出版業界には、この業界特有の様々な職種が存在しています。

今回は出版業界の職種を具体的に解説していきましょう。

もし出版業界への転職を考えているという方は今回の記事を参考にしていただければと思います。

業界への理解というのは転職活動をする上で必須です。

業種に合った対策を行っていきましょう。

出版業界の職種を解説

パソコンで仕事する女性

出版業界とは書籍・雑誌などの企画・編集・発行を行う業種です。

出版社が手がけた書籍・雑誌は書店に並んだり電子書籍としてインターネットで売られたりして消費者に届けられているのです。

出版業界というのは特有の職種があり、他の業界とは違った特徴があります。

今回はそんな出版業界特有の職種について解説していきましょう。

編集

出版業界において編集というのは書籍・雑誌などの編集を行う職種のことを指します。

企画・制作・依頼・打ち合わせなど業務内容は多岐に渡り、企画から出版までの工程を管理する職種だといえるでしょう。

原稿チェックなども行い、書籍・雑誌を完成するまで様々な形で制作に携わることとなる職種です。

出版業界特有の職種といえば編集のことが頭に浮かぶ方も多いことでしょう。

編集者は出版社や編集プロダクションに所属したり、フリーランスとして仕事をしたりするのが一般的です。

営業職

ビジネス

出版業界における営業職は自社の書籍・雑誌を取り扱ってくれるように営業したり、広告を出したりするのが仕事です。

営業職の多くと同じように地道に営業活動を行うこととなります。

書店や取次店、スポンサーなどに交渉することとなるため、コミュニケーション能力や提案力が必須となる職種です。

出版業界での営業職というのは、自社の書籍・雑誌を多くの人に広めるために大きな役目を担っているといえるでしょう。

制作・校閲

制作の仕事は編集と似ていますが、その職種名からも分かる通り制作に重きを置いた仕事です。

雑誌などの企画・制作やデザイン編集などを行います。

校閲の仕事では原稿を読んで、内容や文章上の誤りを確認したり足りない部分を足したりするのが仕事です。

出版物の文章のクオリティを高めるのに校閲は必要不可欠だといえるでしょう。

それぞれの仕事内容や特徴は?

パソコンを使う女性

次はそれぞれの仕事内容特徴を詳しく解説していきます。

出版業界特有のその職種が担う仕事とは具体的にどのようなものなのか知っておきましょう。

編集業務

編集業務というのは書籍・雑誌などの制作に関わる仕事です。

Webメディアの場合はまず最初は企画を立て、企画が通ったら必要な職種の人材を外注したり社内で依頼したりします。

その後は原稿を受け取りクオリティをチェックし、修正が必要な場合は修正依頼を出すこともあるでしょう。

問題がなければ全ての原稿が揃った段階で印刷会社で印刷することになります。

ここまでのスケジュールを管理するのも編集の仕事です。

幅広い業務に携わり、出版業界を動かしているのが編集者だといえるでしょう。

営業業務

出版業界の営業業務は大きく2つに分かれます。

まず1つ目は広告営業です。

広告営業では主に雑誌などで広告を出してくれるスポンサーを探すのが仕事となります。

雑誌に広告を出してもらうことによって出版社は広告出稿費を受け取ることができるのです。

これは出版社にとって大きな利益となります。

出版社にとってスポンサーは欠かせません。

2つ目が書店営業といわれるもので、こちらは書店に対して自社の出版物を置いてもらえるようにお願いするのが仕事です。

また、もし置いてもらえたとしても目立たない場所だと意味がありません。

目につきやすい場所に置いてもらったり、宣伝をしてもらったりできないか交渉するのも重要な業務です。

その出版物がどうしておすすめなのかを伝えることで書店がその本を売りたくなるようにしなければなりません。

会社の出版物が大きく売れるためには書店営業の力が必要不可欠なのです。

制作・校閲業務

制作は編集と業務内容が被る部分もありますが、雑誌などの企画・制作を担当することとなる仕事です。

企画・制作・外注依頼・打ち合わせなどの業務に加えてデザイン編集なども行うこととなります。

また、校閲は書かれた文章のファクトチェックを行ったり、文章として間違っていないかを確認したりするのが主な仕事です。

校閲は文章を正しいものとするために欠かすことのできない業務だといえるでしょう。

 

ワンポイント
・編集は書類・雑誌の制作で企画から納品までを担当する
・営業はスポンサーを探したり書店に自社の出版物を置いてもらったりするのが主な仕事
・制作は雑誌のデザイン編集なども行う
・校閲は文章のファクトチェックや文章上の誤りがないかを確認する仕事

他の職種も知っておこう

パソコン作業をする女性

次は出版業界の他の職種について解説していきます。

以下のような職種も出版業界では欠かすことのできないものです。

この機会に知っておくと良いでしょう。

デジタル推進業務

デジタル推進というのは今まで自社で手がけてきたメディアのデジタル化を推し進めることです。

インターネットの発達により多くの人が電子書籍を読んだりブラウザで漫画を読んだりしています。

こうした部分を推進していかなければ自社の出版物を必要とする顧客に対して出版物を届けることができなくなるでしょう。

そのためデジタル推進というのは多くの出版社にとって大きな課題となっています。

デジタル推進業務は出版社の未来のために必要不可欠だといえるでしょう。

経営企画

経営企画というのは一般的な企業にも存在する、会社の経営に関する戦略を立てる職種です。

どうすればより目標の達成に近づくことができるのかを分析し、場合によっては社長に経営方針を提案することもあります。

会社が経営をうまく行っていくためには欠かすことのできない職種であり、その分責任も大きくなる職種です。

経営に関しての専門知識がなければ務めるのは難しいでしょう。

 

無料転職相談をして理想の仕事を探そう

 

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


出版業界に向いているのはどんな人?

オフィスで働く女性

次は出版業界に向いている人というのはどんな特徴を持っているのかを解説していきます。

出版業界というのは特殊な業界であるため、この機会に知っておくと良いでしょう。

出版業界への転職を考えている方は、ここにある特徴に当てはまっていると適性があると考えられます。

読書好き

書籍に携わる以上、読書が好きでなければモチベーションを維持するのは難しいでしょう。

読書好きであれば、様々な本の面白さを伝えることもできるはずです。

書籍というのは必要とする人にその本が届くように題名を考えたり文章の書き方を考えたり様々な工夫が必要となります。

そのため読書経験が豊富であるということを直接的に活かすことができる業界だといえるでしょう。

トレンドを追っている

外回りの女性

書籍を出版する上でトレンドをしっかりと理解する能力というのは欠かすことができません。

トレンドを追うことによって今の時代がどういったものを求めているのかが分かるためです。

普段から流行に敏感な方は出版社で働くと自身の特性を活かして仕事をしていくことができるでしょう。

流行の最先端を理解して、流行を先取りするような企画を出すことによって大きなヒットが狙えるかもしれません。

日本語能力が高い

書籍に携わる以上、日本語能力が高くなければなりません。

日本語能力が高くなければ、その書籍の文章が良いものか悪いものかということが分からないでしょう。

良い文章であったり、魅力的な文章であったりしなければ人は読みたがりません。

もしもっと磨く必要のある文章があった場合、どうすればその文章をより良くできるかを考える必要があります。

その際も日本語能力の高さというのは重要となるでしょう。

 

ワンポイント
・読書好きな人は本の面白さが分かるため出版業界に向いている
・出版業界ではトレンドが重視されることが多いため、トレンドを追うのが得意な人が向いている
・文章に携わる職種が多いため日本語能力の高さは重要

出版業界で得られるやりがい

ビジネスウーマン

出版業界で働く人々は自分が携わった書籍や雑誌が出来上がった時に大きなやりがいを感じるようです。

制作した書籍が無事印刷所に納品でき、書店に並ぶことで多くの人の手に渡ります。

このやりがいというのは他の職種ではなかなか得られないものだといえるでしょう。

また、編集者の場合は自分が関わった本がベストセラーになるとやりがいを感じることが多いようです。

一般的に3万部売れるとベストセラーといわれており、それほど売れる本はほとんどありません。

しかし、もし自分が携わった本がベストセラーとなった場合は大きな感動を得られることでしょう。

また、書店営業などの場合は自分が一生懸命営業をした本が大きく売れるとやりがいを感じるようです。

出版業界というのは本を通して顧客とつながれるため、やりがいを感じやすい仕事なのだということが分かります。

 

ワンポイント
自身が手がけた書籍・雑誌が出来上がった時に大きなやりがいを感じられる業種です。

出版業界の大変なところ

就職先を探す女性

出版業界は出版物の納期というのがあらかじめ決められている場合が多く、ハードワークとなるところが多いという特徴があります。

そのため徹夜をして納品を間に合わせるために業務を行うことも少なくないでしょう。

特に編集は作家などの原稿が上がってくるのを待ってすぐに納品することもあるため、残業が多い職種だといえるでしょう。

やりがいは大きい職種だといえますが、その反面仕事メインでないと働くのが難しい業界だといえます。

出版業界で働く時のキャリアプランを解説

書類を確認する女性

多くの場合、出版社では入社すると営業・管理・編集などの部署に適性に応じて配属されます。

その後は2、3年ほどで別の部署に配属になることもあり、別の部署に異動しながら経験を積んでいくこととなるでしょう。

また、経験を積んでいく中で段々と評価を得て管理職へとキャリアアップしていくのが一般的な流れとなっています。

編集部であればまず副編集長になり、その後に編集長といった形でのキャリアパスが考えられるでしょう。

何よりもまず出版業界で十分に経験を積むことが大切になります。

 

無料転職相談をしてキャリアアップを実現しよう

 

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


出版業界の今後の動向もチェック

考えあぐねる女性

次は出版業界の今後について解説していきます。

出版業界というのは不況ともいわれていますが実際のところはどうなのでしょうか。

動向をチェックしておけば、もし出版業界に転職する場合も役立てることができるでしょう。

クロスメディア展開

クロスメディアというのは、メディアを跨いでコンテンツを展開することによってヒット作を生み出そうとする手法です。

書籍だけでなくアニメ・映画なども同時に展開することによって知名度の向上を図ります。

キャラクターをヒットさせることによってゲーム化など更にメディアを拡大していくことができる手法です。

書籍だけではなかなか売れなくてもこのように知名度が向上すれば結果的に出版業界にも良い影響が波及してきます。

今後このクロスメディアによる展開というのは主流な方法の1つとなるでしょう。

電子書籍の市場規模が広がっている

パソコンと女性

昔ほど紙媒体が売れなくなっている出版業界ですが、近年電子書籍に対する注目度が上がっています。

多くの人がスマホを持ち歩くようになり、どこでも電子書籍を読むことが可能になりました。

それによって多くの出版会社がメディアのデジタル化を推し進めており、電子書籍の市場規模も拡大しているのです。

電子書籍は紙媒体とは違って、嵩張らないため外出時なども1つの端末で多くの本を読めるという利点があります。

またネット上で購入してすぐに書籍を読めるため、書店に行く時間を短縮できるという利点もあるのです。

多忙な現代人に取ってこのような利点は大きいものであり、今後も市場規模の拡大が予想されます。

今後、出版業界は紙媒体から徐々に電子媒体への移行が進んでいくと考えて良いでしょう。

 

ワンポイント
・クロスメディアは今後よく使われる手法の1つとなる
・電子書籍の市場は今後拡大していく

転職相談は転職エージェントを利用しよう

相談にのる女性

ここまで出版業界について紹介してきました。

出版業界への転職を検討しているという方は、転職エージェントへ相談してみてはいかがでしょうか。

転職活動というのは1人ではなかなか自分の条件に合った仕事を探すのは難しいものです。

しかし転職エージェントを利用すれば、そうした条件もヒアリングして求人を選んでくれます。

企業とのミスマッチも極力避けられるため、スムーズな転職活動を望む方には最適な方法だといえるでしょう。

この機会に是非転職エージェントの利用を検討してみてください。

 

無料転職相談をして自分にぴったりの職場を見つけよう

 

まとめ

パソコンと女性

今回は出版業界の職種を解説してきました。

出版業界というのは他の業界とは違った特殊な職種もあります。

出版業界への転職を考えている方は今回の記事を参考にしていただければと思います。

転職活動というのは選考に応じて様々な対策が必要となるため、転職エージェントを利用すると良いでしょう。

自分だけでは難しい対策も、エージェントからのアドバイスを参考にすることで効率的に行うことができます。

転職に関する悩みがある方は転職エージェントを活用してみましょう。

スマホだけでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホだけでらくらく転職!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

オンライン面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

スマホだけでらくらく転職!

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。