出版業界には、この業界特有の様々な職種が存在しています。

今回は出版業界の職種を具体的に解説していきましょう。

もし出版業界への転職を考えているという方は今回の記事を参考にしていただければと思います。

業界への理解というのは転職活動をする上で必須です。

業種に合った対策を行っていきましょう。

出版業界の職種を解説

パソコンで仕事する女性

出版業界とは書籍・雑誌などの企画・編集・発行を行う業種です。

出版社が手がけた書籍・雑誌は書店に並んだり電子書籍としてインターネットで売られたりして消費者に届けられているのです。

出版業界というのは特有の職種があり、他の業界とは違った特徴があります。

今回はそんな出版業界特有の職種について解説していきましょう。

編集

出版業界において編集というのは書籍・雑誌などの編集を行う職種のことを指します。

企画・制作・依頼・打ち合わせなど業務内容は多岐に渡り、企画から出版までの工程を管理する職種だといえるでしょう。

原稿チェックなども行い、書籍・雑誌を完成するまで様々な形で制作に携わることとなる職種です。

出版業界特有の職種といえば編集のことが頭に浮かぶ方も多いことでしょう。

編集者は出版社や編集プロダクションに所属したり、フリーランスとして仕事をしたりするのが一般的です。

営業職

ビジネス

出版業界における営業職は自社の書籍・雑誌を取り扱ってくれるように営業したり、広告を出したりするのが仕事です。

営業職の多くと同じように地道に営業活動を行うこととなります。

書店や取次店、スポンサーなどに交渉することとなるため、コミュニケーション能力や提案力が必須となる職種です。

出版業界での営業職というのは、自社の書籍・雑誌を多くの人に広めるために大きな役目を担っているといえるでしょう。

制作・校閲

制作の仕事は編集と似ていますが、その職種名からも分かる通り制作に重きを置いた仕事です。

雑誌などの企画・制作やデザイン編集などを行います。

校閲の仕事では原稿を読んで、内容や文章上の誤りを確認したり足りない部分を足したりするのが仕事です。

出版物の文章のクオリティを高めるのに校閲は必要不可欠だといえるでしょう。

それぞれの仕事内容や特徴は?

パソコンを使う女性

次はそれぞれの仕事内容特徴を詳しく解説していきます。

出版業界特有のその職種が担う仕事とは具体的にどのようなものなのか知っておきましょう。

編集業務

編集業務というのは書籍・雑誌などの制作に関わる仕事です。

Webメディアの場合はまず最初は企画を立て、企画が通ったら必要な職種の人材を外注したり社内で依頼したりします。

その後は原稿を受け取りクオリティをチェックし、修正が必要な場合は修正依頼を出すこともあるでしょう。

問題がなければ全ての原稿が揃った段階で印刷会社で印刷することになります。

ここまでのスケジュールを管理するのも編集の仕事です。

幅広い業務に携わり、出版業界を動かしているのが編集者だといえるでしょう。

営業業務

出版業界の営業業務は大きく2つに分かれます。

まず1つ目は広告営業です。

広告営業では主に雑誌などで広告を出してくれるスポンサーを探すのが仕事となります。

雑誌に広告を出してもらうことによって出版社は広告出稿費を受け取ることができるのです。

これは出版社にとって大きな利益となります。

出版社にとってスポンサーは欠かせません。

2つ目が書店営業といわれるもので、こちらは書店に対して自社の出版物を置いてもらえるようにお願いするのが仕事です。

また、もし置いてもらえたとしても目立たない場所だと意味がありません。

目につきやすい場所に置いてもらったり、宣伝をしてもらったりできないか交渉するのも重要な業務です。

その出版物がどうしておすすめなのかを伝えることで書店がその本を売りたくなるようにしなければなりません。

会社の出版物が大きく売れるためには書店営業の力が必要不可欠なのです。

制作・校閲業務

制作は編集と業務内容が被る部分もありますが、雑誌などの企画・制作を担当することとなる仕事です。

企画・制作・外注依頼・打ち合わせなどの業務に加えてデザイン編集なども行うこととなります。

また、校閲は書かれた文章のファクトチェックを行ったり、文章として間違っていないかを確認したりするのが主な仕事です。

校閲は文章を正しいものとするために欠かすことのできない業務だといえるでしょう。

 

ワンポイント
・編集は書類・雑誌の制作で企画から納品までを担当する
・営業はスポンサーを探したり書店に自社の出版物を置いてもらったりするのが主な仕事
・制作は雑誌のデザイン編集なども行う
・校閲は文章のファクトチェックや文章上の誤りがないかを確認する仕事

他の職種も知っておこう

パソコン作業をする女性

次は出版業界の他の職種について解説していきます。

以下のような職種も出版業界では欠かすことのできないものです。

この機会に知っておくと良いでしょう。

デジタル推進業務

デジタル推進というのは今まで自社で手がけてきたメディアのデジタル化を推し進めることです。

インターネットの発達により多くの人が電子書籍を読んだりブラウザで漫画を読んだりしています。

こうした部分を推進していかなければ自社の出版物を必要とする顧客に対して出版物を届けることができなくなるでしょう。

そのためデジタル推進というのは多くの出版社にとって大きな課題となっています。

デジタル推進業務は出版社の未来のために必要不可欠だといえるでしょう。

経営企画

経営企画というのは一般的な企業にも存在する、会社の経営に関する戦略を立てる職種です。

どうすればより目標の達成に近づくことができるのかを分析し、場合によっては社長に経営方針を提案することもあります。

会社が経営をうまく行っていくためには欠かすことのできない職種であり、その分責任も大きくなる職種です。

経営に関しての専門知識がなければ務めるのは難しいでしょう。

出版業界に向いているのはどんな人?

オフィスで働く女性

次は出版業界に向いている人というのはどんな特徴を持っているのかを解説していきます。

出版業界というのは特殊な業界であるため、この機会に知っておくと良いでしょう。

出版業界への転職を考えている方は、ここにある特徴に当てはまっていると適性があると考えられます。

読書好き

書籍に携わる以上、読書が好きでなければモチベーションを維持するのは難しいでしょう。

読書好きであれば、様々な本の面白さを伝えることもできるはずです。

書籍というのは必要とする人にその本が届くように題名を考えたり文章の書き方を考えたり様々な工夫が必要となります。

そのため読書経験が豊富であるということを直接的に活かすことができる業界だといえるでしょう。

トレンドを追っている

外回りの女性

書籍を出版する上でトレンドをしっかりと理解する能力というのは欠かすことができません。

トレンドを追うことによって今の時代がどういったものを求めているのかが分かるためです。

普段から流行に敏感な方は出版社で働くと自身の特性を活かして仕事をしていくことができるでしょう。

流行の最先端を理解して、流行を先取りするような企画を出すことによって大きなヒットが狙えるかもしれません。

日本語能力が高い

書籍に携わる以上、日本語能力が高くなければなりません。

日本語能力が高くなければ、その書籍の文章が良いものか悪いものかということが分からないでしょう。

良い文章であったり、魅力的な文章であったりしなければ人は読みたがりません。

もしもっと磨く必要のある文章があった場合、どうすればその文章をより良くできるかを考える必要があります。

その際も日本語能力の高さというのは重要となるでしょう。

 

ワンポイント
・読書好きな人は本の面白さが分かるため出版業界に向いている
・出版業界ではトレンドが重視されることが多いため、トレンドを追うのが得意な人が向いている
・文章に携わる職種が多いため日本語能力の高さは重要

出版業界で得られるやりがい

ビジネスウーマン

出版業界で働く人々は自分が携わった書籍や雑誌が出来上がった時に大きなやりがいを感じるようです。

制作した書籍が無事印刷所に納品でき、書店に並ぶことで多くの人の手に渡ります。

このやりがいというのは他の職種ではなかなか得られないものだといえるでしょう。

また、編集者の場合は自分が関わった本がベストセラーになるとやりがいを感じることが多いようです。

一般的に3万部売れるとベストセラーといわれており、それほど売れる本はほとんどありません。

しかし、もし自分が携わった本がベストセラーとなった場合は大きな感動を得られることでしょう。

また、書店営業などの場合は自分が一生懸命営業をした本が大きく売れるとやりがいを感じるようです。

出版業界というのは本を通して顧客とつながれるため、やりがいを感じやすい仕事なのだということが分かります。

 

ワンポイント
自身が手がけた書籍・雑誌が出来上がった時に大きなやりがいを感じられる業種です。

出版業界の大変なところ

就職先を探す女性

出版業界は出版物の納期というのがあらかじめ決められている場合が多く、ハードワークとなるところが多いという特徴があります。

そのため徹夜をして納品を間に合わせるために業務を行うことも少なくないでしょう。

特に編集は作家などの原稿が上がってくるのを待ってすぐに納品することもあるため、残業が多い職種だといえるでしょう。

やりがいは大きい職種だといえますが、その反面仕事メインでないと働くのが難しい業界だといえます。

出版業界で働く時のキャリアプランを解説

書類を確認する女性

多くの場合、出版社では入社すると営業・管理・編集などの部署に適性に応じて配属されます。

その後は2、3年ほどで別の部署に配属になることもあり、別の部署に異動しながら経験を積んでいくこととなるでしょう。

また、経験を積んでいく中で段々と評価を得て管理職へとキャリアアップしていくのが一般的な流れとなっています。

編集部であればまず副編集長になり、その後に編集長といった形でのキャリアパスが考えられるでしょう。

何よりもまず出版業界で十分に経験を積むことが大切になります。

出版業界の今後の動向もチェック

考えあぐねる女性

次は出版業界の今後について解説していきます。

出版業界というのは不況ともいわれていますが実際のところはどうなのでしょうか。

動向をチェックしておけば、もし出版業界に転職する場合も役立てることができるでしょう。

クロスメディア展開

クロスメディアというのは、メディアを跨いでコンテンツを展開することによってヒット作を生み出そうとする手法です。

書籍だけでなくアニメ・映画なども同時に展開することによって知名度の向上を図ります。

キャラクターをヒットさせることによってゲーム化など更にメディアを拡大していくことができる手法です。

書籍だけではなかなか売れなくてもこのように知名度が向上すれば結果的に出版業界にも良い影響が波及してきます。

今後このクロスメディアによる展開というのは主流な方法の1つとなるでしょう。

電子書籍の市場規模が広がっている

パソコンと女性

昔ほど紙媒体が売れなくなっている出版業界ですが、近年電子書籍に対する注目度が上がっています。

多くの人がスマホを持ち歩くようになり、どこでも電子書籍を読むことが可能になりました。

それによって多くの出版会社がメディアのデジタル化を推し進めており、電子書籍の市場規模も拡大しているのです。

電子書籍は紙媒体とは違って、嵩張らないため外出時なども1つの端末で多くの本を読めるという利点があります。

またネット上で購入してすぐに書籍を読めるため、書店に行く時間を短縮できるという利点もあるのです。

多忙な現代人に取ってこのような利点は大きいものであり、今後も市場規模の拡大が予想されます。

今後、出版業界は紙媒体から徐々に電子媒体への移行が進んでいくと考えて良いでしょう。

 

ワンポイント
・クロスメディアは今後よく使われる手法の1つとなる
・電子書籍の市場は今後拡大していく

転職相談は転職エージェントを利用しよう

相談にのる女性

ここまで出版業界について紹介してきました。

出版業界への転職を検討しているという方は、転職エージェントへ相談してみてはいかがでしょうか。

転職活動というのは1人ではなかなか自分の条件に合った仕事を探すのは難しいものです。

しかし転職エージェントを利用すれば、そうした条件もヒアリングして求人を選んでくれます。

企業とのミスマッチも極力避けられるため、スムーズな転職活動を望む方には最適な方法だといえるでしょう。

この機会に是非転職エージェントの利用を検討してみてください。

まとめ

パソコンと女性

今回は出版業界の職種を解説してきました。

出版業界というのは他の業界とは違った特殊な職種もあります。

出版業界への転職を考えている方は今回の記事を参考にしていただければと思います。

転職活動というのは選考に応じて様々な対策が必要となるため、転職エージェントを利用すると良いでしょう。

自分だけでは難しい対策も、エージェントからのアドバイスを参考にすることで効率的に行うことができます。

転職に関する悩みがある方は転職エージェントを活用してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら