グラフィックデザイナーに役立つ資格はウェブデザイン技能検定やDTPエキスパート認証試験など様々あります。

実務で役立つスキルの獲得だけでなく資格手当・職能手当として認められる場合もあるので取得しておくのがおすすめです。

身につけられる知識やキャリアアップの方向性がそれぞれ違うので将来のキャリアプランを考えて取得計画を立ててみてください。

グラフィックデザイナーに役立つ資格を解説

女性,合格

グラフィックデザイナーとして役立つ資格には下記があります。

  • ウェブデザイン技能検定
  • アドビ認定エキスパート(ACE)
  • Webデザイナー検定
  • DTPエキスパート認証試験
  • PhotoshopⓇクリエイター能力認定試験
  • IllustratorⓇクリエイター能力認定試験
  • 色彩検定

紙媒体のデザインで役立つ資格やWeb媒体のデザインで役立つ資格など取得に必要な知識やスキルがそれぞれ違います。

まずは、それぞれの資格の特徴と難易度を比較し自分のキャリアプランとマッチしている資格を検討してみましょう。

役立つ資格「ウェブデザイン技能検定」

ウェブデザイン技能検定はWeb系資格の中でも珍しい国家資格です。

Web系資格の中でも特にハイレベルなスキルが求められます。

年収アップを目的とした資格取得を検討しているならチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

ウェブデザイン技能検定の特徴

女性,ペンタブ

ウェブデザイン技能検定はWeb系資格の中では数少ない国家資格です。

1級から3級まであり、最も難しい1級はグラフィックデザインにとどまらない幅広いスキルが求められます。

例えば、HTML・CSSといったプログラミング言語のスキルが必須です。

また、Adobe PhotoshopⓇAdobe IllustratorⓇなどのスキルも必要になるでしょう。

Webサイトの設計・デザイン・構築・運用管理を1人で対応できるスキルを身につけられるのが特徴です。

<ウェブデザイン技能検定のスキルを活かせる実際の求人例>

  • Webクリエイター、自社ブランディングまで含めたWebサイト制作、年収360万円~
  • Webデザイナー、大手化粧品メーカーの専属Webデザイナー、年収300万円~
  • Webデザイナー、大手企業のコーポレートサイトデザイン・コーディング、年収400万円~

取得の難易度

レベル

ウェブデザイン技能検定は国家資格ということもあり、難易度が高い資格です。

運営団体が公表している合格率は3級が60~70%、2級は30~40%、1級は10~20%程度となっています。

また、1級・2級はその前の段階となる級を獲得するか実務経験・学歴要件が受験資格として定められているのも特徴です。

1級の実技を受験するためには学科で合格する必要があり受験地も東京・大阪のみと比較的ハードルは高い資格といえるでしょう。

 

ワンポイント
資格取得までの難易度が高い分だけ比較的年収が高い求人に応募できます。

役立つ資格「アドビ認定エキスパート(ACE)」

アドビ認定エキスパートはAdobe社がリリースするソフトウェアに関するスキルを幅広く習得できる資格です。

※試験は2019年に廃止されています。

アドビ認定エキスパート(ACE)の特徴

女性,デスクトップパソコン

アドビ認定エキスパートとはAdobe社がリリースするソフトウェアの専門的な知識やスキルを有している人に認められる資格です。

試験範囲に含まれるソフトウェアは下記が挙げられます。

  • Adobe Photoshop
  • Adobe Illustrator
  • Adobe FrameMaker
  • Adobe PageMaker
  • Adobe Acrobat

<Adobeのスキルを活かせる実際の求人例>

  • 映像ディレクター、スポーツ関連動画コンテンツの企画・制作・ディレクション、年収340万円~
  • Webクリエイター、社内新規事業のWebサイト制作・運用、年収360万円~

取得の難易度

アドビ認定エキスパートには単一製品認定・スペシャリスト認定・マスター認定の3つのランクがあります。

それぞれのソフトウェアの合格ラインにあたる得点率は60~70%程度でした。

中でもAdobe Illustratorが60%台前半と最も低く合格の鍵を握っていたようです。

 

ワンポイント
アドビ認定エキスパートは2019年時点で廃止となっています。
もし、資格を持っているのであればやり方次第では転職に役立てられるかもしれません。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

役立つ資格「Webデザイナー検定」

Webデザイナー検定はWebデザインに関する知識を体系的に深く身につけられる資格です。

Webデザイナーとしての専門性を高めていきたい人におすすめの資格といえるでしょう。

Webデザイナー検定の特徴

女性,デザイナー

Webデザイナー検定はWebデザイナーとして専門性をより深めたい人に向いている資格です。

インターネットの基礎から完成後のサイト運用、サイト制作上知っておくべき法令についても学べます。

<Webデザイナー検定のスキルを活かせる実際の求人例>

  • Webデザイナー、国内ファッションブランドの公式ECサイトデザイン、年収270万円~
  • Webデザイナー、自社コーポレートサイトのリニューアルとブランディングを目的としたWebサイト運営、年収340万円~
  • Webデザイナー、Webサイトのバナー広告・画像・ロゴデザイン制作、年収275万円~

取得の難易度

Webデザイナー検定はWebデザイナー検定ベーシックWebデザイナー検定エキスパートの2段階があります。

合格ラインとなる得点率は70%程度です。

ベーシックの方はインターネットの仕組みやHTML・CSSの基礎などが主な内容で難易度は高くありません。

対してエキスパートの方は難易度がかなり上がります。

UIの快適さを追求するための理論や動画・音を使った効果、サイト運営に必要なスキルまで幅広い知識が必要となるでしょう。

 

ワンポイント
Webデザイナー検定はWebデザインのプロとしてスキルを深めていきたい人に向いている資格です。

役立つ資格「DTPエキスパート認証試験」

DTPエキスパート認証試験はクリエイティブ部門のマネジメント職を目指したい方におすすめの資格です。

学科試験・実技試験ともに時間制限があるためそれなりの実力が必要とされます。

DTPエキスパート認証試験の特徴

女性,雑誌

DTPエキスパート認証試験は雑誌や新聞、紙媒体の広告など印刷物の制作に必要なスキルを身につけられる資格です。

また、DTPエキスパート認証試験はデザインに限らずマネジメントに関する知識やスキルも求められます。

グラフィックデザイナーからマネジメント職へのキャリアアップを狙っている人ならチャレンジしてみる価値がある資格です。

<DTPのスキルを活かせる実際の求人例>

  • Webデザイナー、企業ホームページの管理・運営、年収300万円~

取得の難易度

学歴など受験資格は特になくDTPスキルを身につけたい人であればだれでも受験可能です。

合格率など難易度は公式発表されていませんが学科・実技ともに時間制限があるため、それなりの実力が必要になるでしょう。

 

ワンポイント
デザインに限らずクリエイター職に関する知識や技術を幅広く習得できるのがDTPエキスパート認証試験です。

上記以外に取得しておきたい資格

Webデザイナーとしての専門性を高める資格には他にもあります。

中でもおすすめなのがPhotoshopⓇクリエイター能力認定試験・IllustratorⓇクリエイター能力認定試験・色彩検定の3つです。

PhotoshopⓇクリエイター能力認定試験

女性,パソコン

Adobe Photoshopを利用したグラフィック制作のスキルを証明できる資格です。

写真画像を加工・編集するフォトグラフィックのスキルを習得できます。

<Photoshopのスキルを活かせる実際の求人例>

  • Webクリエイター、病院・クリニックに特化したWebサイト制作会社のデザイン・コーディング、年収300万円~
  • グラフィックデザイナー、POPやパンフレットなどの販促ツール企画からデザインまで、年収300万円~
  • Webデザイナー、クライアント企業に出向しSNS・YouTubeを利用したマーケティング全般を担当、年収300万円~

IllustratorⓇクリエイター能力認定試験

Adobe Illustratorを使いWebデザインやDTPに活かせるグラフィックデザインのスキルを養うことができます。

Webサイト制作や出版業界で活躍できる資格なのでWebと紙媒体の制作現場の両方で求められる人材になれるでしょう。

<Illustratorのスキルを活かせる実際の求人例>

  • グラフィックデザイナー、文房具・雑貨デザイン、年収260万円~
  • デザイナー、DVD商材のパッケージデザイン、年収280万円~
  • 映像制作アシスタント、テレビコマーシャル・Web動画広告制作スタッフ、年収280万円~

色彩検定

色見本

色彩検定は色の選び方や配色バランスなど「色」に関する理論を体系的に身につけられる資格です。

  • 色そのものに関する理論
  • 照明の活かし方
  • 色のイメージを利用する方法
  • 色と文化の関係性 など

幅広い知識・スキルを習得できます。

<色彩検定のスキルを活かせる実際の求人例>

  • グラフィックデザイナー、キャラクター商材のパッケージデザイン・販促ツールデザイン、260万円~
  • Webマーケター、グラフィックデザイナーが所属するドレスショップの企画・販促チームリーダー候補、年収360万円~
  • グラフィックデザイナー、国産時計ブランドのブランディング企画・運営、年収360万円~

資格を取得するメリット

資格を取得する過程では就職の際に実務で役立つ技術を身につけられます。

また、高スキルを持つ人材であることを証明できるのも資格を取得するメリットです。

知識やスキルの証明になる

成長,積み木

グラフィックデザイナーの仕事に役立つ資格は知識やスキルを持った人材であることの証拠として役立ちます。

グラフィックデザインをはじめとするデザインの世界はクリエイティブなイメージが強い業界です。

他職種でキャリアを積んできた人から見ると直感的な才能がないとできないと誤解されやすい仕事でもあります。

しかしデザインの世界にも体系的な理論があり、理論を習得しているかどうかが実力を左右する部分も大きいものです。

資格は理論に基づいたデザインができる実力を持ったグラフィックデザイナーであることの証拠として使えます。

実務的な技術が身に付く

女性,会議

グラフィックデザイナーに役立つ資格取得により現場の実務で役立つスキルを身につけられるのもメリットです。

グラフィックデザイナーの仕事に必要な知識やスキルはデザインに関することだけに限りません。

例えば、グラフィックデザイナーに求められるデザイン以外の知識やスキルとして下記が挙げられます。

  • インターネット・Webサイトの仕組みに関する知識
  • GIF形式などのアニメーション制作
  • HTML・XHTML・CSSなどのプログラミング言語
  • GoogleアナティリクスやサーチコンソールなどWeb解析に関する知識
  • 著作権・商標権など知的財産権に関する知識 など

実務では高いデザイン力に加え多くの業務に対応する必要があります。

グラフィックデザイナーに役立つ資格の取得を通じて実務で役立つデザイン以外の知識やスキルを得ることも可能です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

グラフィックデザイナーの資格で年収は上がる?

お金,成長

グラフィックデザイナーになるために資格は必要ありませんが資格が年収に影響する場合があります。

なぜなら実力・スキルを裏付ける客観的な証拠として資格をアピールできるからです。

グラフィックデザイナーとして実力をアピールする場合はポートフォリオが一般的ですが、資格も有効な証拠の1つになります。

資格によっては「この資格を取得できるレベルであれば一般的には月の給与が○○万円程度です」と条件交渉も可能になるでしょう。

また、資格手当・職能手当の制度が設けられている企業の求人も見逃せません。

職能手当はその人の知識や経験、スキルが問われますが、職務と関連性の高い技能・資格も該当する場合があります。

クリエイティブ系の求人も資格手当・職能手当があるケースが少なくないため年収アップに期待が持てるのです。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性,会議

グラフィックデザイナーとしてのスキルを活かす転職なら転職エージェントの利用も検討してみてください。

最近はグラフィックデザイナーの活躍の場がWebコンテンツ制作の現場にも広がっています。

そのため、WebデザインやWebサイト制作のサービスを提供する企業でもニーズが高い職種です。

また、転職エージェントは人材を欲している企業からどのような人材を求めているか直接聞くことができます。

グラフィックデザイナーの転職市場についても最新情報を持っているので職種や業界など新しい道の提案・アドバイスが可能です。

まとめ

女性,ルート,選択肢

グラフィックデザイナーの転職成功やキャリアアップにつながる資格には様々なものがあります。

それぞれの資格に特徴があり、身につけることができる知識・スキルの方向性も選択肢が幅広いです。

転職市場でも資格によって得たスキルを活かせる求人が多数あります。

未経験の方が今後取得を目指すなら、将来のキャリアプランとマッチした資格の取得を検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら