転職を考える際、資格の有無は転職成功を左右する大きなアピールポイントになりえます。

統計検定もその1つであり、効果的にアピールすることで転職を成功させることもできるでしょう。

しかしなぜ統計検定が転職に有利になるのかイメージがわかないという人もいるかもしれません。

今回は統計検定が転職に有利な理由や仕事への活かし方を解説します。

統計検定が転職に有利な理由を解説

女性

資格を取得していると転職の際には大きなアピールポイントになります。

統計に関する検定である統計検定も取得していると転職時に有利になる資格の1つです。

ビジネスにおける統計の重要性を理解すると、なぜ統計検定が有利なのかも見えてきます。

統計検定が転職に有利な理由や仕事への活かし方を知り、転職時には効果的にアピールしましょう。

統計検定はデータ・統計にまつわる試験

女性

そもそも統計検定とは何か、詳しく分からないという人もいるでしょう。

統計検定とは統計学に関わる知識や能力を問われる試験です。

世の中には数多くの情報が溢れており、それらの統計的なデータは日々蓄積されています。

例えば、スーパーでよく売れている商品や、その購買層の年代・男女の差などはデータがあるとしましょう。

これらを統計データとして整理すると、売れている商品はどの層によく買われているのかが分かります。

こうしたデータはあらゆる商品・サービスを展開する上で大切な役割を担うものです。

正しく解析された統計データを元に、今後の需要予測などを立てることもできるでしょう。

そのため企業はそのデータを元にターゲット層を決め、商品・サービスの方向性も決めています。

統計検定では、統計データを客観的・科学的に論理立てて解析することが問われるのです。

 

ワンポイント
統計学はあらゆる分野で必要とされている知識。

統計検定の級とレベルについて

統計検定は4級〜1級・統計調査士・専門統計調査士・データサイエンスと細かくレベル分けされています。

それぞれの難易度などを見てみましょう。

それぞれの級とレベル

女性、ノート

統計検定は4級からはじまり、3級・2級・準1級・1級と級数が上がっていきます。

それにあわせて難易度も上がる検定です。

一番簡単な4級は初めて統計学に触れる人におすすめの初心者向けの級です。

基本的なデータの種類・表やグラフの活用方法などを問われます。

データを読み解くために必要な基礎知識ばかりのため難易度は低いですが統計学に必要な基礎知識ばかりが問われるでしょう。

3級では少し難易度が上がり、データ分析の概念などが問われます。

実用的な考え方が必要となるため、3級を取得して初めて統計学の基礎知識が身についたといえるでしょう。

2級・準1級では大学での統計学レベルが求められます。

専門性が高まりますが、経済学などを勉強したことのある人であれば2級はそれほど難しく感じないでしょう。

しかし実践的な知識が必要なため統計学をしっかりと身につけている必要があります。

1級ではさらに専門性が高まり、準1級までの知識を応用させる力が必要です。

社会人におすすめの級

パソコン横顔

社会人になってから取得するのであれば、まずは3級からの挑戦がおすすめです。

4級は基礎知識だけですので、この資格ではまだ統計学の知識が十分とはいえません。

仕事に活かせる程の基本的な知識が備わっていると判断されるのは3級からとなるでしょう。

しかし3級であっても知識がある、という程度なので転職時に有利かは微妙なラインです。

企業の評価対象も2級以上からとなっている場合が多くあります。

キャリアアップを目指す場合は2級以上の取得が必要でしょう。

 

ワンポイント
転職で有利になるのは2級以上からの場合が多い。

おすすめの勉強方法

統計検定は級数によって難易度は大きく異なり、対策方法もあわせて変える必要があるでしょう。

続いておすすめの勉強方法を解説します。

4級・3級

ノート手元

統計検定の4級は中学レベル、3級は高校レベルの問題です。

スクールに通うなどをしなくても、この4級・3級であれば独学で学べます。

数学の知識が必要なため数学が苦手だった人は苦手意識があるかもしれません。

しかしそれほど複雑で高度な計算などは要求されないため、多少苦手でもクリアできる可能性は十分あります。

基本的には統計学の基礎知識ばかりのため、それらを学べる参考書問題集を解いてみましょう。

また、4級・3級はマークシート方式の試験です。

そのため正確な知識を身につけていれば選択肢に迷うことはないでしょう。

2級以上

2級以上からは大学レベルに上がるため試験の難易度も上がります。

2級では統計ソフトウェアの活用方法など、実践的な知識が必要です。

微分・積分の知識も必要なため、文系出身の人は苦手意識のある人も多いかもしれません。

また準1級以上では記述問題も出題されるため、論述できる知識を身につけなければなりません。

公式のテキストもありますが、他にも参考書や問題集は多く出版されています。

自分にあった参考書問題集を見つけ勉強しましょう。

また公式から過去門を収録した問題集が発売されています。

過去門を解くことで試験の出題傾向などを把握することも、合格するためには必要でしょう。

統計検定があれば有利な職種は?

統計検定は取得すると統計学の知識があることを証明できる資格です。

その知識が活かせる、統計検定があれば有利な職種を紹介します。

データアナリスト

パソコンに向かう女性の画像

データアナリストはビッグデータの分析を行う専門家です。

ビッグデータとは売上や顧客のデータだけでなく気象やSNSの書き込みなども含まれます。

それらを客観的・科学的に分析し、企業の商品・サービスの開発・改善に活用できるデータを提供する職種です。

名前の通り、ビッグデータは膨大な情報量を解析する力を求められます。

そのため統計検定を取得していることでそれらのデータを正確に解析する能力の証明ができるでしょう。

データサイエンティスト

データを確認する女性

データサイエンティストも統計検定が有利になる職種です。

データサイエンティストはコンピューターを用いてデータ収集や情報処理を行います。

そしてそれらのデータを機械学習と統計学の知識を用いて解析するのです。

解析したデータは、データアナリストと同じく企業の商品・サービスの開発・改善に活かされます。

また、データサイエンティストは分析したデータを元に意思決定も行う職種です。

そのため統計学の知識以外に、そのデータを分かりやすく伝える能力も必要でしょう。

準1級以上は論述形式の問題もあるため、論理的な説明ができる能力の証明にもなります。

AIエンジニア

AIエンジニアも統計検定の資格が有利になる職種です。

AIは多くの情報を元に学習し、人工知能としての精度を高めていきます。

そのためAIを開発する側のエンジニアも多くの情報を統計的に解析できる能力が求められるのです。

そもそもAIの仕組み自体に統計学を含む数学知識が活かされています。

AIエンジニアを目指すのであれば統計学の知識も必要でしょう。

 

ワンポイント
統計検定が活かせる職種はIT分野に多い。

統計検定を取得して転職に活かすには

統計検定は取得することで転職時のアピールポイントの1つにできる資格です。

続いて統計検定を取得後転職に活かす方法を解説します。

キャリアの幅を広げる

パソコンを使う女性

統計検定を取得することで、キャリアの幅を広げることができます。

統計学は多くの企業で必要とされているデータ分析やその活用方法を提案するものです。

そのため多くの企業で統計学を身につけた人材の募集がされています。

統計学の知識が身についていることの証明になるため、統計検定を取得することでキャリアの幅を広げることができるでしょう。

先述したようなデータサイエンティストやAIエンジニアなどの他にも統計学が必要な職種はあります。

企業の募集要項を確認し、統計学の知識が求められる職種に挑戦してみると良いでしょう。

キャリアチェンジする

統計検定を活かしてキャリアチェンジすることもできます。

統計学は企業が商品・サービスを売り、改善していくために必要なものです。

それはアナログな世界・デジタルな世界のどちらであっても共通することでしょう。

統計検定を取得してIT関連の業界に転職することも、IT関連から別の業界に挑戦することもできます。

このように統計検定を活かせば転職する業界の幅が広がり、選択肢を増やすこともできるでしょう。

統計検定の将来性

統計学はどんな業界においても必要とされるものです。統計検定の将来性はどうなのかを解説します。

ビッグデータに格納されるデータ量は増加傾向にある

ポイント

ITの普及により、世の中にはビッグデータと呼ばれるデータが溢れています。

ビッグデータは世の中のあらゆる情報のことであり、個人の行動に関する情報も含まれているものです。

どんな人がどんな商品を買っているのかなど、サービスの利用者層もビッグデータとして蓄積されています。

そのデータは日々蓄積され続けており、膨大なデータ量となっているのです。

その膨大なデータを客観的・科学的に解析し活かせる人材が必要とされつつあるのです。

統計学に対する注目度が高まっている

先述した通り、企業が商品・サービスを開発・改善するにはターゲットを明確にすることが大切です。

そのためには日々蓄積され続けているビッグデータの活用は欠かせません。

しかしデータの活用方法はまだ確立されているとは言いがたいでしょう。

増え続けるデータを解析し活かす人材として統計学を身につけた人材の需要は高まっています。

また先述したデータサイエンティストやAIエンジニアなどはITの普及により生まれた新しい職種です。

今後のITの進歩に伴い、統計学を必要とする新たな職種が生まれる可能性もあるでしょう。

 

ワンポイント
統計学の知識がある人材の需要は高まりつつある。

統計検定の仕事への活かし方を紹介

統計学が必要とされる場面は多く、幅広い企業で活かせる知識です。

実際に統計検定で得た知識をどう仕事に活かすのか解説します。

需要予測

パソコン作業をする女性

需要予測を立てるために、統計学の知識が活かせるでしょう。

需要予測を立てるには、どんな人がどんな商品を買っているのかを把握する必要があります。

商品の購買層を知ることでどんな商品がどの属性の人にヒットしているのかが分かるのです。

それにより商品を売り込むべきターゲット層が明確になります。

さらに現在ヒットしている商品の何が需要に合致しているのかを知ると、今後の商品開発にも活かせるのです。

今の流行から市場の動向を分析し、今後の流行の予測ができ、それにあわせた商品開発や改善につなげられます。

そのためには今あるデータを正確に解析することが必要であり、その際に活かせるのが統計学です。

需要予測はどの企業においても必要なことのため多くの企業で活かせるでしょう。

時系列分析

パソコンを操作する女性

時系列分析は順序のあるデータを解析することです。

例えば、飲食店の売上データがあるとすれば、10年間の売上データのことを時系列データといいます。

1日ずつの売上など時間軸が局地的なデータではなく、大きな時間の流れの中にあるデータを扱うのです。

これらのデータを解析することで時間の経過とあわせたデータ解析が行えます。

いくつかに分類されますが、代表的で分かりやすいものは季節調整系列です。

これは季節によってどのような影響を受けるのか解析し、それをどう解消するか調整します。

こうした解析にも統計学の知識は欠かせません。時系列分析を行う職種や企業でも統計検定の知識が活かせるでしょう。

品質管理

品質管理にも統計学の知識は活かせます。品質管理を徹底するには、客観的な事実に基づく判断が必要です。

しかし全ての商品を元にデータを集めることは膨大なデータが集まってしまいます。

そのため、サンプルを抽出してデータを集め、そこから統計データを解析するのが一般的です。

そのデータを元に適切な品質管理を行うためには統計学の知識が欠かせません。

また不良品の数を数えることで、生産数に対してどの程度不良品がでてしまうのかが判明します。

それによって実質的な生産数や必要な材料などを導き出すこともできるでしょう。

これは生産性を上げるためにも必要なことのため、多くの企業で活かすことができます。

転職に有利な資格のことなら転職エージェントに相談しよう

相談

統計検定はレベルの高い級数を取得すれば転職で有利な資格です。

しかしどのようにアピールするのが効果的なのか分からないという人もいるでしょう。

またどのような職種でこの資格が活かせるのか具体的に分からない人もいるかもしれません。

その場合は転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは転職に関わるあらゆる面でサポートをしてくれる存在です。

自分のスキルを活かせる職種は何かを相談することもできるため、統計検定を活かせる職種も見つかるでしょう。

また志望動機の書き方や面接対策も相談できるため、1人で転職活動をするよりも不安を少なくできます。

もし転職活動で迷っていることがあればぜひ転職エージェントを利用してみてください。

まとめ

キャリアウーマン

今回は転職に有利な資格である統計検定を解説しました。

統計学に基づいたデータ解析を必要とする企業は増えています。

それにともない統計学を身につけた人材の需要も高まっており、転職のチャンスも増えているでしょう。

そのチャンスを無駄にしないためには、この資格を効果的にアピールする必要があります。

統計検定は2級以上からが評価対象となっている場合が多い資格です。

もし3級を取得しているのであれば、2級の取得を目指してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら