スタイリストはコーディネートやスタイリングなどをし、最高の演出ができるよう調整をする仕事です。

ひとくちにスタイリストといっても、ファッション・フード・インテリアなど活躍の場はさまざまです。

その仕事に合った能力やスキルが求められます。

この記事ではスタイリストの仕事内容ややりがいについて解説します。

スタイリストへの転職を検討している人はぜひお読みください。

スタイリストの仕事内容を解説

女性

スタイリストの仕事内容について解説します。

ひとくちにスタイリストといってもいくつか種類がありますので、それぞれ見ていきます。

ファッションスタイリストの仕事

ファッションスタイリストの主な仕事は出演者のコーディネートです。

ただ服やアクセサリーを選ぶのではなく、コンセプトやイメージに沿ったコーディネートが求められます。

そのため企画者やクライアントなど関係者と打ち合わせをし、方向性のすり合わせが必要です。

コーディネートを決め衣装などの手配をし、撮影当日は現場でイメージの確認や調整などをおこないます。

単純なファッションセンスだけでなくコミュニケーション能力や情報を把握する力も必要です。

フードスタイリストの仕事

フードスタイリストの仕事はテーブルセッティングの演出です。

雑誌を中心とした書籍、テレビCMや映画製作において撮影される料理をより素敵に見せることを求められます。

料理そのものだけでなく、食卓を彩るテーブルクロス・食器・小物などの選定もします。

クライアントや関係者と打ち合わせをしながら、食卓のシーンやテーマのすり合わせをし、それに合った演出が必要です。

料理や食べ物に関する知識だけでなく、演出力やセンスも問われます。

インテリアスタイリストの仕事

インテリアスタイリストの主な仕事は、撮影をおこなう現場やスタジオのデザインをおこなうことです。

使用する家具や小物を選定し、テーマにあった演出ができる空間をつくりあげます。

また、店舗や商業施設などの内装コーディネートを求められることもあります。

テーマに合った演出ができる空間を作り上げる職業です。

 

無料転職相談をしてスタイリストの仕事内容について知ろう

 

スタイリストの役割

女性

スタイリストの役割は、最高の演出ができるようテーマに合ったコーディネートをすることです。

そのために必要な具体的な仕事内容を確認しましょう。

打ち合わせ業務

まずは打ち合わせ業務です。

作品のテーマや制作目的などの共有をし、そのうえでどのような演出をするか関係者で打ち合わせをします。

ひとつの作品を作るためには多くの人が関わりますが、全員で共通認識を持つことが大切です。

演出対象をコーディネートするスタイリストも、当然この打ち合わせへの参加が求められます。

ヒアリングだけでなく、自分の意見も求められる場面です。

小道具集め業務

営業

演出で使用する小道具集め業務もスタイリストがおこないます。

会社で所有しているものを使用する場合だけでなく、業者などから借りることもあるでしょう。

そのようなときにリースの手続きや届いたアイテムの保管をするのも、スタイリストの役割です。

基本的に、スタイリストがコーディネートを担当する範囲の小道具はスタイリストが手配します。

小道具の選定・発注・管理までスタイリストに任される仕事です。

現場でのコーディネート業務

撮影当日は現場でのコーディネート業務をします。ここでも打ち合わせを重ねます。

メイクアップアーティストやカメラマンなどと調整をしたり、クライアントに確認をとったりします。

使うアイテムについても、ちょっとした角度やシワのつけ方まで調整が必要です。

細かいところまで手を加えて最高の演出になるよう努めます。

完成した作品の確認もおこない、理想通りの演出ができているかもチェックします。

トレンドなどの情報収集業務

スタイリストが携わる作品は、トレンドの取り入れが求められるものが少なくありません。

トレンドなどの情報収集業務も必要です。

時代に合わないコーディネートはユーザーからの評価を得られないこともあるでしょう。

逆に、トレンドに合っていればそれだけで見る人が増える可能性があります。

今流行っているものはもちろん、これから流行りそうなものについてキャッチする能力も必要です。

ユーザーに受け入れられる演出をするためには、情報収集業務が欠かせません。

 

ワンポイント
スタイリングに関わる幅広い業務をおこないます。

スタイリストの勤務形態

パソコン作業をする女性

スタイリストの勤務形態について紹介します。

基本的に働き方を選びやすく、好きな形で仕事ができる職業です。

事務所に所属する

勤務形態のひとつが、スタイリスト事務所に所属することです。

正社員や派遣社員などの形態でひとつの事務所で働きます。

基本的には固定給であり経験に関わらず安定した収入を得ることが可能です。

フリーランスのように高額な収入は見込めませんが、安定性や保証が大きな魅力でしょう。

事務所とつながりのある制作会社やクライアントから仕事を受けるため、似た業務が多くなりがちです。

フリーランスで働く

パソコン作業をする女性

スタイリストとして働く人の中には、フリーランスの形態をとる人も少なくありません。

フリーランスは自分で仕事を獲得する必要があります。

いきなり一人で仕事をするのは難しいため、プロのスタイリストのアシスタントから始める人が多いです。

収入が不安定ではありますが、経験を積み実績を重ねていけば同年代の会社員より高収入を実現できることもあります。

スタイリングは比較的自由な働き方ができる仕事です。

 

ワンポイント
勤務形態は比較的自由に決めることができます。

 

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


スタイリストが働く場所は?

打ち合わせの様子

スタイリストが働く場所は主に制作関連の場所となります。

実際の制作現場だけでなく、打ち合わせのためにクライアントを訪れたりスタジオへ行ったりもします。

使用するアイテムを実際に見るために、リース会社や店舗へ足を運ぶことも少なくありません。

一か所にとどまることはあまりなく、制作関係のさまざまな場所へ移動することになります。

激しい肉体労働ではありませんが、足を使う機会の多い仕事です。

さまざまな場所で働くため、刺激を受けやすいでしょう。

スタイリストのやりがい

外回りの女性

スタイリストとしてやりがいを得られる場面は、自分が関わった作品が完成したときでしょう。

完成した作品を見て納得のいく出来であれば、大きな喜びを感じます。

また、自分がコーディネートしたものが世間に認められたときも、やりがいを得られる瞬間です。

今の時代、作品が公開されてすぐにSNSなどで多くの人が感想を投稿します。

そのためどのような評価を得ているかすぐに確認することが可能です。

厳しい意見がないとは限りませんが、好意的な感想を目にすれば喜びややりがいを感じられるでしょう。

スタイリストの将来性やキャリアパス

パソコン作業をする女性

スタイリストの将来性やキャリアパスを紹介します。

その仕事の未来についても考えておくことが、転職活動で大切なことです。

将来性

スタイリストはこれからも需要があり続ける仕事でしょう。将来性は決して低くありません。

雑誌・インターネット・テレビなど、広告や作品が必要となる場面は非常に多いです。

そのような場で良い演出をするためには、スタイリストの力が欠かせません。

今後作品を提供する場が変わる、もしくは求められるものが変わることはあるでしょう。

しかしスタイリストの仕事がなくなることは考えられません。

将来性は非常に強い仕事だといえます。

キャリアパス

スタイリストとして働いて、その後どのような道に進むかを考えておくと良いでしょう。

キャリアプランとしては以下のようなものが挙げられます。

  • スタイリストとして独立する
  • 管理職や指導者の立ち位置になる
  • 制作や演出に関する別の仕事に就く

事務所に所属しているスタイリストであれば、ある程度経験を積んだのち独立することも可能です。

独立することで自分で仕事を選べるため、好きな分野があればそこに集中することができます。

スタイリストをまとめる管理職や新たなスタイリストを育てる指導者も、ひとつの道です。

自身がスタイリストとして働くのではなく、後輩にあたるスタイリストを導くことができます。

スタイリストとして身につけた知識や経験は、制作や演出の仕事で大いに役立ちます。

可能性を広げるため別の道へ進むことも良いでしょう。

 

ワンポイント
 将来性があり、その先に続く道も多い仕事です。

スタイリストになる方法

考える女性

スタイリストになる方法を紹介します。

憧れの仕事に就くためには、踏んでおきたいステップを把握しておくことが大切です。

スタイリストになるためにやること

スタイリストになるために必ずとらなければいけない資格などはありません。

しかし多くの人は、服飾系などスタイリングに関する学校に通って専門知識を身につけます。

学校に通わないとしても、色彩に関する知識やコーディネートのセンスなどは最低限身につけなければなりません。

知識を証明するために、スタイリストとして活かせるなんらかの資格を取得すると良いでしょう。

また打ち合わせをする場面が多いため、コミュニケーション能力も鍛える必要があります。

スタイリストになるためには、必要な知識やスキルを身につけることが大切です。

知識の取得とコミュニケーション能力の向上は必須です。

最短でスタイリストになるには

悩み

最短でスタイリストになるには、専門学校に通ったのちにスタイリスト事務所に所属するのが良いでしょう。

もっとも最初はアシスタントとしての立場になりますが、基礎を学びながら着実にスタイリストになれます。

先述しましたが資格を取得するのも効果的です。新卒採用でも転職でも有利に働きます。

学歴や資格がなくても転職できる仕事ではありますが、やはり証明があるに越したことはありません。

最短でスタイリストになるのであれば、専門学校に通いながら資格をとることがおすすめです。

 

無料転職相談をしてスタイリストへの転職方法を知ろう

 

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


スタイリストの年収は?

メモ

スタイリストの平均年収は約100万円から600万円とかなり幅広いです。

アシスタントスタイリストはおよそ年収275万円、トップスタイリストは年収400万円~600万円になります。

事務所や会社に所属している場合であっても、最初のうちは低めの年収となります。

フリーであれば高収入を実現できる場合もありますが、実際のところ高収入はごく一握りです。

確かな実力と実績があれば年収1000万円を狙うこともできますが、そうでなければ平均年収以下になります。

実績や経験により年収が決まる仕事です。

 

ワンポイント
平均年収の幅が広く、実績や経験が反映されます。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ポイント

スタイリストになるという夢を叶えるため、転職活動でさまざまな努力をするでしょう。

面接対策や資格の勉強など、やるべきことはたくさんあります。

しかしすべてがうまくいくというわけではなく、むしろ躓いてしまう場面は少なくありません。

結果として悩みが生まれてしまうことも多くあります。

悩みを放置して転職活動を進めても何も良いことはありませんし、ストレスの原因にもなってしまうでしょう。

転職活動中に悩みが生まれたら、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは多くの転職者をサポートしてきた、転職活動のプロといえる存在です。

実用的で的確なアドバイスやサポートができるため、転職活動に関する悩みが解決するでしょう。

転職エージェントは無料で活用することができます。

転職活動で悩みが生まれたらそのままにせず、転職エージェントへご相談ください。

 

無料転職相談をして転職活動の悩みを解消させよう

 

まとめ

服選びをする女性

スタイリストの仕事内容およびやりがい・スタイリストになる方法などを紹介してきました。

スタイリストは作品が素敵になるような演出をする仕事です。

多数の人の目に触れる作品に関わるため緊張感がありますが、その分大きなやりがいを得られます。

特に自身が関わった作品が評価を得たとき・ユーザーからの良い反応を見つけたときは嬉しいでしょう。

実績次第で高年収も見込めるため、モチベーションや向上心の維持もしやすい仕事です。

もしスタイリストを目指すのであれば、専門学校への通学や資格の取得をおすすめします。

何か悩みが生まれたら遠慮なく転職エージェントへご相談ください。

転職活動が上手くいくことを願っています。

『スマホだけで』らくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう求人選定から内定までをサポートしています。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • 質問や相談はLINEで気軽に
  • スマホでのやりとりだけで転職をサポート
  • スマホ面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書の作成代行
  • スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介
  • データはクラウド管理でセキュリティも万全

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

 

質問や相談はLINEで気軽に

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

スマホでのやりとりだけで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

スマホ面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

履歴書や職務経歴書の作成代行

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウド管理でセキュリティも万全

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。