マーケティング・ビジネス実務検定はマーケティングに関する知識がどれだけあるかを確認できる資格です。

国際実務マーケティング協会が年に3回行っている検定資格で、自分のマーケティング知識を知る目安になります。

マーケティング・ビジネス実務検定の資格は転職にどれだけ有利なのでしょうか。そのメリットについて解説しています。

マーケティング・ビジネス実務検定は転職に有利か解説

パソコン

マーケティング・ビジネス実務検定のための勉強では、実際に仕事に役立つ知識や実践で役立つマーケティング能力を習得できます。

マーケティング能力とは市場を理解し分析して、不特定多数の顧客に対して販売方法などの戦略をたてる力ということです。

マーケティングに必要な知識や実践力がどれくらいあるのかを見極めるための検定資格は、実際の仕事に即結びつく資格です。

マーケティング・ビジネス実務検定の資格は、自分自身のマーケティング能力をアピールする転職の場では大変有利といえるでしょう。

 

ワンポイント
 マーケティング能力をアピールできる資格取得は転職に有利といえます。

マーケティング・ビジネス実務検定を活かせる職種は?

女性パソコン

マーケティング・ビジネス実務検定資格は転職に有効な資格だとお話ししましたが、どのような職業に活かせるのかみていきましょう。

マーケティングに関する知識は営業や販売の仕事のみでなく、これから独立を考えている人にも必要なものです。

もちろん女性の転職にもマーケティング実務の資格は有効です。学習で得たマーケティングの知識を転職に活かしてください。

マーケティング実務検定の学習で得られたスキルはあらゆる職種で役立つと考えられます。

特に資格を有効に使える職種について解説していきましょう。

マーケティング職

マーケティング職とは、市場でどのようなものが求められているのか調査し戦略をたて新製品やサービスなどを企画する職業です。

求められる商品を企画し営業や販売の戦略を練ります。そのための市場調査や分析を行うのもマーケティングの仕事となります。

マーケティング実務検定の学習ではこのようなマーケティング例なども学びます。実践で資格を有効に使える職種といえるでしょう。

営業職

営業職は個人や企業に対して商品を提案し売買契約を結ぶ職業です。商品の良さをアピールして購入してもらう職業ということです。

今世の中の人はどのようなものを求めているのかを調査し、それにマッチした商品を提供することで売上増が見込めます。

営業職にマーケティングの知識は不可欠です。マーケティング・ビジネス実務検定は営業職の人にとっても有効な資格なのです。

販売職

販売職も営業職と同様に、市場で何が求められているのかを明確に知る事で提供する商品内容を決めターゲットも絞れます。

調査や分析をすることで、求められる商品の傾向を確認し効率よく顧客へのサービス提供を行えるのです。

販売職にもまたマーケティング・ビジネス実務検定の資格はなくてはならない能力として有効なものといえるでしょう。

 

ワンポイント
マーケティング実務検定はマーケティング職だけでなく営業や販売でも不可欠な資格です。

マーケティング・ビジネス実務検定の種類

女性比較

あらゆる職業で有効的なマーケティング・ビジネス実務検定ですが、実務レベルによりその資格の種類が違います。

資格にはA級・準A級・B級・C級があり、級が上がるにしたがって難易度も上がります。

それぞれに初心者中級者上級者と目標別に取得資格のレベルが違っています。自分の目標に応じて取得を検討すると良いでしょう。

A級

マーケティングの知識の応用や企画戦略をたてるまでのレベル、または法務や計算管理ができるまでの知識を得たい人向きです。

A級準A級は上級者レベルで戦略マネージメントの知識を得てそれを活かしたいという人向きと考えられます。

B級

中級者マーケティングオペレーションの応用レベルで、市場や消費者の動向を知り戦略法を知りたい人向きです。

基礎知識をふまえて、それを強化し運用できるようになりたいと考えている人はB級を取得する場合が多いです。

C級

マーケティングの基礎レベルで初心者向き。マーケティングの基礎知識、マーケティングに関連した知識を身に着けたい人向きです。

もちろん状況や受講者により差はありますが、C級であれば1日1時間約1ヵ月ほどの学習で合格する人が多いです。

転職に有利になるのは何級から?

勉強する様子

転職の職種によって必要なスキルや資格は違います。マーケティング実務検定の資格が必ず必要ということのない職種もあります。

ただ女性が販売職や営業職に転職する場合に、マーケティング・ビジネス実務検定の資格を取得していることは強みです。

特に中級上級の資格を取得していると将来的には有利です。転職でのアピールポイントにも充分なりえます。

初級クラスのC級であってもマーケティングの基礎知識はあると見なされるため、まずはC級を取得する人が多いのではないでしょうか。

 

ワンポイント
マーケティング・ビジネス実務検定では初級クラスでも基礎知識ありと見なされます。

マーケティング・ビジネス検定を取得するメリット

強み

マーケティング・ビジネス検定資格を取得すると、どのようなメリットがあるのかを解説していきましょう。

マーケティング・ビジネス実務検定はインターナショナルなマーケティング能力の証として提示することのできる資格です。

マーケティング能力はあらゆる職種を通じて必要とされているので、転職にも有利ですしキャリアアップの足掛かりにもなります。

特に女性にとってはマーケティング能力があるということは大きなアピール材料となるでしょう。

女性に多い販売職においてもマーケティング力は不可欠といえるためマーケティング実務検定資格取得はメリットとなるのです。

市場調査や分析について学べる

パソコンに向かう女性の画像

営業や販売においても、顧客の動向や好みや需要を的確に知るマーケティング力が重視されています。

市場調査や調査に基づく分析の重要性から、マーケティング例を学ぶことは大きなメリットといえるでしょう。

インターネット社会においてはWEBサイトやWEBサービスを用いて行われるマーケティングも主流となっています。

これは集客・接客・再来訪などの施策を数値で管理し、常に新しい情報を取り入れることが出来るマーケティング手法です。

マーケティングの知識があることを証明できるマーケティング実務検定は、転職時にも転職後も充分必要な資格となるでしょう。

誰でも取得可能

マーケティング・ビジネス実務検定は、特に必要とされる職種以外でも知識を学習できるという意味では誰でも取得が可能です。

マーケティング実務の知識は営業や販売以外の多くの職種や独立を目指している人にとっても必要な知識でもあるのです。

マーケティングの基礎から学べ、その合格率もさほど低くなく比較的取得しやすい資格なので挑戦してみてはいかがでしょうか。

ステップアップの足掛かり

マーケティング実務検定の資格を取得していることは、転職後のキャリアアップへの足掛かりとして大きなメリットとなります。

どのような職種へ転職したとしても、明確なキャリアパスの設計にも欠かせない資格となるでしょう。

マーケティング実務検定の資格についてお話ししていますが、役立つ資格を取得してもその資格を充分に活かせないのでは困ります。

マーケティング実務検定だけでなく、せっかく取得した資格を転職で充分に活かせるようにしたいものです。

資格を転職に活かすためのポイント

女性の手、電球

続いてマーケティング・ビジネス実務検定だけでなく、さまざまな資格を最大限に転職で活かす為のポイントを挙げてみましょう。

転職に資格を活かすなら目的を明確にする必要があります。希望の業種と関係のない資格はかえって不利になる場合すらあります。

例えば事務での転職を希望なのに栄養士の資格を持っていても強いアピールにはなりません。事務職に有利な資格を取得すべきです。

栄養士の資格を活かした職に就く方がよいのではないかと思われかねません。職種にあった資格を取得し履歴書に記載しましょう。

目的に応じた資格か判断する

どんな資格でも手あたり次第に取得しておけば良いというのではなく、目的に応じた資格かどうかを判断する必要があるのです。

とにかく資格と名の付くものを何でも取得しておこうと考える人もいますが、それも逆効果になる場合もあります。

転職時の履歴書に資格を記載する場合、その資格を記入する方がよいのかどうかも判断しなくてはいけません。

直接希望職種に必要のない資格であっても、取得する上で学んだスキルが希望職種でも必要な場合は記載すると有利な場合もあります。

転職エージェントを活用する

相談

資格について履歴書への記入に迷ったら、転職エージェントに質問することをおすすめします。

その転職ならこういった資格を履歴書に記入してアピールすべきとか、この資格は今書く必要がないなどのアドバイスは重要です。

転職エージェントならしっかりとしたアドバイスが期待できます。自分だけの力で転職活動をする必要はありません。

より良い方法を転職エージェントの力を借りて試すことで、転職に成功する確率がぐんと高くなるのです。

目的別のマーケティング資格の選び方をチェックしよう

ポイント

目的別のマーケティング資格の選び方をお話しする前に、どのようなマーケティング資格があるのかを確認してみましょう。

ネットマーケティング検定・中小企業診断士・ディレクション検定などがありますが、それぞれの目的に合わせて選ぶことが大切です。

ネットマーケティングならネットマーケティング検定、ビジネスなら中小企業診断士、営業ならディレクション検定などとなります。

インターネット社会ではマーケティングもネットマーケティングが主流となりつつあり、ネットで取得する資格も多くなっています。

マーケティング職への転職に有利な資格

電話をかける女性

数あるマーケティング資格の中でマーケティング職への転職で特に有利となる資格についてお話ししていきますね。

一番ポピュラーな資格は先に紹介したマーケティング・ビジネス実務検定となります。その他の有利な資格について解説しましょう。

マーケティング職の仕事内容に必要な資格は多いのですが、こちらではネット社会で必要なマーケティング資格を取り上げます。

Webクリエイター能力認定試験

パソコン作業をする女性

Webクリエイター能力認定試験はマーケティング職でも広告やWEBサイト関係に有利な資格ですがマーケティング職への転職にも有利です。

資格取得の為の学習ではビジュアルデザインや管理運営の知識も培われるため、幅広いスキルが身に付きます。

Google AdWords認定資格

Google AdWord認定資格とは文字通りAdWordsの知識や応用力などの実務能力があるとGoogleが公式に認定して与える資格です。

AdWords基礎と(検索・ディスプレイ・モバイル・動画・ショッピング)の広告の内どれかひとつを併せて合格となります。

Google AdWords認定資格を取得すれば、AdWordsのスペシャリストとして転職時にアピールすることが可能です。

Google AdWords認定試験を受験するにはネットで手続きし、アカウントを取得してアクセスしてください。

無料で資格試験を受けることができ、万が一不合格でも再度挑戦できるのは利点です。

Google AdWords認定資格は1年間と有効期限が限られています。日々進んでいくネット社会ではその都度の知識が必要になるのです。

 

ワンポイント
 インターネット社会ではネットで取得する資格が多くなっています。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職相談

マーケティング職の転職を含め転職に有利な資格についてお話ししてきましたが、転職希望の職種によって取得資格もさまざまです。

履歴書にどの取得資格を記入すると良いのか、どのような資格を取得すべきなのかを転職エージェントに確認しましょう。

転職相談は転職エージェントを活用して、悩みや資格についても相談することが転職への近道です。

豊富な経験からわかりやすい回答が期待できるでしょう。

転職活動を実りあるものにするために、ぜひ転職エージェントを活用してください。

まとめ

女性

マーケティング・ビジネス実務検定の資格はマーケティング能力のスキルを学べ、仕事に即実践できるので転職には有利な資格です。

マーケティング・ビジネス実務の資格を活かせる職種はマーケティング職・営業職・販売職など、幅広い職種となっているのです。

女性の転職に多い販売職などでもマーケティング能力は不可欠なものなので、資格を取っておくとアピールポイントとなります。

その他転職に必要な資格はたくさんありますが、転職希望の職種によって必要な資格もさまざまです。

転職したい職種にマッチする資格を取得することが大切なのです。どのような資格を取得すべきか相談してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら