企業の売上アップに重要なマーケティングリサーチは多くの企業が導入しています。

マーケティングリサーチを行う人のことをマーケティングリサーチャーを呼び、需要の高い仕事です。

そのため、マーケティングリサーチャーをめざす人も多くなってきています。

では、マーケティングリサーチャーになるためにはどのような資格が役に立つのでしょうか。

今回は、マーケティングリサーチャーに役立つ資格とメリットについて紹介していきます。ぜひチェックしてみてください。

マーケティングリサーチャーに役立つ資格を解説

女性

マーケティングリサーチャーでは専門性が求められます。

また、マーケティングリサーチャーを募集している企業の多くは、即戦力となる人材を必要としているのです。

未経験者の求人も増えていますが、多くの企業は知識を身につけた人材を求めています。

しかし、未経験者であっても資格を持っていれば仕事に活かせますしアピールポイントともなるでしょう。

では、マーケティングリサーチャーの資格について解説していきます。

 

ワンポイント
マーケティングリサーチャーには専門性が求められる。

マーケティングリサーチャーに資格は必須?

女性

マーケティングリサーチャーになるために特別必要な資格はありません。

しかし、資格を取得していることはメリットとなります。

特に、未経験者でマーケティングについて何の知識も持っていない人は採用されにくいです。

また、企業によってマーケティングリサーチャーに求める業務内容が異なります。

そのため、経験者であっても企業に関係する資格を取得することはメリットとなるでしょう。

役立つ資格「Webアナリスト」

パソコン作業をする女性

Webアナリスト」という資格はマーケティングリサーチャーに役立ちます。

アクセス解析に役立つ資格でWeb業界に携わる人におすすめの資格です。

マーケティングリサーチャーのメインの仕事は市場調査です。

情報収集にはネットを利用することも多くアクセス解析は重要となります。

では、Webアナリストの資格について詳しく確認していきましょう。

どんな資格?

Webアナリスト検定はGoogleが提供する、Googleアナリティクスというアクセス解析ツールについての資格です。

マーケティングリサーチャーの実務に活かせる資格でアクセス解析の知識を身に付けることが可能となります。

Web上のデータをもとに課題を発見するまでの分析力をこの資格で身に付けることができるのが魅力です。

そのため、企業からは即戦力になる人材だと判断されやすいでしょう。

出題内容や合格率は?

考えあぐねる女性

Webアナリストの出題内容は7つに分かれています。基本的にはWebマーケティングの専門用語の意味に関する問題です。

一部計算問題が含まれていますが出題数は多くありません。

また、テキストの内容を覚えていれば合格することは難しくないでしょう。

合格基準は7つの各カテゴリごとで40パーセント以上且つトータルで75パーセント以上の正解です。

合格率は80パーセント程度ですのでWeb経験者なら受かりやすいでしょう。

 

ワンポイント
Webアナリストは合格率が高い資格です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

役立つ資格「ウェブ解析士認定講座」

相談にのる女性

ウェブ解析士認定講座を取得することで営業・制作・開発・社内ウェブ業務の遂行や業務効率化が可能になります。

マーケティングリサーチャーの仕事内容は幅広く、この資格を持っていることによってウェブ関係の仕事に強くなれるのが特徴です。

Web上でのマーケティング能力があるというアピールにもなるため、未経験からの転職を手助けしてくれます。

また、最新の情報を学び続けることが出来る資格のため、企業側から求められることもあるでしょう。

どんな資格?

ウェブ解析士とはウェブサイトに関する情報によってデータ収集と分析ができるスキルを証明する資格です。

一般社団法人ウェブ解析士協会で講座や認定試験を行っています。

ウェブ解析の技術を持っていることをアピールできる資格です。

ウェブマーケティング業務の遂行や効率化だけでなく、アクセス解析データの活用法を身につけている資格でもあります。

企業に対して成果をもたらしてくれるため、マーケティングリサーチャーに役立つ資格です。

出題内容や合格率は?

デスクワークの女性

ウェブ解析士の試験はテキストを見ながら受けることができます。

そのため、難易度が低いと思われがちですがテキストを一切見ずに試験に臨むことはおすすめできません。

なぜなら、ウェブ解析士の公式テキストは300ページ程度あるのです。

全てをテキストで確認しながら試験を受けていると時間オーバーとなってしまうでしょう。

気になる合格率ですが、平均で70パーセント程度となります。テキストを見ながら試験を受けるため合格率は高くなるのです。

役立つ資格「マーケティング・ビジネス実務検定」

面接中の女性

初心者からマーケティングリサーチャーへの転職を目指している人には「マーケティング・ビジネス実務検定」がおすすめです。

業種に関係なく共通するマーケティング実務知識を学べるため、初心者には必要不可欠な資格でもあります。

未経験から挑戦するよりも、基礎知識を身につけている方が企業からいい印象をもたれることでしょう。

また、資格取得で得た知識を実務で活かすことが何よりも大切となります。

どんな資格?

マーケティング・ビジネス実務検定とはマーケティングに関する知識を学ぶための検定です。

難易度ごとにC級・B級・A級の3種類に分かれています。

マーケティングに対して前向きな気持ちを持っていることをアピールできる資格のため、マーケティングリサーチャーにぴったりです。

マーケティングが未経験の人がマーケティングリサーチャーを目指す場合は押さえておきたい資格の一つでしょう。

C級であれば少し勉強すれば合格できるため挑戦してみてください。

出題内容や合格率は?

考える女性

マーケティング・ビジネス実務検定の出題内容は大きく分けて2つです。1つはマーケティング知識に関しての出題です。

もう1つはマーケティング事例に関しての出題となっています。

また、マーケティング・ビジネス実務検定は合格率がどの級においても公開されていません。

しかし、C級は1日1時間程度勉強すれば合格できます。B級はマーケティング部に所属している人が勉強すれば合格できるレベルです。

A級はマーケティングの戦略立案や意思決定が必要となるため、未経験者が取得するのは難しくなるでしょう。

資格を取得するメリット

パソコンで仕事する女性

マーケティングリサーチャーに転職を考えている人の中に資格取得を考えている人は多いです。

しかし、資格取得をしてどんなメリットがあるのか知らない人もいることでしょう。

ここでは、マーケティングリサーチャーになるために資格を取得するメリットを紹介していきます。

マーケティングリサーチャーを目指している人や資格を取得しようと思っている人はチェックしてみましょう。

転職に有利

資格を取得していることは経験者の転職でも、未経験者の転職でも有利になります。

マーケティングリサーチャーは即戦力となる人員が求められているのです。

そのため、専門知識を身につけている証明になる資格は転職に有利になります。

特に、未経験の人がマーケティングリサーチャーに転職をする場合は資格を持っているかどうかがポイントです。

書類選考の時点でのアピールポイントとなるだけでなく、自己PRでも話すことが可能となるでしょう。

マーケティングの基礎知識が得られる

両手でいいねのジェスチャーをする女性

資格を取得するためには勉強しなければなりません。必然的にマーケティングの基礎知識を得ることができます。

マーケティングリサーチャーの業務内容は企業によって異ることが多いです。

そのため、マーケティング経験者であっても基礎知識が身についていない場合があります。

資格を取得することは経験者にとってもメリットとなるため、転職をきっかけに挑戦してみましょう。

評価アップの可能性

資格を取得することによって評価アップの可能性が出てきます。

企業によっては資格を持っていることが社内評価に繋がり、給料アップや昇進も期待できるのです。

また、資格によっては毎年更新しなければならないものもあります。

それはマーケティング業務に対する意識が高いことをアピールすることに繋がるでしょう。

マーケティングリサーチャーとしてキャリアアップを目指している人は、資格取得に挑戦してみてください。

 

ワンポイント
資格取得で知識を増やせば転職に有利になる。

資格を取得するべき女性の特徴

女性

資格を取得することはメリットにもなります。しかし、必ずしも転職に有利になるとは限りません。

資格を持っているから合格するわけではなく、その資格を活かす仕事をできるかどうかが重要となります。

また、人によって資格を取得しておけば有利になることがあるでしょう。

ここでは、資格を取得するべき女性の特徴について紹介します。当てはまる項目がないかチェックしてみてください。

未経験者

まず、未経験者は資格を取っておくべきです。未経験のため前職での仕事ぶりをアピールしてもあまり評価に影響しません。

また、異なる業種についてアピールすることはマーケティング業に向いていないと思われることにもなります。

しかし、未経験者が資格を取得することはメリットにしかなりません。

マーケティング業界に対して興味を持ち、学習していこうということをアピールできるのです。

未経験からマーケティングリサーチャーを目指す人は資格を取得しておきましょう。

スキルを磨きたい人

女性

マーケティングスキルを磨きたいと思っている人にも、資格取得はメリットになります。

資格を取得するために勉強することはマーケティングに関する知識を増やすことになるのです。

自信のマーケティングスキルを磨くことになるでしょう。

そのため、マーケティング業界経験者であっても資格取得をすることに意味はあります。

また、スキルを磨いて成長しようという志は転職でプラスの要素となるでしょう。

 

ワンポイント
未経験者は資格を取得しておこう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

その他取得したい資格をチェック

女性ポイント

マーケティングリサーチャーになるために役に立つ資格を3つ紹介しましたが、他にもチェックしておく資格はあります。

ここでは、マーケティングリサーチャーを目指すならチェックしておくべき資格について紹介していきます。

経験者でも取得してほしい資格ですので、経験者・未経験者ともにチェックしてみてください。

IMA検定

IMA検定とはマーケティング知識を具体的に実務を行うことによってスキルアップをするための資格です。

他のマーケティング資格と異なるのは実務スキルを上げるための試験だということです。

出題内容は幅広く多くの情報を得ることができますが、実務経験で役立つ資格となります。

そのため、未経験であっても即戦力になる人材だと判断され採用される可能性が上がるのです。

未経験から本気でマーケティングリサーチャーを目指す方は採用率を上げるためにもIMA検定を取得してみてください。

Google Analytics Individual Qualification

Google

Google Analytics Individual QualificationはGAIQと呼ばれる資格でGoogleアナリティクスの習熟度を認定します。

Googleアナリティクスはマーケティングリサーチで利用することが多いです。

また、GAIQを取得するとGooglepartnersの公開プロフィールページで宣伝することができます。

自分の能力をアピールすることに繋がるため、採用率は大きくアップすることでしょう。

受験費用も無料で実務に活かせる知識を身につけることができるため、経験者・未経験者ともにおすすめの資格です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

笑顔の女性とパソコン

マーケティングリサーチャーになるために役立つ資格はたくさんありますが、自分がどの資格をとるべきか迷う人もいるでしょう。

また、応募する企業によって評価される資格は異なるため闇雲に資格を取得しても意味がありません。

マーケティングリサーチャーへの転職で悩みを抱えたときは、転職のプロである転職エージェントを利用していきましょう。

転職エージェントしか知らない求人を教えてくれることもあり、転職の幅を広げていくことが可能となります。

まとめ

ビズネスウーマン

企業の成長のために重要となるマーケティングリサーチャーを目指す人は多いです。

また、転職を有利にするために資格取得に励む人もいるでしょう。

しかし、マーケティングリサーチャーになるための資格取得には適切な判断が必要となります。

困ったときは転職エージェントを利用しつつ、転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら