スタイリストは最高の演出が実現できるように、対象のコーディネートやスタイリングをする職業です。

ファッション・フード・インテリアなど活躍の場はさまざまですが、一般的にはファッションを指すことが多いです。

この記事ではスタイリスト、特にファッションスタイリストにおすすめの資格を解説します。

スタイリストを目指す人や資格取得を検討する人はぜひお読みください。

スタイリストになるのにおすすめの資格

虫眼鏡を持つ女性

この記事では、スタイリストになるのにおすすめの資格を紹介します。

仕事で有利な資格を持つことは、転職活動やキャリアアップを成功させることに直結します。

未経験からの挑戦でも経験者の転職でも、資格は大きな意味を持つものです。

資格はその分野における一定の知識を有していることを証明します。

そのため資格を持っていれば、仕事で役立つ知識を持っているというアピールが可能です。

スタイリストとして転職を希望するのであれば、おすすめの資格について把握しておくと良いでしょう。

1.色彩検定

女性

スタイリストとしておすすめの資格のひとつが色彩検定で、色に関する幅広い知識を問われる資格です。

色彩検定の特徴や受験資格・難易度などを解説します。

試験の特徴

国内には10種類以上のカラー・色彩系の検定がありますが、色彩検定はその中でも代表的な資格です。

日本の色彩文化の底上げや生涯学習につながる点が評価されており、現在は文部科学省が後援する公的資格となっています。

受験者の約8割が10代・20代であり、受験者の職種は美容系にとどまらず、各種メーカーや公務員など幅広いです。

資格は1級・2級・3級とUC級の4つの区分があります。数字の級は数が小さいほど難易度が高いです。

「UC」は色のユニバーサルデザインという意味で、2018年に新設されました。

「色覚の多様性に配慮した、誰もが見やすい色使い」ができる人を増やすことを目的にしたものです。

受験資格と難易度

考える女性

色彩検定には受験資格や資格制限がなく、誰でも受験できます

学習範囲が広く色彩に関する幅広い知識が問われますが、公式サイトに掲載された内容の勉強をすれば問題ありません。

合格率ですが、UC級は9割近く・3級は7割強・2級は7割弱・1級は4割から5割となります。

高位級であれば難易度はやや高めですが、UC級・3級・2級はそれほど難しくありません。

勉強すべき内容も明確なため、独学で十分に合格を狙える資格です。

 

ワンポイント
ファッション関連の仕事をするならぜひ取得しておきましょう。

2.カラーコーディネーター検定試験

女性

カラーコーディネーター検定試験は色彩の組み合わせなどの知識が問われる資格です。

カラーコーディネーター検定試験の特徴や受験資格・難易度などを解説します。

試験の特徴

色彩検定と並ぶ代表的なカラー系資格です。東京商工会議所が主催する公的資格であり、高い知名度を持ちます。

特定の業種に偏らない総合系ですが、アパレル系から始まった色彩検定と比べるとやや製造業寄りといわれます。

色彩に関する知識そのものだけでなく、ビジネスにつながる実践的な部分を意識している点が特徴のひとつです。

色彩の組み合わせによる購買意欲の促進や色彩的調和を考えたレイアウト作成など実務に活かせます。

色彩の組み合わせが重要なスタイリストの仕事に大いに役立つ資格です。

受験資格と難易度

資格制限はなく、誰でも受験できます。

資格はアドバンスとスタンダードの2区分で、スタンダードのほうが難易度が低いです。

どちらも100点満点中70点以上で合格です。2020年度の合格率はアドバンス50%、スタンダード72%でした。

独学でも十分に合格可能であり、テキストに沿った問題が出されるためテキスト対策が中心です。

それほど難易度が高い試験ではないので、取得しておくことをおすすめします。

3.色彩技能パーソナルカラー検定

女性

色彩技能パーソナルカラー検定とは、色を見分ける実力があるかを問われる試験です。

色彩技能パーソナルカラー検定の特徴や受験資格・難易度などを解説します。

試験の特徴

日本で最初のパーソナルカラー関連の検定です。

パーソナルカラーとは、「一人ひとり異なる肌や髪、瞳などの色にマッチし、個性を引き出す色」という意味合いです。

主催者のNPO日本パーソナルカラー協会は色の性質による効果を追求し、パーソナルカラーの基礎理論を構築しました。

この知識があれば、「その人に似合うかどうか」を客観的な根拠に基づいてアドバイスできます。

検定試験の質と信頼性向上を支援する「内閣府認証全国検定推進機構」に登録されていて、信頼や知名度が高めです。

受験資格と難易度

受験資格の制限はなく、誰でも試験を受けられます

資格はモジュール1(初級)・2(中級)・3(上級)があり、最初はモジュール1から受験します。

モジュール1と2の併願は可能ですが、モジュール1に合格しないと2に合格しても認定されません。

独学でも合格を狙える試験ですが、1級の実技試験はややセンスが必要とされる内容です。

まずはモジュール1から勉強することをおすすめします。

4.ファッションビジネス能力検定

服を選ぶ女性

ファッションビジネス能力検定とは、ファッション販売に関する知識や販売業におけるマナーを問われる試験です。

ファッションビジネス能力検定の特徴や受験資格・難易度などを解説します。

試験の特徴

一般財団法人日本ファッション教育振興協会が主催する民間資格です。

ファッション商品そのものの知識だけでなく、ビジネスマナーなどビジネスに関する知識も問われます。

消費者行動・マーケティング、流通、マーチャンダイジングなども出題範囲です。

経営者や販売業だけでなく、スタイリストとしても大いに役立ちます。

最新のファッションの流れなど、やや時事的な知識も必要となる資格です。

受験資格と難易度

受験資格の制限はなく、誰でも試験を受けられます。資格は1級・2級・3級の3区分です。

3級・2級の試験科目は「ファッションビジネス知識」と「ファッション造形知識」の2科目です。

それぞれ満点の60%・70%が合格の目安で、独学で十分に合格を狙えます。

1級では2・3級の「ファッションビジネス知識」が5科目に細分化されたもので、より高度な知識が必要です。

教育機関での履修やファッション関連の実務経験を前提としているため、難易度は少し高くなります。

まずは3級や2級から受験することをおすすめします。

 

ワンポイント
資格を持っていると転職活動で有利です。

スタイリストになるのに美容師資格は必要?

女性

スタイリストになるのに美容師資格は必要なのでしょうか。

美容師資格の必要性について解説します。

特別な資格は必要ない

スタイリストになるために特別な資格は必要ありません

そのため美容師の資格を持たなくても、スタイリストとしての活動は可能です。

多くのスタイリストは服飾系などファッション関連の専門学校を卒業しているか、なんらかの資格を持っています。

しかし必須条件ではないため、学歴や資格がなくても問題なく目指すことができる職業です。

美容師の「スタイリスト」とは異なる

美容師もスタイリストという言葉を使いますが、これは美容室内で美容師のランクを示す呼称です。

美容師は通常補助業務をおこなうアシスタントからはじまり、やがてスタイリストにランクアップします。

そのため職業としてのスタイリストとは異なります

スタイリストという呼称が使われるため少しややこしいですが、美容師とは関係ありません。

美容師としての資格はもちろん、スキルや経験がなくてもスタイリストになれます。

美容師免許を持って仕事の幅を広げることも可能

女性

スタイリストと美容師の仕事は違いますが、スタイリストが美容師を兼ねても問題ありません

美容師免許を持っていればより幅広いスタイリングができますし、高収入も見込めます。

衣装だけでなく髪型まで自身がスタイリングできれば理想のコーディネートを実現しやすいでしょう。

ただし美容師は国家資格で、取得には最短2年かかります。

自分がスタイリストとして働くために美容師資格が本当に必要か考えるべきです。

 

ワンポイント
なりたいスタイリスト像を考えたうえで資格取得を検討しましょう。

パーソナルスタイリスト資格の認定制度

女性

パーソナルスタイリストとは一般のお客様にファッションアドバイスをおこなう専門職です。

その知識やスキルを証明する資格である、パーソナルスタイリスト資格について解説します。

全課題提出と最終課題クリアで合格になる

スタイリストがコーディネートをする対象はモデルやタレントが多いです。

対してパーソナルスタイリストは、一般個人に対してコーディネートを提案する職業です。

誰でも名乗ることができますが、能力や技能を証明するためには資格を取得したほうが良いでしょう。

パーソナルスタイリスト検定は、パーソナルスタイリスト協会が主催する資格です。

講座の全4回の添削課題をすべて提出し、受講期間内に第4回の添削課題で基準を満たせば合格となります。

検定は18歳以上であれば誰でも受験可能です。

4級から1級まであり、2級2次検定に合格するとパーソナルスタイリストの認定を受けられます。

1級に合格すると、定期的な資格更新講座を受けます。

受講期間中は何度でもチャレンジできる

パソコンを操作する女性

先述したとおり、合格するための条件はふたつです。

講座の全4回の添削課題をすべて提出すること、受講期間内に第4回の添削課題で基準を満たすことです。

講座の受講期間中であれば何度も試験を受けることができる点が他の多くの資格との違いでしょう。

受講期間に余裕があるといって受講を後回しにせず、速めにとりかかることをおすすめします。

 

ワンポイント
より幅広い分野でスタイリストとして仕事できるようになります。

資格を活かした転職活動の進め方

両手でいいねのジェスチャーをする女性

せっかく有利な資格をとったのであれば、資格を存分に活かして転職活動をするべきです。

転職活動をする際には、資格をとったことをしっかりアピールしましょう。

面接の際に触れられなかったとしても、自己PRの時間などで資格取得に関する話をします。

なぜ資格をとったのか、資格で得た知識を仕事でどう活かすかなど具体的なエピソードを語れるとなお良いです。

資格をとっても伝わらなければ意味がありません。積極的にアピールします。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

オッケー

スタイリストとして役立つ資格について紹介してきました。

転職活動にあたって、これらの資格取得を検討する人もいるでしょう。

現職や日常を送りながら資格の勉強をするには、強い意思が必要です。

そのほかにも志望動機作成や面接対策など、転職活動にはやるべきことがたくさんあります。

忙しい日々のなかで、ストレスや悩みが生まれることもあるでしょう。

ストレスや悩みをそのままにしても良いことはありません。転職活動にも支障が出る恐れがあります。

転職活動に関する悩みは、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは転職活動のプロであり、たくさんの転職相談に乗ってきました。

そのため実用的で的確なアドバイスが可能であり、転職活動の悩みが解消します。

転職エージェントは無料で活用できるため、ぜひサポートを受けるべきです。

転職活動に関する悩みはそのままにせず、転職エージェントの力を使って解消させましょう。

まとめ

人差し指を立てる女性

スタイリストはその人の魅力を精一杯引き出し、素敵な演出のお手伝いをする仕事です。

色彩やコーディネートなど幅広い知識が求められますが、有利に働く資格の数も多く勉強がしやすいです。

スタイリストに有利な資格を持っていれば、転職活動がきっとスムーズに進むでしょう。

今回紹介してきた資格のほとんどは独学でも十分に合格が狙えるものばかりです。

難易度もそれほど高くありませんが、知識の証明としてはかなり有利に働きます。

スタイリストとしての転職を目指すのであれば、ぜひ資格の勉強をしましょう

資格の選び方や勉強の進め方、転職活動に関する悩みはぜひ転職エージェントへご相談ください。

スタイリストとして活躍する未来のために、全力転職活動のサポートをします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら