各種金融機関の中で事務的役割を担うのが金融事務です。主な金融事務の仕事内容について解説していきます。

どのような勤務場所へ配属されるのかや、仕事のやりがいなどについても解説していきます。

金融事務の仕事内容を解説

小銭の画像

世の中には金融関連の企業がいくつか存在します。中でも銀行・証券・生命保険・損害保険などが主流です。

金融業は社会的に意義があり必要性のある業務なので、その責任の重さを実感しながら仕事ができる人が望ましいでしょう。

これらの金融関連企業の中での事務業務に就くことを金融事務と呼びます。各金融偉業によって細かな業務内容が異なっているのが特徴です。

今回は、金融事務の仕事について解説していきましょう。

金融事務の勤務場所は?

豚の貯金箱の画像

金融事務も一般的な事務職と同様な動きを主体にした業務です。

例えば電話やメールの対応・資料作成・データ集計といった仕事をこなし、各金融機関のアシスタント的内容が含まれてきます。

ただし金融業界ならではな動きの中で、敏速に対応する必要があるのも現実です。

その業種の中での特有な手続きや書類作成をすることにもなるでしょう。では具体的に、各種金融事務の仕事について解説していきます。

銀行

金融事務の中でも典型的なのが銀行での金融事務職です。銀行といえば入口からすぐ目に入る窓口業務が思い出されます。

窓口では、口座開設から預金の受付・各種申し込み受付などが業務です。

ただし顧客を相手にする窓口業務だけではなく、バックオフィスでの業務も含まれています。

バックオフィスでは書類確認・入出金処理・振込処理・照合・為替業務などが業務です。

証券会社

ヘッドセットをする画像

証券での金融事務は、主に株式取引・債券取引・投資信託などの分野を担当します。

主な業務としては、有価証券販売の窓口応対やアシスタント事務業務・トレーダーやアナリストのアシスタント業務です。

また、証券会社の事務職は部署ごとや担当業務により内容も異なっていきます。

常に経済動向や最新情報が飛び交う世界なので、経済関連のことが好きな人に向いているでしょう。

保険会社

生命保険や損害保険会社での金融事務は、 主に顧客への保険商品の紹介業務がメインとなります。

各種保険の内容説明と案内・契約書類の作成・契約内容の紹介・各種変更手続きなどです。

保険会社の事務も銀行や証券と同じように、さまざまな仕事が幅広くあることが特徴といえるでしょう。

銀行で働く金融事務の仕事内容

お札の画像

銀行業務における各種事務や窓口業務などを行なうことがメインとなります。

他にも海外送金の手配と受付・貿易取引上の事務処理・外国通貨の両替なども含んだ多彩な業務です。

では具体的に、銀行での金融事務の詳細を解説していきましょう。

窓口業務

銀行での窓口業務の場合は、来客者への応対を直接する「テラー」とも呼ばれています。業務の種類によって窓口が異なるのが特徴です。

「ハイカウンター」では、スピーディーな手続きへの応対を行う箇所を指します。

主に口座新規作成・普通預金の入金・出金、振込、税金の支払いの受付が対象です。

また「ローカウンター」は、比較的にゆっくりと時間をかけて行う業務をします。

資産運用の相談や提案・定期預金・投資信託など、顧客ニーズに合わせた業務窓口です。

さらには融資窓口にて住宅ローン・教育ローンの融資相談をし、外為窓口では、外貨両替、海外送金・貿易事務の業務をします。

バック業務

後方でのバック業務の仕事は、窓口はなく後方での事務作業を行う箇所です。

電話対応などを除いて、直接来客者への応対はしません。そこでは申請書類の不備や記入漏れチェック・専用端末への入力作業をメインとします。

他にも入出金・振込処理や書類整理などの仕事をする箇所です。

 

ワンポイント
銀行での金融事務は窓口とバック業務に分かれる。

証券会社で働く金融事務の仕事内容

メモ帳の画像

証券会社での金融事務は、証券全般の中での業務で内容は多岐にわたっているのが特徴です。

世情によって動向もめまぐるしいのが証券の世界なので、その複雑な動きや仕組みを理解する必要性があります。

証券での金融事務の業務は、大きく分けると電話応対・株式の注文業務・サポート業務・金融商品の説明などが主流です。

では具体的にその内容を解説していきましょう。

窓口業務

証券会社での窓口業務は2つに区分されるでしょう。

まずは顧客との電話対応です。株主から受発注などの連絡を承ることや、問い合わせ対応を電話似て処理する業務です。

2つ目は、株式関連業務を行います。その中には国内だけではなく外国株式もあり、投資信託・債券の注文にも応じていくことになるでしょう。

そのため、金融業界の専門用語や知識が要求されていきます。

アシスタント業務

アシスタントの画像

証券会社での金融事務の仕事には、営業やトレーダーへのサポート業務も加わります

トレーダーが作成した受注伝票や証券書類に基づいてデータ入力と整理をする役目です。

また資料作成を補助したり、セミナーを開催する時の細かい雑務なども、アシスタント的な位置で行います。

他にも、証券や通貨など金融商品の説明・販売も業務の1つです。

保健会社で働く金融事務の仕事内容

電卓の画像

保険会社での金融事務は、顧客の将来設計に大きく関与してきます。

各人のプランを理解しながら、内容に合った保険をすすめるなど重要な役割があるといえるでしょう。

保険を大別すると生命保険・損害保険が主流ですが、他にもいくつか種類があります。

どのような目的や意図があるのかを説明できる知識が必須です。では具体的に、保険会社での記入事務の内容を解説していきましょう。

生命保険の金融事務

生命保険での金融事務の仕事は、保険会社内や販売代理店にて保険給付金手続きや問い合わせ対応などを中心に業務をこなしていきます。

顧客からの対応の他には各種資料作成・代理店の事務フォロー・データの管理や分析も仕事です。

とくにエクセルを中心としたオフィスソフトのスキルが必要になるでしょう。

損害保険の金融事務

損害保険の金融事務は、営業部門と損害調査部門により大きく異なってきます。

まず営業部門では、申込書類チェック・契約者の問い合わせチェック・契約手続き・データ入力とファイリングなどです。

一方、損害調査部門では事故受付・修理工場やレンタカー業者への連絡・事故相手の問い合わせ対応をします。

他にも書類送付・請求書や診断書などの照合など多義にわたる業務です。

 

ワンポイント
保険の金融事務は生命保険と損害保険などいろいろな種類がある。

上記以外の金融事務の仕事内容は?

コインの画像

他にも金融事務にはいくつかの業務があります。例えば外為業務では、外国為替に関する業務です。

通貨は国ごとに違った流通をしているので、その間での貸借決済についてサポート業務をします。

融資事務では、カードローンや住宅ローンに関する契約や完済の相談に対応する業務です。

そして、投資顧問事務は、投資顧問会社のオフィスで投資運用・データ収集・照合・入力などをします。

金融事務で身に付くことは?

お金を入れる画像

どのような仕事でも、自分のスキルと企業が必要とするスキルとが合っていることが望ましいでしょう。

仮に必要なスキルを最初から持っていないのであれば、実務を繰り返す中で努力して磨くことが大切です。

金融事務の仕事についてもそれは同じことがいえます。

実務を通じながら年月を掛けて身につけるスキルもあれば、敏速に対応するための早めな習得を求められるスキルもあるのです。

では実際に金融事務の仕事を通じて養われていくスキルや知識とは何でしょうか?

ここでは、金融事務で身に付くことについて具体的に述べていきましょう。

コミュニケーション能力

窓口業務の画像

金融事務をすることで養われるのがコミュニケーション能力です。

誰しも金融事務の職業に就けば、顧客の要望などを伺って対応する仕事をすることになります。

その繰り返しによって、コミュニケーション能力が自然と身に付くようになるでしょう。

商品・サービスの詳細説明をするなど窓口での対応を業務にするので、あらゆる人々との交流が考えられます。

また、顧客が求めていることを把握するためのヒアリングのスキルも身に付くでしょう。

他にも、さまざまな説明をするのに必要な論理的思考も同時に磨くことができます。

金融知識

金融事務の仕事の中でも一番必須となるのは、やはり金融に関する知識です。

金融事務へと転職をする場合、案件によっては業界未経験でも採用するパターンはあります。

しかし中途採用の多くは業界経験を問う案件ばかりといえるでしょう。

やはりそれまでに培った金融業界の知識や経験に期待するほうが即戦力として生かせることが理由です。

自分の金融業界での経験を生かせる新天地を求める傾向のほうが強く、その後もさらに知識を身に付けたいという人に向いています。

仮に金融業界の中でも保険業務は、どの企業も事務センターを配置し事務処理やオペレーション業務が中心です。

よって、未経験者の採用が比較的に多い傾向があります。

OAスキル

金融事務の業務では、パソコンを使った書類作成や入力作業などは日常的に行なっていくことになるでしょう。

金融事務は、お金に関する専門知識が必要な分野ですが、一般的な事務と共通な部分も多く含んでいます。

例えば資料作成・データ集計などをする機会も多いため、それらを作成して仕上げるPCやOAのスキルは自然と養われていくことでしょう。

自宅でWordやExcelを普段使わない人や、あまり自信がないという場合も、派遣会社の研修制度を利用するなどの方法もあります。

今ではOfficeソフトの使用は普通にあるものと思っておくようにしましょう。

 

ワンポイント
金融の知識やOAスキルなど業務を通じて身に付いてくる。

金融事務でのやりがいや大変さ

カードの画像

金融事務の仕事はさまざまにやるべきことが山積されるはずです。

顧客のお金を運用や管理をするため、とても責任と充実感がある仕事であることは言うまでもありません。

その分だけ、仕事に取り組むのにやりがいも感じられるでしょう。その一方で、重責があることでの大変さも味わうものです。

では、金融事務の仕事で実感できるやりがいや大変さとはどのようなものがあるのかを具体的に紹介しましょう。

やりがい

金融事務でのやりがいで最も多いのが、窓口業務での顧客対応の成果が出た時です。

銀行などでは窓口業務とバック業務との緩急がつけられることも大きな理由になるでしょう。

顔を覚えてもらえることや、1つの仕事を完了した時に感謝の言葉をもらえることはやりがいに通じるという声が圧倒的に多いようです。

勤務する支店や営業所がどのようなシチュエーション・地域にあるかにもよります。

とくに高齢者が多い土地では、顧客一人一人への違った対応が必要で、月日を繰り返す中で親しみも湧いてくるのがメリットといえます。

大変さ

金融事務の大変なところは、他人のお金を預かる責任の重さを感じる点です。

顧客の資産状況なども分かってしまうので、デリケートな取り扱いを心掛けなくてはなりません。

他人の財産を預かるので間違いは許されないのです。

また、顧客ニーズに合わせて接客や商品提案をする細やかさも要求されるところは慣れるまで大変さを感じるでしょう。

 

ワンポイント
金融事務は窓口でのやりがいと責務をわきまえながらの業務である。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

転職活動する女性の画像

女性の転職活動では思いもよらぬことで悩みや不安が付いて回るはずです。自分が理想とする企業での内定が取れないこともあるかもしれません。

面接試験の方法についても課題が浮上します。さまざまなことが過る中で1人抱え込んでしまうことだけは避けましょう。

もしもの場合は転職エージェントに登録して相談してみてはいかがでしょうか?転職エージェントは転職に関する専門性の高さが特徴です。

担当アドバイザーは転職についての悩みに応え提案をしてくれます。転職希望者の些細な悩みに助力してくれることでしょう。

まとめ

手のひらを見せる女性の画像

金融事務は各種金融業での事務の仕事で、主に銀行・証券会社・保険会社などで働く機会があります。

その状況や環境で業務も異なってきますが、基本的には口座開設や振込み手続きなどで来店した顧客への窓口対応をメインにします。

事務とはいっても不特定多数の人々との交流があるので、黙々と机に向かう仕事という捉え方はしないほうがよいでしょう。

やることはたくさんあるので臨機応変に状況判断しながら、記入の知識も深めていく必要があるといえます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら