アカウントプランナーという職種はあまり聞き馴染みのない職種かもしれません。

どのような仕事をしているのか、どうすればその仕事で働くことが出来るのか、イメージがわかない人もいるでしょう。

しかし実は、近年確実にニーズが高まりつつある職種であり、アカウントプランナーを目指す人も増加傾向にあります。

未経験でもアカウントプランナーに転職する方法や、向いている人の特徴を解説していきます。

アカウントプランナーに未経験で転職する方法

オフィスで働く女性

アカウントプランナーへの転職は、業界を問わず営業経験があると有利に働く傾向にあります。

しかし、IT・Webマーケティングの業界においては、未経験であってもチャレンジすることは十分に可能です。

アカウントプランナーに求められるスキルは他の職種で身につけられるスキルもあります。

そのため、他の職種からスキルを活かして挑戦することも出来るでしょう。

また資格を取得しそれを効果的にアピールすることで転職の成功に近づけることもできるでしょう。

転職するための具体的な方法としては、求人媒体や転職エージェントを利用することが挙げられます。

自身に適したやり方を見つけることがおすすめです。

アカウントプランナーの仕事内容は?

会議

アカウントプランナーの仕事は広告の企画営業を行うことが主な仕事内容となります。

インターネット・TV・紙媒体等の数多くのメディアにおいて、新規顧客の開拓のために営業を行うのです。

広告の効果を最大限に活かすことが出来るメディアやプラットフォームを獲得します。

さらに広告枠を広告主に販売していくだけに留まりません。

売り上げをアップ出来る広告の載せ方の企画・提案も行います。

そのため、自社のWebマーケティングやWebページ制作担当とも連携を図ることが必要でしょう。

さらに広告の配信・配信終了後のアフターフォローまで管理しサポートします。

主に求められる役割はどのようにすれば利益を出せるか考え、会社の売り上げアップを実現出来る広告を生み出すことです。

更には広告制作や運用、コンサルティングに至るまでも担当するため、業務内容は非常に幅広いといえます。

 

ワンポイント
広告運用に関わるあらゆるシーンに携わることが出来る。

アカウントプランナーに必要なスキル

アカウントプランナーは広告の企画からアフターフォローまで行う職種です。

アカウントプランナーに求められる必要なスキルについて解説します。

コミュニケーションスキル

女性、グループ

まずアカウントプランナーに必要とされるスキルはコミュニケーションスキルです。

新規顧客の獲得のためアポイントメントを取ったり、企画を作り上げるに至るまでの綿密なやり取りを行います。

業務はクライアントや社内の人間とやり取りをしながら進めることになるでしょう。

そのためクライアントや社内の人間との信頼関係の構築は非常に大切です。

日頃から社内で行われるディスカッションを円滑に進めることが求められます。

また社外のクライアントや相手先との話し合いの際において、営業職としてのコミュニケーションスキルが必須です。

プレゼンスキル

笑顔で話す女性

企画内容が良いものであっても、クライアントに自社の提案・魅力・メリット等が明確に伝わらなければなりません。

うまく伝えられなければせっかくのビジネスチャンスをつぶしかねる事態へと一気に陥ってしまいます。

高いプレゼンスキルを持ち合わせていれば、ビジネスチャンスを更に広げていくことに繋がります。

しかし、感情や熱意だけでプレゼンを行ってもクライアントに納得してもらうことは難しいでしょう。

数字やデータを用いて明確な根拠を提示し、説得力のあるプレゼンを行えるような論理的思考力が求められます。

広告運用スキル

パソコンを使って働く女性

広告に関する知識を幅広く持つこと以外に、それらの情報を活かす能力も必要です。

またWeb関係のアップデートや技術改定等の情報も常に敏感にキャッチする情報感度の高さも必要でしょう。

媒体の違う数多くのメディアに応じてそれぞれに効果的な運用を行うスキルは広告業において大変重要となります。

集めた情報を最大限活かすことができれば効果的な広告の運用にもつなげることができます。

企画立案スキル

企画立案スキルもアカウントプランナーに必要なスキルです。

仕事をする上では、クライアントの希望も取り入れつつ、自社での戦略も併せて企画を取りまとめる必要があります。

現状を分析した上で課題を見つけ、多くの事象が起こり得ることを想定できなければなりません。

それを解決し効率良くスムーズに進行していける良い企画を立案する必要があります。

クライアントに納得してもらえるように提案するプランニング能力は必要不可欠であるといえます。

アカウントプランナーへの転職を有利にする資格

アカウントプランナーへ転職するためにはどのような資格を取得しているべきなのでしょうか。

転職する際に有利な資格を紹介します。

ITパスポート

パソコン横顔

まず転職に有利な資格としてITパスポートがあげられます。

これはセキュリティやネットワーク等のITの分野、プロジェクトマネジメントなど幅広い知識を習得出来る国家試験です。

AI・ビッグデータ・IoT等の新しい技術や、アジャイル等の新しい手法の概要に関する事柄の知識も問われます。

さらに経営戦略やマーケティング、財務、法務等の経営全般に関する事柄も求められるのです。

IT化が著しい現代社会で、必要な基礎的なスキルを身に付けていることを証明出来ます。

マーケティング・ビジネス実務検定

パソコンと女性

マーケティング・ビジネス実務検定も転職に有利な資格の1つです。

難易度別にA級・B級・C級の3種類が存在します。

マーケティングと名前に入っていますが出題範囲はマーケティング理論に限りません。

マーケティングリサーチ・消費者行動やマーケティング情報戦略等のマーケティング実務知識も問われます。

さらに時事情報・マーケティング戦略や実務ケース等のマーケティング事例の知識も必要です。

マーケティングに関わる総合的な知識を習得出来る検定試験です。

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定も取得していると転職で有利になるでしょう。

これはインターネットを活用したマーケティング全般の基本知識やスキルが問われる検定です。

一般的な方法論等について習得することができます。

売り上げや顧客満足度の向上、社内業務の効率化においても役立つ検定試験です。

アカウントプランナーへの未経験転職は難しい?

悩んでいる女性

総合広告代理店や外資系の広告代理店への転職においては、未経験者の採用はほとんど行われていないのが現状です。

しかしSNSやWebサービス等を行うマーケティング企業もアカウントプランナーの採用をしています。

これらの業界ではこれまでの営業経験はさほど重視されない傾向にあり、求人数も多いようです。

そのため未経験転職でも入りやすく、比較的ハードルは低いと言えるでしょう。

前職が全くの異業種であったとしても、法人営業やマーケティングに携わっていたことはプラスになります。

人材業界や広告販売の業務を経験している場合においては歓迎される傾向が強いです。

 

ワンポイント
未経験であっても転職できるチャンスはある。

アカウントプランナーの将来性とキャリアパス

アカウントプランナーはあまり聞き慣れない職種であり、その将来性も掴みにくい人は多いでしょう。

アカウントプランナーの将来性キャリアパスを解説します。

将来性

スタッフ

テクノロジーの発展によりマーケティングのあり方は大きく変化しつつあります。

マーケティング戦略の多様化、ブランディングに対する企業の意識の高まっているのです。

それにともない、アカウントプランナーの需要も高まってきており、求人数も増加してきています。

まだまだなり手は少ないですが、確実に今後においてますます伸びしろが期待出来る職業といえるでしょう。

キャリアパス

アカウントプランナーの経験を積んでいくと、広告表現の中身を考える職種にも経験が活かせるでしょう。

具体的にはWebディレクターアートディレクターなどです。

さらに広告出稿の効果を追求するWebアナリストになるキャリアも見えてきます。

また広告も含めたWeb戦略を立てて実行するWebプロデューサーも可能でしょう。

他にもコピーライター、デザイナー等の制作側の職種に至るまで、様々な仕事へと転向することも可能となってきます。

また、培ったスキルや能力は転職時に大きな武器として活用できるものばかりです。

専門会社のマーケターや大手や外資系の広告代理店におけるマネージャークラスに匹敵するポジションへの転職も目指せます。

さらなるキャリアアップを目指したキャリアパスを描くことができるでしょう。

アカウントプランナーの年収は?

メモ

アカウントプランナーの年収は400万円~900万円程度の幅がありますが、平均年収は424万円と言われています。

また企業によってはインセンティブを設定している企業もあるでしょう。

経験を積み、営業の実績を積むことでボーナスや成果によってインセンティブ等も支給されます。

実績を多く積むことでさらなる高収入を得ることも夢ではありません。

インセンティブがあるかどうかは企業の募集要項に記載されている場合があります。

もし募集要項にない場合は面接などの機会に聞いてみてもよいでしょう。

 

ワンポイント
インセンティブがあることがやりがいにもつながる。

アカウントプランナーに向いている女性の特徴

アカウントプランナーは大変ながらもやりがいの多い仕事です。

続いてアカウントプランナーに向いている女性の特徴を解説します。

コミュニケーションスキルが高い人

仕事をする女性たち

アカウントプランナーは直接クライアントとやり取りすることもある職種です。

クライアントの近況状況を探った上での、相手の意向が汲み取られた提案ができることが求められます。

また打ち合わせや、プロジェクトにおいて必要な調整なども行わなければなりません。

様々なシーンできめ細やかな高いコミュニケーションスキルが求められます。

そのためコミュニケーションスキルの高い女性であれば、そのスキルは大きなアピールポイントになるでしょう。

情報収集できる人

パソコンに向かう女性の画像

アカウントプランナーは消費者の心に響く広告作りを行うことが求められます。

その時々の世の中の流行りを把握し、人気のあるものや、それの人気の理由を分析する力が必要不可欠です。

広告業界は時代の流れと共に変化し続ける業界です。

トレンドに敏感に反応し、常にアンテナを張って、新しい情報をキャッチ出来るタイプの女性が望ましいでしょう。

物事を試行錯誤できる人

物事を試行錯誤して取り組める人もアカウントプランナーに向いています。

任された業務に関する事柄に関して、ただ与えられた課題に取り組むだけでは不十分です。

課題を常に自分で設定し、上手く作業が進まない場合には納得するまで何度も調べることが必要になるでしょう。

データ収集により顧客分析を行い、明確な答えのない中で解決方法を模索していくことが大切です。

そうすることによって顧客の心を動かす広告を生み出し、成果を残し続けることが出来ます。

試行錯誤・アップデートを繰り返すことが出来る探求心のある女性こそがアカウントプランナーに向いているのです。

学ぶことが苦手ではない人

「学び」は「真似び」という言葉があります。

この言葉のように自分のやり方に固執せずに学びながら取り組める人の方が向いているでしょう。

学びを得て成長するには会社の業績アップに貢献出来るスキルやポイント等は素直に受け入れることが大切です。

どんどん吸収していける女性は、学ぶことが苦手ではない人も多いでしょう。

その吸収力は、自分や会社の成長に活かせる必要不可欠な能力といえるのです。

 

ワンポイント
流行や情報に敏感な人は向いている。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

転職の悩みを身近な人に相談しても、相手が転職マーケットや企業の情報を把握していないケースは多くあります。

転職活動において必要となってくるノウハウや、業界についての最新の情報を具体的に知ることは難しいです。

そんな時は、転職エージェントに相談してみましょう。

キャリアカウンセリングから、希望に沿った求人情報の紹介や、面接のセッティングなどもしてくれます。

また自己分析・履歴書・職務経歴書の作成・添削や、面接指導、フィードバック等のサービスも受けられます。

これらのサービスを活用し、転職活動を進めていくことが、納得のいく結果を残せる一番の近道となります。

エージェント会社を決める際は、キャリアの志向性や今後実現したいこと等を丁寧にヒアリングしてくれます。

自分のポテンシャルを最大限に引き出せる提案を行ってくれる会社を選ぶように心がけ、相談すると良いしょう。

まとめ

ガッツポーズする女性

アカウントプランナーの仕事内容や未経験で目指す方法をご紹介しました。

アカウントプランナーは、営業・企画・マーケティング等様々なスキルが必要です。

また実力主義社会のため、実績を数字で残さなければいけない業界でもあります。

広告業界のためノルマはどうしてもキツくなってしまう傾向にあります。

クライアントとの距離感が近く、努力した分の成果も見えやすい形で評価されるでしょう。

そのため非常にやりがいを感じられる素晴らしい仕事であることは間違いありません。

未経験でも入りやすく、今後のキャリアアップも十分に見据えることが出来る職種でもあります。

興味のある人は是非、自分に適した転職エージェントを活用して挑戦してみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら