転職活動において資格というのは、自身の能力・スキルを証明するのに大変役立ちます。

特に未経験の職種への転職では業務経験がない分能力を証明しにくくなりますが資格があれば安心です。

転職活動を始めようと考えている方は、それに合わせて積極的に資格を取得していきましょう。

転職に役立つ取得しやすい資格を解説

資料を開く女性

転職活動では自分の能力を伝えることが大切なポイントとなります。

そのため転職活動を始める前に資格を取得しておけば、能力を証明することができるでしょう。

資格を持っていればもし未経験の職種であっても自身がその職種に適性があることを伝えやすくなります。

今回の記事では転職に役立つ取得しやすい資格についてご紹介していきましょう。

転職活動は時間を取られるため、資格取得にはなかなか時間を捻出できないという方もいるのではないでしょうか。

そんな方でも今回紹介する資格であれば、取得しやすいため転職に活かしやすいと考えられます。

是非参考にしていただければ嬉しいです。

資格を選ぶポイント

パソコンを使う女性

まずは資格を選ぶ際に考えるべきポイントをご紹介していきます。

以下のような点は資格を取得する上で取得しやすさに関係するポイントです。

試験日・試験会場の多さ

試験日・試験会場というのは資格の取得しやすさに大きく影響します。

もし試験が年に1回しか行われなかったり、試験会場が少なかったりすると受験のハードルは大きく上がるでしょう。

そのため資格取得を考える段階でどれだけ試験日があるのか、試験会場は近くにあるのかなどを確認しておく必要があります。

もし試験日が少なかったり試験会場が遠かったりすると予定が合わず受験しに行けない可能性もあるでしょう。

独学でも取得できる

メガネと洋書

取得が難しい資格の場合、スクールに通ったり通信講座を受講したりしなければ取得が難しくなります。

取得しやすさを意識するのであれば独学でも取得できるかどうかというのは重要なポイントです。

スクールや通信講座を利用すれば講師に教えてもらうことができますが、その分コストがかかります。

しかし独学の場合は参考書や問題集を買うお金があれば自分で学習することができるため経済的です。

また、独学であれば自分のペースで勉強を進められるのもメリットの1つだといえるでしょう。

難易度を調べる

取得するためには難易度も重要です。

難易度は学習時間に直接的に影響を与えます。

学習時間が短くても取得できる場合は取得しやすい資格であると考えて良いでしょう。

もし難易度が高い場合は短期間での取得は難しくなります。

どのくらいの期間で取得することができるかを明確にするためにも取得を考えている資格の難易度を調べる必要があるでしょう。

具体的な難易度が分かればスケジュールを立てることもできます。

 

ワンポイント
・試験日・試験会場がどれくらい多いかを確認する
・スクールや通信講座に通わずに独学で取得できるかは大きなポイント
・難易度は取得しやすさに大きな影響を与える

取得しやすい資格「医療事務」

パソコン

ここからは取得しやすい資格について具体的に解説をしていきます。

まずは医療事務の資格内容や難易度・合格率についてご紹介しましょう。

資格の内容

医療事務の資格は複数存在しています。

一般的なのは医療事務技能審査試験・医療事務管理士技能認定試験・診療報酬請求事務能力認定試験・医療事務認定実務者の4つです。

どの資格でも医療事務として必要不可欠となる業務の基礎知識や医学知識・医学用語などの知識が求められます。

医療事務は医療保険制度や診療報酬に関しての知識が不可欠であるため、その辺りの知識が重点的に問われるでしょう。

試験は学科と実技に分かれる場合が多く、医療事務の知識と業務でその知識を扱える能力の両方が必要となります。

また、これらの資格を受験するのに年齢制限や特別な条件はありません。

誰でも受験することができるため学歴や経歴に関係なく勉強をして合格すれば取得が可能な試験となっています。

難易度や合格率は?

パソコンを操作する女性

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の合格率は60%前後となっているのでしっかり勉強をすれば合格も難しくないでしょう。

こちらの資格は1ヶ月に1回、年に12回のペースで試験を行っているため、受験しやすいと考えられます。

歴史が長く40年以上続いているため医療事務資格の中で最も有名です。

医療事務管理士技能認定試験の合格率は50%前後となっており、医療事務技能審査試験より難しい試験となっています。

年に6回開催されているので2ヶ月に1回は受験機会があるため比較的受験しやすいでしょう。

診療報酬請求事務能力認定試験は診療報酬請求に関しての問題が重点的に出題されます。

合格率は40%前後となっているため合格はかなり難しいと考えられるでしょう。

試験は年に2回となっているため前述した2つの試験よりも受験機会が少ないのが特徴です。

医療事務認定実務者は合格率は99%となっており、受験者のほとんどが合格可能な資格です。

この資格は月に1回試験が行われており、難易度も低いのですぐにでも資格の取得が可能でしょう。

取得しやすい資格「日商簿記検定」

女性

次は日商簿記検定について解説していきます。

日商簿記検定は数字を扱う職種への転職には大きな効果を発揮する資格です。

この資格は取得しやすいため、おすすめの資格となっています。

資格の内容

簿記とは会社の経営活動を記録・計算・整理して、企業の経営状況や財務状況を明らかにするために必要な技能です。

日商簿記検定ではその技能を持っているかどうかが問われます。

この資格は難易度別に初級・3級・2級・1級の4段階で試験が分かれています。

初級は転職活動では役に立つことはないため、もし取得するのであれば3級以上を目指しましょう。

3級では基本的な商業簿記の知識が求められます。

帳簿の記帳方法や財務諸表についてなどの知識を学べるため、多くの業種・職種で役立てることが可能です。

2級では商業簿記に加えて工業簿記の知識も求められるため、製造業の現場で役立つでしょう。

商業簿記では経営管理や財務担当者に必須となる知識に関する問題が出題されます。

1級は会計のスペシャリストを名乗るために必要不可欠な高度な商業簿記・会計学・工業簿記などの知識が問われます。

会計に関する法規についても出題されるため、会計の専門家として活躍していきたい方は1級の取得を目指しましょう。

1級取得に向けて勉強すれば経営管理や経営分析などが行えるほど高度な専門知識を習得することが可能です。

難易度や合格率は?

資料を開く女性

3級は100点満点中70点以上取ると合格になります。

合格率は50%前後となっているため、しっかりと時間をかけて勉強すれば取得することができるでしょう。

2級は100点満点中2科目合計70点以上が合格条件となっています。

3級とは違い、商業簿記だけでなく工業簿記も出題されるため、出題範囲が広いのが特徴です。

合格率は20〜40%程度となっており、年によってばらつきがあります。

1級では4科目の全てで10点以上取っており、尚且つ全ての合計点が100点満点中70点以上だと合格です。

1級では商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算の4つの科目が出題されます。

どれも高度な専門知識が問われため、合格率は最高でも10%前後となっておりかなりの難関です。

最低でも半年以上は勉強する必要があるでしょう。

取得しやすい資格「MOS」

書類を確認する女性

MOSはマイクロソフトオフィススペシャリスト(Microsoft Office Specialist)の略です。

この資格はその名の通りマイクロソフトのWord・Excelなどのオフィスソフトを扱う能力の高さを証明するものとなっています。

この資格を取得することでパソコンスキルの高さをアピールできるでしょう。

資格の内容

MOSではマイクロソフトのオフィスソフト別に試験が分かれており、バージョンによっても試験が異なります。

そのため自分が使うオフィスソフトを選んで受験することが可能です。

Wordの場合は文書の作成・管理・文字・表・リストの作成など、Wordに関する幅広い知識が必要です。

Excelの場合でもワークシート・ブックの作成・テーブルの作成・グラフの作成などの操作全般に関する知識が問われます。

PowerPoint・Outlook・Accessの試験もあるため、必要な場合は取得すると良いでしょう。

難易度や合格率は?

ビジネス業務においてよく使われるWordとExcelではスペシャリストエキスパートの2種類の資格が存在しています。

スペシャリストは合格率が80%程度となっており、しっかり勉強しておけば取得は難しくないと考えて良いでしょう。

エキスパートの場合は合格率が60%程度となっており、スペシャリストよりも難易度が高いのが特徴です。

しかし6割程度であるため、学習期間をしっかり確保すれば取得は難しくないでしょう。

参考書などを用意してソフトを実際に操作しながら勉強をすると効果的です。

 

ワンポイント
・MOSはマイクロソフトのオフィスソフトに関する知識が問われる資格
・Word・Excelにはスペシャリストとエキスパートの2種類の資格がある

取得しやすい資格「ファイナンシャルプランナー」

カウンセリング

次にご紹介するのはファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャルプランナーの資格はお金のエキスパートを名乗るのに必要不可欠です。

資格の内容と難易度について解説していきます。

資格の内容

ファイナンシャルプランナー試験は国家資格であるFP技能士と民間資格であるAFP・CFPに分かれています。

ここではFP技能士についてご紹介していきましょう。

FP技能士はFP協会と金融財政事情研究会(ぎんざい)の2団体が実施している試験です。

3級から1級までレベル別に分かれています。

これらの資格取得には節約・税金・投資・住宅ローン・不動産・教育・老後・相続などお金に関する幅広い知識が必要となるでしょう。

ファイナンシャルプランナーという職種では以下の6つの分野を扱うことになります。

  • ライフプランニング・資金計画
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • リスク管理
  • 不動産
  • 相続・事業承継
  • この資格ではその職種に必要となるこの6つの分野に関する知識が出題されます。

この資格を取得することができれば、お金のエキスパートとして活躍することができるでしょう。

ファイナンシャルプランナーへの転職以外にも金融業界や不動産業界などで働く場合も役立ちます。

難易度や合格率は?

オフィスで働く女性

FP技能士は3級は学科・実技試験で6割以上獲得すれば合格です。

大体70〜80%の人が合格しているためそこまで難しい試験ではありません。

2級も6割以上獲得すれば合格ですが、3級よりも問われる内容は難しくなります。

また、合格率は40〜50%程度で3級よりもかなり難易度が上がっていることが分かるでしょう。

1級は学科試験の合格率がかなり低く、10%程度となっています。

反対に実技試験は合格率が80%程度となっており、学科試験が最大の難関となっていることが分かるでしょう。

1級の取得には長い期間学習することが必要となります。

資格を取るメリット

OKサインを出す女性

資格取得には具体的にどのようなメリットが存在しているのかを解説していきます。

以下のようなメリットがあると分かれば、資格取得のモチベーションにも繋がるでしょう。

スキルの証明ができる

資格を取得すればその分野における専門知識・スキルが備わっている人材であるということを証明することが可能です。

これは主に転職活動において大きな効果を発揮します。

もし転職しようと考えている職種が未経験である場合、その職種に関連する資格を取得しておけば適性をアピールできるでしょう。

スキルの証明ができるというのは資格を取得する明確なメリットだといえます。

収入アップにつながる

資格を取得することで収入アップにつながることが期待できます。

例えば企業によっては資格を取得することによって資格手当をもらえる場合があるでしょう。

他にも資格取得によって専門的な知識がある人材だと認めてもらえた場合には昇給する可能性もあります。

このように資格というのは収入アップにつながるため、積極的に取得を目指すと良いでしょう。

 

ワンポイント
・資格を取得すれば自身のスキルを証明できる
・資格を取得すれば資格手当をもらえたり昇給したりする可能性がある

在職中に資格をとるための勉強のポイント

スマホを使う女性

在職中に資格を取得しようと考えている方はまず勉強をどのように行っていくかを具体的に考えるようにしましょう。

例えば10月に試験がある場合、それまでの期間どのように勉強を行っていくのかを明確にする必要があります。

事前にスケジュールを立てておくことによって、それに沿ってコツコツと勉強を行っていくことが可能になるでしょう。

もしスケジュールを立てなければ、仕事に追われて資格の勉強を後回しにしてしまう可能性があります。

そうなると資格取得が遠のいてしまうため、なるべくしっかりとスケジューリングすることが大切です。

 

ワンポイント
在職中の資格勉強ではスケジューリングが大切。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ファイルを持つ女性

転職に関して相談したいことがある場合には、転職エージェントの活用を検討してみましょう。

もし在職中に転職活動を行おうと考えている方は、転職に時間をたくさん割くことも難しいと考えられます。

そのため転職エージェントを活用して効率的に転職活動を進めていきましょう。

エージェントは転職のプロフェッショナルであるため、あなたの転職活動が上手くいくようにサポートしてくれます。

スムーズな転職活動を実現するために、是非検討してみてください。

まとめ

パソコンをもってガッツポーズする女性

今回は転職に役立つ取得しやすい資格をご紹介しました。

もし新たに資格を取得しようと考えている方はこの記事を参考にしていただければと思います。

また、転職に関して相談したいことがある場合は転職エージェントを活用すると良いでしょう。

転職エージェントはあなたが満足する答えを出してくれるはずです。

エージェントを上手に活用して理想の転職先を見つけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら