何事も未経験となると本当に大丈夫かなと心配になります。

経験を積むにはその仕事に慣れることが一番です。

人には向き不向きがあるかもしれませんが自分がなりたいものになれないと夢をあきらめるのはもったいないです。

その道の経験やスキルを培っていけば憧れの企業で就職することもできるようになるでしょう。

転職する前に持っておいた方が後々有利になるスキルがあります。

スキルを身につけるにはそれなりに時間もかかります。

ましてや音楽の経験やスキルなんて幼少期から継続している方が有利なのではないかと思うかもしれません。

人は努力次第でステップアップできるのです。

Contents

未経験からサウンドクリエイターを目指す方法を解説

初心者マークを持つ女性

サウンドクリエイターはゲームやアニメ、映画などのサウンドを作成する仕事です。

特にゲームの効果音などが想像しやすいでしょう。

あの音を作成しているのがサウンドクリエイターです。

音楽を自分の手で作り出しさまざまな人と触れ合いながら決めていきます。

音楽に興味のある人で効果音を自分の手で作成してみたいといった人はなりたい職業でしょう。

ただ未経験といった言葉に引っかかります。

音楽を知らなければとてもサウンドクリエイターになることはできません。

そのため知識やスキルを身につけて専門学校に通うことが一番の近道になります。

音楽学校なら授業の中でたくさんのスキルを身につけることができます。

実技や試験も繰り返し行われるでしょう。

その経験を経て会社に就職します。

順を辿らなければいきなりサウンドクリエイターになることはできないため一つ一つの過程を重視しながら道のりを辿りましょう。

そうするとたとえ未経験であってもサウンドクリエイターになることができます。

サウンドクリエイターの未経験求人から仕事内容をチェック

カラオケする女性

未経験だとなにかと不安がつきものです。

どのような仕事をしているのか内容をしっかりと確認する必要があります。

仕事を知ることで不安も解消されます。

仕事内容例〜音を作り出す〜

サウンドクリエイターはあらゆる音を作り出す仕事をしています。

音楽は生活においてなくなると寂しいものです。

元気付ける音、悲しい音そのほかいろいろな音があります。

テレビを見てみると常に音で溢れています。

バックで流れている音やBGMで使われている音などはすべて人の手によって生み出されているのです。

もちろんそれなりの経験やスキル が必要になりますが自分の作成した音が世に送り出されたらそれだけで成果が得られます。

仕事内容例〜コミュニケーション力〜

依頼を引き受けたらまずは担当者と打ち合わせを行います。

どんな音を作成すればいいのかイメージや方向性について話し合わねばなりません。

打ち合わせは一度や二度だけではありません。

そのためコミュニケーションが成り立たなければ業務を遂行することもできないのです。

他の企業と打ち合わせをするだけにとどまらず社内でもミーティングが行われます。

自分の意見を言えない人や他の人の意見を聞けない人はこの仕事に就くことはできないでしょう。

コミュニケーションも一つのスキルとしてなくてはならないものです。

生活していく上で経験がなくても自然と身につくものであり誰かに教わるといったこともしないでしょう。

コミュニケーションはどの業界に行っても必要です。

仕事内容例〜音響をコントロールする〜

音響を操作する女性

戦闘系のゲームやBGMなどには複数の音が重なり合っています。

その音をよく聞いてみるとわかるかもしれませんがいくつもの種類が重なり合って一つの音楽となっているのです。

その音たちは重なり合って衝突します。

ゲームであればプレイヤーに、テレビであれば視聴者にその音が伝わっているでしょう。

それらの人たちに少しでも違和感があってはなりません。

違和感がないように音響を調整することもサウンドクリエイターの仕事になります。

音を聞き分けられる力が必要になってくるのです。

 

ワンポイント
サウンドクリエイターの仕事内容を知ることで自分が一番やりたいことを明白にしておきましょう。

サウンドクリエイターのやりがい

仕事に励む女性

自分が作った音が世の中に残ると思うとそれだけでやりがいは感じます。

CMやゲームに使われていたとなればこんなにも喜ばしいことはないでしょう。

音がない生活はあまりないため起用されると作った甲斐もあります。

作品が世の中に残る

ゲームやCMなど自分で作成された音が起用されたときそれはずっと使用されるものになるため一つの作品として残ります。

満足のいく音楽を作り上げこれからもどこかの場所で使われるならこれほどやりがいのある仕事はありません。

そこまでたどり着くためには経験やスキルが必要になってきます。

自分が作成した作品が世に残ると思うとやる気もあがることでしょう。

オンリーワンの作品を生み出せる

自分が作成したのならそれはどこにもないたった一つの作品です。

中には似たような作品もあるかもしれません。

ですが自分の中にあるものを形にすることはオリジナルに秀でています。

自分自身で考え自分で作り上げた作品ならそれはオンリーワン以外の何者でもありません。

他のクリエイターが作った作品も参考にしつつオリジナルあふれる作品を目指すことで自分だけの作品を作っていきましょう。

他の人にはできないような音を作り出すことで作品がかけがえのないものに仕上がるはずです。

 

ワンポイント
自分が作った作品は世に送り出されます。かけがえのない最高の作品を作りましょう。

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

未経験での転職は難しい?

泣いている女性

誰もが最初は未経験ですがやはり経験なしで転職することは不可能ではないかと悩みます。

未経験可能と書かれた求人はありますが経験している人と比べると足を引っ張ると思うかもしれません。

知識やスキルだけでは叶わないのかもしれません。

求人数が少ない職種

クリエイターとまとめるとそれなりに求人情報も多くなります。

ですがサウンドクリエイターとつけるだけで一気に求人情報が乏しくなってしまうのです。

就職、転職に限らず求人が少ない職種になります。

サウンドクリエイターは経験やスキルがあってこそ成り立つ職業です。

経験が全くなかったりスキルだけ身につけていても本気でその道を目指したいという人は少ないことも事実です。

需要は大きくなっている

音楽はジャンルが幅広いものです。

テレビを見てみるとCM・情報番組のBGM・サウンドなど非常に多くあります。

またゲームにしてもジャンルが多岐に渡り自分の手がかけたかった作品に携わることができるようになる可能性もあります。

ゲームの中でも携帯ゲームが普及してきました。

アプリを入手したときに流れてくる音楽や広告に使われている音などジャンルを問わず数多くの種類があります。

アプリはますます普及し多くの利用者もいますので活躍できる幅も広がるでしょう。

転職前に身につけるべきスキルは?

木陰で音楽を聴く女性

転職は思い立ってすぐにできるわけではありません。

その前に準備して整えておかなければならないのです。

スキルを身につけておけば転職先でも有利になります。

どのようなスキルが必要かご紹介します。

音楽の基礎知識

転職する前に知っておかなくてはならないものが音楽に関する基本的知識です。

音楽を知るのが早ければ早いほど知識やスキルは蓄えられていきますが基礎知識程度なら転職前からでも十分間に合います。

音階や楽譜、楽器の種類などは最低限知っておいた方がいいでしょう。

サウンドクリエイターは音に関する仕事をしています。

音に詳しくなければ転職は成功しません。

前もって準備しておくことはたくさんありますが覚えようと思えば覚えられる事柄ですので転職前に必ず知っておきましょう。

最低限のことを知ったからといってスキルが身につくわけではありません。

楽器をもともと演奏していた経験があり音楽について基本情報の枠を超えた知識があるなら話は別です。

そのような経験がある人は十分スキルが身についたといえるでしょう。

スキルを身につけることは簡単なことではありません。

時間をかけて色んなことを知っていく必要があります。

DTMのスキル

パソコンで音楽を制作する際に必要となるものです。

この知識とスキルがなければ音楽制作を進行することは困難になるかもしれません。

サウンドクリエイター以外にもDTMは身近なものとなりました。

パソコンの普及もありますが今ではYouTubeを撮影するために使っているという人もいるでしょう。

このDTMは曲を一から作り上げることが可能となっています。

音楽の勉強を一からやってみようと思ってもかなりの努力と継続力が必要になってきます。

ですがDTMならそんな手間はかかりません。

そのためたとえ知識やスキルが乏しい人でもDTMさえ覚えていれば十分に養えるものとなるでしょう。

向いている女性の特徴

拡大鏡を除く女性

人には向き不向きがあります。

音を繰り出すにはセンスも必要になるでしょう。

器用な人、そうではない人などいろんな人がいます。

自分には向いているのかどうかを知ることで目指すものも見えてくるでしょう。

音への興味・関心が高い

音に関しての知識やスキルだけではただ仕事をこなしているだけになってしまいます。

そうではなく音楽への興味が高い人は向いているといえるでしょう。

音楽がなければ生きていけないといった深い愛情の持ち主なら仕事をしていくには十分でしょう。

中には音楽が嫌い、苦手だといった人もいます。

それぞれ感じ方や考え方は違いますから当然です。

音に関して苦手意識のある人はこの仕事に関わらない方がいいでしょう。

音楽に関しては誰にも負けないくらい好きだといえる人ほどこの仕事で生き残ることができるのです。

人と話すことが好き

おしゃべりをする人たち

一つの音を作り出すためにさまざまな人と会話を重ねながら作業をすることになります。

人と話をしながら仕事をするのが好きだという人は向いているかもしれません。

自分の言いたいことを伝えることができてかつ相手の話も聞き入れるといった話し上手聞き上手の人です。

そのような人は円滑に作業をすることができるでしょう。

コミュニケーションはとても大事です。

思っていることを話せない人はどんなことを考えているのかさえも分からなくなります。

またサウンドクリエイターは打ち合わせや会議が多くなります。

会話をすることに抵抗があるようならそれはこの仕事に向いていないかもしれません。

人見知りをする人も多いかと思いますが思い切って相手に話しかけると案外会話が弾んだりするものです。

デジタルツールの操作が得意

アナログ化からデジタル化に変更されてきた今の時代で仕事に見合ったさまざまなツールを使いこなせるかがポイントです。

中にはアナログ形式で作業が進むこともありますがほとんどはデジタル化されています。

使い勝手のいい便利なサービスやツールが増えてきました。

それらに負けないようについていかなければなりません。

音楽制作を行う上でも同じです。

デジタルツールを使いこなせることは作業効率化に繋がりますし時間短縮にも繋がっています。

他の人ができるからいいかと他人任せにせず他人に負けないように追いつき追い越さねばなりません。

あの人が使用できるのなら自分にもできるという思いが大切です。

向上心がある

元気一杯の女性

仕事をしていくには向上心は非常に重要です。

人から頼まれて仕事をするだけでは成長することもできません。

何事にも目標を立てましょう。

その目標に向かってどう動いていけばいいのかということも一緒に考えていきましょう。

目指せるものがあれば人は成長できます。

自分で目標を設定して自分の力で道を切り開いていけるようになれば仕事も楽しくなること間違いなしです。

 

ワンポイント
スキルをたくさん持っていればそれだけ向いている職業は多くなります。決して簡単なことではありませんが兼ね備えておくことに損はありません。

サウンドクリエイターの未経験求人の探し方

スマホを見つめて操作する女性

探そうと思えばどこにでも情報はあります。

それをうまく見つけることができるかどうかは自分次第です。

たとえ未経験であっても募集している企業は存在しています。

まったくないといようなことはありませんのであらゆる情報をかき集めてみましょう。

未経験でも募集しますというような項目が書かれてあります。

心配せずとも求人はありますので目を光らせて見つけるようにしましょう。

一度未経験だけをピックアップしてみるのもいいかもしれません。

そうすれば自分が本当に入りたい会社に就職できます。

未経験の求人がないから諦めるというもったいない行動はしないでください。

見つかるまで根気よく探すようにしましょう。
 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

サウンドクリエイターの転職面接でよく聞かれること

不安そうな女性

志望動機や自己PRはどこの企業でも聞かれることですがそれに加えて必ず聞かれることがあります。

今までクリエイターとしてどんな実績や経験を積んできましたかということです。

必要な経験やスキルを身につけてきたけれど実績を残せていないとなると証明することができません。

また資格重視ではなく経験を積むことが重要視されます。

今までクリエイターとしてなにも成績を残せなかったという人は少々厳しいものになるでしょう。

経験やスキルに加えてこんな実績を積んできました対あればいいです。

アピールできるようなものがあれば転職者でも担当者は積極的に受け入れてくれるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

横に並んで座る女性

転職することは自分の人生の新たなスタートになるものです。

誰に相談していいものなのかわからないといった人もいるかもしれません。

中には自分の人生だから相談することでもないのではないかと考えている人もいるでしょう。

転職するのは自分の判断ですがそう簡単に転職は成功しません。

どこでも人手不足に変わりはありませんが新たに人を雇う余裕がないことも事実です。

そうしたときに一番に相談する人は転職エージェントがいいでしょう。

エージェントなら手を差し伸べてくれます。

どうすれば転職がうまくいくのかも教えてくれるため無事に人生の再スタートを切ることができます。

自分のことだからと転職することを躊躇うこともあるかもしれませんが夢を持っていることは素晴らしいことです。

その道に進めるようにサポートを行ってくれますので転職の期間だけでも少し肩の荷を下ろしてみましょう。

 

ワンポイント
自分の人生は自分で決めるものですが困ったことがあれば相談するようにしましょう。

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

まとめ

新人女性

何かを始めるには不安と悩みは隣り合わせです。

ましてや転職となればなおさらで間違った方向に進んでしまうと後には引けない状況になるかもしれないからです。

もう一度あの頃に戻りたいと思っても過去に行くことはできませんし時間も戻ってきません。

自分の人生ですので決めるのは自分ですがより良い人生にするためにその道に進みたいと思うなら全力で突き進んでみましょう。

そこでもし困ったことがあれば誰かが手を差し伸べてくれます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら