転職活動を始める理由は人それぞれですが、中には前職を解雇されて転職活動をしている人もいるでしょう。

解雇されたと知られれば応募先の企業への印象が悪くなってしまうと不安に思ってしまうものです。

解雇理由をそのまま伝えるのはおすすめしませんが、嘘をついたり意図的に隠すのも余計に悪い事態に陥るかもしれません。

今回は解雇された場合の伝え方のコツ注意点を解説します。

Contents

解雇された場合の転職理由を説明するコツを解説

ポイント

転職活動での面接の場合、必ずといって良いほど聞かれるのが前職の退職理由です。

円満に退職した場合や自己都合での退職であれば理由をそのまま伝えられるかもしれません。

しかし解雇されての転職の場合、その事実を素直に伝えることを躊躇う人は多いでしょう。

前職を解雇されたとなれば、企業側も採用に慎重になる可能性はあります。

しかし解雇されたことを隠し続けることも難しく、仮に嘘をつけば信用を落としてしまうでしょう。

解雇された事実を隠さず、なるべく前向きに捉えてもらえるよう、コツを押さえて説明することが大切です。

解雇されたことは正直に明かすほうが良い

解雇されての転職の場合、その事実を伝えたくないと思う人は多いでしょう。

しかしずっと隠し続けられるものでもなく、様々な場面でバレてしまうリスクがあります。

まずはどのような状況でバレるのかを把握しておきましょう。

失業保険の給付日数でバレる可能性

カレンダーとペン

まず解雇がバレやすいのが失業保険の給付日数です。

失業保険は退職理由によって給付日数が異なります。

「自己都合退職」よりも「会社都合退職」の方が給付日数が長く、解雇の場合は「会社都合退職」です。

前職の退職理由を自己都合退職と伝えてしまった場合は、給付期間に矛盾が生じてしまいます。

そのため、もし雇用保険に詳しい人が関連書類を見れば、失業保険の給付期間から違和感に気づくでしょう。

社長同士のネットワークでバレる可能性

社長同士のネットワークによって解雇の事実がバレてしまう可能性もあります。

社長同士のつながりは社員の思っている以上に広いというのはよくあることです。

業界によって差はありますが、特にIT業界は社長同士の横のつながりが強い傾向にあります。

そのため同業他社への転職の場合は社長同士の間で情報が筒抜けになっている場合が考えられるのです。

もしこのつながりによって解雇された事実が伝わっていれば、嘘をつくとより印象を落としてしまうでしょう。

そのため解雇されたことを隠したり嘘をつくことはしない方がよいのです。

 

ワンポイント
解雇された事実は思いがけないことでバレる可能性がある。

面接までに説明の準備をしておこう

女性、ノート

解雇されたかどうかにかかわらず、前職の退職理由は面接で聞かれる可能性の高い質問です。

解雇された場合であっても同様であり、聞かれた場合にどう答えるか事前に準備しておきましょう。

面接官に解雇されたことを伝えたくないと思い、質問に答えたくないという気持ちを持ってしまうかもしれません。

しかし無理に隠そうとしたり、押し黙ってしまう方が印象は悪くなってしまいます

その間に面接自体の空気が悪くなってしまい、その他の回答も懐疑的に見られてしまう可能性もあるのです。

面接時に聞かれた際にはきちんと答えられるよう、事前に説明内容を準備しておきましょう。

 

ワンポイント
面接時に落ち着いて答えられるよう準備しておこう。

面接でのポイント

例え自分が言いにくいと思っている内容でも伝え方次第で相手の捉え方は変わるものです。

面接でのポイントを解説します。

自分から話題にする必要はない

女性

面接の際、聞かれてもいないのに解雇されたことを自分から話題にする必要はありません。

事前の準備は大切ですが、それは聞かれた際にきちんと説明するための準備です。

面接では緊張していて聞かれていないことも話さなければならないと思ってしまうかもしれません。

しかし面接官は聞くべきことを質問し、必要がなければ質問しないものです。

逆に聞いてもいないのに解雇された事実を伝えられては困惑してしまいます。

面接時の状況をきちんと見極め、話題に出す必要がなければ自分から話す必要はないことを覚えておきましょう。

前向きな言葉で締めくくる

面接

解雇されたことは事実だとしても、そのことを前向きに伝えるように心がけましょう。

解雇された理由として自分の実力不足など、自分に原因の場合は特に伝えにくいものです。

しかし解雇された理由を詳細に述べる必要もなく、自分がいかに至らなかったかを伝える必要もありません。

それらを伝えることは聞かれていないことを答えているのと同じであり、面接官はマイナスな印象を与えてしまいます。

転職することを前向きに捉え、前職での学びやそれをどう活かしたいかなどを伝えましょう。

前の会社を批判しない

面接ではどのような質問であってもネガティブな回答は好まれません。

前の会社への批判的な話も良い印象は持たれないのでやめしょう。

前の会社に対してネガティブな話をしてしまうと、応募企業に対しても同じように批判的になるのではと思われてしまいます。

また自分の非を棚に上げて批判してしまえば自分勝手な人だと思われてしまうでしょう。

場合によっては前の会社の人と応募企業の社員に付き合いのある人もいるかもしれません。

付き合いのある人や会社のことを悪く言われては、気分を害してしまうでしょう。

それによって採用を見送られてしまう可能性も十分に考えられます。

例え事実はネガティブなものであったとしても、批判せず前向きに捉えて伝えましょう。

嘘をつかない

解雇されたという事実を隠してしまいたいために、嘘をつきたいと考える人もいるでしょう。

しかし嘘をついてしまうと解雇された事実以上に印象を悪くしてしまうものです。

嘘をつくことで、この人は自分の都合が悪いことを隠す、信用できない人だと思われてしまいます。

また解雇されたことだけでなく、他にも嘘をついているのではないかと思われてしまうでしょう。

企業がそうした信用できない人材を採用することはほぼありえません。

また、嘘をつくことで経歴詐称にもなってしまいます。

どれほど隠したいと思っても、質問された場合は嘘をつかずに正直に答えましょう

 

ワンポイント
応募企業や前職の会社に対して不誠実な対応をしないようにしよう。

解雇されても納得できる理由があれば心配ない

女性、仕事

解雇といっても自己都合もあれば会社都合の場合もあります。

会社都合であれば会社の経営状態の悪化など、自分ではどうにもならない理由の場合もあるでしょう。

その場合はそれを素直に伝えても特に問題はありません。

また自己都合であっても相手が納得できる理由を説明できればそれほどマイナスイメージは持たれないでしょう。

先述した通り、前職での解雇理由は詳細に述べる必要はありません。

自分に非がある場合はそれを素直に認め、その上でどう改善し努力するかを伝えましょう。

自分の行いをきちんと反省し、仕事への意欲があるのであれば今後更正する可能性も高いと思ってもらえます。

逆に反省の影が見えないようでは採用は遠のいてしまうでしょう。

反省の気持ちとともに前向きな意思を示すことを心がけることが大切です。

 

ワンポイント
仕事への前向きな姿勢を示すことが重要。

退職理由や転職理由の書き方

面接ではなく書類の時点で退職理由や転職理由の詳細を伝える必要はありません。

職務経歴書・履歴書における退職・転職理由の書き方を解説します。

職務経歴書に書く必要はない

ノートに書き込む女性

解雇された場合、その事実も職務経歴書に書かなければならないのではないかと悩む人もいるでしょう。

しかし、職務経歴書には必ずしも書かなければならないものではありません。

退職理由は必須項目ではないため、解雇の場合も同様に書かなくてもよいのです。

逆に書類で解雇された事実を書いてしまうと書類選考で落とされる可能性が高くなります。

面接同様、聞かれていない、書く必要のないことは書かず、面接で説明しましょう。

履歴書には定型文で書く

履歴書

履歴書には退職理由を細かく書く必要はありません。退職理由を書く場合は定型文で書くようにしましょう。

そもそも履歴書はこれまでのキャリアを把握するためのものです。

自己都合での退職の場合は「一身上の都合により退職」で問題ありません。

また会社都合の場合は「会社都合により退職」と書きましょう。

もちろん自分のアピールにつながるのであれば定型文ではない書き方をしてもよいでしょう。

しかしその場合も短いフレーズで書くことがおすすめです。

いずれにしても面接の際に退職理由の説明を求められる可能性は高いでしょう。

その際に相手が納得できる説明ができることが大切です。

定型文が良くないケースもある

退職理由は基本的に定型文で問題ありませんが、場合によってはそれでは不利になってしまう場合もあります。

転職回数が多かったり、離職期間が長い場合は定型文ではない方がよいでしょう。

転職回数が多い場合、仕事が長続きしない人という印象を持たれてしまうものです。

それによって採用してもすぐに転職してしまうのではないかと思われてしまいます。

結婚や介護などやむを得ない理由だったとしても「一身上の都合」で汲み取ってもらうことはできません。

この場合は転職理由を書いてしまった方が良いでしょう。

また離職期間が長い場合は、社会人として復帰するにはブランクがあると思われてしまいます。

即戦力として働いてもらえるのかという不安を払拭するためにも退職理由を記載しましょう。

退職・転職理由の例文紹介

続いて退職・転職理由の例文を紹介します。

前向きな姿勢を伝えるためにはどのように伝えるたらよいのか、ぜひ参考にしてみてください。

例①:会社都合の解雇の場合

相談

前職では事務職として従事しておりましたが、事業規模縮小に伴い行われた人員整理によって退職を余儀なくされました。

事務としてスキルアップを目指し、日々仕事に取り組んでいたため突然のことで非常に残念に思っています。

退職後も自分がこれまで身につけたスキルを活かせる事務職を目指して転職活動をしております。

転職活動をする中で、御社ではIT技術と事務職員の能力を掛け合わせた効率化を進めておられると知りました。

御社に入社した後は、現在のスキルを活かしつつさらにスキルアップしたいと思っております。

例②:自分の能力不足で解雇された場合

面接の様子

前職では会社の望む成果を上げることができず、期待されるスキル習得ができなかったために退職致しました。

経験を期待されるスキルにつなげられなかったことは自分の実力不足が原因です。

しかし前職での経験から多くのことを学び、前職ではあまり求められなかったスキルも身につけることができました。

以前の経験と身につけたスキルを御社で活かしたいと思っております。

例③:前職を懲戒解雇された場合

前職を退職したのは私が不正を行ったことによる懲戒解雇です。

軽い気持ちで行ってしまった不正ですが、それが会社の大きな損害にもつながってしまうものでした。

離職中に我が身を振り返り、自分のしたことの重大さを思い知り、軽はずみな行動だったと深く反省致しました。

今後は心を入れ替えて会社に従事しようと、現在はスキルアップのための資格取得に向けて勉強中です。

二度と以前のようなことはしないと心に決め、仕事に励もうと考えています。

解雇後の転職活動での注意点

解雇された場合に詳細な理由を話す必要はありませんが、注意すべき点は他にもあります。

解雇後の転職活動での注意点を押さえておきましょう。

意図的に隠すと経歴詐称になってしまう

悩むビジネスウーマン

解雇されたことを聞かれていないのに答える必要はありませんが、意図的に隠すのはやめましょう

意図的に隠してしまえば経歴詐称と取られてしまうのです。

特に懲戒解雇をされた場合、「賞罰」欄のある履歴書に懲戒解雇のことを書かなければ経歴詐称になってしまいます。

また、普通解雇であっても選考中に解雇の事実がバレてしまった場合は採用見送りということになるでしょう。

もしバレずに採用されたとしても、入社後にバレる方が返って事態は大きくなってしまいます。

採用取り消しとなることもありますし、また懲戒解雇されてしまう可能性もあるのです。

また会社へ不利益などを与えてしまう事態になれば損害賠償を請求されることもあるでしょう。

隠していたことがバレてしまった場合のリスクは大きいため、意図的に隠すことはしないようにしましょう。

離職期間が長い場合は注意が必要

離職期間が長い場合、なぜ長期にわたって離職していたのかを会社側は知りたいと考えます。

離職期間が長いということはそれだけ社会人としての経験にブランクがあるということです。

そのため、採用後の働きぶりがイメージしにくく、不安を抱いてしまうのです。

その不安を払拭するためにも、仕事への前向きな姿勢を示す必要があります。

離職中であっても資格の勉強をしていたなど、前向きな印象を与えることを意識しましょう。

転職での不安は転職エージェントに相談しよう

説明するビジネスウーマン

解雇された後の転職活動では、退職理由をどう伝えるべきか迷う人は多いでしょう。

1人で考えているのではうまくまとまらないという人はぜひ転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは転職に関わるあらゆる不安や悩みを相談できる心強い存在です。

面接官に正直には伝えにくい退職理由であっても、どう伝えたらよいか相談できるでしょう。

また第三者に相談することで1人で考えているよりも回答をブラッシュアップできます。

転職活動の不安をなくすためにも転職エージェントの利用を検討してみてください。

まとめ

女性

今回は解雇された場合の退職理由の伝え方を解説しました。

伝えにくい理由だと隠したままで転職活動を進めたいと思ってしまいがちです。

しかしいずれはバレてしまう可能性もあり、隠すことで不利になってしまうこともあります。

しかし聞かれた際には相手が納得できる説明をすると、不利な状況を変えることができるでしょう。

伝える際には前向きな印象を与えることを意識して伝えられるよう事前の準備が大切です。

面接で退職理由を聞かれても落ち着いて答えられるように備え、転職活動を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら