ホテルフロントに転職を検討中の人の中には未経験からの転職に不安を抱く人も多いのではないでしょうか。

ホテルフロントの仕事は未経験でも目指せる仕事です。

今回はホテルフロントに未経験で転職する方法と転職に活かせる経験やスキルについて紹介します。

これからホテルフロントを目指す人は是非参考にしてみてください。

Contents

ホテルフロントに未経験で転職する方法

ホテルフロントに未経験で就職する際に特別な資格は必要ありません。

「ホテル実務技能認定検定」や「ホテルビジネス実務検定試験」などの検定試験もありますが資格を持たずに働く人も多いです。

まずは未経験からホテルフロントに転職する方法を確認してみましょう。

ホテルの採用試験を受けて就職する

勉強中

ホテルフロントとして働く方法の1つとしてホテルの採用試験を受けることがあげられます。

採用試験を行っているホテルは主に大手ホテル会社です。

大手ホテルは人気が高く多くの求職者が集まるため採用試験を通して上位結果の人を採用します。

事前に試験の日程を把握して企業研究や採用試験で問われる内容の勉強をしておくようにしましょう。

<採用試験で問われる内容>

  • 企業についての認知度テスト
  • 英語の試験(ライティング、リスニング)
  • SP2(計算問題)
  • 国語の試験(漢字の読み、文章読解など)

上記は某大手ホテルチェーンの採用試験の内容です。

ホテルによって若干内容は異なりますので応募先ホテルの情報収集をしっかりと行い対策をしてください。

ホテルフロントの求人をさがして応募する

初心者マークを持つ女性

ホテルフロントへ転職するには転職サイトなどでホテルの求人を探して応募することも可能です。

とくに未経験可の求人は過去の経験や経歴を問わない求人なので採用の確率が高まります。

まずは求人情報から企業の求める人物像を把握して応募するようにしましょう。

一般的には書類選考→面接→内定という流れでの採用となりますので履歴書の効果的な書き方や面接対策をしておくことが大切です。

 

ワンポイント

ホテルフロントは未経験でも目指しやすい仕事です。

まずは応募先ホテルを選定して企業研究やホテルの求める人物像を把握することから始めましょう。

ホテルフロントの未経験求人の主な仕事内容

ホテルフロントの主な仕事内容は宿泊客の電話対応やチェックイン・アウトなどの業務です。

しかしホテルフロントの業務は一般的なイメージ以上に多岐にわたります。

まずはホテルフロントの仕事内容を具体的に把握しましょう。

チェックイン・チェックアウトの接客

案内をする女性

ホテルのフロントの代表的な業務はチェックイン・チェックアウトの業務です。

宿泊予約者の予約内容の確認をして到着した宿泊客にルームキーを渡したり、館内の案内を行います。

宿泊代金の清算や宿泊客の要望に臨機応変に対応するのも業務の一貫です。

事務処理能力とコミュニケーション力が問われる業務といえるでしょう。

電話やメール、インターネットからの宿泊予約管理

コール業務

ホテルフロントは宿泊客の窓口的な存在です。

そのため電話やメール対応、そして予約管理まで多岐にわたり対応する必要があります。

特に予約は様々な媒体を通して受けるためダブルブッキングをしないように管理するスキルが必要です。

臨機応変に多岐にわたる業務をマネジメントできる人はホテルフロントに向いているでしょう。

宿泊プランやイベント企画の考案

女性、パソコン

宿泊プランやイベント企画の考案もホテルフロントが携わる業務の1つです。

宿泊客のデータや傾向をもとに宿泊プランを作成したり、ブライダルフェアやディナーショーの考案もしたりします。

自分が作成した宿泊プランが採用されると接客では味わえない達成感を感じることができます。

ホテルフロントの仕事は宿泊客にいかに喜んでもらえるかが重要です。

宿泊客のために積極的に提案をできる人が求められます。

ホテルフロントへの未経験転職に活かせる経験は?

両手でいいねのジェスチャーをする女性

では未経験の人がホテルフロントへ転職する際に活かせる経験やスキルはどのようなものでしょうか。

ホテルフロントでは接客や事務、企画考案など様々な業務を手掛けるので活かせるスキルはたくさんあります。

その中でも特に活かすことができる経験やスキルは接客業の経験やコミュニケーション力です。

ホテルフロントの仕事の半分は宿泊客に対する接客力やコミュニケーション力やが求められるといって過言ではありません。

接客やコミュニケーションに自信のある人は具体的にその経験を自己アピールできるようにしましょう。

また語学力も活かせるスキルの1つです。とくに海外からの宿泊客が多いホテルでは語学力が選考過程での強みとなります。

柔軟性もホテルフロントへの転職にアピールできるスキルとして効果的です。

ホテルフロントの業務は多岐にわたりますので臨機応変に対応できることをアピールすると良いでしょう。

 

ワンポイント

ホテルの求める人物像をしっかりと把握して自己PRをすることが転職成功につながります。

求められるスキルはなるべく事前に習得しておきましょう。

ホテルフロントの転職先や転職事情とは?

次にホテルフロントの転職先や転職事情についても紹介します。

ホテルフロントを目指す際はどんなホテルで働きたいのかを明確にしましょう。

ホテルといってもビジネスホテルやシティーホテルそしてリゾートホテルなどさまざまです。

以下の項目を参考にホテルフロントの転職先や転職事情についてもリサーチしてみてください。

ホテルフロントの主な就職先

ノートパソコンをもつ女性

ホテルフロントの主な就職先はビジネスホテル・シティーホテル・リゾートホテルの3つあります。

ホテルの規模によって多少業務内容に差があるため応募する際は求人情報の業務内容を詳細に確認しておきましょう。

応募先を選定する際は企業の安定性や就業条件、そして業務内容を分析して自分の希望に合うところを探すことが転職成功の秘訣です。

求人の倍率

ポイント 女性

ホテルフロントの求人は需要も多いですが、人気のあるホテルでは求人倍率が非常に高い傾向があります。

特に帝国ホテルやリッツカールトンなどの大手有名ホテルでは求人倍率が数十倍になることも珍しくありません。

大手有名ホテルに勤務することは自分のステータスにもつながるため就職活動の際は事前の転職準備を入念に行う必要があります。

倍率が高い分企業研究や自己分析をしっかりと行い他者に負けないアピールができるようにすることが重要です。

一方、小規模なホテルや大量採用をしているビジネスホテルなどは比較的採用されるまでのハードルが低い傾向にあります。

まずはハードルが低めのホテルに就職して経験を積んでから大手ホテルの既卒枠を狙うのも1つのキャリアパスです。

ホテルフロントへの未経験転職のための応募書類

ホテルフロントへ転職するために必要な応募書類は履歴書と職務経歴書の2つです。

未経験の新卒採用では職務経歴書の提出を求められない場合もありますが応募書類を書くポイントについても紹介します。

履歴書のポイント

書類ををもつ女性

未経験で履歴書を書くポイントとしては志望動機と自己PRそして資格欄があげられます。

志望動機や自己PRは具体的エピソードを添えて分かりやすく伝えることが大切です。

志望動機では「なぜその企業でなければならないのか」や「なぜホテルフロントになりたいのか」を明確にしましょう。

自己PRではどんな経験とスキルがあるのかを具体的に伝えることが肝心です。

そして入社後のビジョンなども具体的にしておくと採用担当者の目に留まりやすい書類になります。

TOEICのスコアなどホテルフロントに活かせる資格がある場合も忘れずに記入するようにしましょう。

職務経歴書のポイント

メモ

未経験から職務経歴書を書くポイントとしてはホテルフロントに活かせるスキルにつながる過去の経験や実績を記入することです。

サービス業や接客業を経験したことのある人は経験を具体的にアピールできるように工夫しましょう。

「接客に力を入れた結果アンケートにて顧客満足度100%を達成」など具体的な数値が記載されるとより好印象です。

ホテルフロントのメリットやデメリット

ホテルフロントの業務にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

以下項目を参考にホテルフロントを目指す際はメリットとデメリットを把握した上で応募しましょう。

メリット

マルとバツをもつ女性

ホテルフロントのメリットとしては以下のポイントが考えられます。

  • 接客や接遇のスキルアップができる
  • コミュニケーションスキルとホスピタリティが身につく
  • 柔軟性や自己管理能力が身につく
  • 転職に活かせるスキルを習得しやすい
  • 宿泊客の笑顔がやりがいにつながる

ホテルフロントではホテルでしか学ぶことができない接客マナーを身につけることができます。

接客力やコミニケション能力そしてマネジメント力は将来どんな仕事に就いたとしても役に立つのが魅力です。

また外国人観光客が多いホテルでは語学力スキルアップを目指すこともできるでしょう。

デメリット

NGのジェスチャー

ホテルフロントのデメリットとしては以下のポイントが考えられます。

  • クレーム対応が発生する
  • シフト制の勤務体制
  • 体力を消耗
  • 初任給が低めのホテルが多い

ホテルフロントをしていると時には宿泊客のクレームに対応しなければなりません。

宿泊客からのクレームは業務改善やリピーターを増やすきっかけになりますので真摯に対応することが大切です。

またホテルフロントの仕事は多岐にわたるため体力を必要とします。

多くのホテルフロントは24時間体制で早朝出勤や夜遅くまでのシフト勤務が多いため不規則な生活になりやすいです。

体に負担がかかりやすい職種ですので自己管理を徹底するように心がけましょう。

ホテルフロントの初任給は会社員よりも設定が低めなホテルが多い傾向であることもデメリットの1つです。

1人暮らしの人は私生活とのバランスを考えてやりくりするスキルが求められます。

 

ワンポイント

応募職種のメリットとデメリットを把握しておくことは非常に大切です。

転職後に後悔をしないようにバランスを考えて応募先企業を決定しましょう。

ホテルフロントの転職面接でよく聞かれる質問

ホテルフロントの転職面接ではどのようなことが聞かれるのでしょうか。

以下の項目を参考に面接対策を入念にしておきましょう。

よく聞かれる質問:転職前にやっていた仕事の内容

面接

ホテルの面接官は応募者がどのような働き方のできる人でどのような考えを持っているのかを知りたいと考えています。

転職前の業務経験について聞かれたら簡潔に分かりやすく応えられる準備をしておきましょう。

業務内容と実績を具体的エピソードや数値を用いて説明できるようにすると理想的です。

話に具体性があるほど面接官が一緒に働くイメージを抱きやすくなります。

ホテルの求める人物像も把握した上で自己PRにつながる業務内容を具体的に伝えるようにしましょう。

よく聞かれる質問:転職前に働いていた仕事場の退職理由

ガッツポーズの女性

転職の面接では前職の退職理由も面接官に聞かれることがあります。

退職理由についてはすべて正直に答える必要はありません。

「もっといろんな職業にチャレンジしてみたい」や「キャリアアップのため」などポジティブな表現で簡潔に回答することを心がけましょう。

人間関係のトラブルや前職での不満を伝えてしまうと面接官にもネガティブな印象を与えてしまいます。

前職を退社する理由はシンプルに回答し、過去のスキルや実績を転職後どのように活かせるかが伝わるような回答が理想的です。

よく聞かれる質問:ホテルに志望した理由

悩むビジネスウーマン

「なぜホテルフロントとして働きたいのか」と「なぜこのホテルに志望したのか」の2つの回答は必ず明確に準備しましょう。

転職先のホテルにしかない強みを自分の志望理由に加えると説得力のある文章に仕上がります。

1度転職先のホテルで宿泊すると宿泊客目線でそのホテルの強みを掴むことができるためおすすめです。

余裕がある人はぜひ転職前に宿泊してみてください。

ホテルフロントの未経験転職を成功させるポイント

ホテルフロントの未経験転職を成功させるには2つポイントがあります。

自己分析や業界研究をすることと転職エージェントを活用することです。

以下の項目を参考に未経験転職を成功させましょう。

自己分析や業界研究をしよう

ノートを持つ女性

ホテルフロントの未経験転職を成功させるには自己分析をして自分の強みを知ることが大切です。

自分の強みをホテルフロント業務で活用できる強みに変換することで転職先のホテルで自分を高く売ることができます。

また企業研究や業界研究も転職準備では欠かせない非常に重要な作業です。

企業研究をすることでホテルフロントに求められるスキルや経験が明確になります。

スムーズに内定をもらうためにも応募先企業の求める人物像や基本情報は最低限把握しておきましょう。

転職エージェントを活用しよう

相談

転職エージェントを活用することも未経験転職を効率的に成功させる秘訣です。

転職エージェントでは担当のキャリアアドバイザーが自分の転職活動のサポートを全力でしてくれます。

履歴書・職務経歴書の添削や面接対策のアドバイスももらえるため書類選考や面接の通過率あげることができます。

また転職エージェントでしか取り扱っていない求人があったりするのでホテルの転職先の幅を広げられるのがメリットです。

1人では大変な転生活動も転職エージェントを利用すればスムーズに進めることができます。

まずはこれを機会に転職エージェントに登録してみましょう。

転職相談は転職エージェントを相談しよう

ポイント

転職の悩みや相談も転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは業界の傾向や対策を熟知しているためアドバイスをもらうには1番効率的だといえるでしょう。

転職活動が長引いたりなかなか採用されい場合のストレスも親身にサポートしてくれます。

常に前向きな対応をしてもらえるためモチベーションの維持にも効果的だといえるでしょう。

 

ワンポイント
転職の悩みは1人で抱え込まずプロの転職エージェントに相談してみてください。

まとめ

スーツの女性

ホテルフロントに未経験で転職することはあまり難しいことではありません。

今のホテル業界ではたくさんの女性がホテルフロントとして活躍しています。

これからホテルフロントを目指す人も活躍できるホテルフロントを目指しましょう。

応募先企業によって選考スケジュールがことなりますので気になるホテルの求人情報はこまめにチェックしてください。

企業研究から面接対策まで万全に行うことが転職成功へとつながります。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する