面接対策は志望動機や自己PRさえ考えておけば何とかなると思っていませんか。

転職の面接では、こうした基本的な質問以外にも面接官に面白い質問をされることがあります。

想定外の質問にあわてないように事前に対策しておくことが必要です。

この記事では転職の面接で面白い質問をされる理由対策、よくある質問や回答例について解説します。

転職で面白い質問をされた時の対処法を解説

スーツの女性

転職の面接では予想もしていないような面白い質問をされることがあります。

面接官は応募者をただ困らせるために変わった質問や面白い質問をしているわけではありません。

そうした質問にもきちんと理由がありますので、しっかりと事前にできる対策をして備えておきましょう。

面白い質問をされる理由とは

面白い質問を面接官がする理由は、想定外の状況でどのように対応するかを確認するためです。

またその際の反応などもチェックして、本来の人柄も推測しようという狙いがあります。

面接官は限られた時間の中で応募者の能力や本来の人柄を見きわめなくてはなりません。

自己PRや志望動機といった基本的な質問は事前に準備しておくことができるものです。

一方でいわゆる面白い質問は事前に準備することは難しく、その場での判断が求められます。

そのためとっさの時の対応力などを見るという目的で質問されることが多いです。

面白い質問への面接対策

面白い質問の回答内容については、事前に準備することは難しいでしょう。

そのため、こうした質問の対策としては落ち着いて質問内容を受け止めて回答する練習がおすすめです。

黙りこんだり話をまとめずに回答したりすることのないように答えられるようにしておきます。

実際の面接ですぐに回答が浮かばなくても、冷静に聞き返したりすれば問題ありません。

面白い質問で見られているところ

面接中の女性

面白い質問をする際に、面接官はどのような点を見ているのでしょうか。

主に見られるポイントを3つご紹介しますので、面接を受ける時に意識してみてください。

対応力

面接で想定外の質問を受けることは、誰でも緊張してしまうものです。

とはいえ仕事をするうえで想定していないことに対応するシーンはたくさんあります。

そのため面接官は面接で面白い質問を通じて突発的な状況での対応力を測ろうとしているのです。

特に営業や接客などの仕事では臨機応変に対応する力はとても重要な能力になります。

面接では面接官との対話をすることを意識して回答できれば問題ないでしょう。

思考力

面白い質問として明確な答えがない質問をされる傾向があります。

答えのないことについての思考力やそれを論理的に説明する力を見ることが質問の狙いです。

つまり、対応力や論理的な思考にポイントを置いて回答を行うことがポイントといえるでしょう。

本音

ビジネスウーマン

面接という場ではきちんとしようという意識がはたらくのが当然です。

そのため応募者は普段と違う振る舞いや建前で会話をすることが多くなります。

しかし実際に働くうえでは面接の時とは違い、普段の様子人柄が大切です。

そのため応募者の本音や普段の素の状態を推測するために面白い質問をすることがあります。

 

ワンポイント
面白い質問で面接官が知りたいことは、対応力・思考力・応募者の本音です。

面白い質問に回答する時のポイント

ガッツポーズの女性

面白い質問の回答内容については決まった答えというものはありません。

しかし回答を行うにあたっては3つのポイントがあります。順に見ていきましょう。

動揺しない

面白い質問は事前に準備するのが難しいため、あわててしまうことも多いかもしれません。

動揺して話のつじつまが合わなくなったりうまく説明できなかったりするのはもったいないことです。

まずはひと呼吸置いて冷静になり、質問の意図を推測しながら落ち着いて回答しましょう。

どうしても答えが浮かばない場合は、「◯◯ということでしょうか」と確認しても良いです。

簡潔に答える

話を聞く女性

面白い質問に限らず、面接での質問には簡潔に答えることが大切になります。

普段から結論の後に理由を話すクセをつけておくと良いでしょう。

すぐに答えようとするあまりに、結局何が言いたいかわからなくなってしまわないようご注意ください。

正直に答える

面白い質問には決まった正解がないことも多いので、正直に回答するという姿勢も大切です。

応募先の方針や面接官の様子をうかがって回答しても、さらに深掘りされた時に詰まってしまいます。

面接官の意図などをあまり勘繰り過ぎず、素直に回答することを心がけましょう。

 

ワンポイント
面白い質問には落ち着いて簡潔に素直な気持ちで回答しましょう。

自己分析をすることで面白い質問に対応しやすくなる

スーツ姿の女性

面接官が面白い質問を通じて知りたいのは、応募者が一緒に働く際に大切となる本来の人となりです。

そのためあらかじめ自分の強みや弱味、性格の特徴などを分析しておくことが必要となります。

自己分析がしっかりできていれば、面白い質問でもブレない回答がしやすくなるでしょう。

また企業の基本情報や業界に関することを問われることもあります。

自己分析とあわせて、応募先企業についてもきちんと下調べをしておくこともおすすめです。

 

ワンポイント
面白い質問に自分軸を持って回答するためには自己分析が有効です。

転職面接での面白い質問例

働く女性

面白い質問は業界や企業、担当者によって様々なパターンが考えられます。

質問の一例としては以下のような質問をされることが多いため、参考にしてください。

  • あなたを動物に例えると何ですか?
  • あなたを文房具に例えると何ですか?
  • あなたが無人島に行くなら何を持っていきますか?
  • 行きつけのお店をプレゼンしてください
  • 最近読んだ本を教えてください
  • 一番好きな季節は何ですか?

転職面接での面白い質問への回答例

ポーズ スーツ女性

面白い質問は様々なものがありますが、比較的よく問われる質問の回答例をチェックしてみましょう。

自分に置き換えてみてどのように回答するか参考にしてください。

あなたを◯◯に例えると何ですか?

面白い質問の中では比較的定番といえる質問かもしれません。

色や動物のほか家電や文房具など様々なバリエーションがあります。

色の場合は以下のような回答が可能です。

わたしを色に例えるなら「緑」です。わたしは周囲のメンバーをサポートすることを得意としております。

またメンバーが和やかに仕事ができるように目を配る努力をするのがモットーです。

そのような理由から、リラックス効果があり中立的な色である緑がわたしに合っていると考えました。

あなたのオススメの〇〇を教えてください

ミーティング

こちらも比較的よく聞かれる質問で、様々なバリエーションがあります。

たとえば本や映画、好きな食べ物を聞いた後に行きつけのお店について聞かれるケースなどです。

普段から興味があるものやことに関する知識を整理しておくと役立ちます。

また応募先企業に関する動向やニュースにアンテナを張っておくと良いでしょう。

本であれば以下のような流れで回答するとわかりやすくなります。

「◯◯の法則」という本をおすすめいたします。

この本はビジネスだけでなくプライベートでも生かせる10のポイントが紹介されています。

わたしはこの本を読んで、取り入れやすいポイントから6か月間取り組みを続けてきました。

結果以前より時間の使い方がうまくなり、日々の仕事や生活での生産性が向上したように思います。

本の場合はあらすじと選んだ理由をまずは簡潔に述べるのがおすすめです。

ビジネス書でなく小説などであっても、理由をきちんと説明できれば問題ありません。

嫌いな食べ物はなんですか?

こうした質問は面白い質問として以外に、アイスブレイクとして聞かれるケースもあります。

苦手な物事に対して向き合い改善した方法を簡潔に説明できれば良いでしょう。

たとえばナスが苦手なケースをご紹介します。

わたしは子供の頃からナスが苦手です。食感が苦手で特にシンプルな調理法ではあまり食べられません。

しかし様々な調理法を試し、味噌などでしっかり炒めたものは食べられるようになりました。

料理で試行錯誤することで料理の腕も上がり、普段活用できる調味料の幅も広がりました。

もし100万円もらえたらどうしますか

この質問では想像力や対応力を問われます。

どのようなことをするかに加えて、その理由を論理的に伝えましょう。

回答の一例は以下のようなものが挙げられます。

わたしは100万円もらえたら船で世界一周旅行に行きます。

元々わたしは旅行を通して見たことのないものや知らないことに触れるのが好きです。

船旅のゆったりとした雰囲気の中で、観光地だけではない場所等に接して視野を広げてみたいと思います。

面白い質問の回答でやってはいけないこと

ミーティングする女性

面白い質問に回答する際は、回答内容そのものよりは回答の姿勢が見られることが多いです。

回答する際にマイナス評価とならないよう、以下の点に注意して面接に臨みましょう。

沈黙は避けよう

面白い質問をされた際に、すぐに回答が浮かばずに黙りこむのは避けましょう。

沈黙が続いてしまうと面接官にコミュニケーション能力がないと思われかねません。

考える時間が必要であれば、まずは「お時間いただいてもよろしいでしょうか」等の断りを入れます。

また途中でよくわからなくなってしまった時も黙り込まずに、断りを入れて仕切り直すのがおすすめです。

取り繕わずに答えよう

面接官の評価を気にするあまり、取り繕った回答をするのはやめておきましょう。

もちろん面接官の質問の意図はある程度くみ取る必要があります。

そうはいっても、本心でない回答や取り繕って回答していることはわかってしまうものです。

その場しのぎで取り繕って答えると、他の質問への回答とつじつまが合わなくなることもあります。

そうなってしまうと回答全体の信頼性が非常に下がりますので、素直な回答をするよう心がけてください。

 

ワンポイント
面白い質問の際は黙りこんだり取り繕う回答は避けるべきです。

面白い質問は自分の実力をアピールするチャンス

笑顔の女性

面接は対話を通じて企業と応募者が互いの理解を深め、応募者が自分をアピールする場です。

面白い質問も一見関係ないように見えますが、面接で問われる以上は何らかの評価ポイントになります。

面白い質問も自分の良さや能力をアピールするチャンスと考えましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

カウンセリング風景

転職面接でうまく答えられるか不安な時にも、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

応募先企業や業界によって面接形式重視するポイントが異なります。

そのためプラス評価またはマイナス評価になりやすい点を把握して面接対策が必要です。

転職エージェントでは豊富なノウハウを持つキャリアアドバイザーが徹底的に面接対策を行います。

面白い質問への対処法や自己PRなども、具体的なアドバイスを受けることが可能です。

また転職エージェントでは非公開求人も取り扱っており、希望条件に適した案件も紹介してもらえます。

転職活動全体の疑問や不安を解消しながら、手厚いサポートを受けられる点も心強いでしょう。

基本的に無料でサービスが利用できますので、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

デスク

面接では自己PRや志望動機などの基本的な質問の他に面白い質問を受けるケースがあります。

面接官がチェックしているのは、応募者の突発的な状況での対応力や本来の人柄です。

つまり、想定外の質問に対する臨機応変さや論理的に説明する力や本音などを推測しています。

こうした質問は、あまり動揺し過ぎず簡潔に結論から正直に回答することがポイントです。

すぐに回答できない時でも沈黙を続けたり適当に答えたりせず、冷静に回答をまとめてから伝えましょう。

黙りこんだり適当に答えたりすると、後でつじつまが合わなくなりマイナス評価に繋がってしまいます。

自己分析をしっかりと行い、あなたが大切にする軸を明確にしておくことが重要です。

自己分析に基づいたブレのない、企業への効果的なアピールとなるような回答を意識してみてください。

面白い質問は面接で聞かれるとは限らず、事前に備えておくことは難しい面もあります。

しかしある程度準備をしておけば落ち着いて面接に臨むことができ採用確率も高まるでしょう。

そのため面接で必ず聞かれる質問への対策とあわせて面白い質問の対策もおすすめです。

この記事が面接対策の参考になれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら