「CE」と呼ばれるカスタマーエンジニアは、専門技術と知識を使って顧客の課題を解決するITのスペシャリストです。

IT業界を目指す人の中でも、その具体的な仕事内容を知っている人は多くないでしょう。

エンジニアの中でもあまり知られていないカスタマーエンジニアは、実は大きなやりがいを日々実感できる魅力的な仕事でもあります。

本記事では、カスタマーエンジニアの仕事内容や仕事の魅力を解説します。

カスタマーエンジニアの仕事内容

ガッツポーズ 女性

多くの企業が当たり前のようにITシステムを活用している現代において、縁の下でシステムを支えているのがカスタマーエンジニアです。

一般にあまり知られていないカスタマーエンジニアですが、ITの技術を用いてユーザーの困りごとを直接解決するという醍醐味があります。

システムを新たに構築することはありませんが、既存のシステムがスムーズに運用できるようにサポートを行う重要な仕事です。

ここでは、そんなカスタマーエンジニアの具体的な仕事内容をご紹介しましょう。

機器の設置をする

システムやIT機器の保守・点検・修理を行うカスタマーエンジニアの仕事は、顧客の元にIT機器を設置することから始まります。

初めに顧客の要望を元に、費用面や機能から最も効果を発揮できる機器を選定します。

機器を選定したら、次に行うのは設置先の調査・検討です。

顧客と打ち合わせを重ねながら、設置先の設備や環境面に配慮した最適な設置方法を提案します。

主にシステムなどソフト面を扱うシステムエンジニアと比べ、カスタマーエンジニアには機器などハード面の詳しい知識と技術が必要です。

導入後のサポート

IT機器やシステムの導入には専門的な知識やノウハウが必要で、システムが導入後に正しく動作しないケースも多くあります。

そのようなシステム設置後に、顧客が機器を使いこなせるようにサポートを行うのもカスタマーエンジニアの大事な仕事です。

ユーザーに対してソフトのインストール方法を助言したり、機器の使い方を説明することもあるでしょう。

カスタマーエンジニアは単にシステムを提供するだけでなく、「ITシステムを利用した課題解決」というサービスを顧客に与えます。

顧客が機器を使いこなせるように支援することも、カスタマーエンジニアの重要な仕事なのです。

保守と点検

カスタマーエンジニアの仕事は、機器やITシステムの導入・サポートまでで完了ではありません。

実際に運用が始まってからも、設置した機器の不具合や故障を予防するため定期的な保守・点検・修理を行います。

必要に合わせて先方に出向く他、場合によっては顧客先に常駐してシステムの監視・点検を行うこともあります。

カスタマーエンジニアに必要なスキルを紹介

作業服男女

専門的なIT知識と技術を駆使してシステムを正常に維持するのが、カスタマーエンジニアの仕事です。

ここからはカスタマーエンジニアとして仕事をする際に求められるスキルや、役立つ能力をご紹介しましょう。

自分のこれまでの経験や持っているスキル・特性を踏まえて、向いている仕事なのかどうかも考えたいところです。

コミュニケーション能力

カスタマーエンジニアの仕事では、他のエンジニア職と違い顧客との直接のやり取りが多くなります。

顧客の要望や求める機器の性能をしっかりヒアリングすることや、新たな製品を提案するスキルも求められます。

さらに、顧客は必ずしもITに対して知見があるとは限りません。

知識量が少ない素人に対しても分かりやすく説明できるような高いコミュニケーション能力が、カスタマーエンジニアには必要です。

臨機応変に対応する力

話す作業員女性

カスタマーエンジニアの仕事では、システムの急な不具合やバグなど予想できないことに対処しなければなりません。

予期せぬトラブルに対しても、顧客に不安感を与えずに臨機応援に対応する力が必要です。

不具合発生中も、状況を素早く分析し顧客の損を少しでも減らせるように早急に問題を解決するスキルが求められます。

トラブルに対して頭を素早く回転させて対応した経験があれば、カスタマーエンジニアの転職にも有利になるでしょう。

新しいことを学習する姿勢

急速にITが進化を遂げ生活やビジネスの現場に広がっている現代では、新しいIT機器やシステムが次々に誕生します。

そのような新たな技術を柔軟に吸収し、自分の新しい知識として獲得する姿勢を持つことはとても重要です。

顧客の要望を適切に分析した上で、場合によっては最新の機器を提案することも多くあります。

固定概念にとらわれず、新たな技術を知識として積極的に学習することも、カスタマーエンジニアの仕事には必要です。

カスタマーエンジニアの年収を紹介

悩む作業員女性

他のエンジニアとは一味違い、カスタマーエンジニアにはシステム以外に機器やハードウェアに関する専門知識が必要だと分かりました。

そんなカスタマーエンジニアですが、年収がどれくらいになるのか気になるところです。

カスタマーエンジニアの正社員としての平均年収は約501万円といわれており、全国平均と比べると高い数字です。

さらにコンサルタントやマネージャーなど、専門性を高めるとそれだけ年収も上がる傾向にあります。

高い年収を目指す場合は、機器に関する知識だけでなくプログラミングの技術など、より幅広いスキルを身に付ける必要があるでしょう。

 

ワンポイント
カスタマーエンジニアとして高い年収を目指すには、IT知識・技術の幅を広げることが重要です。

システムエンジニアとの関連性

仕事をする女性

IT系の求人を見ていても、頻繁に目に飛び込んでくるのがシステムエンジニア(SE)です。

ここからはエンジニアの中でも代表的な職種であるシステムエンジニアと、カスタマーエンジニアの関連性をご紹介します。

カスタマーエンジニアと異なる点をしっかりと理解して、自分に合った職種を選べるように準備しておきましょう。

カスタマーエンジニアの役割

カスタマーエンジニアは、完成されたシステムの設置から導入サポート・導入後の点検・修理を仕事としています。

システムが搭載された機器を、顧客が利用できるように支援を行うのが主な内容です。

また顧客のニーズをくみ取って新たな機器を提案したり、システム導入の売り込みといった営業的な側面も持っています。

システムエンジニアの役割

システムエンジニアは、アプリケーションやITインフラなどITシステムの構築を仕事とする職種です。

システムの設計から開発・プロトタイプのテストまで、幅広く仕事に含まれているのがシステムエンジニアの特徴です。

カスタマーエンジニアがシステムを維持していく仕事であるのに対して、システムをゼロから作り上げる仕事といえるでしょう。

 

ワンポイント
●システムエンジニア:システムをゼロから構築する
●カスタマーエンジニア:システムエンジニアが作ったシステムを導入し、維持する

カスタマーエンジニアの魅力

指をさす作業員女性

同じIT業界のエンジニア職でも、その業務内容はカスタマーエンジニアとシステムエンジニアとで全く異なっていることが分かりました。

どちらかというとあまりメジャーではないカスタマーエンジニアの仕事にも、独自の魅力が多くあります。

ここではカスタマーエンジニアを仕事に選ぶメリットや、仕事の中で感じられる魅力を解説しましょう。

機械好きにおすすめ

ルート 女性

カスタマーエンジニアには、最先端のIT機器を扱う技術と知識が必要です。

企業がシステムとして導入するような大規模なIT機器に触れられるのは、カスタマーエンジニアならではの特徴でしょう。

機器の中身を開いて構造を把握する過程で、最先端の技術に直接向き合うことが可能です。

この特徴はメカやパソコンなど複雑な機械が好き人にとっては、大きな魅力になるでしょう。

外回りが好きなら楽しめる

女性外回り

システムエンジニアやプログラマーと違い、直接顧客の元に出向くのがカスタマーエンジニアの仕事です。

パソコンの前で長時間じっとしているより、外を歩いて気分転換したいと思う人には魅力的な特徴でしょう。

また画面上の課題とのみ向き合うのではなく、実際に客先の現場の空気を感じられることで、仕事の実感を感じやすいのもメリットです。

身につくスキルは?

カスタマーエンジニアにおいては、機械やITに関する専門知識は業務上必須であると同時に、身に付ければ自分の武器にもなります。

「AI」が発達し様々な職種が機械に取って代わる近代社会において、自分の手に職を付けられるのは大きなメリットでしょう。

また、カスタマーエンジニアの仕事を通してトラブルに冷静に対処するスキルも身に付きます。

論理的な思考で原因を冷静に究明し素早く改善策を講じる経験は、どんな職種においても役立つ能力となるでしょう。

カスタマーエンジニアのやりがい

作業服ガッツポーズ

他のエンジニアとは少し違った能力が求められ、独特の魅力があるのがカスタマーエンジニアです。

システムをゼロから作るシステムエンジニアに比べどちらかというと裏方なイメージのある仕事ですが、やりがいはあるのでしょうか。

ここでは、カスタマーエンジニアが仕事でやりがいを感じる瞬間を見ていきましょう。

お客様の感謝を直接聞ける

カスタマーエンジニアは、前述の通り顧客の元に直接出向く特徴があります。

時には顧客の前で作業を行い、トラブルの対処やシステムの修理をします。

顧客が喜ぶ顔を目の前で見れることや、感謝の言葉を直接聞くことができるのは大きな仕事のやりがいにつながるでしょう。

自分の仕事が役に立っている実感が湧くので、日々のモチベーションを高く保つことができます。

達成感を味わえる

カスタマーエンジニアの仕事では、システムの不具合や故障などの課題に向き合う場面も多くあります。

時には一筋縄では解決できないような、難しいトラブルに見舞われることもあるでしょう。

対処する課題が複雑であればそれだけ、正常に戻すことができた時の達成感は大きなものになります。

自分の持てる技術や知識を駆使し顧客の目の前で難しい課題を解決する達成感は、カスタマーエンジニアの醍醐味といえるでしょう。

カスタマーエンジニアの将来性

ファイルを持つ女性

現在、IT業界は深刻な人材不足に見舞われています。

急速に発展するITに伴って新たなサービスも目まぐるしく誕生していく中で、IT業界の需要はこれからも高まっていくといわれています。

カスタマーエンジニアも例外ではなく、IT機器の知識をもつ存在が求められる場面も増えることでしょう。

またカスタマーエンジニアの仕事は、実際の機器を触りながら課題をリアルタイムに解決することです。

現場での状況判断が重要なカスタマーエンジニアは、AIにも取って代わられにくい貴重な仕事といえます。

さらにエンジニアとして業界でキャリアアップを目指す場合は、システムの開発やプログラミングまで知識の幅を増やすことも重要です。

機器や製品・システムに関する知識以上に、幅広く応用できる技術を身に付けておけば、さらに自分の希少価値を高められるでしょう。

 

ワンポイント
現場での状況判断力・問題解決力が求められるカスタマーエンジニアは、これからも需要が高まる仕事です。

カスタマーエンジニアは未経験でも目指せる?

女性

ITに関する知識やプログラミングの経験が無くても、カスタマーエンジニアの仕事を目指すことは不可能ではありません。

ただし未経験求人の数も多くはなく、転職は簡単とはいいづらい現状もあります。

最短でカスタマーエンジニアを目指すなら、まずはプログラミングスクールでプログラミンに関する基礎知識を付けましょう。

次に、いきなりカスタマーエンジニアの仕事を狙わずに、需要の多いシステムエンジニアを経験するのもおすすめです。

またカスタマーエンジニアには、機器の設置に伴って電気工事士などの電気系の資格が必要になる場合もあります。

このような知識や資格などを良く調べ、しっかり準備した上で転職を考えましょう。

 

ワンポイント
カスタマーエンジニアへ未経験での転職を目指すには、プログラミングの基礎知識の習得が近道です。

転職の疑問は転職エージェントに相談しよう

女性,スーツ,ビジネス

前述の通り、特に未経験での転職が難しいのがカスタマーエンジニアの仕事の特徴でした。

システムエンジニアなど比較的メジャーなエンジニア職に比べると、求人数自体が少ないことも事実です。

そんな厳しい現実の中でも、カスタマーエンジニアへの仕事を成功させる近道も存在します。それは転職エージェントに相談することです。

転職エージェントは、これまでの経験や仕事に求める要望をしっかりヒアリングした上で、最適な求人をピックアップしてくれます。

数少ないカスタマーエンジニアの求人も見逃さずに紹介してくれるので、チャンスを失うことも無くなることでしょう。

登録無料で利用できる転職エージェントを活用して、理想の会社へ転職を成功させましょう!

まとめ

前向きな女性

どちらかというと「裏方」を支える仕事であるカスタマーエンジニアですが、将来性の明るい貴重な仕事だと分かりました。

個人の専門スキルが特に重視され始めている現代において、専門技術を身に付けられるカスタマーエンジニアは魅力的な仕事です。

IT業界のカスタマーエージェンとして、大きなやりがいを感じながら仕事をしてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを上手く利用して、後悔の無い転職を実現させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する