調することも大事でしょう。

最後に入社後の自分のビジョンをしっかり入れて伝えられれば完璧です。

技術系職種の場合

「私の夢は通信業界で世界を変える仕事がしたいことです。

貴社は数ある通信会社の中で優れた技術開発力があり、多岐に渡る分野で世界にサービスが提供できると考えています。

特に魅力を感じたのはIoT環境の構築で、私は前職ではシステムデザインを担当していました。

その経験を活かしてネットワークシステム・サーバーなどセキュリティシステム構築に挑戦したいと思っております」

このように志望動機・企業研究・将来のビジョンが書かれた志望動機は評価が高いといえます。

営業職の場合

「ITを活用して地方創生に貢献していきたいと考えていました。

私は地方出身で人口減少が大きな問題になっています。

貴社の地方密着型のマルチベンダーとしてのニーズに合ったWi-Fi環境に光ステーションを整備する高い技術力に魅力を感じました。

これまで顧客のニーズに応じて提案してきた経験を活かし地域住民のサービスに貢献したいと思っております」

志望動機に自分の出身地の現状を述べることで地域社会にも注目しているというアピールになります。

その企業の得意とする技術力も研究しているのが分かります。

最後に将来のビジョンを入れていることで熱意を感じさせる文章になっています。

エンジニアの場合

「私が貴社を志望したのはネットワーク事業に将来性を感じたからです。

長らくネットワークインフラと地域発展について研究・開発に携わって来ました。

災害対策・救急医療分野では安定したインフラ整備が欠かせません。

都心に比べて地方ではまだ整備すら十分にできていないところもあります。

貴社が提供するネットワークは情報セキュリティの信頼が高く、今後のネットワークインフラ整備には不可欠だと感じました。

エンジニアとして高度な技術と提案力がある貴社で通信インフラ安定に向けて取り組んでいきたいと思います」

こちらの文章もその企業を志望した熱意を強く意識させるものになっています。

 

ワンポイント
 志望動機のNG例は反面教師である。

通信業界の志望動機のNG例

デスク

志望動機のNG例を見て自分が書いた志望動機同じなら、自分の志望動機を見直し、完成度が高いものが作成できます。

NG例によくあるのは志望動機が弱いことです。

入社後何をしたいのか分からない志望者も多く、なぜこの会社なのか伝えられないと採用は難しくなります。

採用担当者が知りたいのは本気でこの会社で働きたいという強い意志です。

志望動機にはこの強い意志が伝わらなければ印象の薄いものになってしまうので注意しましょう。

その企業を志望するアピールがないNG例

「通信業界は目覚ましい発展を遂げていて、私は貴社の便利なサービスを多くの人に提供したいと思いました。

ネットワークサービスは我々の生活を便利にしてくれ、ビジネスチャンスをもたらしてくれます。

カスタマーサービスで顧客の要望を吸い上げ、通信インフラの発展に貢献したいと思います」

なぜその企業を志望するのかが書かれていません。

また便利なサービスとはどのようなサービスなのかこの文章では不明です。

会社が提供しているサービスの詳細は把握しておきましょう。

入社して何がしたいのか不明なNG例

「高度な技術を持った貴社のサービスを提供して世の中をもっと便利にしたいと考え志望しました。

貴社はシニア向けネットワークサービスに定評があります。

高齢化が進む日本で需要が高まるので使いやすい顧客の目線にあった商品を提供したいと思います」

入社して何を実現したいのか伝わらない例文です。

もう少し顧客の目線にあった商品とはどのような商品・サービスなのか説明が欲しいところです。

志望動機を最初に持ってこなかったNG例

「これまでカスタマーセンターでヘルプデスクを担当してきたので、どのような顧客ともコミュニケーションをとるのが得意です。

貴社のような大手の通信会社のカスタマーセンターで人と人のつながりを大切にする仕事がしたいと思い志望しました」

よくありがちな志望動機を後に書くパターンで、これでは言いたいことが伝わりにくく、志望動機がぼやけてしまいます。

志望動機は一番大事なポイントなので最初に定義してみましょう。

 

ワンポイント
 通信業界を志望するなら自己分析が大切です。

通信業界への適性があるか自己分析しよう

女性

Wi-Fi・IoT・ブロードバンド・5Gなど目覚ましく発展する通信業界に転職するなら自分の適性を分析する必要があります。

業界の中でも変化が激しい通信系は変化を楽しめる人が向いていると考えられます。

また、通信業界には多くの職種がありますが、論理的な思考ができる人が向いているでしょう。

常に新しい事にチャレンジするのが好きな人コミュニケーション能力がある人も通信業界には向いています。

企業のM&Aが当たり前の昨今ですが、通信業界も生き残りをかけて企業買収・合併は今後もあるでしょう。

いきなり職場の雰囲気や上司が変わることもあります。

技術面を含めて大きな変化にストレスを感じる人は厳しい業界かもしれません。

通信業界は成果主義の会社が多く、成長意欲が高い人にはおすすめの業界といえるでしょう。

しかし、思うように成績が出せない時は苦しいので、強い精神力が求められる業界だといえるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

通信業界に転職するなら転職エージェントに相談しましょう。

専門のアドバイザーが、あなたの希望・適性をみて求人案件からぴったりの会社を紹介します。

転職エージェントなら書類作成が不安な方に的確なアドバイスしてくれるので安心です。

また豊富な経験から面接のノウハウもあり、模擬面接なども提供してくれます。

一般応募より選考もスムーズに進みやすく、雇用条件なども有利に交渉してくれます。

まとめ

女性

通信業界は希望者も多く難易度も高いです。

しかし、入社して実績を積めば高収入も夢ではありません。

もし、キャリアに不安があるなら転職エージェントに相談すれば効果的に転職活動ができるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら