広告に関する企画営業であるアカウントプランナーに興味がある方もいらっしゃるかもしれません。

アカウントプランナーは広告枠にどのような広告を出せば成果が上がるのかを考えることが重要な仕事になります。

アカウントプランナーの志望動機では企画力や発想力・広告に関する知識などをアピールすることができればよいでしょう。

この記事ではアカウントプランナーの志望動機の書き方を解説します。

好印象を与えるコツや志望動機の例も紹介していますので参考にしてください。

アカウントプランナーの志望動機の書き方を解説

女性

アカウントプランナーの職種に必要な力は企画力営業力です。

「広告を出したい」「広告で成果をあげたい」と考えている企業に「貢献したい」という熱意で応えることが重要になります。

依頼主がどの位置にいるのか・どのような強みや弱みがあるのかを理解して提案する必要があるのです。

このことからアカウントプランナーの志望動機に必要なことを考えてみてください。

志望動機は求められるスキルや意欲をうまく盛り込んだものに仕上げましょう。

アカウントプランナーの主な仕事内容

女性

広告の依頼主は広告を利用して成果を上げることを期待します。

そのためアカウントプランナーは依頼主の期待に添えるような仕事をするのが理想です。

この章ではアカウントプランナーの主な仕事内容を紹介していきます。

仕事内容を知ることで採用担当者が求めている人物像を考えましょう。

それに沿って志望動機を作ることでうまく自分のスキルをアピールします。

仕事内容

女性

アカウントプランナーの仕事内容は「売上の上がる広告」を企画することです。

広告の制作や運用・コンサルティングなど業務内容は幅広いといえるでしょう。

アカウントプランナーは広告出稿計画を作成します。

様々な広告枠の中から最も効果を発揮できるプラットフォームを探し出し売上を上げるような仕組みを作る業務です。

プラットフォームはそれぞれ違った集客方法がありますので状況に合わせて戦略を考えます。

広告営業との関係性

営業

広告営業は広告枠を広告主に売る仕事です。そのため広告営業に必要なスキルは売り込み力になります。

雑誌やテレビの広告枠を確保して広告主に売り込むことが主な業務です。

一方アカウントプランナーの仕事は、どんな広告を出せば売り上げを効果的に増やせるかを考えることになります。

テレビや雑誌に加えてインターネットやSNSなど広告の媒体は多様化しているといえるでしょう。

媒体やターゲット層によって効果の上がる広告は違います。ただ広告を出せば効果が出るわけではありません。

どんな広告を出せば効果が出るのかという企業の悩みを解消できるような企画を提示するのがアカウントプランナーです。

求められるスキル

女性

効果のある広告の企画立案を行うアカウントプランナーにはいくつか必要なスキルがあります。

ひとつは広告主のニーズに沿った企画立案をするための企画力です。

顧客が何を希望しているのかを理解して企画として提案する力はアカウントプランナーにとって重要なスキルといえます。

そして企画を立案し顧客と話し合うコミュニケーション能力も求められます。

コミュニケーション能力を必要とするのは顧客との話し合いだけではありません。

チーム内での話し合いでもコミュニケーション能力は重要です。

顧客やチームのメンバーとコミュニケーションを取り信頼関係を築いていくこともアカウントプランナーの大切な仕事になります。

 

ワンポイント
アカウントプランナーの仕事内容は「売上の上がる広告」を企画することです。

志望動機で好印象を与えるコツは?

女性

アカウントプランナーの志望動機で好印象を与えるコツを紹介します。

アカウントプランナーの仕事内容を理解して採用担当者が求める人材を確認しましょう。

ありふれた言葉や抽象的な志望動機は採用担当者の印象に残りません。

具体的なエピソードを添えて好印象を与えるような志望動機を書きましょう。

なぜアカウントプランナーなのか

女性

志望動機を書く上で「なぜアカウントプランナーなのか」ということは明確に記述する必要があります。

他の業種にもプランナーの求人は多くあります。

広告業界にはアカウントプランナー以外にも多くの職種があるでしょう。

そんな中からなぜアカウントプランナーを希望したのかは重要なポイントです。

自分が惹かれている部分や興味を持つきっかけとなったエピソードをそえると良いでしょう。

具体的に伝えることで意気込みや熱意を伝えることができます。

この企業を選んだ理由

女性

なぜ応募先の企業を選んだのかも重要です。

「アカウントプランナーになることができたらどの企業でも良い」という志望動機ではマイナスな印象を与えかねません。

たくさんある企業の中でもその企業でなければならない理由を提示しましょう。

注意しなければならない点は「貴社の理念に共感しました」といったよく耳にする志望動機です。

「企業のことをあまり知らずにありきたりな言葉で誤魔化しているのかな?」と受け取られるかもしれません。

実際のエピソードや自分の考えを具体的に記述しましょう。

入社後どう活躍したいか

女性

採用担当者は採用後に活躍してくれる人材を求めています。そのため入社後どのように活躍したいかを記述することは大切です。

具体的にどう活躍したいか伝えることにより、採用後の活躍をイメージしてもらえるでしょう。

自分のスキルや熱意を伝えた上でそれをどう活かしていくのかを伝えましょう。

 

ワンポイント
志望動機で好印象を与えるコツは具体的な経験を記述することです。

志望動機でアピールすべきポイント

パソコン

アカウントプラナーは「効果の出る広告」「顧客のニーズに応える広告」を企画する職種です。

採用担当者もそのように活躍してくれる人材を求めています。

志望動機では採用担当者が求めているスキルや能力をアピールしてください。

効果の出る広告を企画する企画力や顧客と話し合えるコミュニケーション能力はアピールポイントになるでしょう。

採用後に活躍できる人材であるとイメージできるような志望動機を目指してください。

採用担当者が求めるスキルや人材は企業によって少しずつ異なります。

もし企業の求めるスキルについて不安がありましたら転職エージェントにご相談ください。

転職エージェントの持つ詳しい情報から企業が求める人材を考えましょう。

アカウントプランナーの志望動機の例文をチェック

女性

アカウントプランナーの志望動機の例文をチェックしていきます。

「アカウントプランナーを志望する理由」「具体的なエピソード」「なぜ応募した企業なのか」などのポイントを見てみましょう。

例①営業職の経験を活かす

女性

「私がアカウントプランナーを志望したのは、一人一人にとって価値のある広告を知ってもらいたいと考えたからです。

前職では営業職を三年経験し、顧客が本当に求めているものを提案できた時にやりがいを感じていました。

多くの人に喜んでもらえる提案の企画を自分でもしたいと思ったのが転職を決意したきっかけです。

そのような時に、顧客一人一人と向き合えるようなアカウントプランナーを募集している貴社のことを知りました。

営業職の経験を活かし様々な人とコミュニケーションをとりながら顧客のニーズに沿った企画を提案していきたいと考えます」

この例文では前職の経験を活かせることや転職のきっかけを具体的に提示しています。

例②趣味の経験を活かす

「私が貴社を志望したのは、広告の仕事を通じて多くの人に魅力的な商品を届けたいと思ったからです。

個人的な趣味の小物を紹介するブログを5年ほど運営しております。

読者とコミュニケーションを重ねる度にもっと多くの人に商品の魅力を届けたいと思うようになりました。

貴社の、さまざまなクライアントのニーズに応える企画立案をされている点に魅力を感じております。

ユーザーの興味があることにアンテナを張る経験が活かせると思い貴社を志望いたしました」

この例文では具体的なエピソードを添えて企業に貢献できる自分の経験をアピールしています。

 

ワンポイント
志望動機は具体的なエピソードを盛り込んでください。

アカウントプランナーの志望動機のNG例

女性

志望動機のNG例も見ていきましょう。

具体性がないものや理由に一貫性がないものは良い印象を与えません。

例①具体性がない

女性

「過去に営業職として様々な企業と関わってきたことで経験と知識を得ることができました。

今後は経験をフルに活かし、御社の業績に貢献していきたいと思います」

この例文は具体性がありません。個性や意欲も感じられないため、良い印象を与えることができないでしょう。

例②スキルと理由が繋がらない

「専門学校を卒業後、常にプロフェッショナルでありたいとチームワークの基本をしっかり熟知しました。

さらに裁量と学んだスキルを活用し、貴社の一員として貢献できると考え志望いたします」

この例文ではチームワークとスキルが紐づけされていません。

提示するスキルや理由はきちんと繋がっているものにしましょう。

 

ワンポイント
具体性がないものや理由に一貫性がないものはNG。

志望動機を具体的に伝えるために

女性

志望動機を具体的に伝えるためには情報を集めて分析する必要があります。

採用担当者が何を求めているかを知ることが大切です。自分が提供できるスキルも知っておきましょう。

採用担当者に良い印象を与えるためには、相手が求めているスキルを提示してください。

ポイントを絞ることで具体的な志望動機を伝えることが出来るでしょう。

自己分析をしよう

女性

企業に自分がどう貢献できるかを知るためにはまず自己分析をすることです。

自己分析をすることにより自分の強みやスキルを知ることができます。

自己分析を行うポイントは具体的な経験も洗い出すことです。

「〇〇したい!」「〇〇が得意だ」というだけでは本当に自己分析できたとはいえません。

自分の思いがどこから出てきたのか「自分が経験したこと」から理由を探してみてください。

業界研究をしよう

メモ

志望動機では「なぜ広告業界を選んだのか」も重要です。

業界研究をする上で最初にすることは「企業選びのポイント」を明確にしておくことになります。

自分がどのような企業を希望するかを明確にした後、比較する業界を探しましょう。

ピックアップした業界のメリットデメリットを比較してください。

業界を比較することにより、なぜこの業界を選んだのかが明確になるでしょう。

そのためには自分の目指す業界を研究してはっきりとメリットやデメリットを出せるようにしてください。

企業研究をしよう

女性

志望動機では「なぜ応募先の企業を選んだのか」も重要です。

企業研究をすることにより応募先の企業が求める人材を推測します。

もし企業研究をする情報が不足していると感じたら転職エージェントにご相談ください。

企業研究をする上で正確な情報はとても重要です。転職エージェントは求人情報や企業情報を多く持っています。

きっと企業研究の助けになるでしょう。

アカウントプランナーは未経験でも挑戦できる?

女性

広告業界は専門的な知識が必要な職種も多く経験がなければ難しいと考える女性も多いです。

しかし営業職にあたるアカウントプランナーは求められるスキルさえあれば未経験でも十分挑戦できます。

企画力やコミュニケーション能力は様々な職種で伸ばすことが出来るでしょう。

前職までの経験を活かすことが出来る部分も多いです。

企業が求める人材とスキルを見極めて自分の強みをアピールしてください。

未経験での挑戦で不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

もしアカウントプランナーへの転職で不安がありましたら転職エージェントに頼るのも手です。

転職のプロに相談することで少しでも不安を解消しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

転職での悩みは転職エージェントにご相談ください。

一人で不安に思っていても解決するのは難しいです。

そんな時には転職について豊富な情報を持つ転職エージェントからのアドバイスが役に立つことがあります。

必要なスキルや求人情報・面接対策など様々な相談をすることができますので、うまく活用してください。

転職エージェントとともに悩みを解決して転職を成功させましょう。

まとめ

オフィス

アカウントプランナーの志望動機は具体的なエピソードをそえると良いでしょう。

「なぜアカウントプランナーなのか」「なぜこの企業を選んだのか」を明確に伝えてください。

企業の求めるスキルを提示することで採用担当者に与える印象も良いものとなるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら