正社員というのは多くの場合、給与・福利厚生の待遇が良いことに焦点をあてて話されることが多い雇用形態です。

しかし、正社員が本当に良い雇用形態であるかはその人の状況によっても変わってくるでしょう。

今回の記事では正社員として働くことのメリットとデメリットを具体的にご紹介していきます。

Contents

女性が正社員として働くメリットを解説

前向きな女性

多様な働き方が認められる時代であるため、自分がどういった形態で働いていくべきか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて、女性が正社員として働くことのメリットを解説していこうと思います。

正社員として働くことには明確なメリットが存在しているのです。

また、それと同じようにデメリットも存在しています。

今回の記事ではメリットとデメリットの両方を紹介していきましょう。

両方を知ることによって、自分がどのように転職するかの判断基準の1つにしていただければと思います。

女性が正社員になるメリット1.安定した給与をもらえる

パソコンを操作する女性

正社員として働くことで安定した給与をもらうことができるのは大きなメリットの1つだといえるでしょう。

正社員の場合は契約社員や派遣社員と違って、月給制が多く毎月の収入が安定しやすいという特徴があります。

また、収入も正規雇用者は非正規雇用者よりも平均年収が300万円ほど高いため、多くの場合収入も高くなるでしょう。

安定して高い給与がもらえるため、精神や生活の安定にもつながります。

 

ワンポイント
安定した給与をもらえるため精神・生活の安定につながる。

女性が正社員になるメリット2.社会的な信用がある

書類を確認する女性

正社員は社会的に信用されやすいというメリットがあります。

そのため、もし住宅を買うことになったり新しくクレジットカードを作ったりする時には審査に通りやすくなるでしょう。

また、他にも転職の際には正社員としての経歴があると企業の採用担当者からの高評価を得られます。

このような点から非正規雇用よりも社会的信用があるというのは間違いありません。

そのためこれも正社員として働くことの明確なメリットだといえるでしょう。

女性が正社員になるメリット3.福利厚生を受けられる

面接中の女性

正社員ではなくても福利厚生は受けられますが、多くの場合正社員の方が福利厚生が充実している傾向にあります。

そのため、十分な福利厚生を受けられる正社員として働くのは良い選択だといえるでしょう。

例えば育児や介護などをしながら働く人にとっては福利厚生の充実というのは重要なポイントです。

そういう方は正社員として働くことで育児休業・介護休業といった制度がある会社に入ると働きやすくなると考えられます。

 

ワンポイント
福利厚生は非正規雇用よりも正社員の方が充実している。

女性が正社員になるメリット4.長期休暇でも収入を得られる

オフィスで働く女性

非正規雇用の場合は時給で働くことが多いため、長期休暇はその期間分の収入が得られないため給与が低くなります。

しかしながら正社員は月給制であり月にもらえる給与が決まっているため、長期休暇でもその月の収入の変動はありません。

勤務日数が少なくなっても収入が得られるため、安心して生活をしていけるでしょう。

正社員になることで金銭面での安定が期待できます。

安定して給与を得たいという方は正社員として働くと良いでしょう。

 
20代、第二新卒専門転職エージェント
【マイナビジョブ20's】に相談する
 

正社員になると生まれるデメリットは?

悩み

次は正社員として働くことで生じるデメリットについて解説していきましょう。

メリットが存在しているということは逆にデメリットも必ず存在しています。

メリットだけを見てデメリットを無視してしまうと正社員として働き始めてから後悔する可能性があるでしょう。

そのため、デメリットもしっかりと確認しておきましょう。

仕事の責任がある

正社員として働くと責任ある仕事を任されることとなり、その場合はプレッシャーを感じることとなるでしょう。

責任感を持って仕事をしていきたい方にとってはメリットですが、そうでない方にとってこれは明確なデメリットです。

特にプレッシャーを感じやすい方はその責任が重荷になってしまうことでしょう。

また勤続年数が増えれば、部下や後輩の教育も行っていくこととなります。

だんだんと責任も重くなるため、もし責任を負いたくない場合は正社員として働くことはストレスになってしまうでしょう。

休日の出勤がある場合も

正社員として働くと繁忙期や自身の仕事が終わらない場合に休日出勤を求められる場合があります。

休日はしっかりと休みたいという方にとって、休日出勤が多いことは大きなデメリットとなるでしょう。

非正規雇用の場合、残業や休日出勤はそこまで多くありません。

そのためこれを大きなデメリットだと感じる方は非正規雇用として働くことも選択肢に入れて良いでしょう。

個人的な理由で休みにくい

責任ある仕事を任されるようになると、個人的な理由で仕事を休むということがしづらくなります。

特に有給休暇を取得する時には周囲に気を遣ってしまうこともあるでしょう。

以前よりも有給休暇は取りやすくなっていますが、休暇中でも仕事の電話やメールというのは入ってきます。

そのため、休暇を取ったにも関わらず仕事が気になって休まらないということもあるかもしれません。

ストレスを溜め込んでしまいやすい方は休みにくい環境というのは継続的に働いていくのが難しい可能性があります。

 

ワンポイント
・責任ある仕事を任せられるためプレッシャーを感じる場面が多い
・繁忙期や終わらせなければいけない仕事が残っている場合は休日出勤を求められることがある
・責任ある仕事を任されるため休暇を取りにくい

正社員の仕事は大変でもやりがいがある

笑顔の女性

ここまでメリットとデメリットをそれぞれ紹介してきました。

人それぞれ自分が働く上で優先したいことなどに応じて、このメリットやデメリットをどう感じるかも変わってくることでしょう。

次は正社員として働くことのやりがいについて説明していきます。

やりがいというのは継続的に仕事をしていく上で大切なことです。

どういったやりがいがあるのか具体的に解説していきます。

スキルや経験を積み重ねられる

責任ある仕事を任せられるようになることをデメリットとして紹介しました。

しかし、正社員は非正規雇用では経験できないような仕事も経験できるためスキルや経験を積み重ねることができるでしょう。

スキルや経験というのは転職や自身のキャリア形成に役立ちます。

今やっている仕事が自分の将来に良い影響を与えることを意識することで仕事のモチベーションにもつながります。

スキルというのは安定して長期的に働くためにも大切になるものです。

正社員として働くことでやりがいを感じながら成長していくことができるでしょう。

キャリアアップを目指せる

ポイント

責任ある仕事をこなしていく中で成長していくと最終的にそれはキャリアアップにつながります。

キャリアアップすることができれば給与や待遇の向上も期待できるでしょう。

また、頑張ればキャリアアップすることができるというのは仕事のやりがいにもなります。

正社員への転職を成功させるポイント

キャリアウーマン

次は正社員への転職を成功させるためのポイントをご紹介していきます。

ここまで紹介してきた内容を踏まえて、正社員へ転職したいと考える方は以下のポイントを覚えておきましょう。

自己分析をして強みや弱みを把握しよう

転職活動において自己分析というのは大変重要となります。

転職の選考においては自分の長所や短所を問われることが多く、自分についてしっかりと理解していることが求められるのです。

自分のことを理解するためには自己分析が欠かせません。

自己分析で今までの経験を洗い出すことによって、自分の能力・スキル・価値観などを明確にできます。

こうしたものは自己PRや志望動機を伝える際に大きく役立ちます。

転職をしようと考えている方は必ず自己分析を行うようにしましょう。

企業研究や情報収集をしよう

また、自分のことだけでなく企業のことも十分に調べておく必要があります。

自分が入りたい企業はどういった企業理念や価値観なのか、どういった業務を行っているのかをしっかりと理解しておきましょう。

どの企業も自社への入社意欲が高い人材を欲しています。

もし企業研究や業界の情報収集が十分でない場合、入社意欲が低いと見なされる可能性があるでしょう。

逆にしっかりと行えば、入社意欲の高さをアピールすることができます。

自身の仕事への積極性を伝えるためにも、事前の企業研究・情報収集はしっかりと行うと良いでしょう。

キャリアビジョンを明確にしよう

キャリアビジョンを明確にすれば、これからどのように仕事をしていきたいかも明確になることでしょう。

転職選考で、入社後の働き方について聞かれた場合キャリアビジョンが明確であれば答えるのも容易になります。

しっかりとキャリアビジョンを固めておくことによって、どういった企業に転職すれば良いのかも具体的に考えられます。

 

ワンポイント
・自己分析をすると転職選考の様々な場面で役立つ
・企業理念や価値観、企業の業務内容などを理解することで入社意欲をアピールできる
・キャリアビジョンは入社後の働き方について聞かれた場合に役立つ

 
20代、第二新卒専門転職エージェント
【マイナビジョブ20's】に相談する
 

女性が活躍できる企業の選び方

ガッツポーズ

次は女性が活躍できる企業をどのような基準で選べばいいのかを解説していきます。

以下のようなポイントに注目することによって女性が働きやすい職場を見つけることができるでしょう。

男女比率をチェック!

男女比率というのは女性が活躍できる企業を選ぶ上で大変重要なポイントです。

もしほとんどが男性であった場合、男性主導の企業である可能性が高いでしょう。

女性の意見が通りやすい職場であるかどうかには男女比率も大きく関係してきます。

女性に対する福利厚生があるかどうか

女性に対して福利厚生が充実しているかどうかも企業選びをする上で重要となるでしょう。

特に育児休暇や時短勤務などの制度は女性にとって大変ありがたいものです。

また、リフレッシュ休暇やバースデイ休暇というのも多くの女性に喜ばれています。

特にワークライフバランスを重視したい方はこうした休暇制度が充実している企業を選ぶと良いでしょう。

女性社員の意見や現状を尋ねる

女性社員の意見を尊重しているかどうかというのは、仕事をする上で大変重要なポイントです。

もし自分が何かを提案したり意見をしたりしても聞く耳を持ってもらえない場合、仕事に対してやりがいを感じるのは難しいでしょう。

そのため、会社が男女の意見を平等に取り入れているかどうかというのも転職をする際はしっかりと確認する必要があります。

女性社員が現状に満足しているかどうかもヒアリングしてくれる企業だと尚良いでしょう。

正社員として転職する時の注意点

考える女性

次は正社員として転職する際に気をつけたいことをご紹介します。

以下の注意点を頭に入れておくことによって、自分が働きやすい職場を見つけることが容易になるでしょう。

1つの条件・職種に固執しない

正社員に転職する場合、1つの条件・職種に固執してしまうと良い求人を見逃してしまうかもしれません。

1つのことに囚われずに多角的な視点で求人探しを行うようにしましょう。

自分がどういった職種に就きたいのか、何を優先したいのかは自己分析をしっかりと行うことで明確にできます。

自己分析を行えば1つのことに固執しないで幅広く求人選びができるのではないでしょうか。

結婚や出産のタイミングと被らないように

結婚や出産というのは人生におけるターニングポイントです。

それらの前後は時間を拘束されることも多いため、転職活動を行うのは避けましょう。

タイミングが被ってしまうと多忙になってしまい、どちらも中途半端になってしまう可能性があります。

また、もし結婚や出産の前後で転職をしてしまうと、その後の仕事に支障をきたすことも考えられるでしょう。

中途半端だと将来的に後悔することになる場合が多いため、しっかりとタイミングを見計らう必要があります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ガッツポーズする女性

もし転職に関して何か悩んでいることがある場合は転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

転職エージェントに相談すれば、悩みを解消してもらえるだけでなく様々な転職に関するサポートを受けられます。

模擬面接を実施してもらえたり、非公開求人を紹介してもらえたりもするため転職活動が楽になることでしょう。

この機会に是非、転職エージェントへの相談を検討してみてください。

 
20代、第二新卒専門転職エージェント
【マイナビジョブ20's】に相談する
 

まとめ

ノートパソコンをもつ女性

今回は女性が正社員で働くことのメリットとデメリットなどを解説してきました。

正社員として働きたいと考えている方は今回ご紹介した内容を参考にしていただければと思います。

また、転職エージェントを利用すれば自分1人で行うよりも入念に転職対策を行うことができるでしょう。

働きながら転職活動を行っており転職に割ける時間が少ない方にもおすすめです。

転職エージェントを賢く使って良い転職先を見つけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら